大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】musume【体験談】

離婚した妻に引き取られた娘が先日も遊びに来ました。娘は小さい時からとてもかわいがっていましたので、とても私になついています。
欲しいものは何でも買ってあげるし、食べたいものも何でも食べさせてあげています。高校生になった頃からは、月に一度はおこずかいをねだりにやってきます。
その日は、娘が高2になってすぐの5月のことでした

メールで折り入って相談があるとのことでした。彼氏でも紹介されるかとびくびくしてました。
土曜日の夕方娘は私のマンションに一人でやってきました。私達は軽くお酒を飲みながらいろんな話をしました。気付いたら7時になっていました。
娘に「ご飯はどうする?」と聞くと、「私作ってあげるよ。」といい、買い物に出かけました。そしてたくさんの荷物を抱えて帰ってきました。「どうせ、いつも、ろくなもの食べてないんでしょ?すごいご馳走作ってあげるね」と張り切って料理を始めました。
ミニスカートにエプロン姿は、一人の女性とし美しくて、おかしくなりそうでした。
娘は1時間くらいでご馳走を作ってくれました。「どうすごいでしょ。食べよ食べよ」と食事を始めました。「いつの間にこんなに料理ができるようになったんだ?」と驚きました。
「私も女ですから」と娘。「良いお嫁さんになるよ」と誉めてあげました。すると「パパ、お願いがあるの?」来た来たと思いました。おこずかいのことだろうと思っていましたが、とぼけて「どうした?」と聞きました。
娘は「夏休みにね、みんなで学校の合宿に参加しようと思ってるの」「ほう、どこにいくの?」「イギリス」「え?」「イギリスに語学の勉強に行きたいの」
私は娘が英語の勉強に力を入れていて、将来は通訳になりたいといっていたのを思い出しました。確かに娘はずっと日本にいて、海外など一度もいったことがなかったはずです。
私は世界中で仕事をしていますが、娘にも世界を見てきてもらいたいという気持ちがありました。わたしは「良い機会じゃないか。是非いっておいでよ。」と促しました。
「ほんと、うれしい。ありがとう」と大喜びでした。「ぜったいだよ、やくそくだよ」とおおはしゃぎでした。こんな喜んでいる娘を見るのも久しぶりでした。
私は学校主催だから、値段も安いだろうし、学校側がしっかり責任を持って連れて行ってくれるでと思い安心していました。「このツアーなんだけど」と娘がパンフレットを私に渡しました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2018年5月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】小学校の頃の性教育【体験談】

23歳 男性

僕も19歳男性と同じような経験をしたことがあります。

僕が小学校6年生だったときの事です。僕の担任は、忘れ物などをすると、男女かまわずズボンやスカートを脱がし、おしりを手でたたき、そのまま下半身パンツだけの状態で黒板に書かれた算数の問題を解かさせるという先生でした。
その事件が起こったのは、保健の授業のときです。突然先生が、「今から身体検査をするから服を脱ぎなさい」と言いながら、体重計と身長計?を持って教室に入ってきました。
僕たち男子は、授業がつぶれるのと、女子の裸がみられるので、よろこんでいました。
(もちろん表向きは「え〜」とか言ってましたけど)
女子はものすごく嫌がっていました。その理由は簡単で、その先生はセクハラ教師で、身長を計る時に女の子の胸を、「お〜でかくなったな〜」と言いながら触るのです。
しかも、「全員終わるまで服は着てはいけない、最後の人がかわいそうだろ」と言って、男子は男子が、女子は女子が全員終わるまでパンツ一枚で自習をさせられるからです。

身体検査が終わり、保健の授業が始まりました。その日は確か、女性のからだの変化という授業でした。授業が始まるとその先生は、身体検査のデータを見ながら女子を3人選びました。
この選んだ3人が、先生の趣味で選んだだろって言うぐらい、みんなかわいい子で、クラスで人気のあった4人のうちの3人でした。先生はその3人を黒板の前に立たせ、「この3人は女性の体にちかい」などいろいろ話し、最後に「では、服を脱ぎなさい。」
と言いました。3人は嫌がっていましたが、先生にいろいろ言われついに脱ぎだし、パンツだけになりました。すると先生は、「パンツも脱ぎなさい」と言いました。
今まで女子のパンツ姿は何度か見ましたが、全裸は初めてです。女の子たちは興奮する男子の前で、泣きそうな顔で全裸になりました。すると先生は全裸の女の子のからだを、なでるように触りながら、女性のからだについて説明しました。そして最後に子供のからだとくらべると言い人気があった4人のうちの残った1人に、服を脱ぎなさいと言い、裸にさせました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年5月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】バスガイドさんと混浴【体験談】

小学5年の時、近くの旅行社が企画した箱根バスツアーに両親と行ったことがある。ほとんどが大人で子供はいなかった。泊ったのはそこの温泉宿。夕食会は宴会で酒宴になったので子供は居ずらく、私は食べ終わったら一人抜け出して、宿の浴衣に着替えて風呂に行った。そしたら宿の浴衣を着たバスガイドさん(よくは分からなかったが、20才台前半ぐらいだったかな)も来て、「坊や、もう夕ご飯は食べたのね。大人の人達がお酒を飲んで騒いでいるのはいやでしょ。今からお風呂に入るの。それなら私と入りましょう。一緒に入れる風呂はここよ」と家族風呂に誘われた。「お風呂は男の風呂と女の風呂と別れているの。お父さん、お母さんん、男の人と女の人が一緒に入れるのが家族風呂よ」。ちょっとドキドキしたけど興味もあり、一緒に入った。その家族風呂は露天風呂で広かった(と記憶している)。脱衣室でガイドさんは浴衣を脱ぎパンティだけになった。そのパンティをさっさと足元まで下ろして脱ぎ、私の前で全裸になった。家族以外の裸の女性を見るのは初めてで、黒々としたヘアが眩しかった。どんなお乳だったかは全く記憶がない。ヘアだけを見ていたような気がする。「さあ、お風呂に入りましょう」と浴室へ。「おちんちんとお尻を綺麗にしてからお湯に入るのよ」。しばらく湯に浸かってから「さあ、体を洗ってあげるわ」と湯船から出た。向かい合って、洗ってくれた。立ち膝になったり、立ち上がって頭越しに背中を洗ってくれた。目の前の黒々と茂るヘアに興奮した。ヘアに触ってみたかったが、その勇気がなかった。彼女はさらにおちんちんも洗ってくれた。さすがに勃起して恥ずかしかった。「あら、坊や、ちょっと毛が生え始めているわね。おちんちんも大きくなってるね。でも恥ずかしがらなくてもいいのよ。裸の女の人と一緒にいたら男の子のおちんちんは大きく固くなるものよ。坊やのおちんちん、素敵よ。もし我慢できなかったら我慢せずにおちんちんから出してもいいのよ。」その時、生まれて初めての射精を彼女の手の中でした。「坊や、もし触りたかったらお乳に触ってもいいのよ」。彼女は私の手をとってお乳に触らせてくれた。もじもじしながら手を彼女のお臍の辺りに下ろすと、「まあ、そこも触りたいの。いいわよ」。彼女は立ち上がり、私の手を取ってヘアに触らせてくれた。ヘアの下の割れ目も見せてくれた。あくる日、そのガイドさん、ごく普通に「坊や、おはよう。よく眠れた?」。その後も、ごく普通にガイドしていた。私は小学5年だったけどやはり坊やだったのだな。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2018年4月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】本当は役に立つ豆知識4【体験談】

美砂江さんたちには晴子と呼ばれている。わたしは彼女たちに奴隷になることを誓い、調教を受け続けた。
わたしの身につけるものは女の子の衣服だ。化粧をすることも上手になった。鏡の中のわたしはどこから見ても美しい少女だった。
それなのに、スカートを持ち上げて勃起したペニスが突き出している異様な姿だ。美砂江さんたちに服従を誓ったわたしは、命令されれば、オナニーを鑑賞していただく。
勃起したペニスを自分の手でこすりあげ、射精までしてみせる。射精した精液は自分の口で清めた。アヌスの拡張訓練も毎日された。美砂江さんたちのつけたペニバンで犯されることも経験した。アヌスに突き刺されるペニバンの感触にわたしのペニスは異様なほど
勃起した。犯されながらペニスを彼女たちの手で刺激され、何度も射精した。
わたしの股間には革製の拘束具がつけられている。ペニスを締め付ける革製の拘束具はアヌスに挿入する突起もつけられているから、常にわたしの股間を刺激する仕組みだった。バイブも内蔵しているので、スイッチを入れられるとわたしはいつでもどこでも身悶えしなければならなくなる。
拘束具から伸びる革紐を引っぱられての露出調教を何度も経験した。恥ずかしいのに股間のペニスは天を向いてそそり立っている。
 奴隷になって2週間目に剛太さんのマンションで飼われることになった。マンションに部屋にはいると、そこは賑やかで同級生たちが何人もいた。そして全裸の母が部屋に張られたロープをまたがっていた。ロープの高さは母の股間に食い込むようになっている。全裸の母は鞭打たれていた。鞭打っているのは、担任教師の山村美樹先生だった。山村先生も全裸だ。
わたしが部屋に入っても母は気づいていないようだった。女装をしたわたしを息子だと認識していないのだろう。
わたしはペニスの紐を引かれながら歩かされ、剛太さんの前に立たされた。
「いじめられることが大好きな淫乱マゾ奴隷の晴子です。命令には絶対服従しますからこのお部屋で奴隷として飼って下さい」
練習させられたとおりに奴隷としてご挨拶した。
「かわいい顔をしているじゃねえか。まさかお前が晴男だとはな」
剛太さんはそう言って笑った。回りの同級生たちの笑い声も渦巻いた。
「次は後ろに歩くのよ。さっさと歩きなさいよ、牝豚!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年4月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】うちの妹の場合【体験談】

俺、24歳社会人・実家暮らし。

妹、17歳高校生・女子高。
性格、明るい・のりが良い。

☆妹の手料理☆
ある日曜、昼の出来事。
妹「ねぇ、昨日テレビで見たんだけど。」
俺「あぁ・・・」
妹「本当に料理が出来る人ってのは、冷蔵庫の余り物で、
  ささっと作れちゃう人なんだって。」
俺「あぁそれはよく聞くなぁ〜。」
妹「でね・・・私も余り物で作ってみたの。」

さすが妹、負けず嫌いと言うか、こういう事には対抗心むき出しだ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2018年4月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】彼女がいたけど他に彼女ができて、さらに他の彼女ができてバレて・・【体験談】

中学卒業間際の頃の話、当時俺は友達の彼女の事が好きだった
そのカップルはクラスで人気No1男子と人気No2女子だったんだが
そこに人気No2男子が横恋慕してきて男子二人は冷戦状態だった
そしてある日、彼氏以外の男子では1番仲良しだった俺の所に彼女が相談というかグチこぼしに来た時に
「俺も前はお前の事チョット好きだった(実はいまでもすごく)」とか、彼女も「私も和弘の事いいと思った事あるよ」
なんて話をしていたら妙な雰囲気になって、その場でSEXしてしまった
しかしだからと言って俺が二人から奪ってその彼女と付き合う勇気も無く、
その時はその1回だけで卒業を迎えて引越しした俺は彼女とは縁が切れてしまった
しか〜しこの話はまだ続く・・・

その後、地元大学を卒業し東京の企業に就職した俺は24歳の夏、二度目の引越しをした実家に初めて帰省した、
短大を卒業して前年就職した妹と仕事の話をしていたら「うちの会社にお兄ちゃんの同級生らしい人がいるよ」
と言う、「え〜なんて奴?」と聞いたらなんと件の彼女!しかも今はうちの近くで一人暮らししてるという、
俺「それおもいっきり同級生だよ、うちにも2〜3回来た事あるよ」
妹「え〜私、裕美さん先輩で1番仲いいんだよ、今から呼ぶ?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年3月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】マイクロミニの女【体験談】

今日、マイクロミニの女の子を見つけた。Y浜駅でターゲットを物色していた時のこ
とで、思わずハッとするほどのミニだった。 階段を上がれば見えることは確実で、
とりあえずそれだけでも良いと思い後をつけた。
マイクロミニ故、歩いているだけで、チラチラと黒パンらしくものがちらつく。普
通、この手の子は階段を上がるとき後ろに手をあてたりバックでかくしたりする
のだが、この子はそんなそぶりもみせない。 更にうれしいことに、この子は一番
混むT海道線のホームへうかうではないか。 階段では5m程後をついていくと、
先程チラチラしていた黒パンがよりはっきりと、且つ尻肉に食い込んでおり、もう
俺の理性は完全にぶっとんだ。
もう、OKか爆弾娘かはどうでも良い。乗り込み際のどさくさだけでも、あの黒
パンが食い込んだ生尻を触りたい、という思いで一杯であった。
ラッキーなことに、到着した電車も列を作っている乗客も○漢をするには絶好の
条件。 予定通り、乗り込み際にその子を逃がさないように右手を腰にまわしな
がら、左手で念願の黒パンの食い込んだ生尻をゲット。 その子は困惑したように
こちらを向く。 かわいい−−−−−−。 無視して黒パンをTバックのように

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年3月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】童貞喰い【体験談】

私は29歳。彼は20歳。正にやりたい年頃!?
 付き合い始めて5年目。24才の私は16才の高校2年生に手を出しちゃったのです・・・。
 カキコしにくくて、メールにしました。
 今日から彼は学園祭で、月曜日まで大学に泊まるそうです。せっかくの私のお休みも、学園祭の後片付けで会えないんです。だから、昨日会社が終わってから、彼に会いに行きました。
 そろそろ生理なので、欲しくて欲しくてたまらなくて・・・。
 会社が終わって、彼の家電に電話しました。
「今、そっちに向かってるから」とだけ言って、切りました。
(車の運転中だったもんで・・・)
 アパートに着くと、彼は食事の用意をして待っててくれて・・・。
 ご飯食べながらも、ちゅっちゅっしたり抱きついたりしてました。洗いモノなんて後回しにして、速攻えっちに突入。
 今日も彼の大好きな制服姿です。
「あんなちゃん、制服姿ちょーかわいい・・・」
 彼は私の太ももを擦りながら、耳にキスをしました。
「課長さんもあんなちゃんにきっとメロメロだね・・・課長さんに飲みに誘われても2人きりで行っちゃダメだからね!!!」なんて言いながらDキス。
 彼にとって私は初めての女・・・どういうわけか、みんなが私の事を「かわいい」と思ってると思い込んでます。課長は仲良しだけど、そういうことには絶対ならないってば!!

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2018年3月26日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】忠告【体験談】

<>790:774RR:2007/08/07(火)19:02:57ID:/EU4fjf3<>
ひとつだけ夢見がちなここの住人に忠告しておこう
決してスカトロってジャンルにだけは中途半端な好奇心で試してみようなんて
思うなよ。
あれだけは本物の変態じゃないと酷い目にあうからな。
いい加減にSEX目的でつきあっているセフレがいたとしてもそれだけはやめておけ
俺は3年つきあった彼女だった。生きているだけで辛くなるようなトラウマになったよ。
どんなにかわいいコを見ても興奮しなくなってしまったよ。
彼女も俺もお互い一通りのプレイはしてしまっていて「次は何をしようかと」
そんな話から思いついたのが浣腸プレイだ。
お互い盛り上っていたのは彼女に浣腸をして我慢できていた10分程度の間だけだった。
普段から浣腸なんかに慣れていない彼女は突然襲ってきた便意の第2波にすでに我慢
する術も無く、トイレに行くとかそんな意思も働かないままに肛門から大量の軟便を
ぶちまけてしまったのだ。全裸で立ったまま。。。
俺の部屋は一瞬で噴水のように吹き上げてしまった彼女の便で埋め尽くされてしまい

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年3月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】幼馴染みの女子大生に・・【体験談】

俺が中2の時。初体験した。
相手は近所の幼馴染みの大学2年の雛形明子似の杏里姉ちゃん。

家族ぐるみの付き合いで小5位までは、一緒にお風呂に入ってた。
当時、杏里姉ちゃんは高2で胸も膨らんできていたのを憶えている。

それに見とれて初めてチンコが立ち、それ以来恥ずかしくて一緒に入らなくなった。

中2の夏休みに入ってすぐ、大学に入って一人暮らしをしていて久しぶりに帰省した杏里姉ちゃんに再会した。お互いに変わっており驚いた。

俺は、バスケをやっており、細かったけど175センチになっていた。杏里姉ちゃんは、156センチと身長は変わってなかったけど、82センチのBカップが88センチのEカップになってた。

ウエストは60センチ、ヒップ90センチとスタイルのいい体になっていた。
脚も細かった。そして、夏休みの間、家庭教師をしてもらうことになった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年3月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 46412345...102030...最後 »

このページの先頭へ