大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】「お嬢ちゃんは、おじさんがお父さんだったかも知れないよ」【体験談】

533 : 名無しさん@HOME : : 2010/03/17(水) 15:02:11 0
37年前の母の話。
母は結婚前に5人の男性から結婚を前提に交際を申し込まれたらしい。
母は父を選んだんだけど、その中の1人から、
「あなたの事は忘れません。でももし辛いことや悲しいことがあったら
僕の所に戻ってきて下さい。あなたには僕が必要のはず。」
という内容の手紙と共に『わすれな草をあなたに』というレコードを渡されたそうです。

時は流れ私が小学低学年くらいの頃、デパートのキャラクターショーへ行った時、
「もしかして◎◎さんですか?」と母に声を掛けるキャラクターの着ぐるみに遭遇。
「私ですよ」と着ぐるみの頭を取るとレコードの主。
私は着ぐるみの正体にショックを受け、この後はよく覚えてないのですが、
「お嬢ちゃんは、おじさんがお父さんだったかも知れないよ」
と言われた事だけは覚えてます。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2017年12月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】どうしてもどうしても大好きで結婚したい相手な彼氏を強引に説得しようとした結果wwwwww【体験談】

80:名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/31(金) 23:02:41.04

初めて質問させてください。
わかりにくい部分もあると思いますがよろしくお願いします

彼28歳私26歳、付き合って9年目で結婚前提でした。
お互いの家族のこともよく知っており仲良しでした。

半年前に彼から突然、長年の価値観や考え方が合わずに悩んでいた。
もう別れたいとケンカの拍子に告げられ、そのまま強引に別れてしまいました。

同棲をしていたので後日、私の荷物をまとめに彼の部屋に行ったところ
以前から親しい女友達のことが名指しで「●●ちゃんのことが大好き」
「安心する」などと書かれ、彼女との真剣な結婚を考えているらしい
彼の日記を見つけてしまいました。ものすごくショックでした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2016年5月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】特撮スタッフの生活【体験談】

※僕らの知らない生活をする人たち4人目※より

※エロと萌えの要素は一切ありません※

<>327名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]投稿日:04/11/22(月)01:43:48ID:XFB+uKxN[1/7]<>
特撮スタッフの生活。

特撮と一口に言ってもいろいろある。
怪獣やウルトラマンが闘う、お子様向けの「トクサツ」や
一般映画の中で絶対に「ああ、特撮だな」と観客に悟られてはならない
「本当に撮ったの?」と思わせるための視覚効果までですね。

まぁ、これらの仕事に携わる人々に共通している事。
それは「鼻毛がよく伸びる」という事ですな(w
何しろ特撮の現場には身体に悪いものがいっぱい撒かれる。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年6月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ちょっと萌え編【体験談】

<>130:おさかなくわえた名無しさん:2008/07/03(木)22:46:41ID:SefV0IEK<>
ちょっと長くなるけど…

2ヶ月くらい前、電車で座ってたら前に座った喜多嶋りお似の高校くらいの
女の子、スカート短くてパンツが見えてた。すっげぇ興奮してフルモッキした。

その数日後、朝会社行くために歩いてて信号待ちのタクシーの横を
通りかかったら窓が開いてて中で騒いでる声が聞こえた。
乗ってたのは見るからにDQNなカポーだったんだけどよく見たら
女のほうがオパイ丸出しだった。
「氏ねばいいのに」と「運ちゃんも大変だな」の感情しか湧かなかった。

片やパンツ、片やオパイ丸出しなのにパンツのほうが100倍興奮した。

長文な上に微妙なスレ違いスマソ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2014年9月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【人妻】夫の悪戯(続)【体験談】

あの恥ずかしい夏の体験から5ヵ月が過ぎました。
季節も変わり冬本番、雪が舞う季節になったある日、夫からクリスマスを
友人達と一緒に過ごさないかと相談されたんです。
その友人と言うのは、夫の学生時代の後輩2人らしく、会社の忘年会の時に
偶然同じ店で鉢合わせになった様です。
何年ぶりの再会に、途中忘年会を抜け出して3人で飲み直し、今回の話に
なったと言うんです。断る理由も無く了承したんですが、何か夫の企みがある様な気がして快く受け入れる事が
出来ませんでした。
クリスマスの数日前、夫が紙袋を手に帰って来ました。
「何?それ・・・」
「あ~クリスマスの衣装!」
「衣装?」
中身を確認すると、サンタの服が2着(男性用と女性用)入っていました。
「え~もしかして、これ着るの?」
「ん~その方が気分出るし・・・後輩も着て来るから・・・」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年6月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】モモとノンタン(補完)【体験談】

<>394名前:えっちな18禁さん投稿日:2012/08/25(土)02:32:14.06ID:P/qqw/bh0<>
自分もつい最近までスワップしてました。
せっかくなので自分の話も聞いてもらいたいです。
出来れば明日くらいに書きたいと思います。

<>473名前:394投稿日:2012/08/26(日)10:32:15.37ID:tEq9EIiH0<>
自分は29歳のプログラマで
名前はちょっと変わってるので太郎としておきます。

嫁は桃子で、モモって呼んでいます。
23歳で、今はケーキ屋でパートしてる。

スワップ相手は
旦那の名前が祐司(祐二?)で、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【複数・乱交】A’ゲイ’B48【体験談】

抜く井「だから言ってるだろ!俺様は悪だから約束なんて関係ないって今、俺様のエキス注入して遣るから運が良ければ孕むかも知れないぜ!」ズッコン!バッコン

松井「い…いやぁ…それだけはいやぁ!」

抜く井「ううっ…出る…出る…いっぱい出るぅっ…」

どぴゅっ!どぴゅっ!どぴゅっ

松井「い…いやぁぁぁぁぁぁ!出てる…出る…あ…熱いのがや…いやぁ…」

抜く井「ふう〜出した!出した!でもっ孕ますにはまだまだ不足だな?今度は何にするかな?」

抜く井は松井の中で性を解き放つち、頭部とミニーマウスの着ぐるみを剥がすと口元にフェラで出した、精子がカピカピに張り付き蜜壷からは薄赤い精子が流れ落ちる全裸の松井が、松井は疲労困憊で動く事が出来ない。

お菓子の家では

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:複数・乱交の体験談

【風俗で】沖縄〇俗の思い出を書く【体験談】

最初に言っておくとおっさんは余裕で100人斬りをしている
ちなみにこれは自慢ではなす
風俗150、素人30くらいの割合だ

そしておっさんは前スレにも書いたが性病ではない
風俗では危険を侵すがそのたび性病検査に行く紳士である
性病検査をした回数、実に25回以上

繰り返す。おっさんは性病ではない。体に病はない。心の病である。

沖縄はすげー

おっさんが25歳くらいの頃だろうか
会社のバブル世代からその話を聞いた

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【近親相姦】四つの顔 【体験談】

582名前:四つの顔 ◆oJUBn2VTGE[ウニ]投稿日:2009/10/11(日)22:41:09ID:e4PX3/wx0

大学一回生の冬だった。
そのころ俺は大学に入ってから始めたインターネットにはまっていて、特に地元のオカルト系フォーラムに入り浸っていた。
かなり活発に書き込みがあり、オフ会も頻繁に行われていたのだが、その多くは居酒屋で噂話や怪談話の類を交換して楽しむという程度で、一応「黒魔術を語ろうという」というテーマはあったものの、
本格的にその趣旨を実行しているのはごく一部の主要メンバーだけという有様だった。
俺もまた黒魔術などという得体の知れないものを勉強しようという気はさらさらなく、その独特のオカルティックなノリを緩く楽しみたいという、ただそれだけの動機だった。
そんなある日、いつものように居酒屋でオフ会をしたあと、Coloさんというフォーラムの中心メンバーの家に有志だけが集った二次会が開かれた。
その前の居酒屋ステージで、はじめてオフに参加したという軽薄そうな男が京介さんというハンドルネームの女性にしつこく言い寄り、ついに彼女がキレて一人で帰ってしまうという騒動があったせいで白けたムードが漂い、常連だけで飲みなおそうということになったのだ。
マンションにあるColoさんの部屋で買い込んできたお酒をダラダラと飲んでいると、自然とオカルト話になる。俺を含め、全部で五人。
そういう話が好きな面子が揃っているから当然なのだが、考えるとこれだけ何度も集まりながらまだ話すネタがあるというのが結構凄い。
特に沢田さんという女性と山下さんという男性は怪談話の宝庫だった。
沢田さんは看護婦をしていて、実体験はあまりないものの、病院にまつわる怖い話をかなり蒐集しており、その頼りなげな語り口は恐怖心を必要以上に煽ったものだった。
山下さんは三十年配の最年長組で、霊感が強いのか体験談がやたらと多く、他のメンバーからは「半分以上眉ツバ」などとからかわれていたものの、時に異様なリアリティで迫ることもあり、一目置かれた存在だった。
その夜も沢田さんの病院話とみかっちさんという女性の子どものころの話、それから山下さんの話とが順番に語られていった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年9月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【浮気・不倫】婚約者のいる巨乳の同僚に 【体験談】

同期入社の女性は4人いて、3人の胸は大きかった。
配属がきまり同じ営業所になったAは、顔もかわいいく一番の巨乳だった。
Fは間違いないだろう。
Aは営業。一時間以上掛けての電車通い。
俺は深夜作業もある現場。俺には遠いのでアパートが提供された。
出勤する時間帯も違い、会社で会うことも少ない。たまに会話するくらいだった。
身長は160弱。漆黒の髪と化粧が利き過ぎのような気もするが、それを差し引いても白い肌。
入社して間もないでのスーツはしっかり着込んでいた。体のラインは分からない。
巨乳と知ったのは半年後。会社から行った温泉旅行で、浴衣を着た時に現場の男が盛り上がったらしい。
俺は、当日行けなかったかった。
Aは佐藤寛子になんとなく似ていたので、以下寛子。
寛子は天然系で、年配社員からは「ぶりっ子」という死語で呼ばれており、誰かしら媚を売っているように見える娘だった。
仕事も人任せなことで、同じ女性社員からも、一部疎まれていた。
異性の社員に対しては、年の上下に関わらず必ず、さん付けなのだが、俺のことは入社当初から「俺クン」と呼ばれていた。
「俺君」ではなく、「俺クン」みたいな語感。もしくは「俺ク〜ン」みたいに聴こえる。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ