大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】姉はカウンセラー 僕の属性診断【体験談】

郊外の私鉄駅前の商店街を
俺は肩をすぼめて一人歩いていた。
(…………
 な、何でダメだったんだ。
 チクショウ………)
俺は今年大学に入学した18歳。
何とか滑り止めの2流私大に合格した。
旅行研究会なるサークルに入り
その新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。
実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく
何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。
だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。
何度かデートを重ねてキスもした。
そして今日、渋谷でデートをした。
代々木公園でしばらく過ごしたあとラブホテルへ向かった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年4月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】高速バス 隣は女子高生【体験談】

昨夜、高速バスに乗った。隣の席にキレいな顔立ちをした女の子が乗ってきた。制服を着ていたので女子高生だと思う。

しばらく荷物をごそごそとさわっていたその子が、突然俺の顔を覗きこんできた。思わずドキドキしていると、女子高生は恥ずかしそうに一言、「犯して下さい」とつぶやいた。

完全に固まる俺。理解するまで数秒かかった。

「あ、そういうことですね。」俺は網棚を占領していた自分の荷物を横にずらし、彼女の荷物を置いてやった。

非常に気まずい旅でした。

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2015年4月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】友人に寝取られた妻【体験談】

私の家は、夏休みに子供達が一週間程、私の実家に泊まりに行きます。
その間は、普段出来ない事をして過ごします。
夫婦でドライブや時間を気にせずに深夜まで飲みに行ったり。
何年か前に私の友達を交え飲みに行きました。

一軒目は居酒屋で二軒目はカラオケに行きました。
妻は酔うとキス魔になる事が時々あります。
その日は、かなり酔っ払って友達とふざけて何度もキスをしていました。
私は、しょーがないなーって感じで笑って見ていました。
そろそろ帰ろうかって事になりましたが、妻は飲み足りないと

私の友達と飲みに行くよう言いましたが、家で飲もうと言いだし、家で飲む事になりました。
家に着いたら、私は眠いから先に寝ました。
隣の居間で、二人の少し控え目な笑い声が時々聞こえてきました。
その内に、妻が私の寝ている部屋の押し入れから、来客用の布団を子供部屋へ運び始めました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年4月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【アニメキャラ】イカの沖漬け 【体験談】

イカの沖漬けとは、本来沖で釣った生きたままのイカを漬けダレに入れ、
イカがタレを飲むことで中まで味が滲み込みおいしくなるのだという。
その話を聞いた私は、さっそくミニイカ娘の沖漬け作りに挑戦してみた。

醤油に砂糖、みりんや酒などを混ぜ、最後に小エビの切身を入れて数日置き、まずは小エビの沖漬けを作る。
そしてミニイカ娘の身長とほぼ同じ高さのタッパーにタレを入れ、ミニイカ娘がよく出没するという某浜辺へ。

餌の小エビを放置してしばらく様子を伺うと、さっそくミニイカ娘が一匹現れた。
嬉しそうに「ゲソ、ゲソ♪」と鳴き、餌をあむあむと食べるミニイカ娘。
そこへ私が姿を現すと、ビックリして「ゲソ!?」とエビを落としてしまった。やはり野生は人間馴れしてない。
「ハワワワ…」と震えて駆け出そうとするミニイカ娘に、私は手の平に乗せたエビをそっと差し出す。
ミニイカ娘は警戒しながらも、触手をそぉーっと伸ばしてエビと私の手に触れる。
私がそのままの姿勢でいると、ミニイカ娘は緊張した様子でゆっくり近付き、その短い両手でさっとエビを奪った。
そのまま「ゲソ、ゲソ!」とトコトコ駆け出し、離れた位置で座り一心不乱にエビをパクつく。
すぐに食べ終わったミニイカ娘はこちらに振り返り、もっと欲しそうな表情を浮かべ「ゲソ…」と呟いた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2015年4月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:アニメキャラとの体験談

【近親相姦】親友たちと4Pした話【体験談】

スペック

B(女):顔はガッキー激似で本人を程よく肉付けした感じ Fカップ 以下ガッキー
C(男):私の彼氏 ふつめん 以下ふつめん
D(男):Bの彼氏 浅尾?っていうプロ野球選手に似てるらしい 以下浅尾
ちなみに今は全員大学生親友です
きっかけは高3のクリスマスに浅尾の家でパーティした日でした
4人とも異常に仲が良かったのでそれぞれカップルで過ごすという
より4人で集まるという風に自然なってました
その日浅尾の家族は みな泊りがけで出かけていたので貸切状態でした
クリパは終盤に差し掛かってきて、みんながダラーっとしてる時に突然浅尾が
浅尾「よっしゃー!!!!ふつめん脱ぐぞ!!!」
ふつめん「え?wwwえ?wwwよっしゃああ!!!」
といった感じでふたりとも全裸になりました
突然脱ぎだすことは何回かあったので さほど驚きもせず私とガッキーは笑ってました

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2015年3月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【学校で】男女共用トイレ 【体験談】

20代〜30代中心の社会人のバドミントンサークルで毎週土曜日の夜に小学校の体育館を借りて練習しているのだが、ここ1ヶ月間は体育館のトイレが改修工事で男子トイレか女子トイレのどちらか片方が使用中止で、もう片方のトイレを男女共用で使用してくださいってことだった。

初めて入る女子トイレには、すごいドキドキ。可愛いなと思う女の子が何人かいるんだけど、彼女達がトイレに入った後、自分はトイレに行きたくないにも関わらず何度か後を追うようにトイレに行って、隣の個室に入る行為を何回かやってしまった。

トイレットペーパーを巻き取る音や衣服をずらす音まで、すごくよく聞こえてきて興奮。何回も水を流していて、その音が邪魔で残念なことにおしっこが出てる音との聞き分けはつかない。隣の個室に男性かもしれない誰かがいることはわかっているだろうから、警戒してるんだなと思った。
和式トイレで、個室の仕切りの下に少し隙間があったから、そこを覗いてみたい誘惑に何度もかられたのだが、顔を近づけることまではしたものの、覗くことは結局実行できず。何度も水を流して隣の自分のことを警戒してるみたいだし、覗きを見つかったらサークル追放は必至。警察沙汰にされるかもしれないと思うと怖くてできなかった。
でも、この隙間の向こうを見たら○○ちゃんが和式トイレにまたがって大変な格好になってるはずと想像しただけですごく興奮した。

男子トイレの改修が終わった後は、今度は女子トイレが改修で使用中止になり、男子トイレを兼用で使用。男子トイレは奥に個室が1個あるだけなので隣に入るようなことはできないが、女の子が行った後にトイレに入り、小便器のところでしばらく待機。
個室からは水をジャージャーと何度も流す音が聞こえる。この仕切り板一枚の向こうで女の子が音を聞かれないように何度も水を流しながら恥ずかしい格好になってると考えるだけでも興奮だった。他の男性が入ってきたりすると不審な動きはできないのですぐにトイレを出ざるを得なかったけど、何度かは女の子が個室を出るタイミングと鉢合わせのシチュエーションを作ることに成功。
自分は小便器からわざと少し離れたところでチンコを出していて、女の子が横の個室から出た時に見えるようにし、女の子が出て来た時に「はっ」となり慌てて小便器にくっつくふりをした。何度かやったが、女の子はみんな恥ずかしそうにうつむいて足早に俺の後ろを通り過ぎていき、「ごめんなさいっ」って小声で言って走り去って行く子もいた。
俺もすごく恥ずかしそうなそぶりをわざとして、慌てて小便器にぴったりくっつくような恰好を演じたので、女の子がその姿を見てすごく焦っている様子を内心楽しんで見ていた。

女子トイレの改修工事ももうすぐ終了みたいで残念だけど、同じ女の子に何度もこれをやると不審に思われかねないから、まあ頃合いかなと思う。男の俺としてはすごい楽しい期間だったけど、女の子にとってはトイレの共同使用は困っただろうな。

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2015年3月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【妹】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間5 【体験談】

毎年恒例の、母の弟家族との別荘での夏休み。たった一年ですっかり大人になった愛花ちゃんと、予想もしていなかった初体験を経験できた。

それだけではなく、前から憧れていた叔母の千里さんとまで経験をすることが出来た。何もかも最高だった。

僕の目の前で、僕の精液を奪い合うようにキスをする二人。母娘とは思えない程、濃厚にキスをする二人。まだ6年生の愛花ちゃんは、背は低いが胸は母親に似て大きく育ち始めている。でも、少女特有の青い実の固さみたいなものを感じる胸だ。
そして、驚くほどピンク色の乳首をしている。もう数年も経てば、非の打ち所のない美少女に成長するだろうなと思う。

そして、千里さんは30歳を過ぎているようには見えないほど若々しくて美しい。パッと見は、女子大生とかに見える。そして、その大きな胸は多少垂れている感じはするが、それでもとても美しくて良い形をしていると思う。

二人は、僕の精液を奪い合うようにキスをしている。そして、二人ともそれを飲み込んだ。
『ママ! 愛花、お兄ちゃんと結婚するね!』
口の周りを僕の精液でドロドロにしたまま、愛花ちゃんが無邪気な口調で言う。
『もちろん、責任取ってもらわないとねw でも、たまにはママにも貸してね#9825;』
千里さんは、そんな事を言う。とても娘との会話とは思えない。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年3月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【寝取られ】王者2 【体験談】

「正直に話すけど」
「まぁ話の流れ的に、あなたもうすうす気付いてたでしょ。」
「そう、私の目に飛び込んできたのは間違いなくサヤカだった。」
「裸にひん剥かれ
「ベットをギシギシ軋ませながら、寝バックの体制で龍也に激しく攻められ、
私が今までに見たことのないような悦楽の表情で喘いでいるサヤカだった。」
「すっごく激しいSEXで私が勝手に部屋に入ってきたことなんて二人とも全く気付いてなかったわ。」
「サヤカはサヤカで口では龍也との行為をダメダメ言ってるんだけど、身体は正直よ。」
「私が見る限りその顔はやっぱり完全に蕩けきった女の顔になって龍也に身体預けてた。」
「とてもじゃないけど他に彼氏がいる女の顔とは言えなかったわ。」
「その可憐な身体も龍也の激しい抽挿とスパンキングに、これでもかってぐらいよがり狂わされてた。」
「龍也に真っ赤になるまでお尻を叩かれて、
これまた口ではその乱暴な行為を拒否するんだけど、やっぱり体は快楽には正直なのよ。」
「叩かれるたびに、いっそう気持ちよさそうなエッロイ声だすの。」
「んーー!!あん!あーーああああ。。。んんーああーん、あっあっあっあっ〜〜〜〜〜!!!

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2015年3月19日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】首筋にあてたナイフを思い切り押し込みました。 【体験談】

私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。
妻は31歳。学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。
妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。
アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。
工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが、
当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。

先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。
そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。
妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。
妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。
私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。
しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、
また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、
何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年3月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び2 【体験談】

麻由香は、夫に抱いてもらえない欲求不満を”大人のおもちゃ”という、はしたないまがい物の淫棒で解消した。それは、夫しか知らない麻由香にとって、セックスへの固定概念を覆されてしまうほどの衝撃的なものだった。

それがもたらすあまりの快感に、麻由香は夫への罪悪感を覚えるほどだった。そして、純真で貞操観念の強い麻由香は、そのまがい物の淫棒を包丁で輪切りにして処分した。

麻由香は、晴れ晴れとした表情で夕食の準備を始めていた。まがい物の淫棒とはいえ、それにより欲求不満をある程度解消された麻由香は、今まで何をクヨクヨ悩んでいたのだろう? と思うほどに気持ちがリフレッシュされていた。

(今日は、私の方から抱いてもらおう。私が襲っちゃえば良いんだわ)
麻由香は、そんな風にある意味で開き直るように考えることが出来るようになっていた。
(あんなはしたないおもちゃでも、役に立ったわね)
麻由香は、キッチンの隅に置かれたビニールを見て笑った。あの中には、無惨に輪切りにされたまがい物の淫棒が収っている。もし、誰かが袋を開けたら、一瞬猟奇事件か? と、勘違いするかもしれない。

麻由香は鼻歌を歌いながら、楽しそうに夕食の下ごしらえを終えると、着替えを始めた。
(もっと、浩介さんに興奮してもらわないと)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ