大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】腰痛治療のレントゲン室で【体験談】

腰痛発作。久しぶりだ、腰の使いすぎか?
いつもの医院でいつもの診断。
そして、いつものレントゲン撮影で・・・・・・・・・・・・・
白衣のレントゲン技師は代わっていた。40歳前ぐらいでだいぶ若返ったみたい。その白衣さんに手伝ってもらい、漸く全面透明の台に乗る。
ジーンズの又ボタン等が邪魔になるらしく、ジッパーを下ろし少しジーンズを下げろとの事。
ジッパーを下ろすも、ジーンズが下がらない・・・白衣さんが両手で下げると・・・ジーンズの下はあのスーパービキニだった。
薄い布地の上から亀の頭がくっきり・・・「あらっ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おしゃれなパンツ!・・・・・」その目はそこから離れず、足を広げられ、上半身は後ろに反らされた。
股間を中心に撮られる感じ?そして腰の角度の調整、右・・・左
へと動かされる。パンツのもっこりはその度右・・・左へと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
漸く形が決まり撮影。白衣さんが部屋から出て・・・スピーカーから指示が何回か出され・・・終了。
「はい!終わりましたよ・・・」と近づく・・・ジーンズを上げようと正面にくる・・・「まあー!!???」そこには勃起した、きんた○が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
亀の頭が完全にビキニから飛び出していた。白衣さんに反応してしまったのだ。「とても立派な頭。素敵!!
・・・でも少し赤くなっているみたい・・・腫れてる?」と目が離れない。
実はと、例の温泉での出来事を話す(温泉宿の2人の仲居さんとの合体)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年5月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】遠隔バイブ【体験談】

王様ゲームで同じ部署の広美ちゃん(26)が1週間奴隷になることになった。俺はもちろん性欲解消のための命令をしたそれは広美ちゃんのマ●コにバイブを付けておくこと…中略…広い美ちゃんが仕事をしているときにスイッチを押すと‥広美ちゃんは手でマ●コをおさえながらモゾモゾするのでそれを見て毎晩オカズにしました。ときおりでる広美ちゃんの「アンっ……イャっ……んン…」と言う声を聞いて我慢できなくて休み時間に休憩室で何回か中出しをしてしました。そしてエスカレートして最後には、乳首にひとつずつ、マ●コにひとつ、付けたら興奮したのかパンツがビショビショになったのでパンツごと舐めまわしました。今でもバイブ責めは続いてます。

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年5月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】musume【体験談】

離婚した妻に引き取られた娘が先日も遊びに来ました。娘は小さい時からとてもかわいがっていましたので、とても私になついています。
欲しいものは何でも買ってあげるし、食べたいものも何でも食べさせてあげています。高校生になった頃からは、月に一度はおこずかいをねだりにやってきます。
その日は、娘が高2になってすぐの5月のことでした

メールで折り入って相談があるとのことでした。彼氏でも紹介されるかとびくびくしてました。
土曜日の夕方娘は私のマンションに一人でやってきました。私達は軽くお酒を飲みながらいろんな話をしました。気付いたら7時になっていました。
娘に「ご飯はどうする?」と聞くと、「私作ってあげるよ。」といい、買い物に出かけました。そしてたくさんの荷物を抱えて帰ってきました。「どうせ、いつも、ろくなもの食べてないんでしょ?すごいご馳走作ってあげるね」と張り切って料理を始めました。
ミニスカートにエプロン姿は、一人の女性とし美しくて、おかしくなりそうでした。
娘は1時間くらいでご馳走を作ってくれました。「どうすごいでしょ。食べよ食べよ」と食事を始めました。「いつの間にこんなに料理ができるようになったんだ?」と驚きました。
「私も女ですから」と娘。「良いお嫁さんになるよ」と誉めてあげました。すると「パパ、お願いがあるの?」来た来たと思いました。おこずかいのことだろうと思っていましたが、とぼけて「どうした?」と聞きました。
娘は「夏休みにね、みんなで学校の合宿に参加しようと思ってるの」「ほう、どこにいくの?」「イギリス」「え?」「イギリスに語学の勉強に行きたいの」
私は娘が英語の勉強に力を入れていて、将来は通訳になりたいといっていたのを思い出しました。確かに娘はずっと日本にいて、海外など一度もいったことがなかったはずです。
私は世界中で仕事をしていますが、娘にも世界を見てきてもらいたいという気持ちがありました。わたしは「良い機会じゃないか。是非いっておいでよ。」と促しました。
「ほんと、うれしい。ありがとう」と大喜びでした。「ぜったいだよ、やくそくだよ」とおおはしゃぎでした。こんな喜んでいる娘を見るのも久しぶりでした。
私は学校主催だから、値段も安いだろうし、学校側がしっかり責任を持って連れて行ってくれるでと思い安心していました。「このツアーなんだけど」と娘がパンフレットを私に渡しました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2018年5月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】バスガイドさんと混浴【体験談】

小学5年の時、近くの旅行社が企画した箱根バスツアーに両親と行ったことがある。ほとんどが大人で子供はいなかった。泊ったのはそこの温泉宿。夕食会は宴会で酒宴になったので子供は居ずらく、私は食べ終わったら一人抜け出して、宿の浴衣に着替えて風呂に行った。そしたら宿の浴衣を着たバスガイドさん(よくは分からなかったが、20才台前半ぐらいだったかな)も来て、「坊や、もう夕ご飯は食べたのね。大人の人達がお酒を飲んで騒いでいるのはいやでしょ。今からお風呂に入るの。それなら私と入りましょう。一緒に入れる風呂はここよ」と家族風呂に誘われた。「お風呂は男の風呂と女の風呂と別れているの。お父さん、お母さんん、男の人と女の人が一緒に入れるのが家族風呂よ」。ちょっとドキドキしたけど興味もあり、一緒に入った。その家族風呂は露天風呂で広かった(と記憶している)。脱衣室でガイドさんは浴衣を脱ぎパンティだけになった。そのパンティをさっさと足元まで下ろして脱ぎ、私の前で全裸になった。家族以外の裸の女性を見るのは初めてで、黒々としたヘアが眩しかった。どんなお乳だったかは全く記憶がない。ヘアだけを見ていたような気がする。「さあ、お風呂に入りましょう」と浴室へ。「おちんちんとお尻を綺麗にしてからお湯に入るのよ」。しばらく湯に浸かってから「さあ、体を洗ってあげるわ」と湯船から出た。向かい合って、洗ってくれた。立ち膝になったり、立ち上がって頭越しに背中を洗ってくれた。目の前の黒々と茂るヘアに興奮した。ヘアに触ってみたかったが、その勇気がなかった。彼女はさらにおちんちんも洗ってくれた。さすがに勃起して恥ずかしかった。「あら、坊や、ちょっと毛が生え始めているわね。おちんちんも大きくなってるね。でも恥ずかしがらなくてもいいのよ。裸の女の人と一緒にいたら男の子のおちんちんは大きく固くなるものよ。坊やのおちんちん、素敵よ。もし我慢できなかったら我慢せずにおちんちんから出してもいいのよ。」その時、生まれて初めての射精を彼女の手の中でした。「坊や、もし触りたかったらお乳に触ってもいいのよ」。彼女は私の手をとってお乳に触らせてくれた。もじもじしながら手を彼女のお臍の辺りに下ろすと、「まあ、そこも触りたいの。いいわよ」。彼女は立ち上がり、私の手を取ってヘアに触らせてくれた。ヘアの下の割れ目も見せてくれた。あくる日、そのガイドさん、ごく普通に「坊や、おはよう。よく眠れた?」。その後も、ごく普通にガイドしていた。私は小学5年だったけどやはり坊やだったのだな。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2018年4月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】生理中のロリ娘をクンニした【体験談】

このまえ出会い系で知り合った女の子とご飯に行ったんだ。
掲示板に「今秋葉原にいるんだけど、暇だからご飯行ける人いない?」的な書き込みをした時にメールが来た女の子。
「私も秋葉原にいます。バイト終わって暇なのでご飯連れてって下さい!」ってメールが来た。
学生の頃みたいに時間がたくさんあればメル友つくって1ヵ月くらいメールしてそれから会いに行くって事もあったけど、今はすぐに会えるような感じじゃないと、メールがマメにできなくて途切れてしまう事が多い。
プロフィールを見ていたので19歳だから若いのはわかっていたが、待ち合わせ場所に来た女の子はヤバいくらいにロリ系だった。
背も低くて、痩せてて体重は40キロ絶対ないだろうって感じだ。
でも、不健康って感じはしなかった。
ちっちゃくて可愛いって感じ。
ご飯を食べながらいろいろ話を聞いた。
今は専門学校生で、メイド喫茶で働いてる。
一人暮らしでお金がないのでご飯を奢ってくれる人に会いたかったなど。
背ちっちゃいし、童顔だからいつも高校生に見られると。
「お金なくて最近もやしばっかり食べてました~」などと話しつつ二人でお鍋を食べてたのですが、いきなり「家賃が今月ヤバくて…」といきなり言われて…
優しい僕はお小遣いを少しあげました。
テラいい人!

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年4月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】浮気を突き止めるために彼女の家のベッド下に潜り込んだ【体験談】

春休みに2週間位実家に帰ったんだけど、彼女の電話での様子がいつもと違うのに気づき、内緒で実家から戻る事にした。
夜21時頃自分の家に到着し、すぐ彼女に電話してみると
「これからバイト先から家に帰る」
との事。
俺の家から彼女の家は自転車で20分位の距離なので、何も言わず、急いで彼女の家まで行き、合鍵使って部屋の中で待つ事にした。
万が一の事に備え、靴をベランダに隠し、テレビだけつけて彼女の帰りを待った。
この時点で
「もし何かあったら…」
と既に興奮しまくっていたが、これまで浮気した形跡も掴んだ事も無いので、どうせ取り越し苦労に終わるだろうと思っていた。
しかし、バイト先からは10分程度の距離なのに彼女は一向に帰って来ない。
2時間後に痺れを切らし、電話を入れてみると、
「もう家に帰って寝てる」
と言うではないか!
それを聞いただけで俺は既にビンビンで、彼女の部屋で一発抜いた。
そうこうしてるうちに玄関から話声が聞こえてきて、どうやら彼女が帰ってきた様だった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2018年4月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】婚約者を友人に抱かせる実験【体験談】

インターネットで、いろいろなサイトの投稿の体験談を
見たりしているうちに、
「自分の彼女も他の男と簡単に関係を持ってしまうのだろうか?」
なんて考えるようになり、
彼女の本質を知りたくて、ある作戦を決行することにした。

インターネットで、ピンホールカメラを3台購入しわからないように、
ビデオと共にセットした。

その日は、私の友人Yに婚約者である彼女、
里奈を紹介という形で招待し、
夕方より飲み始め2時間も過ぎた頃、
Yに勧められるままワインを飲んだ里奈は、泥酔し眠り始めた。

そこで、かねてより計画どおりポケットの中の携帯から

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年4月19日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】頂きます【体験談】

おじさんですが、処女をいただいてきました。
正直『痛いんじゃないか?』『早く終ったほうがいいのかな?』なんて考えて気を使ってしまい、相当な奮闘でした。
あるサイトの投稿を読んで、9月くらいにメールくれたのは中国地方の女子大生19歳でした。
『相談に乗って欲しい』とのことで返事してみると『陥没乳首で悩んでいる、こんな体でエッチできるのか?』ということでした。
このコは会う目的では無いと思ったので、面倒だと思いながらもあまりに真剣なんで何度もメールでマジメに答えてあげました。
結論としては『きっと丁寧に愛撫したり吸ってあげたら、突起してくるから大丈夫だよ』『エッチだって好きになればそんな事、男は気にしないから心配しない』って返事しました。
そしたら、いたく喜んでくれて『何かお礼になるようなことしたい』と言ってきたんで、ダメ元で『じゃぁ僕にその陥没乳首吸わせてくれる? 怖ければエッチはしなくていいからアソコも舐めさせてくれる?』ってメールしました。
『う〜ん、経験ないから怖い。 でも興味はある』って事でした。
それから2ヶ月に渡ってメールでいろいろ話して、やっと自分の20歳の誕生日に彼氏も居ないので一緒に過ごして欲しいとの返事が来ました。
『エッチも経験する?』って聞くと、『どうしようかなぁ?お願いしちゃおうかな?』 ってなノリでした。
で、12月の初旬にいそいそ仕事休んで(笑)逢いに行ってきたわけです。
自分で太めと言ってた彼女は確かにポッチャリでしたが、僕にとっては当然ストライクゾーン。
『誕生日にこんなおじさんと一緒でいいの?大丈夫?』って聞いても『気にしないで』 とのこと。
好きだと言うパスタを食べに行き、これまた好きだというケーキを買ってホテルに入り、簡単に誕生日祝いを済ませ、シャワーに入りベッドイン。 そこまで、何の抵抗もありません。
『僕、怖くないでしょ?』って聞いても『まだわかんない』としか言いません。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年4月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ヤリ逃げするなら【体験談】

やっぱ、ヤリ逃げするなら、派遣社員だね。採用も犯るのを前提。
 今月から来ているS美をそろそろいただこうかと、週末に飲みに誘ったら、アッサリOK。居酒屋でしこたま飲ませて、カラオケルームへ(いつものパターン)。
 あっという間に終電時間。「ここで始発まで待つか?」「仕方ないですね」「ちょっと、膝枕してくれ」「えぇー・・・」あとは寝たふり。S美が眠ったのを確認して、スカートの中へ手を突っ込み、太股を擦っていたが反応なし。
 今度は下着とストッキングの上から、割れ目に沿って指を這わせていると「うーん・・・」と目を覚ます気配。
 俺はそのまま寝たふりをしていたら、S美は再び眠りの世界へ。
 下半身はやばいと思い、今度は服の上から胸を揉んでいた。起きる気配が無いので、そのまま揉みつづけていた。いつのまにか俺も本当に眠ってしまい、始発の時間となってしまったが、S美は本当に気がつかなかったのかな?意外とS美も眠ったふりをしていたのではないかと思う。
 派遣の契約期間も3ヶ月だし、遊ぶにはちょうどいいか。
 S美の彼氏は遠距離恋愛らしいから、オモチャにするにも都合いいし。
 来週、もう1回誘って、ついてきたら犯る予定。彼氏とはご無沙汰らしいので、少々無理やりでも犯ったら、後は俺の言いなりだろう。
 ちなみに、俺の会社は3ヶ月単位で派遣社員を採用しているが、S美は3人目のオモチャになる(予定)。S美とのことは、後日又投稿します。
——————————————————————————–
 S美の前にオモチャにしていた2人についてお話します。同じようなことを考えている方、参考にして下さい。又「俺はこんな方法で美味しい思いをした」という方、情報交換しましょう。
 まず1人目のM紀。こいつは20歳台独身・彼氏有・Dカップ。
 まず最初は飲み。相手が酔った頃にHな話題で誉めまくった。と言ってもイヤミにならない程度に。
「おっぱい、大きいよね。うらやましいな。きっと彼氏も自慢してるよ。(M紀も)堂々と自慢していいと思うよ。きっと他の女の子も羨ましいと思ってるから」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年4月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】サークル【体験談】

こないだサークルの飲み会があったんだ。居酒屋だったんだけど夕方から飲み始めて夜中にようやくお開きになった。そ
のときやたら酔っぱらった先輩のめぐさんが寝てて、アパート近いからオレが送ってくことになったんだ。
部屋の前まで来てめぐさんに『めぐさ~ん着きましたよ~鍵どこっすかぁ??』って聞いたら
『多分ジーパンのポケットだよ~』とか言ったからためらいながらもポケットに手入れて探してたら
『〇君の手つきすごくえっちぃよぉ』とかめぐさんが言うから焦って鍵を取って部屋開けた。
部屋入っていかにも女の子の部屋……ヌイグルミとかめっちゃあった。めぐさんをベッドに熊さんと一緒に寝かせてちょっと笑いながら
『めぐさん鍵ポストに入れときます』って書き置き書いてたら、急にめぐさんが『お風呂入らなきゃ気持ち悪い~』とか言って服脱ぎ始めた。
オレは見ちゃ悪いと思って『お風呂入るのはいいっすけどちゃんとお風呂から出たらベッドで寝てくださいよ』って言って部屋出ようとしたら
『あんたが出てったら誰があたしの体洗うんだ』って意味不明にキレられた。しょうがないからなるべく裸を見ないようにしながら背中を流した。
そしたら『まだまだ洗ってないとこあるでしょ~??』と言ってふりかえって足を広げた。オレはびっくりしてズボンのまま尻餅をついてしまった。
そしたら、めぐさんが『濡れちゃったねぇ………あんたも脱いじゃって』って言われて恥ずかしさをこらえ脱いだ。めぐさんはオレの股間のテントを見て
『ねぇ今からしようよ』って言われてオレは最大限にでかくになった。パンツも脱がされ、『わぁー〇君のかなりデかいねぇ……
何㌢か計ってみようよ』ってことで風呂から出て、ベッドで計ったら15㌢定規じゃ足りなかった(笑)
ベッドでDキスしたらめぐさんが濡れてきたので、指を奥まで入れた。そしたら、すぐイッちゃった。
次に69して舐めてもらったらめぐさんのテクがマジすごくてイキそうになったので、生挿入。正常位→バック→騎乗位でフィニッシュ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年4月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 36212345...102030...最後 »

このページの先頭へ