大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】帰郷【体験談】

私は36歳。妻も同じで、8歳の息子がひとりいます。
今年のゴールデンウィークに実家に帰った時のことを話します。
休みが短い為、一泊だけでしたが、三人で田舎の実家に行きました。
兄貴夫婦は、実家の近くに家を建てて住んでいます。
その夜は久しぶりに家族が全部揃ったので賑やかな宴会みたいになり、
両親は早く寝てしまい、義姉さんは眠ってしまった子供を抱いて家に帰りました。
私も酔っ払って眠くなり、襖の向こうの既に息子が寝ている部屋に行って寝てしまいました。
隣から兄貴と妻の声がします。その世間話を聞きながらうとうとといつの間にか寝てしまっ
たようです。
カチカチッという音で目が覚めました。
照明のひもを引っ張って消す音だってすぐに気がつきました。
どのくらい寝ていたかは分かりませんが、隣の布団には妻はいません。
すると、隣から鼻息のようなのが聞こえてきました。
その荒い呼吸に混じって
「・・・じょうず・・・・・・・・・」妻の声です。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年9月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】由希【体験談】

彼女(由希:仮名)とはバイト先で知り合いました。
僕より1つ上の大学2年生で、僕から告白して付き合い始めました。
あまり派手なタイプではなく、おっとりした感じ。
けっこう可愛いほうで、学年では無理でもクラスで1〜2番人気にはなれそうなコ。
体型とか雰囲気なんかは芸能人でいうと酒井美紀さんに似てると思います。
1年ほどは何の問題も無く付き合ってました。
事の発端は僕が大学2年の時の夏休み。
高校の友達と「野郎だけでのムサい北海道1周旅行」に行った時でした。2週間弱ほど。
由希は「なんで私と(の旅行)じゃないの〜」みたいな感じで少しスネてましたが、
気兼ね無い男友達だけの旅に、僕だけ彼女連れてけるワケも無いんで、
「お土産買って来るから」とかなんとか言ってどうにか説得しました。
北海道旅行はホント楽しかったです。関係無いので割愛。
んでまあ帰って来たワケですが、とりあえずお土産やら渡すついでに彼女ん家にお泊りすることに。
夕飯食べながら旅行の話なんかを一通り話すと、彼女は心から笑って
「ほんとに楽しい旅になって良かったね」と言ってくれました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2018年8月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】妻が万引きして…【体験談】

私は気の弱い男で41歳で職業は公務員です。気の強い?妻の麻紀35歳はでコンビニのパート勤めで子供は1人で10歳です。
結婚して13年経ちます、麻紀は決して美人では無いですが可愛い感じで愛嬌が有り身長168cmで体重50kgでスタイル抜群でバスト90cmのEカップの巨乳です。私は妻は余りSEXは好きでは無いと思っていました・・・
麻紀は22歳まで男性と交際した事が無く私が処女を貰いそのまま結婚しました私も歳を取り性欲が落ちて夜の夫婦生活もお互い仕事も有りまして、2年前からSEXしていませんし少し前に私が求めても「仕事で疲れてるから・・」と拒まれました。
私も適当に風俗で抜いていましたここ2ヶ月位前から最近まで麻紀の帰りが遅く成っていました、昼のパートが終わると5時頃帰って来て私たちの食事を作ってからまた出かけて行きます帰りは何時も夜の11時過ぎです。
麻紀に聞くと「今コンビニのパートとかけもちでヘルパーの仕事をしてる」と言いますが何処で何をしているのかは話してくれませんでした、確かに麻紀はヘルパーの資格を持っていましたので私は麻紀を信じて何も聞きませんでした。
現在はヘルパーの仕事は辞めて夕方から家にいますが、夜私が求めても何かと理由を付けて拒みます・・・
それに少し前から麻紀は化粧も派手目に成り以前までジーンズのズボンを好んで履いていたのですが最近は膝上5cm位の
スカートを履くように成ました麻紀に「最近綺麗に成って生脚出してるし男でもできたんか?」と私が妻に冗談のつもりで言うと「なに言ってんのよ熱いからよ」と妻は真剣に成って怒り出しました・・・それに下着も私の知らないセクシーな物がタンスの奥に隠すようにしまっていて携帯も何時もロックが掛けられた状態です。
私は少し不安に成り麻紀の不倫を疑いました・・・その予感は的中しました。
麻紀が留守の土曜日の昼に自宅に電話が有りました液晶ディスプレイを見ると「公衆電話」と出ています。
男の声でした男「OOさんの旦那さんですか?」私「はいどちら様ですか?」と聞きました。
男「わしあんたの奥さんの秘密知ってるで~」
私「え?それって何ですか?」
男「わしランジェリーショップ経営してる田中ってモンやけど」
私はランジェリーと聞いて少々ドキッとしました妻のタンスの奥にそれが有ったからです・・・

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】大家に寝取られた(完結編ver.1)【体験談】

 山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。
私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。私は30歳、妻は25歳です。妻とは学生時代からの付き合いで、妻が短大を卒業するとすぐに結婚しました。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形です。処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ちだったためでしょう。でも子供ができず、それが二人の悩みの種でした。
 引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。マンションの近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。マンションの持ち主でもあるKさんは50歳代の頭の禿げた、背は高くはないが、がっしりとした体型の人でした。
「東京で生活するのは初めてですか」
「はい、初めてです」
Kさんの質問に私が答えると、
「田舎育ちで何もわかりませんのよ」
と妻も言います。
「そりゃ大変だ。良かったら上がって話しませんか。この近所の商店の書いた地図なども差し上げますから、どうぞ」
そういってKさんは応接間に私達を通してくれました。高価そうな調度品や絵画のある立派な部屋です。
「今お茶を入れますから」
どうぞお構いなくという妻の言葉も聞かずに、Kさんは紅茶を入れて、お盆に乗せてもってきてくれました。ティーカップもバラの絵柄のイギリスのアンティーク品のようでした。
「奥様はいらっしゃらないのですか」
と妻が聞くと
「5年前にガンでなくなりました。子供もいないので寂しい毎日ですよ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2018年6月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】十代の時に一度だけスワップ【体験談】

十代の時に一度だけスワップ?経験しました。バイト先の30代の男性に誘われたんです。
僕の彼女も同じバイト先で、男性は店長です。僕の彼女をえらく気にいってね
直に他の男性と経験したいと…
僕は凄く嫉妬しました。彼女が抱かれると思ったら、でも彼女が抱かれてるのみたいし人妻としたい…
店長のマンションですることになって… ドキドキしながら彼女と行きました。
僕と彼女は緊張し過ぎて椅子に座ったまま、店長の奥さんの手料理も喉に入らない。
数時間たち、店長が奥さんに彼女と風呂に行けって…
店長は僕に別つ別に楽しもうか?と言ったけど僕は彼女が抱かれるのがまだ嫌だったから同じとこでしますと伝えた。
風呂から出た彼女と奥さんはタオルを巻いただけの姿でドキドキした。
彼女が店長に抱かれいく姿が凄くいやらしくて興奮してしまう
店長にタオルを取られた彼女…
店長は彼女をギュッと後ろから抱きしめながら布団に寝かせ、彼女を触り始めた、彼女が小さい、あっあっん…って喘ぎ、店長に気持ちいいとか言わされてる…
彼女が店長のアレをくわえる姿に泣きそうになったけど、店長にハメられた彼女は淫らに綺麗で興奮してしまう
彼女は布団に寝たまま足を開かれ、店長のアレが少し挿入された姿で、店長にほしいなら、自分で入れろって言われ… 彼女は自分で腰を動かした
店長が激しく彼女を突き上げると彼女は…

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2018年6月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】<公開コスプレ>【体験談】

<公開コスプレ> リメイク版
私達は30代の夫婦です。
数年前から34歳の妻麻奈美をモデルにコスプレさせる様になりました。衣装は主に通販などで買い揃えました。
近頃マンネリで新しい刺激を求めた末、万を辞して私が公開コスプレやろうと妻に提案すると、
あっさりとOKしたんです。少し露出願望が有るのかも知れません。
改めて見る妻のアソコはドス黒くビラビラも大きく伸び、周囲にはややストレートぎみの陰毛がびっしり生え若い娘には無い卑猥さが凝縮されています。
数日後、会社の同僚4人を呼びコスプレさせました。
同僚達は大喜びです。チョット無理があるセーラー服は超ミニスカにルーズソックス、三十路女とのアンバランス感が溜まりませんね。
OL・ミニスカポリスと続き、一番同僚達に受けたのがミニのレースクィーンでした、理由はパンティラインギリギリのコスチュームです、ノーパンでパンストを履かせた為、少し動くとパンスト超しに陰毛が覗いていました。
私は妻にも内緒で隠し球を用意してありました。白いスケスケの競泳水着です。
恥ずかしがる妻をなんとか説得して着用させる事が出来ました。
彼達も興奮状態で妻を待っています。
やっとの事で出てきた妻は、流石に恥ずかしいのか、バスタオルを捲いての登場でしたか顔を赤らめ少し震えてる様です。
仕方なく私がタオルを取り去ります、汗ばんだ体に薄い布地が張り付き、乳首、へそ、陰毛が浮かび上がっている様子を同僚達の眼前に晒しました。私も着用したのを始めて見たのですが想像以上の透け方で、乳輪がく。
全裸よりも遥かにイヤラし気持ちにさせます。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2018年5月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】一箇月【体験談】

俺と彼女が出会ったのは俺の高校の文化祭だった。
俺は男子校、彼女は女子校に通っていて、彼女は学校の友達数人と
俺の高校の文化祭に来ていた。
そこで俺が彼女をナンパした。
当時俺は高校3年、彼女は高校1年だった。彼女は石原さとみ似(自称上戸彩似)。
身長は155cm、体型は背が低い分、ぽっちゃりに見えるがそんなことはない、
いわゆる抱き心地の好い感じ。
髪は黒髪で、出会った当初は肩に届かないくらいの長さだった。彼女の名前をあずさ(仮名)とする。出会った当初は俺には別に彼女がいて、あずさとは一日数回メールを
するくらいの付き合いだった。
しばらくして、あずさは俺の部活の後輩と付き合った。
一方で俺は、受験勉強もあり、付き合っていた彼女とは次第に疎遠になり、
別れることとなった。一日数回のメールの中で、あずさの彼氏(部活の後輩)に対する悩みや、
あずさの部活の悩みを聞いてあげることもあった。
あずさは彼氏と結局別れ、俺が受験をする間際に、あずさから告白された。あずさには俺が受験終わってから付き合うという話をした。
俺は第一志望の大阪の大学に合格し、春からは一人暮らし、たとえあずさと

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2018年5月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】妻が元彼と3【体験談】

前回の続き・・・ T(次は2番が1番のアソコをじかに触る) 今度も私が妻に攻撃です。
妻(またぁ アン・・だめ・・カズ、T君がいるのに、変な気分になってきたよ) と、ここでゲーム終了です。妻を見ると、明らかに物足りなくなってきてます。 カズ(さあ遊びも終わり、俺眠くなってきたよ。先に上に行くわ。) T(わかった、おやすみ)Tに目配せをして階段に行きました。 妻は恥らいながら片つけしてます。 いよいよ本当のゲームの始まりです。
T(なあ・・もう少し飲まないか?) 妻(えっ・そうだねいいよ) T(さっき久しぶりにアキの感じてる顔見ちゃったよ)
妻(やだぁ・T君酔ってるでしょ) T(いや・可愛かったし、カズには悪いけど昔を思い出したよ) 妻(嬉しい、でもあの時はごめんね) T(もういいよ、でもさ、少しでも悪いって思うなら、俺にも少しアソコ舐めさせてよ) 私は隣の部屋で自分のアソコをビンビンにしながらそうーと見てました。 妻(私も少し酔ったみたい、カズに内緒なら舐めてあげるよ) するとTはズボンを脱ぎ私の軟弱な物とは比べ物にならない物を妻の前に出しました。 妻はそれを最初は舌の先でチロチロと、そして得意のバキュームフェラでチュパチュパと 妻(あーやっぱりT君のデカイネ) T(なぁアキのも舐めさせて、カズみたいにうまくないっけど) 妻(内緒だけどカズで一度もいったことないよ、T君昔みたいにアキのこと舐めて) ついに始まりました。 妻は舐めてほしいとき立てひざをついて私の顔の上にアソコがくるようにいつもします。今も同じようにTを仰向けにして顔を跨ぎました。 T(懐かしい眺めだね)そういうとゆっくりと妻のアソコを舐めだしました。
妻(あぁん・・きもちいいよ・・そこもっと舐めてあーん・・やっぱりずごく上手・・T君好き・・いっぱい舐めて・・あんもう・あ・いきそう・・あぁん・・あっいくよ・・アキいっちゃうよ・・いくうううん)
あっという間でした、妻は私が5年以上いかせたことがないのに、わずか5分で落ちました。
T(入れてもいい?)
妻(ああん・・いれて今すぐいれて・・昔みたいに生のままで・・・)
もはや、理性もなにもありません。 Tは妻のアソコに自分のものを先だけじらしながらあてるだけ、なかなか入れません、すると。  妻(あぁん・・早くいれて・・カズが起きる前に・・私別れてから、T君の事想いながら一人で・・・  続く

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2018年5月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】家風【体験談】

半年前に、35歳の夫と結婚しました。夫はバツイチで再婚でしたが、前の奥さんは一年も経たずに他の男を作り出て行ったみたいで、未練も何もなく、まるで初婚のように私を愛してくれました。
盛大な披露宴をして、10日間の新婚旅行から帰り、新居で幸せいっぱいの生活が待っていると思っていました。
…が。
夫を送り出し、洗濯機を回しながら、台所で洗い物をしていた私の背後に、同居している舅・58歳が立っていました。
「あっお義父さん?お茶ですか?」
「いや…話があるんだが…」
「何でしょうか?」
私が言い終わらない内に、お義父さんは、私の服をはだけ、胸を鷲掴みにして「こんなに良い嫁が来るとは思ってなかったよ、早速働いてもらおう」と言うと、立った姿勢のままで私の片足を持ち上げ、パンティの上からあそこを指でこねこねして来ました。
逃げようにも、お義父さんの力は強く、なすがままです。パンティをずらされ、あそこに顔を埋めてクンニされました。
嫌なのに…悔しいのに…お義父さんの舌は巧みな動きで攻めて来て、私のあそこからはトロトロと愛液が溢れていました。その愛液をじゅるじゅると音を立てて吸われます。
そして、後ろ向きにされて、私は台所のシンクに手をつき、お尻を突き出す姿勢を取らされて、お義父さんに犯されました。
その夜
何事もなかった様に、夫の帰りを待ちました。
(愛する夫には知られたくない)
いつものように、優しい夫が、寝室で、私を抱きしめてくれました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2018年4月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】婚約者を友人に抱かせる実験【体験談】

インターネットで、いろいろなサイトの投稿の体験談を
見たりしているうちに、
「自分の彼女も他の男と簡単に関係を持ってしまうのだろうか?」
なんて考えるようになり、
彼女の本質を知りたくて、ある作戦を決行することにした。

インターネットで、ピンホールカメラを3台購入しわからないように、
ビデオと共にセットした。

その日は、私の友人Yに婚約者である彼女、
里奈を紹介という形で招待し、
夕方より飲み始め2時間も過ぎた頃、
Yに勧められるままワインを飲んだ里奈は、泥酔し眠り始めた。

そこで、かねてより計画どおりポケットの中の携帯から

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年4月19日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 8712345...102030...最後 »

このページの先頭へ