大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】小学校の頃は男湯に入ってたけど【体験談】

小6の頃のお話です。
私はとある理由で、山奥の田舎に住んでました。
父は出稼ぎに出ていたので、お爺ちゃんと2人で住んでいました。
日課と言えば、お爺ちゃんと一緒に銭湯に行く事でした。
そして今考えれば変かもしれませんが、お爺ちゃんと一緒に男湯に入ってました。
とはいえ、お客さんも5人くらいしかいなくほとんどがお爺ちゃんです。
私自身も恥ずかしいという感覚はありませんでした。
その銭湯は露天風呂みたいで個室の感じのお風呂があり、周りからはあんまり見えない作りになっていたのでそこにのんびりと入っていました。
ある時、村の写真館のオジサンがその露天風呂に入っていましたが、気にせず他愛のない話をそのオジサンとしていました。
ある時、
「お嬢ちゃんオッパイ大きいな」
といきなり言われました。
自分で言うのもなんですけど、当時は小学生にしては大きかったと思います。
そして、オジサンと話しているうちに乳首を触れるか触れないかくらいで触られました。
徐々にオッパイも触ってきて、触られてるうちに、だんだん気持ちよくなり我慢してる顔をオジサンが見て

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2018年1月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】代行運転のバイトで、兄嫁が代行仲間にレイプされた【体験談】

神奈川県/ごうさん(20代)からの投稿
—-
俺は25歳になって会社をクビになり、それから定職に就かず代行運転のバイトに就いています。
1人暮らしをしているから親にはバレていない。
ただ、兄嫁にはバレて内緒にしてもらっています。
代行運転のバイトは夜9時から朝方まで、俺はいつも夕方まで寝ています。
先日、兄嫁のめぐみさんが夕方に訪ねてきました。
めぐみさん
「悟くん、ごめんね起こして・・・あのね、お願いあって来たの」
俺「えーお願いってなにー?」
俺は布団に寝そべりながら、座って足を広げているめぐみさんのスカートの中を覗きなら聞いた。
めぐみさんはノースリーブのワンピースミニを着ていてストッキングを穿いておらず、ワンピースミニから生足が綺麗でスカートの奥から見える赤レースパンティは絶景。
俺のチンコはフル勃起。
めぐみさん「家まで帰る時間が無いからシャワー貸して。それと、今から女子会だから帰りの代行をお願いしていい?聡さん(兄貴)出張で居ないからお願い」
俺「いいよーもう少し寝かせてー」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年10月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ロケ先でイケメンカメラマンにマッサージしてあげたんだけど【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
私がADだった時、18歳くらい年上のカメラマンさんとしたセックスが忘れられない。
女。当時23歳。番組AD。
156cmでちょいぽちゃで、メガネかけて髪は1つ結びの鈍臭いADだった。
1日目のロケが終わり、夕食後にたまたまカメラマンさんと2人きりになった。
その時、カメラマンさんが身体が痛いと言っていたので私が
「マッサージしますか?」
と言ったら
「おーう!よろしくよろしく。んじゃ23時に俺の部屋に来て」
と言われた。
そのカメラマンさんとは前に1回仕事していて、その時もマッサージしてあげて何にもなかったし、私は周りからよくデブ弄りされてたし、仕事も鈍臭くてよく怒られてた。
だからそんな私は性欲の対象になんかならないと思ってた。
ホテルに着いたのが22時で、それからシャワーを浴びてカメラマンの部屋へ。
部屋に入るとホテルの部屋着を来たカメラマンさんがいた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年9月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】被災地で私の横にいた20歳くらいの可愛い子がレイプされていた【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
この体験は信じるも信じないも貴方次第です。
詳しく、いつどこの被災地とは言いません。
全てはあなた方の想像にとどめておいてください。
体育館、そこではたくさんの人が寝泊まりしています。
家に帰れず、大勢の人達が体育館で夜を共にしています。
ダンボールである程度自分のペースを確保している人もいれば、何も仕切りもないままに寝ている人もいます。
私のすぐ横では、おそらく20歳前後だと思われる女性がいつも寝ています。
母親とその娘らしいです。
その娘さんもこんなたくさんの知らない人達と寝るのは不安だったでしょう。
しかしそれはみんな同じ。
寝ている場所がお隣ということもあって、たまに挨拶程度の会話はしました。
とても優しそうないい子で、髪の毛が背中の真ん中よりちょっと上くらいまである長い髪で、色の白い今時の可愛い女の子でした。
そんな私達の寝泊まりしている体育館も日に日に人が少なくなっていって、当初100人は軽く超えていた人数も30人ほどに減ったある日のことでした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2016年8月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】彼女に内緒でエッチの相手を交代して気付くがどうか試してみた【体験談】

愛知県/いぬまるさん(30代)からの投稿
—-
2ヶ月前、エッチ中に交代したら彼女は気づくかな~との思いつきから試してみたくなり、実行しました。
豊○町にある潰れたラブホテルがあり、そこは平屋の造りで1台ずつ壁で仕切りがしてあって、車で入ったらすぐ目の前が扉(入り口)になっていて、横は両側壁、隣も同じ造りなので人が隠れるのに最適でした。
サイトで募集をし、背体重等が同じ方を3人選び、お願いした。
当日彼女には目隠しして行うため、雰囲気がいるからとお酒を飲ませてエロいモードになってもらった。
服装も下は膝までの紺スカート、上は前ボタンの白のブラウス。
ラブホテルに到着し、目隠しして両手を縛り、邪魔出来ないように固定した。
片手で彼女の太ももゆっくり触りながら、携帯で連絡をした。
少ししたら3人が来たので、
「少し待ってて」
と言い、車を降りた3人に今回の説明をした。
・彼女は鼻が良いからキスや匂いを嗅がれるような事はダメ。
・声は出さない基本1人分の音しか出さない。
・自分の指示を聞く事。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2016年5月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】スナックのカウンターレディをどうにかしようと思ったのが運の尽き【体験談】

センズリさん(40代)からの投稿
—-
20代の頃です。
地元のスナックの行きつけになり、毎晩通ってました。
ママとチーママと30代のホステスさんと3人でしたが、20代の女の子が入店しました。
リカっていう名前だったと思います。
僕は歳が近かったせいか、ついてくれて、たまにアフター行ったりしてました。
彼女は元ヤンで、10代で子どもを産んで、その子の父親とも別れ、今は子どもと2人で暮らしてるそうです。
スナックでも男に媚びる事なく、健気さが好きでした。
冬のある日、雪の中、リカが立っていました。
声をかけると、
「タクシーつかまんなくて」
「乗りなよ」
と僕。
「ラッキー!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2016年4月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】職場で誰もが憧れるR子ちゃんの乳首を目撃【体験談】

あさんからの投稿
—-
会社で私の所属する課には、吉○由里子を長身にしたような事務のR子ちゃん(25歳)がいます。
会社の男性、出入り業者、取引先の男性、誰もが憧れる超美人で、色白で性格も良く、とても明るい子です。
私は昔からの胸チラマニアで、R子ちゃんの胸チラも、彼女が入社して以来5年間ずっと狙い続けてきました。
しかしR子ちゃんはガードが堅く、私の会社の制服も胸元がキツく、ブラチラも拝めた試しがありませんでした。
が、先日待ちに待ったその日がやって来ました。
その日、夏の終わり頃の土曜日、複数の取引先に大量の荷物(小型のダンボール300箱程)を急遽送らなければならないため、私とR子ちゃんは休日出勤を命じられました。
誰もいない会社でR子ちゃんと2人きりで作業をするのが嬉しく、ウキウキしながら会社へ行きました。
しばらくして、R子ちゃんが出社してきました。
胸元の大きく開いた薄手の白い長袖Tシャツにカーディガンを羽織り、カーディガンは一番上のボタンだけ留めておりで、胸チラにはもってこいの服装でした。
しかも、彼女は誰がどう見てもAカップだった筈が、明らかに胸が大きく見え、サイズの合ってないブラをしている事が一目瞭然でした。
休日出勤のため、制服には着替えずにそのまま作業を始めたので、私は心の中で、
「今日しかない!」
と叫びました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年3月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】家に帰ったらDVDプレイヤーの中にAVが入ってた【体験談】

嫁と結婚してもう18年が経過した。
俺はもう42歳になったし、嫁の加奈子も40歳。
子供も大学に通うようになり、月日の経つのが早いと思うこの頃だ。
俺と加奈子は、いわゆる出来ちゃった婚で、嫁は妊娠した当時はまだ大学生だった。
色々と風当たりもあったけど、いざ子供が生まれると両方の両親共にとても喜んでくれた。
5年前に独立した仕事も順調で、何も不満のない人生だと思っている。
嫁の加奈子は、40歳にしてはまだまだ若い見た目だと思う。
元々童顔という事もあると思うが、肌に異常にハリがあり、皺1つない。
スキンケアに気を使っているのかというとそんな事は全くなく、洗顔も薬局で売っている普通の固形の安い石鹸でやっているくらいだ。
日焼けとかもそれほど気を使っていないし、元々頑丈な皮膚なのだと思う。
それが結果的に、若々しさの源になっている感じだ。
しかし、見た目は若いが美人というわけではない。
愛嬌がある顔というか、井上真央みたいな感じだと思う。
それでも、俺には過ぎた嫁だと思っている。
とにかく加奈子は朗らかで、太陽のような明るい感じだ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2016年3月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】電車で自分の初めてを奪われました【体験談】

結衣さん(20代)からの投稿
—-
私が高校一年の時の体験です。
ようやく学校生活も慣れてきた頃友達も沢山増えて楽しい学園生活を過ごしていました。
それでも慣れない事がありそれは痴漢でした。
私は、毎日電車通学だったので決まって痴漢に遭います。
乗る所や時間を変えても必ず痴漢に遭ってしまい、電車を降りて違う車両に移動するけどそこでも痴漢に遭うんです。
お尻を動かしたりして抵抗をするけど、それでもお尻を触ったり撫でられたりされました。
その頃は自分を可愛らしく見せようと、スカートの丈を短くしていたのも原因だと思うけど、それでも同じ路線を使っている友達の中には痴漢に遭わない子もいました。
学校に行くにはその路線を使うしかなく、毎日のように痴漢に遭い続けながら必死に抵抗をして少しでも痴漢から逃れようとしていました。
そして、あと数日で夏休みになる時でした。
その日は人身事故か何かのトラブルで電車が遅れていて、来た電車は凄く混んでいました。
やっと電車に乗ったのは良いけど、後から乗ってくる人に押されて大分車両の奥まで流されてしまいました。
背の低い私はそれが苦痛で、早く着かないかと思いながらも電車はなかなか動く気配がなく、ドアもまだ閉まらず人は乗ってくるので、私はドンドン奥の方まで流されてしまい、私が流れ着いたのが車両と車両が繋がっている付近でした。
その場所は、車椅子用のスペースになっていて、私はそのスペースの隅まで流されてしまいました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2015年9月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】俺の塾で働いていた女子大生を犯そうとしたら逆襲された【体験談】

貴史さん(40代)からの投稿
—-
俺(仮名:貴史)は昨年の11月、とんでもなく恥ずかしい体験をした。
女性(典子)の変貌する恐ろしさを自ら身をもって実感した。
記憶を辿りながら以下に紹介する。
俺は40歳で独身、講師兼任で塾の経営管理をしている。
典子は現在、××大学4年生でこの4月から社会人になる。
今から2年ほど前に講師として週1、2回俺の塾でバイトを始めたが、昨年の8月に辞めた。
典子が塾を辞めた理由はよく分からないが、辞めた後はコンビニのバイトを始めたようだ。
塾は夏のこの時期、夏季講習などで忙しい毎日が続き、俺はほとんど休みがなかった。
典子が塾でバイトしていた時は、俺が彼女の良きアドバイザーとして、プライベートでも時々会っていた。
しかし、典子が塾を辞めた後は、お互いが忙しい事もあり、彼氏彼女の関係でもないのでそれ以降はたまにメールするくらいで会っていない。
11月のあの事件までは…。
40歳にもなって彼女のいない俺は、典子が塾を辞めて以降、彼女の事で頭がいっぱいで仕事も手につかない状態が続いた。
塾で一緒に働いている時は、真面目で純情な普通の女子大生としか思わなかったが、いざ会えなくなると、典子の存在が気になり仕方がなかった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年5月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 212

このページの先頭へ