大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】好色淫熟妻・眞澄(Age51)〜1【体験談】

「結婚記念の旅行で…」で実際の寝取られ体験談を報告した夫です。その続きを報告させていただきます。大学の夏休みがそろそろ終わる9月の上旬に妻は、やっと若者たちから解放され、およそ1ヶ月半振りに戻ってきました。久しぶりに見る妻は、若者達との経験を経て一層艶かしくなった感じがします。肌のツヤ、表情、発するフェロモン……夫の私から見てもぞクッとする程、女としての魅力を増していました。元々、165cm、B96.W75.H110のムッチリ豊満な肉体は、さらに胸は膨らみ、お尻は大きくなった感じがします。体重は3kgほど増えたのではないでしょうか。おそらく、若者達のさらに好みの肉体にされたのでしょう…。妻「本当に長い間ごめんなさい…許してくださいね、あなた…」私は、この1ヶ月半、怒りや嫉妬、恨み、憎しみ…などいろんな感情が湧き出てきましたが、どうせたった1度の事と達観し、眞澄が無事に戻って来てくれた事に安堵していました。私「一体何があったのか話してくれるか?」暫くじっと俯いたままで居た妻がやっと口を開きました。妻「どうしても言わなきゃいけないかしら……ちょっとそういう気分になれないわ…ごめんなさい…」私「分かった、分かったよ。もう過ぎた事だから…いい。」妻「………」
この日から、何事もなかったように、穏やかな生活が始まりました。そんなある日、妻が札幌の街に買い物に出かけた日の事でした。私が整髪料の買置きを探して、妻のドレッサーの引出しを覗いていると、奥の方に見た事のないDVDが10本ほど隠すように閉まってあるのです。何か嫌な予感がしてそれらを引っ張り出して見てみると、それぞれにタイトルが記されていました。映画館、プール、大学、電車、カラオケボックス……などのそれぞれ場所のタイトルが記されており、(一体これはなんだろう…?)私は、得も知れぬ胸騒ぎを覚え、思い切って見てみることにしました。「映画館」というタイトルのDVDを手に取り、私は自分の部屋のTVにセットしました。
そこは、札幌のアダルト専門上映館です。妻が3人の若者達と一緒に中に入って行く様子が映し出されています。上映作品のタイトルは、「淫乱熟女、真昼の輪姦」。まるで妻のこれからを暗示しているかのようなタイトルです…。薄暗い場内には、サラリーマン風や大学生風の男性達が、およそ15人程座っています。妻は若者達に連れられ一番前の席に座らされました。大柄で超豊満な妻が若い男達に連れられて、このような映画館に来ることはおそらく他の客には奇異に映ったのではないでしょうか。しかも、今日の眞澄の服装は、体にピッタリとした紫のミニのワンピースに黒のレースのストッキングにパンプスで、いかにも好きモノ熟女といったフェロモンを醸し出しており、豊満熟女が好きな男性にとっては堪らないタイプでしょう。妻達は座ってから暫くは、大人しく映画を鑑賞しているようです。そうしているうちに若者達は我慢が出来なくなったのか、ついに本性を表し始めました。一人の若者が妻のスカートに手を突っ込み、大きなお尻やムッチリとした太腿を撫で回し始めました。もう一人の若者は、その両手でワンピースの中から大きく膨らんだ巨乳を揉みしだいています。後ろからもう一人の若者は、妻の頭を後ろから引き寄せ、舌と舌をベッチョリ絡ませあいディープキスを始めました。3人の若者達にいいように嬲られながら、苦しそうにそして気持ちよさそうに必死に声を出すのを我慢しているようです。
そのうち、若者の手によって眞澄の紫のレースのパンティーと黒い柄物のストッキングは膝下まで引き摺りおろされました。ワンピースも後ろのファスナーを開かれ、下腹部までおろされて、その瞬間プルンと96cmの大きく垂れ下がった巨乳が露わになり、鷲掴みにされて思う存分にペッティングされています。妻の眞澄はもう限界です。とうとう我慢しきれずに、「ハァァァー、イイー、イイワー、…ちょうだい…もうちょうだいよー、この大きいオチンポ、欲しい…入れて欲しいのよー…」喘ぎながら妻の手は若者のその大きくいきり立ったぺニスをしっかりと握り締めています。近くの席に座っていた5.6人の客がいつの間にか周りに群らがり、妻と若者達の行為を食い入るように覗いています。若者達はそれに気付くとニヤリと笑い、妻への行為を止めて席を離れてしまいました。一人投げ出された妻の肉体が露わになっています。膝下まで引き摺りおろされたパンティとストッキング、下腹部までおろされたワンピースからたっぷり顔を出した豊かな乳房。そのハレンチな姿を見た男たちはもう堪りません。すかさず男たちは妻に群らがり、そのうちの一人がいきなり妻を自分の腰に座らせ、その濡れ濡れのオマンコに挿入したのです。妻「オオーウ、アァー、イイ…イイーワン、気持ちイイ、硬いチンポが入ってるぅぅ、もっと、もっと点いて、突き上げて〜〜ん…」妻の絶叫は館内一杯に響き渡っています。他の客ももう映画どころではありません。何故ならそこで繰り広げられている光景は、映像など比べものにならないほど卑猥であり、普通の五十路の人妻がAV女優よりも淫らに激しく、次から次と若い男たちに姦られまくっているのですから…妻は男の上に跨がり、タップリと肉のついた肉体を全裸で見知らぬ男に預け、よがり狂っている…目の前で行われているその光景は、夫の私にとっては、正しく阿鼻叫喚の図です。しかし、怒りよりも嫉妬よりも、今まで経験したことのない異常な興奮を覚えているのです…二人の激しい動きが止まりました。どうやら、男はやっと逝ったようです。妻の膣内から大量の白いザーメンが流れ出ています。休む間も無く、次は隣りに座っている男に即され、妻はその男の上に跨がり、さっき以上に激しく肉体を揺さぶり、男根をしっかりと咥え込んでいるのです。残りの男達が列を成して今か今かとばかり座っています。おそらく妻は、残りの全員に嬲られ続けるのでしょう…映像はさらに延々と続きます。ようやく最後の一人が終わったようです。なんと5時間にも及ぶ妻への輪姦ショーがやっと終わりました。周りには、無数のティッシュの屑、飛び散った男達の精液や妻の愛液、妻や彼らの唾液で座席のシートが光っています。床には妻の下着とストッキングが脱ぎ捨てられています。最後の男がそれを鞄に入れて持ち帰りました。自分の妻が見知らぬ男に犯され、身に付けていた下着やストッキングまでもが持ち去られていく。夫の私にとっては堪らなく惨めな光景です。皆さん考えてもみてください。30代や40代の女盛りの人妻ならまだしも、普通の50代の主婦であれば、当然、夫との営みはあれど、きちんと家事をこなし、家族のために普通の平穏な毎日を送っているのが、ほとんどなのではないでしょうか。ところが、私の妻眞澄は、ある日を境に一切家庭に関わることなく、一日のほとんどの時間を自分の息子ほど歳の違う子達と毎日、毎日輪姦され性欲の限りを尽くしているのです。全裸でぐったりシートに座り込む妻を、最初に妻を連れてきた若者達に服を着せられ、再び一緒に映画館を後にしました…おそらくまた彼らのアパートに連れ込まれるのでしょう…残りのDVDの内容は、また改めて報告します…

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2018年8月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】由希【体験談】

彼女(由希:仮名)とはバイト先で知り合いました。
僕より1つ上の大学2年生で、僕から告白して付き合い始めました。
あまり派手なタイプではなく、おっとりした感じ。
けっこう可愛いほうで、学年では無理でもクラスで1〜2番人気にはなれそうなコ。
体型とか雰囲気なんかは芸能人でいうと酒井美紀さんに似てると思います。
1年ほどは何の問題も無く付き合ってました。
事の発端は僕が大学2年の時の夏休み。
高校の友達と「野郎だけでのムサい北海道1周旅行」に行った時でした。2週間弱ほど。
由希は「なんで私と(の旅行)じゃないの〜」みたいな感じで少しスネてましたが、
気兼ね無い男友達だけの旅に、僕だけ彼女連れてけるワケも無いんで、
「お土産買って来るから」とかなんとか言ってどうにか説得しました。
北海道旅行はホント楽しかったです。関係無いので割愛。
んでまあ帰って来たワケですが、とりあえずお土産やら渡すついでに彼女ん家にお泊りすることに。
夕飯食べながら旅行の話なんかを一通り話すと、彼女は心から笑って
「ほんとに楽しい旅になって良かったね」と言ってくれました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2018年8月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】一箇月【体験談】

俺と彼女が出会ったのは俺の高校の文化祭だった。
俺は男子校、彼女は女子校に通っていて、彼女は学校の友達数人と
俺の高校の文化祭に来ていた。
そこで俺が彼女をナンパした。
当時俺は高校3年、彼女は高校1年だった。彼女は石原さとみ似(自称上戸彩似)。
身長は155cm、体型は背が低い分、ぽっちゃりに見えるがそんなことはない、
いわゆる抱き心地の好い感じ。
髪は黒髪で、出会った当初は肩に届かないくらいの長さだった。彼女の名前をあずさ(仮名)とする。出会った当初は俺には別に彼女がいて、あずさとは一日数回メールを
するくらいの付き合いだった。
しばらくして、あずさは俺の部活の後輩と付き合った。
一方で俺は、受験勉強もあり、付き合っていた彼女とは次第に疎遠になり、
別れることとなった。一日数回のメールの中で、あずさの彼氏(部活の後輩)に対する悩みや、
あずさの部活の悩みを聞いてあげることもあった。
あずさは彼氏と結局別れ、俺が受験をする間際に、あずさから告白された。あずさには俺が受験終わってから付き合うという話をした。
俺は第一志望の大阪の大学に合格し、春からは一人暮らし、たとえあずさと

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2018年5月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】サークル【体験談】

こないだサークルの飲み会があったんだ。居酒屋だったんだけど夕方から飲み始めて夜中にようやくお開きになった。そ
のときやたら酔っぱらった先輩のめぐさんが寝てて、アパート近いからオレが送ってくことになったんだ。
部屋の前まで来てめぐさんに『めぐさ~ん着きましたよ~鍵どこっすかぁ??』って聞いたら
『多分ジーパンのポケットだよ~』とか言ったからためらいながらもポケットに手入れて探してたら
『〇君の手つきすごくえっちぃよぉ』とかめぐさんが言うから焦って鍵を取って部屋開けた。
部屋入っていかにも女の子の部屋……ヌイグルミとかめっちゃあった。めぐさんをベッドに熊さんと一緒に寝かせてちょっと笑いながら
『めぐさん鍵ポストに入れときます』って書き置き書いてたら、急にめぐさんが『お風呂入らなきゃ気持ち悪い~』とか言って服脱ぎ始めた。
オレは見ちゃ悪いと思って『お風呂入るのはいいっすけどちゃんとお風呂から出たらベッドで寝てくださいよ』って言って部屋出ようとしたら
『あんたが出てったら誰があたしの体洗うんだ』って意味不明にキレられた。しょうがないからなるべく裸を見ないようにしながら背中を流した。
そしたら『まだまだ洗ってないとこあるでしょ~??』と言ってふりかえって足を広げた。オレはびっくりしてズボンのまま尻餅をついてしまった。
そしたら、めぐさんが『濡れちゃったねぇ………あんたも脱いじゃって』って言われて恥ずかしさをこらえ脱いだ。めぐさんはオレの股間のテントを見て
『ねぇ今からしようよ』って言われてオレは最大限にでかくになった。パンツも脱がされ、『わぁー〇君のかなりデかいねぇ……
何㌢か計ってみようよ』ってことで風呂から出て、ベッドで計ったら15㌢定規じゃ足りなかった(笑)
ベッドでDキスしたらめぐさんが濡れてきたので、指を奥まで入れた。そしたら、すぐイッちゃった。
次に69して舐めてもらったらめぐさんのテクがマジすごくてイキそうになったので、生挿入。正常位→バック→騎乗位でフィニッシュ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年4月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】個別指導塾の生徒と‥。【体験談】

数年前、個別指導塾で講師をやっていた頃(大学3年、20歳)のことです。

当時、英語&数学を担当していた生徒の1人に、真帆(高1、16歳)という子がいました。
彼女は、安倍麻美に似た小柄・ロリ系(151cm、Cカップ程)でかわいく、天真爛漫な感じで好感を持っていました。

といっても、”講師と生徒は塾外で関係を持つことを避けるように”という上からのお達しがあったこともあり、当時は大学内に彼女がいたので、ただの一生徒に過ぎませんでした。
しかし、とある日の授業が終わった後、「最近携帯買ってもらったから、先生のアド教えて!」と言ってきました。

それまでにも、(男女関係なく)何回かこういうことがあったのですが、上記のルールや状況があったので、その日も教えることはありませんでした。
が、その日以降毎回のように「教えて!」と言ってくるようになり、ついにはプリントの裏に自分の電話番号とアドレスを書いて渡してきました。

といっても、ココで連絡をしないでゴミ箱に捨ててしまえば何でもなかったのですが、その日は魔がさしたというか、潜在的に下心があったというか、帰宅途中にメールを送っている自分がいました。
その日を機にほぼ毎日のように真帆とメールをしたり、電話をするようになっていき、気がつけば彼女より頻繁に連絡を取るようになっていました。

そして、連絡を取るようになってから約1ヶ後、「先生は年下ってダメですか?」の質問を皮きりに、最後は「付き合ってくれませんか?」との甘い囁き‥。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2018年2月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【大学生】8年ぶりに再会した3つ上の幼馴染と【体験談】

俺が小2の時に隣に住んでいて俺の面倒をよく見てくれていた3つ上の幼馴染のお姉ちゃんが引越しすることになりその当日俺の家にあいさつに来たとき俺は号泣した
寂しさもあったが俺はお姉ちゃんが好きだったから余計涙が出てきた
そんなお姉ちゃんは目に涙を受べながら俺を慰めてくれてほっぺたにキスをしてくれた
それからお姉ちゃんとは会っていなかったが俺が高1の時のことだった
「あれ~ユウキ君?」
俺の名を呼ぶ声が聞こえ振り返るとお姉ちゃんが笑顔で手を振って立っていた
「あぁ~久しぶり」
それは8年ぶりの再会だった
「ユウキ君大きくなったね」
「お姉ちゃんこそ」
「今学校の帰り?」
「うん お姉ちゃんは?」
「私も大学の帰り 今一人暮らししてるの」
「え~そうなの」
「今日暇? 暇なら家に遊びに来ない?すぐそこだから」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2018年1月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

【近親相姦】女友達を脅してみた。【体験談】

2010年夏休みの終わりごろ、僕は3つ年下の女友達と二人で一緒にプールに行った。
こんな事を書くと勘違いされるかもしれないので先に書いておく。彼女は恋人ではない。大部分は一緒にポケモンの通信をして遊ぶような仲であり、たまに一緒にド書かに遊びに行く。遊びに行くとはいってもほとんど自転車で行けるような近辺で適当に時間を過ごす。だが今回は違う。今回は電車で東武動物公園というとても遠いところまで来ていた。
自分は中学、高校までは運動部をやっていて男子の標準よりもそこそこ体力があった。一方女友達の方はというと運動がとても苦手で女子の中でもかなり体力がない部類に入る。本人もよく「うちは体力ない。」「うちはダメだなぁ、もっと鍛えなきゃなぁ」と愚痴を漏らしていて、自覚はしている。
僕たちは東武動物公園ではプールに入る前に動物縁を散策した。しかし彼女は3分の1も見終わらないうちに
「疲れた、座らせて。」仕方なく僕は彼女を休ませ、その間は動物をじーっと見つめている。
そんな調子が3、4回ぐらい続いた。人遠い見終わるのにずいぶん長い時間を費やした。
昼過ぎになってようやく僕たちはプールの中へ入場する。水着に着替え終わった僕たちは、波のプールにおいてちょうど波が出る時間ということで波のプールに行った。この日はとても暑い日でプールに入るには絶好の水温だった。ここの波のプールの水深は160センチもある。身長164センチの僕は背伸びやジャンプ、浮でもしないと顔が全部かぶってしまう。彼女は身長170センチ近くあり、僕より顔が水におおわれる回数は少ない。どうでもいいことではあるが…。
「川越の水上公園よりも深くて面白い」と僕は思った。
波が止まった後プール休憩の時間が来たため僕たちはいったん荷物を置いてある日陰の場所に落ち着いた。二人で特に何もしない時、大部分は僕は彼女の日常の嫌なことやストレスなどの愚痴を聞くことが多い。その間僕はときどき軽く突っ込みを入れながら黙って話を聞く。
プール休憩の時間が終わった。僕は早速プールに入ろうとした。しかし彼女は動こうとしない。
彼女「ここの日蔭涼しい。うちここでずっと寝ていられそう。」
僕『おいおい、まだ一回しかプールに入ってないじゃないか、この後ずっとプールに入らないで寝てるなんて勘弁してくれよ。
体力がないのはわかるけどいくらなんでもひどすぎないか?そんなんじゃいつまで経っても体力がないままだ。寝に来たんじゃないんだぞ。遊びに来たんだぞ。去年川越水上公園に行ったときだって寝てばかりだったじゃないか。なんとかならないか…。涼しいからってことは…。』
僕はシャワーがある場所に行ってシャワーを浴びて見た。天気の良くない日であれば、シャワーの水はとても寒くて自分はとても浴びていられないがこの日はカンカン照りで冷たいシャワーがちょうどいい。僕は彼女のところへ思わず戻った
僕「今シャワーを浴びるととても気持ちがいいよ。日陰よりも冷たいシャワーの方が気持ちがいいよ。だからシャワー浴びに行こうよ。」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年1月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】4年生の佐智子さん【体験談】

<>860 名前:えっちな21禁さん[sage] 投稿日:2005/08/29(月) 09:09:37 ID:yBQQWonc0<>
ゼミの合宿で好きだった先輩が
他大のサークルの男に部屋に持ち帰りされたのは桶?
<>862 名前:860[sage] 投稿日:2005/08/29(月) 09:20:28 ID:yBQQWonc0<>
それでは、少しこの場を借りまして・・・・
俺、20代後半のしがないサラリーマン。
ちなみに、年齢=彼女いない歴=童貞歴。魔法使いまであと一歩。
今日はやっと取れた夏休みでゴロゴロしている。
夏の終わりになると、思い出すことがある・・・・・
って、これ俺は毎日思い出してるな、ズリネタだから(w
<>863 名前:860[sage] 投稿日:2005/08/29(月) 09:25:37 ID:yBQQWonc0<>
×年前、俺は都内某私立大学に通う大学三年生だった。
俺の所属していたゼミでは、ちょうど今頃ゼミ合宿があって、
4年生がそこで卒論の発表をすることになっていた。
3年生は聞き役として出席。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【初体験】私の初めてがお兄ちゃんでよかった♪【体験談】

私の好きな○お兄ちゃんにいつも勉強見てもらったり遊んでもらってました。でもわたしも大学生になったのでその関係が少しずつくずれていくようになりました。
私はある火曜日にお兄ちゃんに連絡して家に遊びに行くことにしました。(お兄ちゃんと言っても2つ上のご近所の昔からお世話になってる人のことです。)兄「はれて大学生やな」
私「お兄ちゃんの大学と一緒なんだよー。」
兄「そうやな。学校であったらよろしくな。」
私「?学校だけ?」
兄「だってお前もそろそろ彼氏とか作るだろ?そんなに可愛いいんだから。まず高校のときに付き合ってないこと事態がおかしいぞ。」
私「(しょうがないでしょ?お兄ちゃんのことが好きになってたんだから)お兄ちゃんも大学はいってから付き合ってないやん?」
兄「俺?俺は今を楽しみたい人やから遊んでバイトして寝てみたいな?まぁ、好きな人できたら付き合うかもしれんけど」
私「年上じゃないとダメなんだよね?年下じゃダメ?」
兄「年上のほうが好きってだけで、年下でも問題ない子ならOKやで!タメわなんか無理やけど(笑)」
私「どんな子ならいいの?」
兄「どうした?そんなこと聞いて、お前は昔からほんと変わらんな!」
私「なにが?」
兄「少し天然なとことか、どんどん大人ぽくなって・・」
私「へ?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2017年12月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:初体験談

【近親相姦】サークルの男女メンバーで混浴【体験談】

大学のサークルの男女メンバー6人で、東北のとある秘湯の一軒宿に行きました。
その温泉のウリの露天風呂は混浴で、しかもなんと誰もが行き来できる宿の廊下に面した内庭にあるのです。
つまり廊下の歩行者から丸見えなのです。廊下のすぐ脇に脱衣用のわずかなスペースがあるのですが、当然仕切りなどありません。
宿に着いてお風呂を見に行ったら、おじさん3人が全裸で入っていました。
ちょうど1人のおじさんが立ち上がって風呂から出るとき、私たちはおじさんのチンチンを目撃してしまいました。
「すごい風呂だねぇ」「丸見せじゃん」と言いながらも、
「ねぇ、せっかく来たから私たちも後で入ってみようよ」という話になりました。
夕食後に露天風呂の前に行ったら、今度は若い男女5人のグループが風呂に入っていました。
男性は全裸で、チンチンも普通に見せていました。
女性はバスタオルを軍艦巻きにしていました。
その女性たちを参考に、私たちは女性風呂の更衣室でバスタオルを軍艦巻きにして、彼らが風呂から出たところを入れ替わりに露天風呂に入りました。
我がサークルの男性諸君も前の男性たちに影響されてか全裸で入ってきました。
男子のうち2人ははじめから一糸まとわず、チンチンを思いきり見せていました。
もう1人は童貞君で、はじめ小さいタオルを腰に巻いてチンチンを隠していました。
タオルの下で彼のチンチンの形がくっきりしてきた(勃起していた)ことに気がついた女子の1人が「つまんな〜い。他の男子みたいに、チンチン見せようよ」と言い始めました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2017年12月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 3712345...102030...最後 »

このページの先頭へ