大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】EARTH・PERIOD@STAGE・1【体験談】

「天宮のどこがいい訳?あんな暗くて不気味な女が、お前の好みなんか?」
「……いや、好みと言うか、なんか不思議な感じで気になるんだよな…。」
俺の名前は、谷川大和(たにかわやまと)。青春真っ盛りの高校三年生だ。趣味は読書。自分で言うのも難だが、地味でシャイボーイの弱虫チキン野郎。どのくらいシャイボーイかと言うと、女の子と目を合わせられないくらいの、シャイボーイだ。それに加えて、ビビりでモテない。どのくらいモテないかと言うと、自分の年齢と彼女いない歴が比例してしまう程に、モテない。なんだか、自分で言ってて悲しくなってきた…。
「それって、もう好きになってんじゃね?気になるんだろ?天宮の事が。」
今、俺と会話をしている人間が、同じクラスの松森直秀(まつもりなおひで)。運動神経抜群。身長でかくてバスケ部。スタイルもよく、茶髪でイケメン。ピアスなんかしちゃって、オシャレオーラ全開のチャラ男でモテる。どのくらいモテるかと言うと、毎日告白されるくらい、モテる!!第一、運動神経が良くて、身長があって、バスケ部でイケメン。これでは、モテない方がおかしい。羨ましい限りだ…。
「そう…なのかな?俺、天宮の事が、好きなのか…。」
「よし!そうとわかったらお前、今日の放課後に天宮に告白しろ。」
「えええ!?コクるとか無理無理無理。恥ずかしすぎる!!」
いきなり何を言い出すんだコイツは…。告白なんて、考えただけで恥ずかしい。直秀との関係は、幼なじみの大が付く程の親友だ。時々、お節介な事を言ってくるが、それは親切心から言ってくれてるみたいなので、面と向かって余計なお世話だ!なんて言える訳もなく、直秀に押し切られた形で、俺は放課後に天宮に告白する羽目になってしまった。嗚呼…、緊張する。

#12316;#12316;放課後#12316;#12316;

ホームルームが終了して、いよいよ天宮に告白する時がやって来た!直秀いわく、ちょっと話があるんだけど…。と、言って誰もいない場所に上手く連れ出して、自分の気持ちを伝えればいいらしい。
天宮結衣(あまみやゆい)。これから俺が告白する、女の子の名前だ。染めてない、綺麗な黒髪を後ろにまとめたポニーテール。華奢な身体で無口。眼鏡をかけていて、いつも窓際の端っこの席で読書をしている。友達と群れず、いかにも私に近寄るな!と、いう雰囲気をつねに放ち、クラスではちょっと…いや、かなり浮いている。けど…、天宮の事が、最近気になって仕方がない。確かに、好きという感情もあるかもしれないが、それ以上に、気になっている事がある。天宮は、時々学校を休む。休むだけならそんなに気にならないのだが、休み明けに必ず、大怪我をして登校してくる。腕を骨折していたり、頭に包帯を巻いていたり、顔面痣だらけだったり、時には全身傷だらけで登校してくる事もあった。
そんな謎めいた女の子、天宮結衣に告白する為、教室を見回す……のだが、天宮がいない!?なんで?なんでいないの?動揺して、思わず直秀を見てしまった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2018年7月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ホームラン【体験談】

 うちの野球部には、ひとつの“ごほうびルール”があります。それは、試合でホームランを打ったら、マネージャーとエッチできるというものです。
 マネージャーはわたしだけしかいないので、必然的にわたしがエッチすることになります。すべては甲子園に行くため、とわたしも割り切っています。4番バッターの吉田君とは、もう何回したか分かりません。
 だいたいホームランを打つ人はいつも決まっているのです。でも、今日は、意外な人が起死回生の逆転ホームランを放ちました。“バント職人”と呼ばれる、2番バッターの鈴木君です。
 試合を終えて学校に戻ると、マネージャー室に鈴木君がやってきました。すでに、顔を真っ赤にして緊張しています。
「あ、鈴木君」
「あの……マネージャー……その」
「分かってるよ。大丈夫だよ。エッチしに来たんでしょ」
「……うん」
 鈴木君は硬直したまま、まったく行動を起こそうとしません。緊張しきった鈴木君の学生服やワイシャツを、わたしは一枚ずつ脱がせていきます。
「鈴木君、今日は頑張ったね」
「うん……、マネージャーとどうしてもエッチしたかったから」
 わたしは嬉しくて、鈴木君にキスをしました。舌を入れて絡ませると、鈴木君は目尻をとろんとさせて、かわいらしい表情になりました。クチュックチュッ、音を立てて舌を絡ませながら、ズボンとトランクスをおろします。
「鈴木君、エッチするのはじめて?」
「……うん」
 唇を離し、下に視線を向けて驚きました。そこにはメジャー級のオチンチンが勃起していたのです。はちきれんばかりに硬直しています。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2017年6月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】この愛しい人におれの全力の思いが伝わりますように【体験談】

<>188:えっちな18禁さん:2009/06/08(月)14:25:05ID:/gsNKwwT0<>
投下してみる。

雪と会ったのは高校の入学式だ。
会ったというかそのときはまだ一方的におれが雪を知ったということなのだが、
ま、話はそこから。

体育館でのだりぃ式典がやっと終わったとき、
「こちらに来るように」と教師から肩を叩かれた。
肩を叩かれた生徒は他にもいて、おれたちは父兄ともども体育館の後ろにぞろぞろ連れられていく。
そうして集められた新入生と父兄の中に雪もいたわけだ。

「ここに集まってもらった人は本校の生徒としてふさわしくない頭髪・服装の人たちです」
と自己紹介不要で一目体育教師とわかるおっさんが力強くいった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2017年4月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】近親 実況 涙目【体験談】

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/21(水)14:59:34.81ID:MD/EtucQ0<>
兄「妹…。」
妹「お願い…。お兄ちゃん、一緒に初めて、しよう?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2016年7月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】『明日をを見つめて』これまでの「あらすじ」と「登場人物」並に「作者コメント」【体験談】

『明日をを見つめて』これまでの「あらすじ」と「登場人物」並に「作者コメント」
ある一人の男とその半生にかかわった人たちの実話をベースに構成した
物語です。
登場する人物が特定できないように、複数の人格が一人の人物として集約
されたり、一人の人格を複数の人物として登場させたりしています。
大筋を変えることななく、出来事の背景は脚色してあります。
————————————————————
【「1」〜「9」までのあらすじ】
————————————————————
「1.告白」

東京の大学への進学が決まっていた佐藤浩平は、高校の卒業式を終えて
帰途につこうとしたときに、隣のクラスの委員長だった北島彩に呼び止め
られ、彩に付き添われた彩と同級生の斎藤晴香から、学生服の第二ボタン
が欲しいと請われた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2016年5月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】沙友里の露出日記【体験談】

storyH1沙友里の露出日記

第1章 6月14日
6月14日 午前8時39分
今日、私は会社を休んだ。
さっき…先輩の美和子さんに生理痛がひどいのでって連絡を入れといた。
「そうなの…部長にはうまく言っとくから…心配しないで休んで…」
年上で人のいい美和子さんは私の話を信じて気を使ってくれた。
「すいません…明日は平気だと思いますから…」
私はそう言うと受話器を置いた。
「ふぅぅぅ…」
仮病を使った罪悪感と美和子さんの対応からの安堵感が入り混じっていた。
なぜずる休みをしようと思ったか自分でも分からない…
会社が嫌いなわけでもない…
美和子さんをはじめ周りの先輩達は優しく私に接してくれていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年2月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】親戚の娘と円光【体験談】

あくまでフィクションです、、、

私は36歳、都内のメーカーに勤務、独身です。

自身の女性に対して奥手な性分から特定の恋人を持つことも無く、性経験と言えばたまにささやかな慰みに金を払って商売女に相手をしてもらう程度のことでした。

そんな私に起きた事件、それが芽衣(めい)です。

私が初めて彼女の存在を意識したのは叔父が亡くなり、その葬式の際、彼女を見かけた時でした。

その時彼女は15歳、私の従兄弟の娘で、名を芽衣と言います。

私の従兄弟は私より1歳年上、彼は20歳の時に大学の同期の女性と結婚し、1年後に生まれたのが芽衣です。

叔父の葬式の前に芽衣に会ったのは、5年前の彼女が10歳の時で、年末年始の親戚一同の寄り合いのような場であったと記憶していますが、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年8月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【寝取られ】ロリ妻環奈と高校生の彼氏2 【体験談】

僕には、見た目が未成年……どころか、子供にしか見えないような妻がいる。実際の年齢は27歳という、そろそろおばさんと呼ばれる年齢だ。でも、いまだによく補導員や警察官に声をかけられるし、夫の僕から見ても、正直子供に見えてしまう。
AAカップのぺったんこの胸に、やめた方がいいと言ってもかたくなに変えないツインテールの髪型も、より環奈を幼く見せていると思う。

環奈は見た目と同じく、中身も子供そのもので、無邪気で純真だ。昔リストランテでシェフのまねごとをしていた僕が、環奈のために夕食を作っている時、椅子に座ってブランブランと幼児みたいに足を揺らす仕草が、僕は大好きだ。
27歳にもなって見た目も中身も子供なのは、本当ならば問題なのかもしれない。でも、ロリ属性の僕にとって、環奈は理想の天使なのだと思う。

そんな環奈との毎日は、幸せそのものだった。でも、環奈が高校生のタケル君にナンパされたことで、僕と環奈の関係に大きな影響を及ぼし始めた。

#8212;#8212;『ダメだよw タケル君が先だもん#9825;』
環奈は小悪魔のような顔でそう言うと、手の平に垂らした僕の精液をティッシュで拭い始めた。僕は、まだ環奈に飲精してもらったことがない。そして環奈は今、僕のを飲むよりも先にタケル君のを飲むと宣言した。
もちろんそれは、僕が寝取られフェチであると断定した環奈の挑発だと思う。本気でそんな事をするつもりはないはずだ。
結婚して以来、一途に僕だけを愛してくれている環奈が、他の男のモノを飲むなど、あり得ないと言い切れる。
でも、僕はその光景を想像すると、信じられないくらいに興奮してしまう。

『なんでもうこんななの?』

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【教師・先生】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった3 【体験談】

前回↓

16話

千佳 「ふぅ……さっぱりした。」

お風呂から上がった千佳は、濡れた髪の毛をタオルで拭きながらベッドの上に腰を下ろした。

ここは千佳が大学に入って一人暮らしを始めてから3年以上住んでいるアパート。

部屋の中は決して広くはないものの、女の子らしく綺麗に整頓されている。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2015年2月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:教師・先生との体験談

【恋人と】田井中律とセックスした話 【体験談】

その夜、遅くに帰ってきた俺は発泡酒を飲みながら
いつものようにネットサーフィンをしていた矢先のことだ。
偶然にも昔付き合っていた彼女のブログにたどり着いてしまった。
いや、正直言うとカラダの関係はあったけれども、
正確には彼氏彼女の関係ではなかった。

ブログの中の彼女は元気に日々を過ごしているようだった。
OLというよりは専業主婦が似合うだろうなと思っていたが
まさに彼女はそのとおりで。
律子は1男1女の母親になっていた。
(プシュッ!)
思わずうれしくなった俺は普段は1本しか飲まない発泡酒を
2本目に手をつける。
今夜くらい良いだろう。
我ながらいい商談ができたし、自分へのご褒美だ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年2月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:恋人との体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ