大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 エロシーン 【体験談】

その晩、富田が食事に連れて行ってくれたのは焼肉店であった。

焼肉店と言ってもそれぞれの席が個室になっていて、店内には大きな揃ったワインセラーまで完備しているという高級焼肉店だ。

アルコールは取らなかったが、富田と山井は本当によく肉を食べる。

一皿何千円もする高級肉を次々と口に放り込んでいく2人の食欲に、果歩は驚きの表情を見せていた。

そして食事を終えると、3人は富田のマンションへと向かった。

山井 「ご馳走様でした富田さん、いやぁマジ美味いっスねぇあの店。」

果歩 「ほんとに美味しかったです。でもまたご馳走になっちゃって…。」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【複数・乱交】三十路の母親と小学生の娘 【体験談】

<>362:なまえを挿れて。:2013/09/15(日)23:33:13.46ID:xGCTYsytP<>

マジな話、書くけど良いかな?
結構鬱になるけど

今は俺は田舎でのんびり暮らしているが
そのとき、10年くらい前だったけどさ・・・

<>363:なまえを挿れて。:2013/09/15(日)23:38:42.03ID:xGCTYsytP<>

俺ある事情で大もうけできた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:複数・乱交の体験談

【学校で】同窓会【体験談】

小学校の同窓会の葉書が来たのは、11月のことだった。
それは俺が卒業した小学校ではなく、卒業前に転校した、その転校する前の小学校の同窓会だった。俺は何となく落ち着かない気分でその葉書をみていた。
転校する前の小学校を思い出すとき、すぐに思い出すのは朝子のことだ。
背が高く、運動もスポーツもできた朝子。音楽会ではピアノを弾き、習字では賞状を何枚も取り。
朝子は典型的な、優等生だった。
今でも思い出すのは、体育の時間に男女混合でサッカーをしたときのことだ。同点で終わったので、最後はPKで決着をつけることになった。キッカーは、朝子と俺だった。
3本勝負のうち、朝子はすべてを決めて見せた。
そして俺は、初めの一本だけしか入れられなかった。プレッシャーに負けてしまったのだ。
女子たちが何となく馬鹿にしたように俺を見た。俺は朝子にもう一度だけ勝負してくれと言い、朝子も面倒くさそうにしながらそれを了承した。
しかし、何度やっても俺は朝子に勝てなかった。
女子からは馬鹿にされ、朝子も俺をしつこい男だというような目で見てきた。
・・・そのときの悔しい思い出が、小学校時代の一番の思い出だった。
転校する前の小学校の友人とはご無沙汰だ。
転校した後、実際ほとんど連絡をしたことがなかった。
それでも、紛いなりにも数年間机を並べて過ごしてきた友人たちと会えるのだ。俺は一応出席に丸をつけ、往復ハガキを送り返した。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年10月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【初体験】オタ後輩 【体験談】

俺は10人程在籍してるオタサークルに所属していた。
ぶっちゃけ女子と話すのは苦手中の苦手だが、オタっぽい男子とはかなり話せるので、俺は二年の初めのサークル勧誘のビラ配りをさせられていた。
オタっぽそうな男子に狙いを絞って配っていくと、声をかけられた。
振り向いたら、俺より2〜30cm引くそうな子がそこにいた。
俺は175cmなので、かなり小さい。小学生くらいの背丈である。
「ここって…どんなサークルっすか…?」
「あっ、机出ししてるから、寄っていく?」
「いえ…ここでちょっと聞くだけでいいんで…」
軽く説明したら小さくお辞儀をして、去って行った。キャスケット帽子を深く被り、ダボダボなパーカーを着ていたが、髪の長さと声からして、女子なのだということは分かった。
そして、その女子がサークルにやってきた。

新入生達と会話するのも、俺である。上級生たちはコミュ障だからって俺に押し付けてきやがる…この女子、妙に俺と作品等の趣味が合う。俺達は一気に話しこんでしまった。
明るく話す内に、その女子のスペックはある程度分かった。
仮名N、一年浪人で夏で二十歳になる。149cm(長い間150cmを越えられないらしいw)、周りにオタ友達がいない田舎からこちらの大学に来て、そういう交友関係を作りたかったらしい。
話す中で帽子を取った顔を見たが、可愛い可愛くないというより、すごい童顔なのである。ランドセルを着せて小学校に侵入させても問題ないレベルww

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2013年8月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:初体験談

【レイプ】まこと2 【体験談】

前編:まこと1

性奴・まこと 2−1 投稿者:涼 投稿日:8月3日(日)12時36分57秒削除

駅前を歩くたびに振り返られる。近在一の美少女と呼び声も高いXX小学校の今野まこと。いつものフラッパースタイルに、七分袖のブルーのブラウス、ジーパンにリュックの軽装で塾への道を歩いていたが、その心中は千々に乱れていた。この2日で知り合いの男に完全な性奴に調教されてしまった。縄跡を隠すために袖も長い服にしなければならなかった。だが一番の問題は…自分が相手の男を殺したいとか、憎んでも余りある…という気持ちになっていない点だった。
行きつけの本屋のおにいちゃんに、ごく淡い気持ちを抱いていたのは事実だったが、それだけではない。むしろ次はどんな猥褻なセックスを強いられるのか、そればかりに頭が行ってしまっていた。塾に到着しても激烈な抽送の記憶で、下の口を疼かせるばかりだった。
(そうよ…どうして…)
…恋人同士のような息を合わせた絶頂を極めたあと、英子が帰るのを待ってまことは風呂に入れてもらった。この時は猥褻な責めはなく、そのままベッドに寝かしつけてもらった。「今日はもうセックスはしないから、安心しておいで」という男の声を聞いたと思ったら、5時の目覚ましが鳴るまで熟睡していた。
「ちょっと、置かして」
ぼうっとしたまま横にリュックを置いて席に座ったまことを、隣の悪戯好きの男子は見逃さなかった。
「まことぉ…犯していいのか?」
いかにも幼稚な小学生のギャグだったが、まことはギクリとして立ちすくんだ。(どんな体位で犯されちゃうの?)。男子生徒も、いつもの蹴りに備えて身構えていたのに、妙な雰囲気に対応を失ってしまう。「え…?お、おれ…」。それを救ったのは元気良く飛び込んできた美少女の一声だった。
「真一郎!まことに声掛けるなんざ10年早いぜ!家でエロビデオでも見てな!」
「な、なんだよう、この男女!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年4月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:レイプの体験談

このページの先頭へ