大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】萌える男友達【体験談】

男友達の部屋でPCを借りたとき、覗いちゃいましたw
大学生にもなって一切下ネタに絡まない真面目男なんで、そのキャラが本当なのか気になってたんです。
(男だけの飲みでも徹底して真面目してるらしく、ホモ疑惑まで起きてた)
 
履歴を見ると消去済み。お気に入りも真面目なものしか無い。
怪しい!私に貸すからってことで消してそう!
 
なので、googleのトップを見ました。
フォームって、過去に入力した内容の履歴が出ますよね?
・・・出ました。ズラーっと。痴女とか童貞とか足コキが好きみたいwエロ動画(実写)もエロ漫画も検索してるってことは、二次と三次両刀なんだね。
ニヤニヤしながら履歴を堪能したあと、漫画読んでる男友達に向かって「痴女好きなの?w」と言ってみると、ガバッと起き上がって「はあ!?」ってw
「いや、Googleで痴女いっぱい検索してるみたいだしw」
「・・・(硬直)」
「ごめんね、わざと見たわけじゃないよー偶然出てきちゃって(←嘘)」
 

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2018年8月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】混浴風呂でねーちゃんと一緒になった【体験談】

数年前、仕事終わってそのまま一泊で北川温泉に行ってきた。
混浴だから溢れる性欲を抑えて身体を洗い誰かが入って来るのを待った。
一組目、地元の爺さん連中。
ウザいと思いながらも温泉に浸かってたが、長湯過ぎてダウン。
時間が早かったと思い、年寄りが寝た23時過ぎに再度温泉へ。
年は20代後半ぐらい髪は結ってたから多分そこそこ長いんだろう。
最初ビックリしていたが、混浴だと解って入ってるんだろうから俺はタオルでチンコを隠し身体を流し温泉へ。
俺とそのねーちゃんの2人しかいない。
まず何か話しかけようとしたが、ガツガツしてるのが丸出しで引かれるとヤレる可能性も減るという事でしばらく浸かっていた。
内心(頼む!上がらないでくれ!!)と思ってたのは言うまでもない。
だが温泉は長時間浸かる物でもないから俺は思い切って股間のタオルを外した。
まだギリギリ勃起はしていない。
見られてもそこまでドン引いて上がってしまう事はないはずだ。
タオルを取った俺を横目で確認したが、そのまま前を向いている。
俺も横目でねーちゃんの身体を物色、バストはDかEぐらい、素晴らしい。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年8月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた 【体験談】

今年で29歳になるが、ここ2年ほどで、まったく女性に興味を持てなくなってしまった。理由は、アナニーにハマったからだ。
そこそこイケメンだった俺は、10代の頃から結構女とやりまくっていて、二十歳になる前までに色々な経験をした。
何人かいた人妻のセフレが、ほぼ全員アナルセックスが好きだったこともあり、俺もアナルの快感に興味は持っていた。

でも、セフレに舐めてもらったり、アナルに指を入れてもらっても、少しも気持ち良くなれなかった。人妻のセフレの中には、アナル責めが得意な淫乱ビッチもいたけど、なんか大きいのが出そうな感じになるだけで、気持ち良くも何ともなかった。

なので、興味を持っては色々試し、気持ち良くなくてやめる。そんな事を繰り返しながら二十代後半になった。

そんな中、サイトを参考にエネマグラとかいうグッズを試してみた。太さも全然なくて、不思議な形状をしているそれを、サイトのチュートリアルに従って、ある程度お腹の中をスッキリさせてから挿入してみた。

すると、ほぼ抵抗感なくアナルに入っていき、ある程度の所まで行くと、勝手に吸い込まれていった。その時に、一瞬だけどゾクッとした。今まで、なにをしても気持ち良くなれなかったのに、一瞬とは言え快感が走り、テンションが上がった。

だけど、そこからが長かった。一瞬気持ち良くなっても、すぐに何ともなくなる。気持ち良いポイントを探り探り、催眠オナニーなんかも取り入れたりして、なんとか感じるようになってきた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2018年7月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】人妻メール調教その2【体験談】

はい、ご主人様 後でトイレに行って・・・・

この言葉が必ず毎日のように
麻衣から発せられるようになった。。
麻衣はとても従順でこちらの命令に対しては
どういったことでも実行するようにいつの間にか
仕立て上げられていた。。
会社のトイレで報告してる女がいるなんて
リアリティに欠けると思うだろうが事実ここには
そんなドMなオンナがいた。。
下着の報告は常にトイレでするようになったし
報告の仕方も麻衣なりに考えてこちらが喜ぶように
送るようになった。。
これは…若いコにはない30代の女性の
可愛らしい配慮なのかも知れない。。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年7月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】妻を後輩に…【体験談】

私は43歳で最近性欲も減退し勃起力も弱くなりSEX中に妻に挿入していても途中で萎えてしまい折れもする様に
成ってしまいます。
女盛りの妻35歳は私とのSEXに最近少々不満気味でした、私の物は日本人平均サイズだと思います。
子供は一人で12歳の娘がいます妻が子供を産んでからは3ヶ月の間に1回有るか無いかぐらいしかSEXしていませんでした。
妻は現在コンビニでパ-ト勤めをしています。
私は今まで自分から妻を他人に抱かせようと誘うような事はしませんでした。
妻も私以外の男性を求める様な事は今まで一度も有りません。
妻は間違い無く処女でした、今まで不倫していなければまだ私のチンポだけしか知らないはずです。
私は現在も妻を本当に愛してます、しかし最近は妻を満足させてやれない自分に腹が立つのと
一体妻は他の男に抱かれてオマンコに他人棒を挿れられると「どんな声を上げるんだろうか?どんな顔をするんだろう?」
私の今までのSEXのやり方で妻は本当に満足していたのか?
それと「私とのマンネリSEXに飽きてしまっているのか?」
このままでは妻は勃起力の強い他の若い男と不倫もしかねないし。
「いやもう既に不倫しているのか?」私だけの大事な妻のオマンコに
パ-ト先のコンビニの若いアルバイト男の「肉棒がぶち込まれて掻き回されてしまったのか?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2018年2月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【スカトロ・マニア】~堕ちて行く2~少年と【体験談】

少年に免許証を持って行かれてしまった
私は生きた心地がしませんでした。
名前、年令、住所まで知られる事になるのです。もしかしたら携帯電話の番号もばれているかもしれません。両親もすでに他界し兄弟姉妹もいません。天涯孤独なので
何かあっても誰にも迷惑はかかりませんが。かと言って学校に行って返してもらうもやはり気が引けます。ほんの遊び心からまさかこんな事になるなんて思いもしませんでした。しかもあいにくと今日は金曜で少年をあの場所で待つにも土日は学校も休みでしょう。とりあえず自分ではどうにもできないのでまた月曜日にあの場所まで行ってみようと思いました。
これからどうなるのか不安で眠れませんでした。土、日と学校関係者、警察、あの少年が自宅を訪ねて来る事もなくちょっとほっとしていた日曜の夜、非通知から携帯電話に着信が・・普段ならまず出ないのですがもしかしたらと思い出てみました。
「はい、もしもし・」「・・・」
「もしもし・・誰?」「明日あの山まで来て」「もしもし・・もしもし・」「・・・・プーー」切られてしまいましたがおそらくあの少年です。
私にはそれに従うより無いのです。
翌日ちょっとした用事があり、少し遅くなりましたがPM14:55に到着しました。車をいつものところに止めて林を抜けサイクリングロードに出たときには15:00過ぎていました。周りを見渡しても少年の姿は見えません。と、この前の脇道から少年
出て来て「オバサン、こっち」と手招きするのです。私は「あ、免許証返してくれる?」と言いましたが無視して脇道に消えたのです。私も仕方なく少年について脇道に入りました。「どこに行くの?」「・・・」私の呼び掛けに答えず少年は奥へ奥へと入って行くのです。かなり鬱蒼とした山の中まで来てしまったみたいです。
少年が突然、歩みを止めて私の方を振り返りました。「あの・・免許証持っていったよね?返してくれるかな?」「・・うん、いいよ、返してあげる」「あ、ありがとう、ごめんなさいね、あんな事して」「・・・・」突然ガサガサと私の後ろからと少年の後ろから少年たちが現れました。「えっ!君たちは?!」私の言葉を遮るように一人の少年が「おぉ○○嘘じゃなかったんだな、本当にきたよ!」と、
周りの少年たちも皆一様に頷いていました。私は状況が良く理解できませんでしたが声を張り上げても誰にも届かないほどの山中で6人の少年たちに囲まれているというのは現実なのです。一人の少年が私を後ろから羽交い締めにして両手を後ろ手に手錠をしました。「君たち!!何!?何をするつもり!!」「うるせぇよ!ばばぁ!お前こそ、この前○○に何したんだよ!!あぁ?!」一人の少年に凄まれました。
良く少年たちを見てみるとこの前の少年の他は皆、私服で高校生か社会人の様な少年でした。少年たちはあらかじめ準備していたのか薄汚れた毛布を何枚か地面に敷きました。私はその上に立たされます。
「ちょっと・・何をするの?!」
「はぁ?ばばぁ、オマンコ見られたいんだろ?今から俺らが見てやるからよ!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2018年1月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:スカトロ・マニアの体験談

【スカトロ・マニア】 嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2【体験談】

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。
それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。
由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。
どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、
ただ、この状況ですら、興奮しすぎてイキそうな私がいる。多少心が落ち着いたので、続きを再生した。
録音するのはセックスの時だけという指示だったので、いきなりセックスの最中になった。
こんな事なら、全てを録音させれば良かった。移動中に何を話したのか、気になってしかたない。
”ちょっと、まだ食事中だって!宿の人も来るかも知れないって!”
松田の声が響く。
”だってぇ、、 口移しで食べさせてくれたからぁ、、、  もう我慢できないよぉ、””マジ淫乱w じゃあ、由紀恵が食べさせてよ。”
”食べさせたら、すぐ入れてくれる?”
”いいよw”由紀恵がこんな事を言うとはとても信じられない。
本当に、ただのビッチがいる感じがする。
”美味しいw 由紀恵、すっごく美味しいよ。愛してるよ。”
いきなり真剣に口調で言う松田。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2018年1月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:スカトロ・マニアの体験談

【M男・痴女】二人のペットと32歳の私【体験談】

 私は32歳、結婚5年で子供は無しです。
 今は小学6年(この春から中学生)の男の子二人をペットにして遊んでいます。
 裕君は主人の親戚にあたり、小学生にしては大柄ですが、目がクリッとしたかわいい顔立ち。けっこう生意気。友達の健ちゃんは、小柄でおとなしい雰囲気ですが、クールでわりとハンサム。二人は親友で、とてもうまくいっています。
 私が二人を食べるきっかけになったのは、私の趣味のお菓子作りの試食部隊として二人がうちに出入りを始めたこと。
 最初は色気より食い気で、私が作ったケーキなんかを喜んで食べてくれていましたが、打ち解けるに従い、私が得意の猥談で挑発し始めました。
 と言っても最初は
「キスしたことあるの?」
「早く彼女作んなきゃ」
ぐらいの会話でしたが、
「女の子のおっぱいさわったことある?」
の質問から、お調子者の裕君が、ふざけたふりをして私の胸やお尻に触るようになりました。 叱ると素直に謝りますが、しばらくするとまたタッチに来ます。
 健ちゃんは、見て見ぬふり。たぶん触りたいのに、プライドが許さないのでしょうか。
 少し癪に障った私は
「健ちゃん、子供はどうやったら出来るか知ってる?」
と聞いてしまいました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:M男と痴女の体験談

【M男・痴女】37歳童貞【体験談】

愛知県在住の37歳です。
恥ずかしながらこの年で童貞です。
自分よりずっと年下の10代の女の子に笑われながら、小バカにされながら、優しく童貞を奪われたいです。
色々教えてあげてもいいよって女の子、連絡待ってます。
挿入までしなくても舐めさせて頂けるだけでも満足です。
舐め犬として僕を使ってやって下さい。Astronomicalobservation xxne.jp

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2017年12月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:M男と痴女の体験談

【M男・痴女】女だらけのレクレーション(5)【体験談】

「じゃあ読みますよー、馬の耳に~」  「はいっ」
優子ちゃんが4連勝し、健太君はとうとうズボンを脱ぐところまで来てしまった。
「キャーーー」 と、女の子達から大歓声が起こる。
健太君は、既にズボンとパンツだけなのだ。
「健太、念仏でも唱えたら、アハハハ」 と、千夏からも言われる中、健太君はズボンを脱いでいく。
「キャーー、パンツ一丁だわ」 と、女の子の一人が言うと、それは直ぐに、女の子達による‘あと一枚コール’へと変わっていった。
「ちょっとあんた達」 と、お母さん達が言うのだが、それは決して注意ではなく、むしろ娘達と一緒に楽しんでいる様にも見える。
そんな皆の様子を見て、満足気な顔をする真理子も、
「優子ちゃん、遠慮は要らないから、健太にトドメ刺しちゃいなさい」 と、優子ちゃんを応援する。 そして遂に、
「健太、次負けたら終わりだからね。 じゃー行くわよ、溺れる者は~」  「はいっ」  「あっ」
なんと、今度は健太君が素早くカルタを取ったのだ。  が、しかし、
「健太、それ違うカルタじゃない、お手付きよお手付き」 と沙希が言うと、
勝負は、呆気ない形で決着した。
そう、お手付きも、一枚服を脱ぐのである。
そして、決着がついた瞬間、女性陣から今日一番の大歓声が上がった。

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:M男と痴女の体験談
1 / 5812345...102030...最後 »

このページの先頭へ