大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】女性誌の副編集長【体験談】

俺は女性誌の副編集長。
仕事はきついが今の時期は天国である。
編集補助のアルバイトを募集すると
マスコミ・出版希望の女子大生がわんさかくる。
面接はすべておれ一人でやる。どんなに忙しくてもやる。
ただし、写真を見てぶさいQな女性は、女性のデスクにまかせる。
俺は気に入った子は履歴書をすべてコピーし、今回は応募者多数で
採用は難しそうだが、手伝ってもらうことがあるかも、と含みを
持たせておく。採用するのは2番目か3番目にきれいな子、
仕事もできそうな頭のいい子。で、一番のお気に入りは、自分用の
お手伝いにする。個人秘書みたいなもの。うちは大手だから、
就職するのは大変な競争率。で、口利きをほのめかして仲良くする。
きびしくやるのは最初の2週間、あとは深夜残業で残させ、やさしくして
手なづけていく。T女子大、J智大、R教大、など美人女子大生の
まん○をずいぶん食いました。卑劣な手も使いました。おくすりです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2018年9月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】妻の体【体験談】

私の妻の小百合の学歴は、早稲田大学卒で、頭は良いのですが、体がおかしい。
私が知り合ったのは、○○○−○○○○・ジャパンに入社した後で、小百合の本当の姿は結婚するまで分かりませんでした。
大学のサークルの後輩の紹介で、5年前に知り合い3年前に結婚しました。
四谷にある本社から夜遅く帰って来る来る日が週に2度程有り、残業だからしょうがない
と思っていました。
しかし遅く帰って来る日には明らかに小百合の体に変化があります。
おっぱいには吸われた様な赤いあざがあったり、腿にもあざが有ります。
割れ目にも白いシミが有り、どう考えても男に犯されたとしか思えません。
小百合はどの男が見ても性欲を掻き立てられる体で、私もひと目見た時から、小百合の体を
思い出し夜に悶々としました。
胸の谷間が見えるシャツは止める様に言っても、毎日着てゆきます。
中央線で痴漢に遭うのが心配です。
しかしまさか会社で輪姦させているとは思いませんでした。
あまりにも体に異変があるので、小百合についに聞きました。
そうしたら、妻から驚くべき事実が告発されました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2018年5月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】〜理想の女性〜【体験談】

<>914:おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火)23:51:21ID:aZJA8qOM<>
ある男が、自分を愛している3人の女の中で
誰を結婚相手にするか長いこと考えていた。
そこで彼は3人に5000ドルずつ渡し
彼女らがその金をどう使うか見ることにした。
一人目の女は、高価な服と高級な化粧品を買い、最高の美容院に行き、
自分を完璧に見せるためにその金を全て使ってこう言った。
「私はあなたをとても愛しているの。だから、
あなたが町で一番の美人を妻に持っているとみんなに思ってほしいのよ」
二人目の女は、夫になるかも知れないその男のために新しいスーツやシャツ、
車の整備用品を買って、残らず使いきると、こう言った。
「私にとってはあなたが一番大切な人なの。だからお金は
全部あなたのために使ったわ」
最後の女は、5000ドルを利殖に回し、倍にして男に返した。
「私はあなたをとても愛しているわ。お金は、私が浪費をしない、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年2月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【痴漢】小学生の痴漢少年 2.【体験談】

あの小学生の痴漢少年に興味を持った僕は、
あの少年が大人の女性にどうやって痴漢行為を行ない、、、かつ感じさせてしまっているのか
一度間近で見てみたいと思い。。。会社帰りの際は常にあの少年の姿を捜すようになりました。。。しかし、あの少年は結構不定期に現れるようで、、、見かけるときと見かけないときがあります。
また見かけても、あまりターゲットとなる女性がいないのか、、痴漢行為を働かない日々がしばらく続きました。ある会社帰り、、僕はまたその少年がいるかどうかを確認する為、ホームを一通り見て回りました。が。。見当たりません。
『む。。。今日も外れかな?』
僕はあきらめ。。まだ電車が来るまで若干時間があった為、本でも立ち読みしようと駅内の書店に立ち寄りました。すると。。書店の参考書コーナにそいつが居るのを見つけました。
遠めからでもはっきり分かる特徴的な子ザル顔で、 かつ小柄なその少年は、”小学5年の算数ドリル”と書かれた問題集を立ち読みしていました。
『おお!居た。。』
僕は少し喜んで、、その少年の様子を遠くから見ていました。
その少年は”ジッと”真剣に算数ドリルを見つめていました。
『へー。。。あんなとんでもないエロガキでもちゃんとやることはしっかりやってるんだな。。』
僕は少し関心しました。しかし、、その少年の”算数ドリル”を眺めている顔がやたら真っ赤になっているのです。。
そしていきなり”ズルッ”という感じで、開いている算数ドリルの中にある何かが落ちそうになり、
少年は少しあわてた感じでそれを元に戻しました。
『んっ?何だ。。。?』

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2018年1月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【初体験】人妻OLの私と課長の息子【体験談】

 私は25歳の人妻のOLです。2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。次に同期の男性と付き合いました。ハンサムで仕事ができる自信家でした。ただし、セックスは下手。私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。付き合ってすぐに結婚しました。しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。仕事もあるので私は日本に残りました。
 夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。
 名前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。
 手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。私は悠君を一目見て好きになりました。そして、お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。
 悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。悠君と色々な話しをしました。お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。
 私はやったと思い、家に戻ると下の毛をすべて剃り落とし、ツルツルに仕上げ、ローションやら勝負用の紐パンやらストッキングなどの買いそろえて準備万端して寝床に入りました。そして、その夜に私は悠君と愛し合う恋人同士になった夢を見てしまい、寝ながらオナニーに耽ってました。
 次の日、私は戦闘準備よろしくに化粧をして会社に行き、急いで仕事を片付けて、悠君の元に向いました。昨日から悠君とセックスすることでいっぱいでしたが、頭を冷静にして、防音室のドアを開けるととんでもない光景がありました。何と悠君はズボンとパンツを脱いで、下半身丸出しにしており、悠君のペニスは反り返っていたのです。悠君は私を見てキョトンとしていましたが、私は悠君のペニスに釘付けです。悠君のペニスは女の子のような綺麗な顔に似合わず、太く長く大きかったのです。夫や部長など問題外です。これ欲しいと思いつつも、私は何をしているのかと悠君に訊ねると、実は昨日からペニスの様子がおかしいので調べていたというのです。よく見ると保健体育の専門書が机の上に乗っていました。
 悠君の話によると昨日、私と話をしているときから、ペニスが途端に大きくなったので体に異変があるのではないかと思い、図書館で保健体育の本を借りてきて、調べていたのだというのであります。私はえっと思いました。私はそれを聞いてすぐに悠君に性の知識がないという事と、悠君が私に欲情していた事実を知り、この絶好の状況に迷わず行動に移りました。
「ねえ、悠君。私がこれが何なのか今夜、教えてあげるわ」
「うん、加奈子さん(私の名前)教えて」
「でも、とりあえず、大きくなったこれを小さくしなくちゃね。ちょっと待ってて」
 私は急いでロッカーから野外セックスを想定したグッズを入れたポーチを持って防音室に戻り、しっかりと鍵を掛けました。悠君はじっと私が来るのを待っていてくれてました。もちろん、ペニスは反り返ったままです。
「じゃあ、これを小さくする準備するわね」
 私はそういうと来ている服を脱ぎ始めました。
「え、加奈子さん、ちょっと待って」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2017年12月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:初体験談

【近親相姦】(●実験台にされた女性)【体験談】

(●実験台にされた女性)

先日,友人のA子が私大の大学病院で受けた,屈辱的な体験について手紙をくれました。

A子は24歳になるたいへん美人なOLでして,有名大学の英文科をトップクラスの成績で卒業し,今は,一流企業の重役秘書をしています。

以下,彼女の手紙の全文を紹介します。

——————————————————————————–

先日,仕事上のストレスもたまり体の調子が優れず,思いきって大学病院へ診てもらいに行きました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2017年11月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】[サレ夫][離婚]664 ◆Uf4FgWf2XE 1000万貢いで二股かけられた汚嫁【体験談】

664 名前:離婚さんいらっしゃい投稿日:2007/09/17(月) 01:54:17
俺も明日から×1かぁ
長いようで短かった結婚生活(9年)
仕事も辞めたし、×1子蟻で実家帰るよ。
669 名前:664 ◆Uf4FgWf2XE 投稿日:2007/09/17(月) 11:19:11
コテ取った。
今朝、市役所に離婚届出してきた。
婚姻や離婚・死亡や出産などの届けって
基本的に年中無休で24時間受付なのね
知らなかったよ。
離婚届提出して、子供(2人)が通う小学校の担任にTEL
転校の手続きだの、実家での手続きだの色々と教えて貰って
気がついたら、10時過ぎ、、、、、
役所の近くの公園で、ぼけ〜として
今、帰ってきた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】キャバ嬢を愛して6【体験談】

「昨日の客は最低だった」

伊豆半島を目指して走る車の助手席で、ぼーっと景色を眺めていた千佳が、口を尖らせていいました。
千佳が店の愚痴を言うのは珍しいことです。

「団体客に着いたんだけど、そろいも揃っておっぱい星人ばっかしでさ。
私みたいなのは生きてる資格ないらしいよ、女性として」

「あはは。そこまで徹底的に言われたか!」

もっと乱暴な客を想像していたため、俺は思わず吹き出しだしまいました。

「笑い事じゃないっすよ。
あれだけ人数いたら、ひとりぐらい貧乳派がいてもよさそうなもんなのに。
……世の中、巨乳好きばっかりだと、『春菜』さんとしては死活問題ですよ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年7月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】鉄道模型を捨ててから、夫の様子が…(その後+コメ)【体験談】

結構長いです
****************
その後が気になったので
ググッたら
それっぽいのが
見つかったので
コピペしときます。
****************

2006-03-18「謝らせてもらえませんでした」って言い方は傲慢か!?
■[2ch][結婚]鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい(ニャー速)鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい(ニャー速)を含むブックマークCommentsAddStar

・コトの起こり

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2017年2月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた 【体験談】

私は今年で40歳になった。まだ結婚はしていない。と言うか、結婚に興味が持てない。女性のことを信用できないという気持ちが強いからだと思う。

私はそれなりにルックスも良く、男性器の性能も良かったので、若い頃から遊びまくっていた。そして、普通の女性とのセックスでは刺激が足りなくなり、人のモノ……彼女だとか、人妻にしか興味を持てなくなってしまった。
そんなセックスをしていると、女性があっさりと伴侶を裏切る姿をイヤと言うほど目の当たりにする。そんな刺激を求めた背徳的なセックスを繰り返したツケが、いまの私の女性不信に繋がっているのだと思う。

そして、見ず知らずの人妻などを落とすことにも飽きてしまった私は、身の回りの知り合いの人妻に興味を持つようになっていた。

私は小さいながらも広告代理店を営んでいて、早いタイミングでスマートホン対応をしたおかげでそれなりに収益も上げる事ができ、従業員も80名を超えた。

そんな中で、営業部の部長を任せている間宮という男の妻に目を付けた。間宮はとにかく真面目で勤勉な男で、まだ35歳という若さにもかかわらず、彼が部長をしていることに社内でも誰も異論は無く、誰もが認めるエースという感じだ。

そして、彼は社内結婚をしていて、私の秘書が彼の妻だ。名前は美帆といい、見た目からしてザ・秘書という感じの上品で清楚な感じの女性だ。年齢は29歳で、女盛りの最盛期、色気とフェロモンが過剰分泌されているようないい女だ。
彼女はスレンダーな身体をしていて、一見ほっそりとした印象だが、よく見るとスーツの中の胸はブラウスのボタンをはじき飛ばしそうだ。

膝丈のタイトスカートからのぞく足も美脚で、会社の看板という言葉がピッタリと来る。実際、業界紙で美人秘書という紹介のされ方をしたことが数回ある。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年1月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ