大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】母との夫婦生活【体験談】

私が、母を意識しだしたのは オナニーを覚えたばかりの中学生になってからです。
その当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分のオリモノ、匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。母との2人暮らしで、周りにも女っ気もなく
私の性欲の対象はもっぱら母だけでした。 高校に入ると、Hな情報も増えましたが、同年代の女性には興味がわかず
自分も自身の性癖がちょっと変だという認識が出てきましたが、どうすることも出来ません
夏場でしたら、母の胸元からはみ出たブラジャーや、そのはちきれんばかりの乳房に興奮したり、母が洗濯物を干している時のはみ出た厭らしい お腹や、腰周りを見て勃起したりと母を厭らしい目で見て犯していました。
母は近くの飲食店で働いており、酔って帰宅することもしばしばで、帰宅すると同時にベットへ倒れこみそのまま寝入ってしまうこともありました。 高校2年生の夏でしたが、何時ものように、母が酔っ払って帰宅し、その日はベットにまでたどり着かず 居間ソファーに倒れこみ 寝息を立て始めました。胸元は肌蹴て、ブラジャーからは今にもはみ出しそうな白い乳房が見えており、スカートの裾は肌蹴て捲くれ上がり、パンティが見えています。 その奥を覗き込むと小さなパンティが母の秘部に食い込み、黒い陰毛も見えていました。私は興奮を抑えきれず、母のパンティの上からですが、そっと撫でてみましたが、反応はありません、母を揺り動かしてみましたが、やはり反応はなく熟睡していました。 私は理性を抑えくれなくなり、恐る恐るですが、ゆっくりとパンティをずらしてゆき、食い込んでいたパンティを足首まで下げ、片足からパンティを抜き取りました。
片足に引っ掛かったままのパンティはピンクのパンティで小さく片足の足首で丸まっています。
捲くれあがったスカートからは、母の陰部がはっくりと見えています。黒々として陰毛の中央からは、赤黒いビラビラが見えていました。私はそっと陰部に指を押し当てて、ゆっくりとマッサージするように擦りながら、母の顔をみましたが、相変わらず寝息えおたてたままです。そして指を奥へと挿入してみると暑さのせいか湿気を帯びた秘部は以外にも指を容易に迎え入れました。1本、2本と指で掻き回しているうちに眠っている母の秘部からは、愛液らしきものが湧き上ってきてきます。
母の陰部に鼻を近づけると 汗のすいっぱい匂いと、いつもの母のパンテーの部分の匂いがしており、舌と唇で陰部を愛撫していると愛液が溢れだし、黒い陰毛の中に赤黒い陰部がぱっくりと厭らしく口を開けており、皮がむけたクリトリスが大きく勃起して眠っているのもかかわらず体だけは興奮しているのがわかります。
しかし それ以上すると目を覚ましそうで、勇気がなくそのままパンティを上げて自室に戻り自慰に耽りました。
その日のオナニーは今までにない興奮で、何回逝ってもすぐの勃起するペニスを持て余す程でした。
翌日 昼ごろ母は起きてきましたが、今までの母とは違い、気のせいか何となくセクシーで厭らし表情をしていました。
この日を境に 母が酔っ払って帰宅した際、頻繁に母へ悪戯するようになりました。
悪戯を繰り返しているうちに、何となく若返ったような感じがしました。そして一つ気がついたのは、悪戯をした翌日は明らかに何時もと違い、目元が潤み、顔は紅潮しており、態度も何となく落ち着かない様子でした。
たぶん 眠っているとはいえ、愛液が溢れるほど感じているのですから欲求がかなり溜まっている様子でした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】職場で支店長代理と二人きりになった時の事【体験談】

実家にいて暇なので支店長代理との体験談を少し。
みんなが帰ったあと職場で代理と二人に。
休憩室のソファーに座ってテレビ見ながら二人でお茶を飲んだあと私が帰ろうとすると
『もう帰るの?』
と腕を掴まれて突然密着してきました。
実はその半月くらい前、飲み会帰りのタクシーで、スカートの中に手を入れられたことがあったので、私はまずいと思い、
『お先に失礼します』
とすかさず立ち上がろうとしたんですが、腰に手を回して強く引き寄せられてしまいました。
と、同時に
『用がないならもう少しいてよ』
と言いながらいきなり耳たぶを舐めたり、噛んだりしてきました。
私はいきなりで驚いたけど、その時ちょうど彼氏と別れたあとで久しぶりにそういう感覚を味わったので、不覚にも少し感じてしまい、顔と耳が急に熱くなってしまいました。
代理は
『耳真っ赤になってるよ』
と囁きながらブラウスのボタンに手をかけてきました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年7月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】そういう年頃【体験談】

クラスに好きな男子がいた。
私は彼の一匹狼的なところ、何だかんだ言って優しいところ、鋭い視線、私より少し大きいくらいの丁度いい身長、温かい背中、他の生徒とは違った色気、全てが好きでもうゾッコン。
(周りの友達には趣味悪いとか、もっとイケメンいるよとか言われたが)
そんな彼が夏の体育の後に急な熱で早退することなった。
私は彼と同じ保健委員だった事もあって荷物を保健室に届けにいくことになったが、彼はちょっと怖い性格をしていたからすぐに戻って来るつもりでいた。
保健室に入ると先生はいなかった(先生は親に連絡したり担任と話したりしていたらしい)。
1つだけカーテンが閉まっていたからそこを静かに開くと、彼は寝ていた。
普段見ることが出来ない寝顔、そして、決して外すことの無かった眼鏡を外しているっ!!!
私の心臓はバクバクだった。
穴が開くほどジ――――――っと見ていると、パッと目を開いて
「何してんだよ、てめぇの様な分際で…」
と言ってきたから、まだ喋っていたけど
「ごめん」
と私は言って荷物を置いた。正直、自分死ぬのかな、とか思った。
すると彼はニヤッと笑って

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2018年7月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】思い出【体験談】

今、大学生の息子が、まだ小学生だったころの、昔の話です。
学生時代、私がどんなに誘っても、見向きもしなかった彼から、突然の電話がありました。
自称陶芸家の共通の同級生から、個展に誘われたので付き合って欲しい、とのことです。
承知すると、案内状が送られてきました。
要は、売れない陶芸家のKが、彼の優しさに乗じ、生活費稼ぎのために作品を買わせようとして、自宅での個展を企画したもののようです。
菓子折りを土産にすれば、買い上げる必要はなくなるよ、と入れ知恵すると、彼は喜んで菓子折りを求め、二人で陶芸家の家へ行きました。
本当はこのままホテルに行ってしまいたいのですが、彼の方はまっすぐ、陶芸家の家を目指します。
癪に障りましたが、そっと手を出すと、びっくりしたような顔をしたものの、彼もすぐ手を握り返してくれました。
もしかしたら、帰りに秘テルへ誘ってくれるかも、と期待は膨らみます。
狭い借家いっぱいに、独りよがりの作品が、並んでいます。
しばらく売れない作品に囲まれながらあれこれ話をしていると、陶芸家が突然私の身体をデッサンしたいと言い出しました。
もちろん裸を。
彼を見て、目顔でどうしようとたずねると、面白そうに、やれやれとけしかけてきます。
彼が胡坐を組み、その上に裸の私が膝を抱えて座り、股間は彼の手を置き隠してくれるという条件で、二人の前で脱ぎ始めました。
まだ独身の、童貞丸出しの売れない陶芸家は、目をぎらつかせて脱ぎだす私を見ています。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年7月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】彼がいるのに【体験談】

同棲中の彼氏K君は仕事をしようとせずに遊んでばかりいるので、K君と別れてMさんと付き合おうとアルバイトが終わってから、アパートに荷物を取りに行きました。
 アパートでK君に止められて、部屋でお酒を飲むことに・・・。
 別れる、別れないの話になって、K君に「別れないでくれ、オレ、お前がいないとだめなんだ・・・」と涙を流しながら必死で泣きついてくるので、かわいそうになり抱きしめてあげました。
 私はお酒のたっぷり入っていて、手を上げるとストンっと下ろしてしまうくらい酔っていました。
 カラダが言うことを聞かない状態で、抱きしめられながら床に押し倒されて、私はMさんのことを想い、涙が出て横を向きました・・・。
 涙が私の耳のほうまで流れてきました・・・。力が入らず抵抗できませんでした・・・。
「もう・・私達、だめだよ・・・できない・・・だめ・・・やめて・・・」
 K君はいつものように私のTシャツ、ブラを脱がしてきて・・・
 私は仰向けの状態で自分の胸を見ると、すでにK君がうれしそうに私の乳首を転がすように愛撫し、胸を揉んでいました・・・
 K君と別れようと思ってここに来たのに・・・K君の顔がかこんな近くに・・こんな簡単にカラダを許しちゃうなんて・・・。
 ふと見ると、もうパンツを脱がして私のアソコをクンニし始めていました・・・。K君の頭を手でつかんでグッと力を入れるとK君と目が合いました。私のアソコの毛を舐めて口に含んでくれたりしてくれました・・。
 さらに下の方に愛撫が進み、おしりの穴に(Mさんは、おしりは全く愛撫してくれない)・・・。
 両手でおしりの肉を引っ張り、おしりの穴を開いてベロッと舐めたり、舌をすぼめてグリグリしてきました。
 おしりの穴にK君の舌がくっつく時は穴が暖かくなり、K君の鼻からの息がかかると唾液が冷えてスーッとしました。その温度差が何とも気持ち良かったのを覚えています。
「仕事帰りでお風呂入ってないから(アパート、アルバイト先のトイレは和式でウォシュレットないので)・・・そんな汚いところ、くさいよ・・・」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年7月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】山○線で・・【体験談】

初めまして。初投稿です。
今日、山○線で朝の8時頃に電車に乗ったら痴漢されちゃいました。
私はちょっとマゾでおじさんが大好きなので、ビックリしながらも少し嬉しいと思いつつ黙ってされるがままになってました。
初めはお尻とか腰に手があるなぁ・・位にしか思ってなかったのですが、スカートを捲くられ紺パンとパンツの間に器用に指が1本入ってきました。
前後に指が動いてちょっとガサついた太い指がクリトリスに当たるか当たらないかの所で寸止めされるので触って欲しい・・なんて思っちゃいました。(普段はバス登校なので、電車登校の通勤ラッシュにまだ慣れてなくて、お尻とかが汗だくなのが凄く恥ずかしかったです。)
その後、お尻を何回か鷲づかみにされて、膣に指を挿れようとしたのか、グイグイと体ごと押し付けて来たところで次の駅が来てしまい、痴漢の人はスカートを元通りにして、押されるがままに一回駅のホームに出ました。
私は、きっとこの駅で痴漢の人は降りただろうな~と思いつつもう一回電車に乗ると、また痴漢の人が痴漢して来ました。
今度は制服の脇から手を入れてきてブラジャーをずらして乳首をコリコリしてきました。
痴漢の人はハアハアと息を荒げていたので前のサラリーマンが不審な目で私を見てきました。
大声で痴漢されてる!なんて言われるのは恥ずかしかったので、ちょっと体を動かして抵抗すると乳首を強く摘まれて少し痛かったので大人しくしました。
あんまり胸を触られて制服が乱れてきて、隣にいるおばさんにバレそうになった時にまた次の駅が来ました。
これ以上痴漢されると周りの大人たちにバレちゃうと思って、今度はホームに降りて1つ後の電車に乗りました。
そしたらもう痴漢の人はいなくなってたみたいで、すいた電車の中でさっきまでの事を思い出しながら学校へ行きました。
学校に着いて、真っ先にトイレに行くとパンツの中は濡れていて、ティッシュでふき取ってから授業を受けたのですが、興奮して全然頭に入ってきませんでした。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2018年6月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】あなた ごめんなさい【体験談】

あなた(主人)、ごめんなさい。先日あなた以外の男性に抱かれました。あなたも知っているA課長です。結婚して20年、今までこんな事は思ってもいませんでした。A課長は余り仕事が出来ない私を常にフォローしてくれ上司としてとても尊敬していました。単身赴任のA課長は本社に行く事は話したよね。それは、先日のお別れ会の時です。課でのお別れ会、と言いましたが実は2人だけの会でした。言い出しは私です。
その日、仕事が終了後、少しばかりの食べ物を抱え課長のアパートに行きました。その時は本当に食事だけの思いでした。課長と会食しながらいろいろ話している時、ふと課長が「私には妻がいるのにこんなこと何だけど、あなたが好きだったんだよ、会社で合うのが楽しみだったんだけどもう会えなくなるね」。私も課長には好意を持っていた事は事実です。でも私には主人がいるし課長にも奥さんがいる。でも心は揺れ動いていました。
暫くのお互い沈黙の後、課長に私は引き寄せられ抱きしめられました。課長の顔が目の前にありました、目を閉じると課長の唇が私の唇に。
課長「ごめんね、こんなことしちゃダメだよね。でもとっても寂しいんだよ。あなたとの思い出が欲しかったから」
私 「…、私も本当は課長が好き。だから気にしないでね」
その時、再び唇と唇が遇いました。今度は先ほどよりディープ、課長の手が服の上から私の胸に着ました。私は課長の手を払うと少し寂しそうでした。
課長「こんなことしてはいけないよね、本当にすまない」
私 「さっき、思い出が欲しいと言ったよね、私も同じ思いです。課長の好きにして下さい。5分したら隣の部屋に着て下さい」と言い残し私は隣の寝室に行き下着だけになりお布団に潜りました。
5分後、課長は着ました
私 「主人以外の男性の所で服を脱ぐのは初めて、主人以外の男性は知らないけど課長との思い出を作らせて下さい」
課長「ありがとう、2人だけの思い出作ろうね」
全裸になった課長は私の隣に、そして私は下着を全て外されました。
とっても恥ずかしかったけど全身を愛撫され体は反応していました。課長のモノが顔の前にきたときそれを口に含みました。
暫く愛撫か続き、課長が私の上になり私の足を広げてきました。
課長「本当にいいんだね、後悔しないよね」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2018年6月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】部活の旅行の時に、性転換後初めての体験【体験談】

香川県/マホさん(10代)からの投稿
—-
私は中学2年生の春休みに性転換した女の子です。
小学校の時から女性ホルモンを投与しており、胸は遺伝かホルモンのおかげか、Dカップにまで成長していました。
私は膣に腸を使っているため、常に愛液が出ます。
戸籍の手続きが中3の9月1日に終了し、正式な女の子として生きる事ができるようになります。
私が入っていた美術部では、手術成功と戸籍変更を祝う旅行(温泉)を行う事になりました。
そして旅行の日…バスで温泉に着きました。
私は体こそ女ですが、戸籍はまだ男であり、女湯に入るのも何だか罪悪感があるので、男湯に入りました。
脱衣所でTシャツを脱ぎ、ブラのホックを外し、Dカップの綺麗なおっぱいがぷるんっ、と弾ける。
男達は釘付けだ。
まあ男を誘惑するために入ったというのもある。
男達の股間は既にテントを張っている。
次にスカートを脱ぎ、ショーツも脱ぐ。
毛の生えていない綺麗な一本の割れ目が姿を表す。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2018年6月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】私の中の変化【体験談】

先週末、友人と車で出かけたときでした。信号待ちで停車した時に横断歩道を
カップルが歩いてきたの。でもその女の子、股間にまで届きそうな深いスリット
のはいったブラウンのスカート。歩を進めるたびに太腿まで露わになってたの。
それになんだか足や腰の形までくっきりとしていて。
後ろを歩いてきた男性の視線が女の子のお尻に釘付けになっているのがわかりました。
カップルが通り過ぎた時、見たの、はっきりと下着が透けて見えていました。
光の向きが変わったのかはっきりと腿も腰もショーツも透けていました。
黒のハイレグなカットのショーツのよう。後ろの男性はもちろん、向ってくる人も
隣の車の男性までもがその女の子を見つめてる。
友人が「恥かしくないのかなァ」と蔑んだように言いました。
「んー」、答えになっていない私。
でも本当は自分の身体の変化にきづいていました。
クリトリスのあたりが弄ってほしそうにムズムズしていたの。
いつのまにかその女の子の姿に自分を重ねて興奮を感じてしまっていたの。
ムズムズを意識してしまうと一気に昂ぶってしまいそうな気がした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年5月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】先輩【体験談】

今年の4月から女子大生やっています。ようやく大学にも慣れてきた頃かな。
 そうすると、男が欲しくなりますよね。え? ならないって? でも、あたしはなるんです。
 高校の時は、だって、ずっと男がいたから。週1〜2のペースでエッチしてました。といっても、恋人じゃなくて、ちょっと気が合う男の子の友達で、高2の時に彼氏と別れて淋しくしてたときに、勢いでエッチしたのがきっかけでした。だから、恋人じゃないんです。大学に入って、京都に下宿して、恋人だったらそれでも続くんだろうけれど、「セックス付き男友達」なんて、離れてしまうと、わざわざ会いに行ったり来たりはしませんよねえ。
 だけど、GWに帰ったときに、会って、エッチしました。これがいけなかったんですね。エッチの感覚が蘇ってきて。やっぱり男が欲しい〜。
 で、ようやく。
 これまた彼氏っていうんじゃないんですけど、お相手は一年先輩のSさん。決めかねていたサークルにもようやく入って、そこで出会ったんです。すでに新入生歓迎会は終わっていて、あたしのためだけに飲み会を開いてくれました。
 このとき、新入生同士ももう顔なじみになっていて、あたしだけなんとなく疎外感を感じていたんです。あたしのための飲み会だったのに、ね。
 でも、Sさんがそのことに気づいて、横に座ってくれて、優しく色んな(でも、くだらないどーでもいいようなことを)話してくれました。この、くだらないどーでもいいようなことを話し合えるって、いいですよねえ。
 でも、時間がたつにつれて、Sさんはどんどんくっついてくるし、グラスを持ち上げるときにわざと肘であたしのオッパイを触れるようにするし、なんだか下心ありあり。
 だけど、こっちの身体もこのあいだのエッチで火がついちゃってるし、Sさんもいい感じだし、もう身を任せちゃえって。
 飲み会が終わって、帰る組みと二次会組みにわかれて。あたしとSさんは当然、帰る組。…の、フリをしながら、駅へ向かう一行からそっと離れて、ラブホへ。
 もうこれが最高で、どちらからともなく手をつないで、すっごく自然な感じだったんです。
 おもむろに誘われるのも嫌いじゃないけど、当たり前のように手をつないでホテルへ行くなんて、なんか、全て通じ合っている二人みたいで、いいと思いませんか?
 それなりに経験あるから、遠慮しないでっていう「ごあいさつ」の意味も込めて、まずはあたしからフェラしました。
 サークルには処女っぽい子も多くて、同じに見られたくなかったし、気を使わせたくも無かったから。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年5月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 20812345...102030...最後 »

このページの先頭へ