大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】ヤリ逃げするなら【体験談】

やっぱ、ヤリ逃げするなら、派遣社員だね。採用も犯るのを前提。
 今月から来ているS美をそろそろいただこうかと、週末に飲みに誘ったら、アッサリOK。居酒屋でしこたま飲ませて、カラオケルームへ(いつものパターン)。
 あっという間に終電時間。「ここで始発まで待つか?」「仕方ないですね」「ちょっと、膝枕してくれ」「えぇー・・・」あとは寝たふり。S美が眠ったのを確認して、スカートの中へ手を突っ込み、太股を擦っていたが反応なし。
 今度は下着とストッキングの上から、割れ目に沿って指を這わせていると「うーん・・・」と目を覚ます気配。
 俺はそのまま寝たふりをしていたら、S美は再び眠りの世界へ。
 下半身はやばいと思い、今度は服の上から胸を揉んでいた。起きる気配が無いので、そのまま揉みつづけていた。いつのまにか俺も本当に眠ってしまい、始発の時間となってしまったが、S美は本当に気がつかなかったのかな?意外とS美も眠ったふりをしていたのではないかと思う。
 派遣の契約期間も3ヶ月だし、遊ぶにはちょうどいいか。
 S美の彼氏は遠距離恋愛らしいから、オモチャにするにも都合いいし。
 来週、もう1回誘って、ついてきたら犯る予定。彼氏とはご無沙汰らしいので、少々無理やりでも犯ったら、後は俺の言いなりだろう。
 ちなみに、俺の会社は3ヶ月単位で派遣社員を採用しているが、S美は3人目のオモチャになる(予定)。S美とのことは、後日又投稿します。
——————————————————————————–
 S美の前にオモチャにしていた2人についてお話します。同じようなことを考えている方、参考にして下さい。又「俺はこんな方法で美味しい思いをした」という方、情報交換しましょう。
 まず1人目のM紀。こいつは20歳台独身・彼氏有・Dカップ。
 まず最初は飲み。相手が酔った頃にHな話題で誉めまくった。と言ってもイヤミにならない程度に。
「おっぱい、大きいよね。うらやましいな。きっと彼氏も自慢してるよ。(M紀も)堂々と自慢していいと思うよ。きっと他の女の子も羨ましいと思ってるから」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年4月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】同僚が足を痛めて動けなかったのでラブホに行くことに【体験談】

同僚の絵里ちゃん。
特に可愛いというわけではないが、肌が白くぽっちゃりしていて何となくそそられる。
同僚とビリヤードに行った時、球を突く後ろ姿が何だかエロい。
お尻から足元まで見てしまう。
ちょっと見える足裏もエロい。
彼氏がいるかどうかは知らないが、いたら羨ましい。
絵里ちゃんの全身を舐められるし、フェラチオとか最高だろうな。
ある日、我慢できず何度か誘ってみると飲みに行く事に成功した。
当日、絵里ちゃんはどうやら足を痛めたらしく松葉杖をついて来た。
そんな状態で来てくれた事に感謝し、予定通り飲んだ。
何だかんだで結構飲み、終電も近くなったので帰る事に。
しかしここで問題が発生。
どうやらお酒を飲んで酔いが回ったのか、絵里ちゃんは足が痛くて動けなくなってしまった。
とても家までは帰れなさそうなので、休める場所を探す。
だが休める場所なんて正直ラブホしかない。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年3月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】憧れの先輩じゃないけど【体験談】

少し前だが去年の4月に新入社員が入ってきた。
新卒の22歳、名前はY子。
Y子は見た目若くて、高校生ぐらいにしか見えない。
髪は短くて、背が低くて、メガネで、黒髪で、仕事で失敗すると
「きゃぅぅぅぅ~~」とか言う。
どこがってわけじゃないけど、オタクっぽいし、子供っぽい。
で、Y子の面倒を俺(32歳、10年目未婚)が見ることになったわけだが、
仕事の筋は割とよく、電話ではオタクっぽいところも出さず、半年後には、それなりの奴になっていた。
見た目は幼いまんまだったけど。
で、このY子が俺のところに
「あのぉ・・・俺さん、相談があるんですぅ」とやってきた。
「何?」
「あの、ここでは何なので夜ご飯一緒しませんか?」
まぁ、二人で飯くったり飲んだりするのは初めてではなかったので、この日も二人で仕事終わりに食事へ。
Y子のチョイスで割とカップル大目のイタリアンの店へ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2018年2月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ミイラ取りがミイラになってしまいました【体験談】

名無しさん(40代)からの投稿—-40代男です。
30代のころ、前の会社の話です。
飲み会の酒の勢いで、新任の課長と女性社員ができちゃいました。
その課長は赴任してすぐ改革だとかで、厳しい事を言い始め、大ひんしゅくを買い、1番悪口を言っていた女が不倫を始めた彼女です。
俺が第一発見者です。
たまたま、課長の単身赴任のアパートの前を通った時、見慣れた軽自動車。
“あ、麻里子さんだ”
覚えやすいナンバーで、一目でわかりました。
“え!なんで?”
俺は胸騒ぎを覚え、課長の部屋へ忍び足で向かいました。夜10時頃だったと思います。
麻里子さんは旦那も子供もいる身です。
部屋からは2人のヒソヒソ声。俺は唾を飲み込みました。
程なく灯りが消え、麻里子さんの切ない喘ぎ声が
“うそッ”
俺はこんなところに出くわした事に興奮して、股間はふくらんできましたが、冷静になると、明日からどうしようと、兎に角、焦っていました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2018年2月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【友達・同僚】従順な妻  援助妻編【体験談】

私達は40代同士の夫婦です。
妻・愛子は20歳の時に出来ちゃった婚で結婚したのでした。
その子供も進学のため家を出たので40歳を前に二人だけの暮らしになったのです。
二人だけなった私は妻に様々なプレイを教えていきました。
初めて私の前で男を受け入れた時は泣いていた妻も、何十人もの男を知って淫乱な女になっていきました。
私も変わっていく妻に満足していましたが、妻に新しいプレイをさせてみたくなったのです。
3P・スワップ・複数プレイ・貸し出しプレイ・SMと経験している妻に新しいプレイなどなかなか思いつきません。
ようやく、思いついたのは妻と面識のない知人に妻を『お金に困っている主婦』だといって抱かせてみようと思ったのです。
そうです、妻に援交主婦を演じさせることでした。
いままでプレイ相手の男性はネットや出会い系で探した男達やスナックのマスターでしたが、知人となると慎重に選ばないといけません。
よく考えた結果、1年ほど前に同じ支店に配属された飯田君に狙いを定めました。
彼は、39歳で×1です。
彼とは何度となく飲みに行って気心の合う間柄で、私を先輩とたててくれるのです。
妻に彼の写真を見せて了解を得た上で彼を飲みに誘いました。
1時間程、会社の話しや世間話しで酔いも回ってきた頃に切り出しました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2018年1月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談

【近親相姦】歓迎会で、古瀬さんと高島さんが【体験談】

この話は俺が18歳で新入社員の時の歓迎会の話です。
まずは登場人物紹介。 『俺』→高卒で新入社員。
『古瀬サン』→確か当時34歳でアネゴ肌のキャリアウーマン。
仕事は出来るが、外見は下の上ぐらい。細身だけどお世辞でも綺麗とは言えない。独身で彼氏なしみたい。 『高島サン』→たしか古瀬サンの1つ下で33歳。でも古瀬サンとは10年以上の付き合いで仲良し。
スタイル普通。顔は古瀬サンと同様で決して美人とは言えない。
当然独身。
入社して3週間ぐらい経ち歓迎会をしてもらった。
俺が配属になった部署に男の新入社員が配属になるのは6年振りみたいでした。
しかも男の社員の人は全員30歳以上。 一次会は居酒屋で15人ぐらい参加してくれて、二次会はカラオケ。
さすがに年配の方は参加せず、俺を含めて6人だけでした。
カラオケが終わる時にはもうすぐ終電の時間になっていた。
今日はお開きモードかなと思っていたけど、古瀬サンはお酒のおかけで上機嫌。
そして二人は帰り、残されたのは俺と古瀬サン、高島サンだった。
俺の歓迎会だったので帰るにも帰れなくて、古瀬サンの家で三人だけで三次会をする事になった。
古瀬サンの家までタクシーで15分ぐらい。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年12月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【複数・乱交】俺の娼婦【体験談】

俺は38歳独身です。
数か月前、同じ職場に派遣されてきた女(36歳)といい関係になった。
彼女は独身で、何だか暗い雰囲気を漂わせていて男性経験が無いように感じました。
顔は普通何でしょうけど、何故か陰気臭い雰囲気が漂い職場の男性達も一線置く様な
態度だったんです。
しかし、体付きがムチムチとして厭らしく、ポッチャリ好きな俺には気になる存在でした。ある日、倉庫作業で一緒になった俺は彼女に話しかける事にしました。
話掛けてみると案外普通で、それがキッカケで彼女も俺には話をしてくるようになったんです。
いつしか、彼女もプライベートな話をしてくれる様になり独身で、男性経験もない事も知りました。
俺は彼女を飲みに誘う事を決め、仕事帰りに話をしてみると案外直ぐに”いいですよ”と言う事
になり居酒屋に向かったんです。
彼女は酒が弱いのか?直ぐに顔を赤らめフラフラし始めました。
店を出た俺は彼女の手を引き自分のアパートに連れ込んだんです。
彼女も特に嫌がる事も無く部屋の中に入って来たので、俺は彼女を押し倒しキスをしました。
彼女は一瞬驚きの表情を浮かべていましたが、直ぐに俺の舌を招き入れディープキスに発展
しました。彼女のブラウスのボタンを外すと、はち切れんばかりの巨乳が現れ、俺は巨乳に

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:複数・乱交の体験談

【複数・乱交】職場の奥さんを従業員でレイプして【体験談】

俺は31歳で現在ハローワーク通いです。この4月までは定職に就いてたのですが、放漫経営の社長のせいで倒産しちゃっいました。
まぁでも半年余りは独身の俺たちには面白かった会社でした。その会社は地方都市ではまあまあの会社でした。
先代がやってた頃は社員も50人以上いたらしいのですが、急に亡くなり息子(当時は専務)が社長になってからが業績悪化の一途でした。
俺が入社した3年前はまだ20人ほどいましたが、昨年の夏には14人でやっていました。事務所も昔は若い事務員が4人ほどいたらしいのですが、業績の悪化とともにリストラして挙句に社長が若い事務員に手を付けてしまい奥さんが激怒して解雇してしまいました。
昨年は奥さんと多田さんという52歳のパートさんだけでした。この多田さんってのも曲者で、旦那も子供もいてるようでしたが家庭内別居らしいとの噂でした。
家にいても淋しいのか飲み会には必ず参加していました。
酒が好きで酔うと露出魔というか若い社員に絡む癖があるのです。
皆もそれを知ってるので酔わせてお触りしたり下着を脱がせたりして遊んでいました。
ただ歳も50を回ってるし、美人でもなく(不細工でもないが)痩せて貧乳でした。
貧乳でしたが多少垂れてたのでBカップぐらいなのかな?
乳首が大きなのが特徴でした。一度はカラオケで半裸までなって寝てしまいマ〇コをじっくり見せていただきましたが毛深くてクリが大きかったです。
本当は最後まで行きたかったのですが、誰もそれ以上はしなかったので俺も行きそびれてしまいました。
みんな独身でしたし溜まってたはずなんですが・・・
そして昨年の9月のある日。
多田さんから会社の不正な情報を聞いたのです。業績不振は誰もが知っています。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年12月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:複数・乱交の体験談

【フェラチオ】昭江の恋の物語 馬場さんとのはじまり【体験談】

昭江の恋の物語 馬場さんとのはじまり 子供達が小学校へ通うようになり、育児の手間が掛からなくなりました。知人が就職の世話してくれました。
ある企業の管理部門で給食の世話係を探しているとの事でした。面接を受けてパートタイマーとして採用されました。独学で調理師と栄養士の免許を取っていましたから役に立ちました。金曜・土曜・日曜の三日間が勤務日でした。
時間の余裕を見て、8:00に出勤して実務を始めました。
本来は、午前9:00に出勤して食材の買い出しに出かけて、11時過ぎに調理を完成させて、11:30からの食事に間に合わせるように決められていました。
15:00頃には全てが終了しますから、翌日の献立を考えて17:00までの時間を過ごします。
賄いの人数は幹部社員の10人程度です。
それまでは、2人の女性が担当されていました。
昭江が担当するようになって、1人で対応出来る事が分かりました。前任のお方は別の現業部門へ代わられました。食事の準備が出来ますと責任者の馬場さんに報告して現品を確認して戴ききまりでした。
ある日、夕食を食べましょうとお誘いを受けて日本食のお店へ出かけました。
馬場さんは単身で着任しているから時間を持て余しているとの事でした。食事をして、バーへ案内されました。ビールは飲めましたからお付き合いしました。
もう1軒出かけても良いかとの事でしたから肯きました。
タクシーでグランドホテルのバーへ出かけて世間話をしました。少し、酔っぱらった時に軽くキスされました。膝に手を置かれて別の手が腰に回されていました。
勤務先の上司ですから手を振り払う様な事は出来ませんでした。それに好意も持っていましたので。
ホテルのお部屋が用意出来てそちらへ移動しました。
扉を閉めれば二人だけの世界です。抱きかかえられて馬場さんの舌が昭江のお口に忍び込みます。軽くお返しのキスをしましたら抱き抱えられてベッドに移されました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年12月26日 | エッチな告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【寝取られ】私と妻の秘密【体験談】

私は(杉村 良樹43歳)公務員で妻(香織 40歳)は教師をしています。
妻は女優の黒木 瞳さん似で清楚に見られ、出産を経験していない身体は30代前半のスタイルを維持しています。
しかし、私と妻には友人や世間に知られてはならない秘密があったのです。
妻は学生時代に一度だけのセックスしか経験がなく処女同然でしたが、私と結婚した7年間で性戯を教え込まれ厭らしいM女に成長しました。
今でも週に2回ほどは身体を重ねます。
週末には夜のドライブに出かけ公園や山道で全裸になった妻の写真を撮ったりします。
露出写真や縄で拘束された写真はアルバム数十冊にもなりました。
 妻の担任していたクラスの女子生徒が警察に補導される事件が起こりました。
女子生徒はツーショットダイヤルで年齢を偽ってサクラをしていたそうです。
しかも、援助交際もしていたようで、妻が担任として事情を聞いたのでした。
女子生徒から事情を聴取した夜にベットの中で話ししてくれました。
「驚いたわ・・・彼女の話しを聞いて・・・」
「ふ~ん。最近の中学生は凄いなぁ~」
「そうなの・・・ツーショットダイヤルで男性に誘われたら援助交際してたらしいの・・・」
「・・・ツーショットダイヤルって香織は経験あるの?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 6812345...102030...最後 »

このページの先頭へ