大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】・無防備な義母 Ⅱ【体験談】

前記で紹介した様に、うちの義母は無防備な所があります。
去年の夏、家族3人で海水浴に出かけました。
義母は”何年ぶりかしら”と張り切って、水着も新しく購入していました。
海水浴場に着くと、義母と妻は車内で着替え初め、私がいてもお構いなしです。
着替えも終わると、早々に2人は海水浴場へ直行!私は後をついて行きました。
私が、浜辺に着く頃には、2人はもう海の近くにいました。
私は、シートを引きパラソルを立て場所を確保した後、シートに横になりながら、2人の様子を伺っていました。
しばらくすると、義母が戻ってきて”浮輪どこだっけ?”と言うので、膨らましてあげました。
義母を見ると、白のビキニでVゾーンも結構凄く、それでいてぽっちゃり体系の義母は、凄くエロく見えました。
しかも、良く見ると義母はサポーターを付け忘れた様で、白いビキニは透けていました。
今は、濡れていないので、まだいいですが濡れた時には、かなり透けると思います。
私は、教えるか悩みましたが、見てみたいという心理から黙っていました。
膨らました浮輪を渡すと、義母は喜んで嫁の所に向かっていきました。
義母が妻の所に着くなり2人は海に入り始め、バチャバチャと水を掛け合い、とても楽しそうでした。
2人が海に入って10分もすると、若い男5人が妻達に近付いていました。初めは近くにいて2人を見ているだけでしたが、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2016年5月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】男40にして、岐路にたつ、【体験談】

俺は、モテ期を過ぎた38歳の、独身サラリーマンだ。性処理は、もっぱら風俗だ。そんなおり、足が不自由な60過ぎの親父が、介護師と再婚すると、報告してきた。
しかも20代の女らしい、よくやるよ。
父親とは、母との離婚を期に疎遠になっていたが、
母が他界したのを期に一定の距離感をおいている。
しかし、その時が来た。
後妻から連絡が来た。父親がついにほぼ寝たきり状態になり、俺に会いたがってると、
GWを利用して、帰郷した。ってか、実家は、隣の市なのだが、
ガラガラガラと、玄関を開き、勝手知ったる実家だ。
ズカズカ上がり込むみ、居間に座ったら、襖が開き、
初めまして、清子ですって、三つ指をついてる。
(俺)あっあぁ、どうも、正行です。(清子)よろしくお願いいたします。って顔を上げた。
(俺)えっ。
(清子)あっ。そこに、居たのは、アイコだった。
アイコは、俺のよく指名した風俗嬢だった。
(俺)あっアイコ何で?わっわかんねーよ?。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年4月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】共同住宅暮らし【体験談】

結婚して1年間は賃貸マンションに入居していましたが、夫の父は急死して、義母の一人暮らしはショックもあり、可哀そうだとのことで、その後、義母と私達夫婦との3人で共同住宅に住むことになりました。間取りは4,5畳の台所とバス、トイレと襖で仕切られた6畳と4,5畳の部屋です。お風呂にはいるのにも脱衣所はなく、4,5畳の部屋で脱衣いないといけないんです。その上、4,5畳に義母が寝て、6畳に私達夫婦が寝るしかないんです。義母は今年48歳で、夫が26歳私24歳です。お風呂に入る時も夫の前でもそうですが、義母の前で裸はとても恥ずかしくバスタオルを巻いて部屋に入り、そこで下着を着るしかありません。夫は義母がいる前でも全裸でお風呂から出て来ます。義母もそうです。未だ48歳ですよ。女性の私でもそんな母の全裸を直視出来ません。それに夜の営みも出来るだけ義母が寝てからと思うのですが、襖の向こうで眠っているのかどうかわかりません。
声を殺していますが、あの時の息使いでわかるのではと気が気ではありません。それに夫は私を四つんばにしての行為が好きで、正直私もその体位が一番深く挿入出来て、いいのですが、お互い全裸でよつんばといったあられもない姿で行うわけですから、部屋を電気を消してしているんですが、夫が後ろから腰を打ちつけて私のお尻に当たる音がどうしても出てしまうのです。翌朝、義母と顔を合わすのが恥ずかしくて溜まりません。一度夫のものを口に含んで、夫は私の恥ずかしいところを舐めてもらっていた時、襖の向こうから義母が「良子さん、炊飯器に明日のお米をといで、準備してくれたの?」と声をかけられました。もうその行為を見られたと同じ位あ恥ずかしい思いをしました。又、朝物干しに干した洗濯物を私が買い物に行っている間に義母が取りこんでくれていたんです。そのは前日、夜の営みの時に穿くワインレッドの透け透けの前開きのパンテイーを上にタオルを掛けて干していたんですが、帰ってみると綺麗に畳んでありました。きっちり義母に見られたと思います。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2014年10月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【人妻】義母との一線【体験談】

1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。
私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。
その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。
一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。
雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程、暑くなります。
下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。
中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。
53歳の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。
人気に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。
”あら!ごめんなさい・・・”照れながら義母がドアを閉めたんです。それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。
何かと義母の体をジロジロ見ていたり、洗濯機の洗う前の下着を見つけては匂いを嗅いだりと
変態行為がエスカレートする様になってしまいました。
ある日、義母とTVを見ていると、いつの間にか義母はコタツの中で寝ていました。
何だかドキドキして、思わずコタツの中を覗いて見ると、義母のロングスカートが捲れ上がり太腿まで見えているでは
ありませんか?ムッチリした白い太腿の奥が見たくなり、そっと足でスカートを捲って行くと

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年6月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】・無防備な義母 Ⅱ【体験談】

前記で紹介した様に、うちの義母は無防備な所があります。
去年の夏、家族3人で海水浴に出かけました。
義母は”何年ぶりかしら”と張り切って、水着も新しく購入していました。
海水浴場に着くと、義母と妻は車内で着替え初め、私がいてもお構いなしです。
着替えも終わると、早々に2人は海水浴場へ直行!私は後をついて行きました。
私が、浜辺に着く頃には、2人はもう海の近くにいました。
私は、シートを引きパラソルを立て場所を確保した後、シートに横になりながら、2人の様子を伺っていました。
しばらくすると、義母が戻ってきて”浮輪どこだっけ?”と言うので、膨らましてあげました。
義母を見ると、白のビキニでVゾーンも結構凄く、それでいてぽっちゃり体系の義母は、凄くエロく見えました。
しかも、良く見ると義母はサポーターを付け忘れた様で、白いビキニは透けていました。
今は、濡れていないので、まだいいですが濡れた時には、かなり透けると思います。
私は、教えるか悩みましたが、見てみたいという心理から黙っていました。
膨らました浮輪を渡すと、義母は喜んで嫁の所に向かっていきました。
義母が妻の所に着くなり2人は海に入り始め、バチャバチャと水を掛け合い、とても楽しそうでした。
2人が海に入って10分もすると、若い男5人が妻達に近付いていました。初めは近くにいて2人を見ているだけでしたが、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年6月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の母を調教中【体験談】

大学病院で働く妻(21歳)は、夜勤もあり多忙である。
そんな事もあり、結婚2年を迎えるが未だ子供も居ない。
父が海外勤務で単身赴任している事もあり、私達夫婦は妻の家族と暮らす事になったのだ。
妻の家は代々お金持ちなのか?大きな家に住んでいた。(2階は私達夫婦用の2世帯作り)
妻は、昼夜を問わず仕事に出掛けるので、俺とはすれ違いな生活。
いつも、俺の世話は義母が行ってくれた。義母(40歳)とても若く!まさに美女だ。
ムッチリとした体に、ボンと張り出した胸(Fカップあるそうだ)、ムチッとしたお尻にムチムチした
太腿が堪らない。でも腰はクビレが大きく、透ける様な肌だった。妻も美人ではあったが、スレンダーで、胸もBカップと物足りない。何と表現していいか分からないが
色気が全然違った。
俺が3年の時、妻(1年)が告白をしてきて、付き合った。
初めて妻の母を見た時は、正直驚いた。エロ本から出て来たんじゃないか?と思わせる魅力だった。話は戻りますが、義母と過ごす時間が長くなると益々義母の魅力に憑りつかれていった。
特に、義母の風呂上りは溜まりません。濡れた髪をタオルで拭きながら、薄手のワンピース姿で
ソファーに座ると、俺の股間はギンギンになります。義母の股の奥が見えそうで見えない、
男心を擽って来るんです。毎日、犯したくなる気持ちを抑えるのが大変でした。そんなある日、妻も夜勤で出かけたので、俺は風呂に浸かり上がろうと風呂の戸を開けた瞬間でした。
義母もタイミング悪く脱衣場へ入って来て、バッティングしたんです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年6月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】無防備な義母 Ⅲ【体験談】

前節で書いた様に、私は妻と義母の3人で暮らしています。
義母はとても無防備な方だったんです。親子ですから妻も似ています。義母程では無いですが・・・
3人が一緒に暮らして(嫁と結婚)1年3ヶ月が過ぎます。この一年の出来ごとを書いています。
去年の秋、私の自宅から車で15分程走った所に、神社があって毎年秋にお祭りが行なわれています。
妻と義母は3年前から、お祭りが気にいって必ず見に行っているそうです。今年は私を含めた3人で出かける事
になりました。妻も義母も浴衣姿です。私も浴衣来たらって言われたのですが、車運転するからって事で1人私服
です。2人の浴衣姿もまた、綺麗でした。
私  「浴衣の時、下着は付けないの?」
嫁  「うん!下着ライン見えるとかっこ悪いし、普通じゃないの」
私  「お母さんもそうなの?」
嫁  「そうだよ。お母さんもっとすごい格好かも!」
私  「本当!マジ」
嫁  「何考えてんの!!!コラ!」
そんな事で、夕方に祭りに出かけた。義母を見る目がイヤらしかったかも知れない。義母も嫁と変わらず派手目の浴衣で、
襟足はとても色気が出ていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年5月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】綺麗な義母に痴漢体験【体験談】

3年前、私は結婚しました。
その妻には、たった一人の母がいるんです。
父親を早くに亡くし、義母は1人で娘を育てたんです。
そんな義母は39歳!と若く、私から見ても惚れ惚れする美形。その日、妻は残業で遅くになると連絡がありました。
義母と2人、夕食を済ませ風呂から上がると一緒に酒を飲む事になったんです。
義母とは気も合い、妻以上に話が合うんです。
その時は、義母も酒の勢いなのか?エッチな話になっていました。
”昔ね、私も痴漢に会った事があるのよ!変な話、ちょっと興奮したんだ”
”そうなんだ!義母さんもエッチなんですね”
”エッチと言われると、何だか恥ずかしいけど・・・女性は見た目とは裏腹なのよ”
”ん~、じゃ今痴漢されたら、やっぱり感じちゃうのかなぁ”
”分からないわ!でもちょっと興奮するかもね”・・・正直驚きました。清楚な義母に見えて、内心エッチな面もあると知って・・・
義母の目がトロ~ンとして来たので、”先に寝てもイイですよ”と声を掛けると
”ごめんね!先に横になろうかな”と寝室へ向かって行ったんです。
義母が寝室に入って30分が過ぎたでしょうか?

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2014年5月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】中2男の子【体験談】

ぼくホモなんです~
ぼくのアナルほじってください~
浣腸もしてください~
ちんこもいぢって~
ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~

ああ~

ああ~

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気・不倫】義母と…【体験談】

あれから、私は妻と子供が退院してから公私共に仕事や雑用に忙殺され、仕事のシフトの時間帯も変わり義母と会えない日が続いてました。
もはや娘婿と義母の関係ではなく、男と女の関係。。。。
以前、義母からもちかけられてた2人きりの旅行は、妻になんと言って説明したらいいのか…答えがでないまま保留になってました。
会えたくてもあえない…そんな気持ちが日に日につのると~私の義母に対する欲望は日増しに押さえきれないぐらいつのりました。
あの妻よりきめ細かな年齢を感じさせない義母の透き通った肌に顔をうずめて息をフゥ~と首すじから背中にかけて後から上に形よく位置付いてる胸を鷲掴みにまわし揉みにし揉みほぐしたい。
私は一度食べた時から義母の魅力的な体をいつしか愛しくて愛しくて虜になり妻かいようがいるまいが食べ続ける願望、欲求は私の理性ではセーブできない域に達してました。
もう義母のやらしいえっちな体からは離れられない。
まさしく一回食べたらやめられない…そんな心境でした(笑)
私は毎日のように一日でも早く、以前のように義母に会いたい、会ってお互いの体をはげしくぅ貪り抱きあいたい思いをつのらせていました。
そして、まもなくその好機がおとずれたのです。
子供ができてから妻は、子育てや家事に追われ~ゆっくりゆったりする時間がないので私は一つの案を考えていました。
それは幼児をもつ奥さん方が集う子育てサークルです。
ネットで見つけた地元のサークルで子育ての事をメインに幼児の健康状態チェック、家庭の事、その他さまざまな事を情報交換、会食などして親睦を深めるサークルです。
妻に話すと大喜びで即日入会しました。
毎週火曜にあるらしいです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年1月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ