大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】角膜移植【体験談】

538:素敵な旦那様:2005/06/14(火)13:17:44
1名前:恋する名無しさん投稿日:2005/06/03(金)14:37:31
3年前俺は事故で完全に盲目になった
当時付き合っていた彼女は、普段は俺が大好きだとか愛してるとかそればかり言っていたくせに
俺が目が見えなくなってしまってから手のひらを返したようにいなくなった
結婚までしようと俺は考えていたので本当にショックだった。俺はその程度だったのかと
それからの生活は一変し、気づけば周りの人達は俺から離れていなくなっていた
はじめは暗闇の中での生活に恐怖を感じていたので周りに気を向けるヒマもなかった
気づいたころには友人とも付き合いはなくなり、
元々仲がいいわけではなかった兄もしょうがなく面倒を見てるといった感じ
そもそもこの事故は前彼女を庇った時に巻き込まれて失明したので、いなくなった前彼女に怒りや憎しみを覚えることすらあった
今思えばその頃は怒りを向けることで一時的にでも自分のことから逃れられていたのでそれが楽だったのかもしれない
しかししばらく時がたつとそれすらも億劫になるようになり、毎日ボーっとするだけの日々をすごすようになった
何かをやろうとしても目が見えないのだから何もすることが出来ない
一人では何ひとつできることがないのある

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2018年7月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】忘れられない入浴介助【体験談】

19才のとき。
運悪く両手を骨折してしまい入院することに。
両手の骨折だったが、若くて回復も早いし、短期間の入院だった。
その間、3人くらいの看護婦の人にいろいろな世話をしてもらっていた。
世話をしてもらうと言っても、よくAVなどであるような展開はない。羞恥心への配慮はあるし、看護婦さんたちも暇ではないので、短時間で世話をすませる。

その3人の看護婦さんの中で、20代後半くらいのわりと綺麗な芝崎さんという看護婦の方と、なんとなく波長が合い、すごく仲良く世間話などをする間柄になった。
とても清潔感がありスタイルのよい方で、テキパキと作業を手際よく進めるタイプの看護婦さん。

ある日、芝崎さんにお風呂に入れてもらうことになった。
それまでは、日常程度のムラムラはあったが、病院だからこそという性的興奮はなかった。しかし、今までフランクに世間話をしていた女性に、お風呂に入れてもらうとなると、さすがに19才の私は、体の奥底から興奮を覚えていた。

だが、うぶだった19才の私は、「ダメだ、これじゃ変態だ」と体からの高ぶりを自制するように、自分に言い聞かせていた。

入浴介助用の腕がまくれた薄いピンクのシャツと、ハーフパンツに着替えた芝崎さんは、落ち着いた様子で、私と脱衣室に入り、手際よく私の服を脱がせる。私が恥ずかしい思いをしないようにと配慮してくれて、股間にはタオルをあててくれた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年7月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】お腹の激痛【体験談】

もう3年も前のことになりますが、私が22歳のときの体験を話します。
同じ会社に勤める女性の勧めで、とある山奥にある無名なスキー場に女性3人の同僚と行きました。
そこには、自炊ができるキッチンがあったので3人で不得意な料理をして食事をしました。
その晩、私達3人は急にお腹が痛くなりました。胃腸薬を飲んでもお腹の激痛は治まらなかったので、フロントに近くの急患を診てくれる病院(内科)を紹介してもらいました。病院に電話をし、診察してくれることになったのでフロントの方が運転する車で病院まで運んでもらいました。
病院に入り夜間受付のインターホンで名前を告げると、ドアが開き待合室で待つ様に言われました。数分後、我々3人は同時に名前を呼ばれ診察室に入りました。我々は今夜食べたものや症状を順番に話すと、お医者さんは「それじゃ診ましょうか、全員、上半身裸になって下さい」と言いました。私達は互いに顔を見合いました。でも…、私はお腹が痛くて仕方が無かったので、まず私が上半身裸になりました。そのあと、他の2人も上半身裸になりました。お医者さんは聴診器を私の胸に、他の2人が見ている前であて始めました。恥ずかしかったです。その後、他の2人にも同様の聴診をしました。気のせいか?お医者さんは私より年下の3人の中で一番美人でかわいいA子を丁寧に診ていました。
次に「(ちょうど3つあった)ベットに仰向けに寝てお腹を出して下さい。」と言われました。我々はベットに言われた通りに寝ると、当直の看護婦が私のベットのカーテンを閉めた後にスカートのチャックを下ろしパンストとパンティをあそこの毛がが少し見えるくらいまで下げました。そして、お医者さんがカーテンの中に入ってきて、まず、ひざを曲げた姿勢で私のお腹全体的に手で押したり軽く叩いたりしました。私は無表情でじっと天井を見ていました。次に横向きにされ丹念に触診されました。お医者さんは「いいですよ」と言った後、となりで同じような格好をさせられているA子が横になっているカーテンを開け、同じような診察を開始しました。
カーテンの隙間からA子の診察されている風景が見えました。A子は真っ赤な顔をしながら、お医者さんに陰部をいじられ涙目でした。
全員の診察が終わり、服を直している我々にお医者さんは「急性腸炎みたいですみたいです。抗生物質を渡しておきますので飲んで下さい。それと大量の水を飲んで下さい。明日、まだお腹が痛いようでしたら来院して下さい」と言いました。 

翌日、A子と私のお腹の痛みは収まったのですが、B子の具合は悪いままでした。タクシーで昨夜の病院に3人で行き、一般の受付で昨夜のことを話しました。B子は精密検査を受けることになりました。

(後は、B子から後日聞いた体験談です。)
お医者さんの指示通り、B子はパンティを脱いで検査着に着替えました。暫くすると看護婦が「恥ずかしいけど我慢してね」と言った後、B子は検査室に連れて行かれました。
検査室に入ると看護婦に検査着を脱ぐように言われ全裸に。その後、上半身にタオル掛けられたましたが、下半身だけ露出した状態に…。しばらくするとお医者さんが陰部の脇に麻酔の注射を打ち、麻酔が効いたことを確認すると肛門に指を突っ込み、細い管を突っ込みました。
その後、上半身にあったタオルも取られ全裸の状態で、聴診・触診をされました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2018年6月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】スレチガイママ「病院で『部屋の電話線抜いてネット接続すんな!ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!! 』と書いてあった」【体験談】

<>571:名無しの心子知らず2013/01/01 17:50:53 ID:OHaCUG6E<>
あーあーあーー腹立ったー。
年末(31日)に、実家の大掃除で家の外壁を高圧洗浄機で掃除してたら隣のおばさんに声かけられて、「それ貸して」だって。
うちは母屋と離れがあるから1日使うんで無理ですって言ったら「じゃあうちの家もやって」だとさ。
意味が分からない…。
で、昼休憩して午後から続きやろうとしたら高圧洗浄機ねぇし。隣の家覗けば案の定あるし。
ここから更に意味分からないけど、「子供に高圧洗浄機使って遊びたいって言われたから使う。貸しなさいよ」とか言い出しちゃったよ。
もう何からツッコんだらいいのやら。。。
子供が触って誤って目とかに当てたら失明ものなのに何言ってやがんだこのババア…っていうか普通に窃盗だし。
疲れる、マジで疲れるよ本当に。
私が変なの?ケチなの?何なの?一年の最後にどっと疲れたわ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年6月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】腰痛治療のレントゲン室で【体験談】

腰痛発作。久しぶりだ、腰の使いすぎか?
いつもの医院でいつもの診断。
そして、いつものレントゲン撮影で・・・・・・・・・・・・・
白衣のレントゲン技師は代わっていた。40歳前ぐらいでだいぶ若返ったみたい。その白衣さんに手伝ってもらい、漸く全面透明の台に乗る。
ジーンズの又ボタン等が邪魔になるらしく、ジッパーを下ろし少しジーンズを下げろとの事。
ジッパーを下ろすも、ジーンズが下がらない・・・白衣さんが両手で下げると・・・ジーンズの下はあのスーパービキニだった。
薄い布地の上から亀の頭がくっきり・・・「あらっ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おしゃれなパンツ!・・・・・」その目はそこから離れず、足を広げられ、上半身は後ろに反らされた。
股間を中心に撮られる感じ?そして腰の角度の調整、右・・・左
へと動かされる。パンツのもっこりはその度右・・・左へと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
漸く形が決まり撮影。白衣さんが部屋から出て・・・スピーカーから指示が何回か出され・・・終了。
「はい!終わりましたよ・・・」と近づく・・・ジーンズを上げようと正面にくる・・・「まあー!!???」そこには勃起した、きんた○が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
亀の頭が完全にビキニから飛び出していた。白衣さんに反応してしまったのだ。「とても立派な頭。素敵!!
・・・でも少し赤くなっているみたい・・・腫れてる?」と目が離れない。
実はと、例の温泉での出来事を話す(温泉宿の2人の仲居さんとの合体)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年5月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】自慰してるところを看護婦さんに見られた【体験談】

去年足を骨折して、1ヵ月ほど入院した時に担当の看護婦さんにしてもらいました。
気さくな看護婦さんで、話が合う事もありすぐに仲良くなりました。
ある時検診してもらう時にふざけた感じでお尻を触ってみたところ
「もう、ダメですよ~」
「ジッとしててください」
という感じで、怒る素振りもなかったんです。
それで、
「これはイケるかも」
と思い、その後はもっとエスカレートしておっぱい触ったり、太ももを触ったりしてたんですが、看護婦さんは”まあ、触るくらいなら”みたいな感じでやたらオープンで触らせてくれ放題。
俺は毎日それをネタに寝る前にズリってたというわけ。
ある夜、いつも通りその日看護婦さんを触った時の感触を思い出しながらズリってたところ、突然彼女が入ってきた。
俺は非常に焦ったが、ビンビンの息子をすぐに隠す事もできず、しばらく固まる。
“こんな変態なところ見られたら確実に嫌われるなー”という、もはや諦めの境地に達する。
「な、何してるんですか!?」
と顔を背けながら言う看護婦さん。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2018年3月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】複数の体験談【体験談】

<>571:sage:2009/08/19(水)23:44:24ID:1gWlOabU0<>
中学3年の始めに、初めて彼女が出来た。

はあまり目立つタイプの生徒ではなかったけれど
2年生の或る時期を境に、段々と周囲の仲間と楽しく過ごせるようになった。

3年生のゴールデンウィーク前、
僕は同じクラスのY子に生まれて初めて告白をされた。
Y子は可愛くて元気な子だった。
何をしていても楽しそうに振舞う子だった。
音楽のリコーダーも楽しんで吹き、
体育の跳び箱もいつも飛べた飛べなかったとはしゃぎ、
理科の時間で物理や化学で初めて知る事柄を学ぶ度に喜んでいるような

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年1月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【レイプ】女子トイレでの汚物箱オナニーの過ち【体験談】

私は女子トイレに入って汚物箱の中に捨ててある使用済み生理用品で私の童貞の汚いイチモツをシコシコオナニーを女子トイレ内で行っていました。ある日私は女子トイレに入って来た女性に気付かずにオナニーを激しくしてしまい逝き果てて我に返った時おもいっきりドアをノックされ結局私は男だとばれてしまいました。汚いイチモツ隠さずに多分私は声を発していたんだと思います。その女性は凄く睨んでいて、大声で叫ぼうとせずにいたので私は謝りながら童貞だと正直に言って、少しだけ興味があった女装と生理やおりものやおしっこを私の身体にぶっかけたりして私を汚便所の肉便器にして許して下さいと告げると女性は笑いながら女子になるなら処女のおまんこもそのいやらしい童貞の汚い物もダブル喪失してから、私の他の女性や時には男の汚いちんこも挿入して公衆トイレの汚便所の肉便器になり輪姦され私の女になりなさいと言われ許して頂けるのなら身体を売ります。
連絡先を言わされ女子トイレの個室で女性の生おまんこを舐め綺麗にして私のイチモツは弄ばれて我慢出来ずに射精し続けて裸にされビンタやヒールで踏まれイチモツに使用済み生理用品を自らシゴいて罵声を浴びながら逝ってしまいました。女性は鞄の中からポーチを取り出してポーチからピンク色のデカイバイブを取り出して私の口に入れスイッチを入れ口の中で激しく動き回り私は一瞬にして私のおまんこにこのデカイバイブが挿入され処女喪失する事が分かりました。私はもがいて口のバイブを出して許しをお願いしました。これは私が女になるなら初潮を迎えさせて欲しいとお願いしました。その女性が生理中に経血を取り貯めて私のおまんこに浣腸器等で経血をタップリ中出しして貰い初潮教育を受けたのちにその女性に立派なペニスバンドで私の処女のおまんこに挿入されレイプされて処女喪失したいですと、私の想像を言うと本当に女子になりたいんだと言われて許して貰い生理日がもう直ぐだと言われ私も承諾しその日は解放されました。そしてその女性から連絡が入り生理になったと言う事で私は過ちを悔やみながら女子トイレに向かい女性を待ちました。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:レイプの体験談

【近親相姦】豚姦と馬姦【体験談】

1:投稿者:ケーシー◆SjZ0vVp2p.2008/11/2202:26:41(QwTdZy0k)投稿削除

どうもお久しぶりです。秋も深まり、冬の足音も聞こえる今日この頃です
が、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
こちらは元気でやっとります。

今回は、Aさんの牧場話です。

覚えている方もいらっしゃると思いますが、Aさんが牧場にいくことになっ
たのは、本来行くはずだった妻が病気になってしまい、その代理という理由
からでした。
では、なぜAさんだったのか。
それは、他に代理になってくれる方がいらっしゃらなかったからorz
Aさんから返事がくるまえに、Bさん・Dさんにも声を掛けてみたんです
が、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2017年12月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【高校生と】超天然で無防備な叔母【体験談】

今年は最悪の夏だと思っていた。 でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。 一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。 チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。 男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。
 
 
性欲だけは人一倍ある。 唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。 オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。そんな自分でも夏は楽しみだった。 夏休みが楽しみ。 一日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを、好きな時間にできるから。 それに、チョット告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので、痴漢もできる。
もちろん、エロビデオにでてくるような、犯罪的な痴漢ではありません。 そんな度胸はないです。 あくまでも、軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。
全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも充分に興奮できる楽しみだった。しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。父親が早くに他界したことがあり、現在自分は、母親と二人きりの生活。 母親が、看護婦の仕事をして家の生計をたてていた。
その母親が、8月1日から1ヶ月間、癌化学療法師?とかいう資格を取得するために、東京へ研修に行くことになったのである。自分は当初、心の中で物凄く喜んだ。 なぜなら、小言ばかり言う母親が、貴重な夏休みの間だけいないから。 もう17歳だから、お金さえあれば何の問題もない。 (やったー 自由だ!)と思った。しかし、それは非常に甘かったのである。 なんと母親が、研修の間だけ自分を、叔父の家に預けると言いだしたのです。自分はもちろん断固反対した。 貴重な夏休みの自由を奪われるなんて、信じられないことです。 人権の侵害?だとも思った。しかし、しょせんそこは養われの身。 そんなにも強くは抵抗し続けられなかった。 それに日頃のおこないも悪かった。 ほっとけば本当に一日中ゴロゴロしているだらしない性格。 しかも、最近ではたくさんのエロビデオを隠し持っていることがばれ、非常に呆れ果てられていた。自分は泣く泣く承諾したのだった。
8月1日 月曜日 叔母との初対面その日は叔父に車でむかえに来てもらい、とうとう行きたくもない叔父の家に向かった。
叔父は母よりけっこう年下で35才です。 ラフな格好に髭をはやしており、見た目の通りすごいアウトドア的な人。 自然がものすごーく好きで、わざわざ田舎の家を買いとって住んでいると前から聞いていた。 隣りの○山県の○○村っていうとこです。「 なんも無いけどなぁ 自然がきれいで空気がすっごいおいしいぞー のんちゃん ハハハッー 」
「・・・はぁ 」アホちゃうか?と思った。 ちなみに のんちゃんは自分の名前。叔父は5年前に結婚して、現在4才の男の子と奥さん(叔母さん)と、3人で暮らしているらしい。
叔父とは年に一回ぐらい会う機会があったが、叔母さんやその息子には今まで会った記憶がなかった。叔父の家は隣県とはいえ遠かった。 砺○市とかいうところをぬけて、更に道路を山側に向って進んだ。 最初はまだ道沿いにショッピングセンターがあったが、そのうち辺りが田んぼばかりの景色になり、非常に不安になった。道はそのうち完全に山道になった。
( 大丈夫! あの山を越えたらたぶん町があるんだ )
修学旅行のことを思い出し、ひたすら車の中で自分を励ましていたと思う。「 おっ ほら ここが○○村だよ 」しかしそのうち、叔父の呼びかけに車の外を見てみると、愕然としてしまった。見わたすかぎりに広がる田んぼと山、その間に家的なものがポツリポツリ。散居村? 屋根がワラ的な感じ? ツ○ヤない ゲ○もない す○家もない!本当にビックリした。 コンビニさえなかった。 大好きなツ○ヤとか、本屋的なものがない生活など考えられない自分には、本当に信じられなかった。
ここで1ヶ月も暮らすなど信じたくはなかった。更に叔父の家は、思いっきり村の外れの山沿いです。 完全な木造の古い住宅。叔父の家に着くと 、玄関から小さな男の子が出てきた。 どうやら息子さんらしい。
僕は叔父に言われるまま、重たい荷物を持ちその玄関に向った。「 ・・・だれぇ 」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:高校生との体験談
1 / 4812345...102030...最後 »

このページの先頭へ