大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】罰ゲームで「男装して男友達と1日デート」することになった【体験談】

まやさん(20代)からの投稿
—-
大学の友達との遊びで、私(まや)は罰ゲームを受けることになりました。
その内容は・・・1日中男装というもの。
ダイゴという男子と1日デート(?)をすることになりました。
朝からダイゴの家で男装を始めたのですが、ダイゴからジーパン・Tシャツ・パーカーを借りて男子になりました。
髪型も長髪の男子風に整えてもらい、準備完了!と思ったらある問題が。
パーカーを着てないと、Tシャツから胸が膨らんでいるのです。
しかもパーカーを着ても若干膨らむため、私のDカップの胸の処理に困りました。
ダイゴと話し合い、やむを得ずテーピングで押さえつけることにしました。
ダイゴはあっさり私のTシャツを脱がせ、テーピングのために胸を露出させました。
自分で巻きたかったのですが、私はダイゴにテーピングを巻かれ、おっぱいに触られたどころか乳首も見られ、触られました。
だいぶ胸は潰れ、テーピングによって乳首が浮き上がるようなこともなくなって準備完了です。
私たちは早速遊びに行きました。
まずはモールに行き、買い物などを楽しみました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年8月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】想いを寄せてた女友達の彼氏には寝取られ趣味があるらしい【体験談】

自分は、同じ大学に、大好きな女の子がいる。
でもその子には彼氏がいるっぽくて、諦めてた。
ただ、彼氏の相談みたいな事に結構乗ってる。
相談に乗ってるうちに、万が一にも、自分に乗り換えてもらえたら…なんて事を考えてた。
でも甘かった。
ある時、彼女と2人きりで飲んだ。
その中で、思い切って告白した。
「彼氏がいる事は分かってるけど、良かったら自分と付き合って欲しい」
と、必死に気持ちを絞り出した。
すると彼女は言った。
「彼の事が好きだから」
うすうす予想はしてた。
直後、彼女はこう言う。
「でも…。うーん…。もしかして、ある意味では…大丈夫なの…かな…」
ある意味では…?

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年8月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】電車で痴漢にあった【体験談】

コピペ
ジャンルは適当
スイーツ勘違いキチガイ処女が胸糞悪いので注意
ショタ好きならギリ楽しめる

<>359名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]投稿日:2011/07/15(金)20:56:26.11ID:Oq9eVJA7[1/6]<>
愚痴っていうかビックリしたこと。誰かに言いたいけどリアルじゃ言いにくいんでここでw
毎朝快速で3駅先の大学まで通学してる。A駅で乗ってD駅で降りる感じ
火曜の話だけど、電車待ちの時に私の後ろに体操服来た男子小学生が並んで来た
体操服には○○小6年って書いてあって、そこは2駅先の私立小学校
私が156あってそれより少し小さかったから150ちょっとくらいの身長かな

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年6月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】先輩【体験談】

今年の4月から女子大生やっています。ようやく大学にも慣れてきた頃かな。
 そうすると、男が欲しくなりますよね。え? ならないって? でも、あたしはなるんです。
 高校の時は、だって、ずっと男がいたから。週1〜2のペースでエッチしてました。といっても、恋人じゃなくて、ちょっと気が合う男の子の友達で、高2の時に彼氏と別れて淋しくしてたときに、勢いでエッチしたのがきっかけでした。だから、恋人じゃないんです。大学に入って、京都に下宿して、恋人だったらそれでも続くんだろうけれど、「セックス付き男友達」なんて、離れてしまうと、わざわざ会いに行ったり来たりはしませんよねえ。
 だけど、GWに帰ったときに、会って、エッチしました。これがいけなかったんですね。エッチの感覚が蘇ってきて。やっぱり男が欲しい〜。
 で、ようやく。
 これまた彼氏っていうんじゃないんですけど、お相手は一年先輩のSさん。決めかねていたサークルにもようやく入って、そこで出会ったんです。すでに新入生歓迎会は終わっていて、あたしのためだけに飲み会を開いてくれました。
 このとき、新入生同士ももう顔なじみになっていて、あたしだけなんとなく疎外感を感じていたんです。あたしのための飲み会だったのに、ね。
 でも、Sさんがそのことに気づいて、横に座ってくれて、優しく色んな(でも、くだらないどーでもいいようなことを)話してくれました。この、くだらないどーでもいいようなことを話し合えるって、いいですよねえ。
 でも、時間がたつにつれて、Sさんはどんどんくっついてくるし、グラスを持ち上げるときにわざと肘であたしのオッパイを触れるようにするし、なんだか下心ありあり。
 だけど、こっちの身体もこのあいだのエッチで火がついちゃってるし、Sさんもいい感じだし、もう身を任せちゃえって。
 飲み会が終わって、帰る組みと二次会組みにわかれて。あたしとSさんは当然、帰る組。…の、フリをしながら、駅へ向かう一行からそっと離れて、ラブホへ。
 もうこれが最高で、どちらからともなく手をつないで、すっごく自然な感じだったんです。
 おもむろに誘われるのも嫌いじゃないけど、当たり前のように手をつないでホテルへ行くなんて、なんか、全て通じ合っている二人みたいで、いいと思いませんか?
 それなりに経験あるから、遠慮しないでっていう「ごあいさつ」の意味も込めて、まずはあたしからフェラしました。
 サークルには処女っぽい子も多くて、同じに見られたくなかったし、気を使わせたくも無かったから。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年5月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】頂きます【体験談】

おじさんですが、処女をいただいてきました。
正直『痛いんじゃないか?』『早く終ったほうがいいのかな?』なんて考えて気を使ってしまい、相当な奮闘でした。
あるサイトの投稿を読んで、9月くらいにメールくれたのは中国地方の女子大生19歳でした。
『相談に乗って欲しい』とのことで返事してみると『陥没乳首で悩んでいる、こんな体でエッチできるのか?』ということでした。
このコは会う目的では無いと思ったので、面倒だと思いながらもあまりに真剣なんで何度もメールでマジメに答えてあげました。
結論としては『きっと丁寧に愛撫したり吸ってあげたら、突起してくるから大丈夫だよ』『エッチだって好きになればそんな事、男は気にしないから心配しない』って返事しました。
そしたら、いたく喜んでくれて『何かお礼になるようなことしたい』と言ってきたんで、ダメ元で『じゃぁ僕にその陥没乳首吸わせてくれる? 怖ければエッチはしなくていいからアソコも舐めさせてくれる?』ってメールしました。
『う〜ん、経験ないから怖い。 でも興味はある』って事でした。
それから2ヶ月に渡ってメールでいろいろ話して、やっと自分の20歳の誕生日に彼氏も居ないので一緒に過ごして欲しいとの返事が来ました。
『エッチも経験する?』って聞くと、『どうしようかなぁ?お願いしちゃおうかな?』 ってなノリでした。
で、12月の初旬にいそいそ仕事休んで(笑)逢いに行ってきたわけです。
自分で太めと言ってた彼女は確かにポッチャリでしたが、僕にとっては当然ストライクゾーン。
『誕生日にこんなおじさんと一緒でいいの?大丈夫?』って聞いても『気にしないで』 とのこと。
好きだと言うパスタを食べに行き、これまた好きだというケーキを買ってホテルに入り、簡単に誕生日祝いを済ませ、シャワーに入りベッドイン。 そこまで、何の抵抗もありません。
『僕、怖くないでしょ?』って聞いても『まだわかんない』としか言いません。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年4月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】幼馴染みの女子大生に・・【体験談】

俺が中2の時。初体験した。
相手は近所の幼馴染みの大学2年の雛形明子似の杏里姉ちゃん。

家族ぐるみの付き合いで小5位までは、一緒にお風呂に入ってた。
当時、杏里姉ちゃんは高2で胸も膨らんできていたのを憶えている。

それに見とれて初めてチンコが立ち、それ以来恥ずかしくて一緒に入らなくなった。

中2の夏休みに入ってすぐ、大学に入って一人暮らしをしていて久しぶりに帰省した杏里姉ちゃんに再会した。お互いに変わっており驚いた。

俺は、バスケをやっており、細かったけど175センチになっていた。杏里姉ちゃんは、156センチと身長は変わってなかったけど、82センチのBカップが88センチのEカップになってた。

ウエストは60センチ、ヒップ90センチとスタイルのいい体になっていた。
脚も細かった。そして、夏休みの間、家庭教師をしてもらうことになった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年3月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】就職活動中の女子大生と、、、【体験談】

スペック
俺、33歳。
某地方の中小企業の人事。

女子大生、綾瀬はるか似なので以下はるかで。清楚な感じ。160センチくらいかな?おぱーいは魅惑のEカップ。

話は約一年半前の春ですが、新卒面接のために東京に出張したのです。
うちの会社は少しおかしくて、一次面接は現場の役職者が、最終面接は僕がやるんです。
で社長に電話で報告してOKもらったら内定、みたいな。

でその時も東京で3名最終面接するために上京してました。

最初の二人の面接も無難に終わり時間は夕方に。いよいよ本日最後の面接だ、終わったらどこに遊びに行こうかな?
等と考えながら最後の一人をまってました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2018年2月19日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【寝取られ】家に帰ると妻が襲われていた話【体験談】

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。
不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが
複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。
その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、
くぐもったような女の声が聞こえてきた。「裕子、どうした。」思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【スカトロ・マニア】女子大生の妄想と初めての露出体験in銀座【体験談】

10年ほど前の話になりますが、大学に入りたての女子大生の調教の話です。
理系の一流大学に入った彼女。たまたまの偶然ではありますが年は離れていましたが後輩にあたります。本人の話では、家庭環境に闇を抱えていて、親からの愛情を全く感じることができないとのことでしたが、話を聞いてみると、ごく普通の家庭で、親も十分愛情を持って接しているのではないの?という感は大いに感じていましたが、10代のころの多感な思春期の感情が、彼女にそう思い込ませていたのでしょう。さみしがり屋で、自分に愛情を注いでほしいという想いが、普通のひとよりも、かなり強かったのでしょう。そんな一面は、家族に対してだけでなく男性に対しても同様でした。話をしていても頭の良さを感じさせる子で、容姿は、幼さを感じさせはしましたが、純朴な可愛らしさを感じさせる子でした。ただ、普通の会話と容姿からは想像できないくらいの妄想をよくしている子で、彼女の妄想を聞き出すのは大きな楽しみの一つではありました。性格的には大人しい目で内に籠る面があることの影響もあるのでしょうが、彼女がしている妄想は、官能小説を超える途方もないことを妄想していました。妄想の題材は、学生でしたので学校での内容や、身近な事象が多めでした。自分がしてしまった妄想を話すのは、自分のことを見透かされるようで恥かしがってなかなか話したがらなかったので、それを聞き出して行く事も、楽しいものでした。妄想していることを体験したいとの事で、調教をして欲しいとの要望を受けて、調教を始めて行ったのですが、彼女の妄想レベルの話を体験させるなんていうことは、度が過ぎていますので、当然無理な話で、また、実際の経験は未経験でしたので、ソフトなことから始めていきました。愛撫にSMのエッセンスを少し交えたくらいのごくごくソフトなことから。目隠しをして、縛り、愛撫を加えながら、言葉で辱め、虐めといったような・・・・それでも、初めての実体験で受けたものは、彼女がしていた妄想よりも心に響いたようで、彼女はどんどんSMの世界にはまっていくようでした。SMを通じて心と身体に愛情を注いでもらっているような実感も得ていたのでしょう。そんな中でのある日、彼女から今日調教して欲しいとの連絡が入ったのですが、当日、私の仕事が徹夜してでも仕事を終わらせなければいけないほど、多忙で、今日、会うことが難しいことを伝えると、暫くしてから返ってきた彼女からの返事は、もう、私が仕事をしていた会社の前まで来ているとのこと・・・・まだ、お昼前の時間にも関わらず、仕事が終わるまで待っていると・・・・お昼休みに会社を出て、銀座の裏通りにある近くの公園で待ち合わせをし、公園で改めて、当日の仕事の状況を伝え、今日は、どうしても無理なことを、彼女に伝えたのですが、どうしても今日、して欲しいといって聞かない彼女・・・・全く聞きうけない彼女に無理難題を・・・・「この公園で、下半身に身に着けるものすべて取り外してお散歩できるくらいのマゾ女だったら、今日、調教してもいいよ」と・・・・裏通りとはいえ、銀座に位置する公園でしたので、ある程度の人通りはあります。そんなところで、下半身何も身に着けない半裸状態でお散歩など無理な話です。彼女曰く、「本当にそれやったら、してくれるの?でも、私は露出には、興味ないから、感じることはないけどね」・・・できないとタカをくくっている私は「本当にできたなら、約束するよ。」・・・「じゃあ約束だよ。脱ぐからね。・・・といったものの、公園のベンチに座ったまま、動こうとしない彼女「やっぱり無理みたいだね。では、今日はおとなしく帰りな」・・・・「待って、今脱ぐから」・・・ミニスカートの中に手を入れ下着に手をかけるまで行くけど、そこから先には進めない。「こんな銀座の公園で脱ぐなんて、無理な話だよ。今日はあきらめて帰りなさい」・・・私がベンチを立って仕事に戻ろうとすると彼女が、下着を下し始める。ちょっと、虐めたい気持ちも働き・・・「見てごらん、」公園に面したところにあるガラス張りの喫茶店を指さして「あそこの喫茶店で座っている女の子たちや、若いサラリーマンがこちらを見ているよ」少し遠めではあるので、こちらを見ているかどうかは、本当のところ分かりは、しなかったのですが彼女の手が止まり、下し始めた下着も元に戻そうとするので、「もう、お昼休みも終わるので、時間切れだね」・・・立ち去ろうとすると彼女は、意を決して、下着を脱いだ。脱いだ後、ベンチに座って脚を閉じて、「はい、脱ぎました。今日してくれますよね。」・・・俯きながら彼女が震える小さな声で囁く。続きは、女神のSM快感天国アメーバで

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:スカトロ・マニアの体験談

【近親相姦】女子大生アルバイト講師が【体験談】

私はあるフランチャイズチェーンの学習塾の室長を務めています。事件は1年程前、アルバイト講師募集の広告に、ある女子大生が応募してきたことから始まります。

彼女は結婚したグラビアアイドルの乙葉に外見が良く似ていて、同じように巨乳です。講師の採用に当たっては、フランチャイズチェーンのオーナー(50代男性)とペアになって面接をしますが、たいそう彼女のことが気に入り、彼女が帰ったあと私に「あの娘、ええ乳しとったなあ」と話し掛けてきました。

その言い方がいかにもエロ親父らしく、あまりいい感じはしませんでした。彼女は当然すぐ採用になり、持ち前の明るさもあって、たちまち生徒や他の講師たちからも好かれるアイドル的存在になりました。

ニックネームは、ある男性講師がつけた「乙葉チャン」です。その乙葉チャンが、エロ親父のオーナーの毒牙にかかったのは、昨年の秋の終わりでした。

ようやく寒くなってきたある日の午前のこと、私は銀行の通帳を事務室に置き忘れていたことを思い出し、自転車に乗って取りに行きました。

室長としてオーナーから預かっている鍵で中に入り、2階へ上っていくと、なにやら女性の泣き声と男の声が聞こえてきました。「おや?変だな」と思いました。

学習塾は生徒たち相手なので、午後2時が出勤時間なのです。まだお昼前でしたので、普通なら人がいるはずがありません。声は、事務室から聞こえてきています。私はどきどきしながら、足音を立てないようにして階段を上り、事務室のドア(上半分が、透明なガラスになっている)からそっと中を覗いてみました。

ショッキングな光景が目に飛び込んできました。下半身を丸出しにして仁王立ちしているエロオーナーの膝元に、みんなのアイドルの乙葉チャンが、パンティ1枚の姿で床に膝ま付き、無理やりエロオーナーのペニスをくわえさせられていたのです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2017年12月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 5012345...102030...最後 »

このページの先頭へ