大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】母との夫婦生活【体験談】

私が、母を意識しだしたのは オナニーを覚えたばかりの中学生になってからです。
その当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分のオリモノ、匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。母との2人暮らしで、周りにも女っ気もなく
私の性欲の対象はもっぱら母だけでした。 高校に入ると、Hな情報も増えましたが、同年代の女性には興味がわかず
自分も自身の性癖がちょっと変だという認識が出てきましたが、どうすることも出来ません
夏場でしたら、母の胸元からはみ出たブラジャーや、そのはちきれんばかりの乳房に興奮したり、母が洗濯物を干している時のはみ出た厭らしい お腹や、腰周りを見て勃起したりと母を厭らしい目で見て犯していました。
母は近くの飲食店で働いており、酔って帰宅することもしばしばで、帰宅すると同時にベットへ倒れこみそのまま寝入ってしまうこともありました。 高校2年生の夏でしたが、何時ものように、母が酔っ払って帰宅し、その日はベットにまでたどり着かず 居間ソファーに倒れこみ 寝息を立て始めました。胸元は肌蹴て、ブラジャーからは今にもはみ出しそうな白い乳房が見えており、スカートの裾は肌蹴て捲くれ上がり、パンティが見えています。 その奥を覗き込むと小さなパンティが母の秘部に食い込み、黒い陰毛も見えていました。私は興奮を抑えきれず、母のパンティの上からですが、そっと撫でてみましたが、反応はありません、母を揺り動かしてみましたが、やはり反応はなく熟睡していました。 私は理性を抑えくれなくなり、恐る恐るですが、ゆっくりとパンティをずらしてゆき、食い込んでいたパンティを足首まで下げ、片足からパンティを抜き取りました。
片足に引っ掛かったままのパンティはピンクのパンティで小さく片足の足首で丸まっています。
捲くれあがったスカートからは、母の陰部がはっくりと見えています。黒々として陰毛の中央からは、赤黒いビラビラが見えていました。私はそっと陰部に指を押し当てて、ゆっくりとマッサージするように擦りながら、母の顔をみましたが、相変わらず寝息えおたてたままです。そして指を奥へと挿入してみると暑さのせいか湿気を帯びた秘部は以外にも指を容易に迎え入れました。1本、2本と指で掻き回しているうちに眠っている母の秘部からは、愛液らしきものが湧き上ってきてきます。
母の陰部に鼻を近づけると 汗のすいっぱい匂いと、いつもの母のパンテーの部分の匂いがしており、舌と唇で陰部を愛撫していると愛液が溢れだし、黒い陰毛の中に赤黒い陰部がぱっくりと厭らしく口を開けており、皮がむけたクリトリスが大きく勃起して眠っているのもかかわらず体だけは興奮しているのがわかります。
しかし それ以上すると目を覚ましそうで、勇気がなくそのままパンティを上げて自室に戻り自慰に耽りました。
その日のオナニーは今までにない興奮で、何回逝ってもすぐの勃起するペニスを持て余す程でした。
翌日 昼ごろ母は起きてきましたが、今までの母とは違い、気のせいか何となくセクシーで厭らし表情をしていました。
この日を境に 母が酔っ払って帰宅した際、頻繁に母へ悪戯するようになりました。
悪戯を繰り返しているうちに、何となく若返ったような感じがしました。そして一つ気がついたのは、悪戯をした翌日は明らかに何時もと違い、目元が潤み、顔は紅潮しており、態度も何となく落ち着かない様子でした。
たぶん 眠っているとはいえ、愛液が溢れるほど感じているのですから欲求がかなり溜まっている様子でした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】大家に寝取られた(完結編ver.1)【体験談】

 山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。
私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。私は30歳、妻は25歳です。妻とは学生時代からの付き合いで、妻が短大を卒業するとすぐに結婚しました。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形です。処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ちだったためでしょう。でも子供ができず、それが二人の悩みの種でした。
 引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。マンションの近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。マンションの持ち主でもあるKさんは50歳代の頭の禿げた、背は高くはないが、がっしりとした体型の人でした。
「東京で生活するのは初めてですか」
「はい、初めてです」
Kさんの質問に私が答えると、
「田舎育ちで何もわかりませんのよ」
と妻も言います。
「そりゃ大変だ。良かったら上がって話しませんか。この近所の商店の書いた地図なども差し上げますから、どうぞ」
そういってKさんは応接間に私達を通してくれました。高価そうな調度品や絵画のある立派な部屋です。
「今お茶を入れますから」
どうぞお構いなくという妻の言葉も聞かずに、Kさんは紅茶を入れて、お盆に乗せてもってきてくれました。ティーカップもバラの絵柄のイギリスのアンティーク品のようでした。
「奥様はいらっしゃらないのですか」
と妻が聞くと
「5年前にガンでなくなりました。子供もいないので寂しい毎日ですよ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2018年6月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】旦那しか知らない奥さんを・・・【体験談】

私は33歳独身男で小さいスーパーの雇われ店長を10年程しています。
パートの人妻さんと接する機会が多くそれなりに美味しい思いは何度かしてきました。
若いアルバイト店員は興味がなくて私は熟女か人妻専門です。
私の持ち物は長さは普通ですが太さが5cm以上有りますカリも大きく自身が有ります。
大概の人妻は之を嵌めると大人しく成ってしまいますいままで数人の人妻を食って来ました・・・
今回はその中でも一番長く続いた貴子さん(夫、子有り39歳)との情事を投稿します。
貴子さんが働き初めて1ヶ月程経過した頃私は色白でスレンダー美人で明るくて元気でお客の受けの良い貴子さんを
物にしようと作戦を考えました
最初の頃は仕事中そんな素振りを一切見せずにいました履歴書で貴子さんの生年月日を知っていたのでプレゼント渡しました
私「田中(貴子さんの姓)さん仕事慣れましたか?」
貴子「はい、大分慣れてきました」
私「田中さんは今日が誕生日でしたね?はいこれ」と私は包装された包みを渡しました中身はネックレスです」
貴子「あ・有難う御座います・・・」と少し驚いたようですが受け取ってくれました。
次の日貴子さんが「あんな高価な品受け取れませんよ・・・」と私にプレゼントを返して来たので
私「太田さんが仕事頑張ってくれるから僕も大助かりなんですよ、気にしないで使って下さい」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2018年6月26日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】酔って友達の部屋に置き去り【体験談】

<>571358sageNew!04/05/2310:11ID:0LQn7HNS<>
お酒を飲むとエロくなって何度かお持ち帰りされてるけど、
目が覚めると知らない人と寝てたとか、泥酔して覚えてないとか、
そういう経験はないのね。エロくなるっていうか、人肌恋しくなる感じかな。
寂しがりやなのかもしれない。彼氏がいる時はちゃんと彼氏に相手してもらう。
浮気もしない。問題は彼氏がいない時期。

でね、酔っぱらいながらも一応相手を選んでいる、らしい。
最低限のルールは前から知っている人で、わたしに関心をもっている人、らしい。
そういう基準を満たしていたら、後は気分次第っていうか、勢いっていうか、
テキトーっていうか・・・わたしの中のエロ女よ、もう少し選んでよ。

で、お持ち帰られじゃなくて置き去りにされた話です。

<>572358sageNew!04/05/2310:12ID:0LQn7HNS<>

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年4月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】婚約者を友人に抱かせる実験【体験談】

インターネットで、いろいろなサイトの投稿の体験談を
見たりしているうちに、
「自分の彼女も他の男と簡単に関係を持ってしまうのだろうか?」
なんて考えるようになり、
彼女の本質を知りたくて、ある作戦を決行することにした。

インターネットで、ピンホールカメラを3台購入しわからないように、
ビデオと共にセットした。

その日は、私の友人Yに婚約者である彼女、
里奈を紹介という形で招待し、
夕方より飲み始め2時間も過ぎた頃、
Yに勧められるままワインを飲んだ里奈は、泥酔し眠り始めた。

そこで、かねてより計画どおりポケットの中の携帯から

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年4月19日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】サークル【体験談】

こないだサークルの飲み会があったんだ。居酒屋だったんだけど夕方から飲み始めて夜中にようやくお開きになった。そ
のときやたら酔っぱらった先輩のめぐさんが寝てて、アパート近いからオレが送ってくことになったんだ。
部屋の前まで来てめぐさんに『めぐさ~ん着きましたよ~鍵どこっすかぁ??』って聞いたら
『多分ジーパンのポケットだよ~』とか言ったからためらいながらもポケットに手入れて探してたら
『〇君の手つきすごくえっちぃよぉ』とかめぐさんが言うから焦って鍵を取って部屋開けた。
部屋入っていかにも女の子の部屋……ヌイグルミとかめっちゃあった。めぐさんをベッドに熊さんと一緒に寝かせてちょっと笑いながら
『めぐさん鍵ポストに入れときます』って書き置き書いてたら、急にめぐさんが『お風呂入らなきゃ気持ち悪い~』とか言って服脱ぎ始めた。
オレは見ちゃ悪いと思って『お風呂入るのはいいっすけどちゃんとお風呂から出たらベッドで寝てくださいよ』って言って部屋出ようとしたら
『あんたが出てったら誰があたしの体洗うんだ』って意味不明にキレられた。しょうがないからなるべく裸を見ないようにしながら背中を流した。
そしたら『まだまだ洗ってないとこあるでしょ~??』と言ってふりかえって足を広げた。オレはびっくりしてズボンのまま尻餅をついてしまった。
そしたら、めぐさんが『濡れちゃったねぇ………あんたも脱いじゃって』って言われて恥ずかしさをこらえ脱いだ。めぐさんはオレの股間のテントを見て
『ねぇ今からしようよ』って言われてオレは最大限にでかくになった。パンツも脱がされ、『わぁー〇君のかなりデかいねぇ……
何㌢か計ってみようよ』ってことで風呂から出て、ベッドで計ったら15㌢定規じゃ足りなかった(笑)
ベッドでDキスしたらめぐさんが濡れてきたので、指を奥まで入れた。そしたら、すぐイッちゃった。
次に69して舐めてもらったらめぐさんのテクがマジすごくてイキそうになったので、生挿入。正常位→バック→騎乗位でフィニッシュ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年4月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】母が会社から帰宅途中の彼女に車で特攻した【体験談】

<>943:恋人は名無しさん2010/10/20(水) 20:43:34ID:flZjE6su0<>
最近解決した?修羅場。

俺んちは父、父方祖母、姉、俺で暮らしている。
母は俺が幼い頃から別居。
単身赴任だと聞かされていた。

中学生になったあたりからなんか変だな~と思いはじめ
姉や祖母の言動からどうも母に何か問題あっての別居だと雰囲気で悟った。
浮気か借金癖か…と思いつつも
俺にとってはやっぱ母だし、たまに会うととても優しいし
収入あるからか小奇麗にしててちょっと自慢だしで、あまり深く突っ込めずにいた。

でも姉(6歳上)はあんま会いたがってなかったから
やっぱりあまり過去に良いことなかったんだろうなと思っていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年3月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】フェチクックの完全犯罪【体験談】

この前の土曜から日曜にかけての報告です。
フィクションですので登場人物等は実在しません。
ですから通報しないでください。

毎週土曜日は宇都宮の某バーで飲んでいます。
その日もいい具合に飲んでいました。
1時くらいに帰ろうと思い店を出て自分の車に向かいました。
車はいつも某アーケード街の近くに止めています。
(酒気帯び運転云々のご指摘は無しで・・)
いつものように駐車場までの途中で酔い覚ましのコーヒーでも買おうと自動販売機に近寄りました。
すると販売機の陰にOL風の綺麗系女性が寄りかかって眠っていたのです。
!!!

ふと頭をよぎったのはこのスレでした。
不細工だったら多分小便でも掛けて逃げていたでしょう。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2018年2月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【スカトロ・マニア】ペニスリング③【体験談】

昨年のクリスマス、彼女と飲みながら過ごしました。もともとぼくは以前から、アルコ-ルは好きなのですが、すぐ酔ってしまい、ところ
かまわず眠ってしまう悪いクセがございます。いつものように、彼女のマンションへ泊ることになりました。彼女の両隣の住人は、先の震災の影響で、建物の安全基準に達して
いないということで、将来的には、取り壊しとなる予定で、はやばやと引っ越しをしてしまいました。夜は各部屋明かりがついていないので、ちょっと寂しい環境です。ちょっとなんだか寒いと気が付くと、ぼくは全身裸で、彼女のベッドに両手・両足を縛られ、大の字になっている。
もともと、泥酔状態なのに、あえて両手・両足を縛っている・・・これから起こることに不安感がよぎる。今晩は、ぼくに何をするのか、期待と不安が錯綜します。彼女とは約一か月の再会です。以前と同じような、彼女の手には、針のない注射器のようなものを持っていて、その中には、サラダ油みたいな液体が入っている。
彼女は、ぼくのペニスをおもいっきり掴み、ペニスの穴へ、注射器の中に入ったサラダ油みたいな液体を、ペニスの穴から漏れない
よう気をつかいながら、かなりの量を入れられ、おもわずオシッコへいきたいと彼女へいうと、洩らしたらお仕置きょと言われ、我慢
です。
しばらくすると、尿道のなかが、なにか熱く感じて、少しむずかゆい、シラフだったら、もっと強烈だろうなと想像がつきます。ベッドの横のサイドテ-ブルには、なにやら、光る金属でできた、ちょっと曲がりくねって、細くなったり、太くなったりと、もっとも細い
もので、約5mm程度から太いものでは、約14.5mmぐらい、長さが400mmぐらいありそうなステック状のものが、きれいに
ならんでいる。すばらくすると、おもむろにぼくのペニスを掴みながら、少しでも抵抗したらお仕置きだょといい、はじめは一番細い奴からね
といいながら、長さが400mmもあるステンレス製の金属棒を、ペニスの入り口から、真っ直ぐ入れ始めた。途中ちょっと痛いので
自然と肛門と尿道を締めると、彼女は締めるなといい、また少し深く入ったところで、自然と肛門と尿道に力が入り締まると、また
彼女はこんど締めたらお仕置きよ言う、もう300mmぐらいは入ったのでは、やはり5mm程度では、尿道に抵抗力もなくつまらい
いいだし、その倍の10mmぐらいのステンレス棒を取り出し、一気に入れると、痛いので、さらに力がはいり、さきほど入れた
サラタ油みたいなものが、押し出されてくる。ぼくは痛いので、ちょっとまって、まってというが、彼女はそのステンレス棒を上下に

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2018年1月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:スカトロ・マニアの体験談

【野外露出】夫婦の営みを覗かれやがて3Pへ発展【体験談】

少し前に起きた実話です。<まえおき>    名前は仮名です。
私(林 弘明・41歳)は自動車部品会社勤務。
妻(弘恵・38歳)はアルバイトをしており、私が言うのも何ですが、綺麗な顔立ちでスタイルも
男好きなムチムチ体系で友人にもファンが数人いる程です。結婚したのは私が24歳、妻21歳の時で当時は私の両親と同居していました。
東北地方の人口5万人程の小さな街で、我が家は更に街外れの小さな集落にあります。
結婚して直ぐに子供を授かり(男)、小学6年の時に息子が”部屋が欲しい”と言いだしたんです。
実家は平屋の小さな家でしたので、子供の部屋まで用意出来ず結局、実家を出て借家を
借りる事にしたんです。
(妻も両親に気を使って生活するのが、窮屈だった様です。それに夜の営みも声を出せないのでお互い不満を・・・)
実家から車で10分程で、子供が転校しなくて済む様に、学区内での引っ越しです。(小学校・中学校は近かった)
両親も若く、まだまだ働ける年なので、特に反対も無く家を出たんです。そんな息子も高校受験し、市内の学校に見事合格!しかし学校は借家から遠く、むしろ実家の方が通い易かった事も
あり、息子は実家の両親の家から通う事になったんです。
部屋は以前、私達が住んでいた部屋が空いていましたし、両親も孫と暮らせるというので大喜びでした。そんな訳で、借家には私と妻の2人暮らしが始まる事になった訳で、それがキッカケで事件?生活が変わる
事になったんです。借家は平屋建て(2LK)で古く(家賃も安いんですが)、同じ建物が3棟建っています。
辺りは山に囲まれ、民家がポツリポツリ建っている位で、何もありません。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談
1 / 11712345...102030...最後 »

このページの先頭へ