大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】母との夫婦生活【体験談】

私が、母を意識しだしたのは オナニーを覚えたばかりの中学生になってからです。
その当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分のオリモノ、匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。母との2人暮らしで、周りにも女っ気もなく
私の性欲の対象はもっぱら母だけでした。 高校に入ると、Hな情報も増えましたが、同年代の女性には興味がわかず
自分も自身の性癖がちょっと変だという認識が出てきましたが、どうすることも出来ません
夏場でしたら、母の胸元からはみ出たブラジャーや、そのはちきれんばかりの乳房に興奮したり、母が洗濯物を干している時のはみ出た厭らしい お腹や、腰周りを見て勃起したりと母を厭らしい目で見て犯していました。
母は近くの飲食店で働いており、酔って帰宅することもしばしばで、帰宅すると同時にベットへ倒れこみそのまま寝入ってしまうこともありました。 高校2年生の夏でしたが、何時ものように、母が酔っ払って帰宅し、その日はベットにまでたどり着かず 居間ソファーに倒れこみ 寝息を立て始めました。胸元は肌蹴て、ブラジャーからは今にもはみ出しそうな白い乳房が見えており、スカートの裾は肌蹴て捲くれ上がり、パンティが見えています。 その奥を覗き込むと小さなパンティが母の秘部に食い込み、黒い陰毛も見えていました。私は興奮を抑えきれず、母のパンティの上からですが、そっと撫でてみましたが、反応はありません、母を揺り動かしてみましたが、やはり反応はなく熟睡していました。 私は理性を抑えくれなくなり、恐る恐るですが、ゆっくりとパンティをずらしてゆき、食い込んでいたパンティを足首まで下げ、片足からパンティを抜き取りました。
片足に引っ掛かったままのパンティはピンクのパンティで小さく片足の足首で丸まっています。
捲くれあがったスカートからは、母の陰部がはっくりと見えています。黒々として陰毛の中央からは、赤黒いビラビラが見えていました。私はそっと陰部に指を押し当てて、ゆっくりとマッサージするように擦りながら、母の顔をみましたが、相変わらず寝息えおたてたままです。そして指を奥へと挿入してみると暑さのせいか湿気を帯びた秘部は以外にも指を容易に迎え入れました。1本、2本と指で掻き回しているうちに眠っている母の秘部からは、愛液らしきものが湧き上ってきてきます。
母の陰部に鼻を近づけると 汗のすいっぱい匂いと、いつもの母のパンテーの部分の匂いがしており、舌と唇で陰部を愛撫していると愛液が溢れだし、黒い陰毛の中に赤黒い陰部がぱっくりと厭らしく口を開けており、皮がむけたクリトリスが大きく勃起して眠っているのもかかわらず体だけは興奮しているのがわかります。
しかし それ以上すると目を覚ましそうで、勇気がなくそのままパンティを上げて自室に戻り自慰に耽りました。
その日のオナニーは今までにない興奮で、何回逝ってもすぐの勃起するペニスを持て余す程でした。
翌日 昼ごろ母は起きてきましたが、今までの母とは違い、気のせいか何となくセクシーで厭らし表情をしていました。
この日を境に 母が酔っ払って帰宅した際、頻繁に母へ悪戯するようになりました。
悪戯を繰り返しているうちに、何となく若返ったような感じがしました。そして一つ気がついたのは、悪戯をした翌日は明らかに何時もと違い、目元が潤み、顔は紅潮しており、態度も何となく落ち着かない様子でした。
たぶん 眠っているとはいえ、愛液が溢れるほど感じているのですから欲求がかなり溜まっている様子でした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】妻が万引きして…【体験談】

私は気の弱い男で41歳で職業は公務員です。気の強い?妻の麻紀35歳はでコンビニのパート勤めで子供は1人で10歳です。
結婚して13年経ちます、麻紀は決して美人では無いですが可愛い感じで愛嬌が有り身長168cmで体重50kgでスタイル抜群でバスト90cmのEカップの巨乳です。私は妻は余りSEXは好きでは無いと思っていました・・・
麻紀は22歳まで男性と交際した事が無く私が処女を貰いそのまま結婚しました私も歳を取り性欲が落ちて夜の夫婦生活もお互い仕事も有りまして、2年前からSEXしていませんし少し前に私が求めても「仕事で疲れてるから・・」と拒まれました。
私も適当に風俗で抜いていましたここ2ヶ月位前から最近まで麻紀の帰りが遅く成っていました、昼のパートが終わると5時頃帰って来て私たちの食事を作ってからまた出かけて行きます帰りは何時も夜の11時過ぎです。
麻紀に聞くと「今コンビニのパートとかけもちでヘルパーの仕事をしてる」と言いますが何処で何をしているのかは話してくれませんでした、確かに麻紀はヘルパーの資格を持っていましたので私は麻紀を信じて何も聞きませんでした。
現在はヘルパーの仕事は辞めて夕方から家にいますが、夜私が求めても何かと理由を付けて拒みます・・・
それに少し前から麻紀は化粧も派手目に成り以前までジーンズのズボンを好んで履いていたのですが最近は膝上5cm位の
スカートを履くように成ました麻紀に「最近綺麗に成って生脚出してるし男でもできたんか?」と私が妻に冗談のつもりで言うと「なに言ってんのよ熱いからよ」と妻は真剣に成って怒り出しました・・・それに下着も私の知らないセクシーな物がタンスの奥に隠すようにしまっていて携帯も何時もロックが掛けられた状態です。
私は少し不安に成り麻紀の不倫を疑いました・・・その予感は的中しました。
麻紀が留守の土曜日の昼に自宅に電話が有りました液晶ディスプレイを見ると「公衆電話」と出ています。
男の声でした男「OOさんの旦那さんですか?」私「はいどちら様ですか?」と聞きました。
男「わしあんたの奥さんの秘密知ってるで~」
私「え?それって何ですか?」
男「わしランジェリーショップ経営してる田中ってモンやけど」
私はランジェリーと聞いて少々ドキッとしました妻のタンスの奥にそれが有ったからです・・・

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】リゾートラブ【体験談】

私、北川香緒里22才♪ 丸の内のOLです。
彼と初めての旅行で沖縄のリゾートホテルに行くことになったの♪

中学から陸上部で、背は高い方だけどスレンダーな体型。自慢できるところは下半身が締まってるトコかな。二十歳を過ぎた頃から筋肉が落ちてきて、白くてスラッとした太股と、キュッと細い足首に自信アリ♪
胸はぺったんこで乳首ばかり大きかったんだけど、中学2年生の時に家庭教師の先生をしてくれた大学生と初体験してから急に成長し始めて、今は86のEで大器晩成って感じ?

今の彼とは3ヶ月くらい前に銀座でやった合コンで知り合ったの♪ 商社に勤める結構イケメンで、初めて男女の仲になったのは2ヶ月前。私を抱く彼は昼間と同じで自信満々。最近かなり身体が馴染んできて、週に1〜2回デートするとほとんど毎回逝かせてくれるようになってきた。ただ、ちょっと彼主導すぎて私が置いていかれることが多いのと、終わった後すぐ一人でシャワーを浴びちゃったりして、優しいんだけど気が利かない。ま、その辺は香緒里さんが少しずつ教育していけばいいよね♪

二人とも泳ぎが得意なので、夏休みを合わせて海リゾートに行こうって誘ってくれたの♪
彼ったら、香緒里の水着姿が楽しみっていうから、いつも裸みてるからいいじゃんって言ったら、太陽の下で、他にも人がいっぱいいるところで見るのがいいんだって。なんだか連れて歩いて自慢したいみたいで、私はチョット恥ずかしい(_)
夜も時間を気にしないでゆっくり戯べるよって、結局それが目的なのかしら
ただ当日に彼が仕事の都合で遅れて飛行機が別々になって、私が一足早い便に乗ることになったの(_)
行きの便で私は窓側、隣に若い男の子二人連れ!その子たちが私の脚を見てコソコソ話しをしている気がして、私は上着を脱いで膝に掛けた(_)
だって彼が「リゾートに行くんだからミニスカ生足は絶対だ!」
なんて言うから仕方なく着てきたのに!

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2018年7月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】5年前から続いている不倫【体験談】

 人生にはいろんな事があります、私も喜んだり悲しんだり悔しい思いもした事が多々あり人を憎みもしました、でも人生とは捨てたもんではないようです。
今から書いて行こうと思うのは、悔しい思いをして今は満ち足りた時を過ごしている自分に付いてです。
私は今年45歳の既婚者です。5年前から続いている不倫と親子丼に付いて書きます。
彼女に久し振りに逢ったのは、私が家族と一緒に買い物に出掛けている時でした。
彼女は幼馴染で同級生で中学卒業以来久しぶりの再会でした。
彼女の名前は由美子と言い中学時代はマドンナ的な人気者でしたが、同級生の中の嫌われ者だった奴と高校を卒業してから結婚をして娘が一人いるそうです。
由美子が話してくれた結婚の経緯は成人式の日に旦那(まだ彼ですが)から半ば強姦まがいに犯されて子供が出来たそうで、俗に言う出来ちゃった結婚ですね、それから結婚生活はと言うと最初は景気がよく順調だった様ですが、旦那の放漫経営がたたって倒産をしてしまい、それから直ぐに旦那がアルコール依存症になって最後は肝臓がんで7年前に他界したそうです。
実家から少し離れた隣町に、アパートを借りて親子二人で住んでいるそうです。
倒産した時の借金があり親に借りて返したそうですが、生活費のため由美子は会社勤めを始め夜はスナックでバイトをして子育てに頑張っていたそうです。
会社が傾き掛けた時には、旦那から取引先の上役に夜の接待をしろと言われ売春まがいな行為まで強制的され、旦那が死んで生活費に困ったので嫌々ながら売春まがいの事まで遣ったそうです。(その方面の素質があるのかな)
由美子が今から思えば娘に感づかれなくてよかったと言っていました、その娘も二十歳を過ぎて今は会社勤めをしているそうです。
私と再会した日は会社の歓送迎会の食事会だったそうで、私に気づいたのですが奥さんが隣に居たので話し掛けられなくて、由美子が自分の名刺の裏に携帯の番号を書いてそっと誰にも気づかれないように渡してきたのです。
 次の日に携帯に電話を掛け逢う日を決めて、私はどう頂くかどう料理するか思案して悩んでいたのですが、やはり出たとこ勝負で行く事にして一応『大人のおもちゃ類』は用意をして逢引の日を心待ちにしていました。
 逢う日の当日は朝から仕事が手に付かず、一日が永く感じて仕事をしていました。
 待ち合わせの時間になり仕事もそっちのけで、待ち合わせの場所に車で行ったら由美子は待っていて直ぐに車に乗って来たので発進させ、まずはラブホテル街を通り由美子の反応を確かめながら、アベックも多いいのですがお互いに干渉しない程度に車間を取っている海岸沿いの公園に車を止めて先程話をしていた事を話している時、私が由美子の肩に腕を回し手繰り寄せるように力を入れたら、すんなりと由美子の体が私の方に倒れてきたので思わず唇を重ねてディープキスを遣っていました、その時由美子が声にならない声で『ウゥ・・・アァーン・・・・』と言うため息とも付かない悩ましい声を発していたのです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年6月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】旦那さんが急に帰ってきた。【体験談】

現在某SNSで知り合った人妻と不倫をしている。
彼女は23歳、旦那との関係について、いつも不満を漏らしていた。
出会いのきっかけも彼女の愚痴を聞いてあげる事から始まり、
『旦那が浮気をしているならお返ししちゃえば!』
と私が誘惑したのだった。
3回目のデートで彼女の家にいった。
オートロックのマンションで駅前の築あさなので賃貸なら結構な家賃だろうな…と思った。
ほんとにとても片付いた綺麗な部屋だった。
ずっとAVを観ながらのオナニーしかしていなかった私は、不倫という事や人妻の家で…という環境に加え、彼女の手入れのされていない〝モッサモッサのマン毛〟やヌルヌルに濡れたオマンコにこすっている快感ですぐ果ててしまった。
その後しばらくの間、ベッドでこのひと時を楽しんでいると、彼女の携帯が鳴った。
彼女はディスプレイ表示を見て真顔になった。
『旦那からだっ!』
私は唾を飲み込みじっとかたまって会話を聞いた。
『えっ、そうなの…わかった…』
電話をきった彼女にどうしたのかと聞くと、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年6月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】彼女の妹と・・・【体験談】

僕が中学3年生の時にタメの彼女が居て、ある日彼女の家に遊びに行くことになりました。
 彼女のお母さんは夜に帰ってくるとのことで、家には僕と彼女と彼女の妹(仮:ミキちゃん)の3人でした。彼女に妹がいるのは知っていましたが、会ったのは初めてで、一目見ただけで、僕の彼女をそのまま小さくしたような感じで、すごくかわいくて(ロリロリで…)。
 話すと、中学1年で、バドミントン部らしくて、ミキちゃんの人懐っこい性格からか、気づくとまるでタメのように話していました。

 そして、彼女と2人で彼女の部屋に行き、いろいろ話してたんだけど、テレビを見てたら彼女がベッドに行って、ちょっとドキドキしたんだけど、しばらくして見てみると寝てましたД;
(普通寝るかっ!?)
 でも彼女も部活帰りで疲れていたのだろうと思い、彼女を起こさず今日は帰ろうと部屋を出ると、妹のミキちゃんも自分の部屋から出てきて「もう帰るの?」と聞かれ、事情を話すと、笑いながら、「じゃあ私と話そう?」と言われ、まあ親も夜だしまあいいかと、ミキちゃんの部屋に行き話していました。

 やはり思春期なのか、話はエッチな話になり、
「もうお姉ちゃんとエッチしたの?」と聞かれ、
「いや、まだ(汗。。。」と返し、
「まだ純潔?」と聞かれ、要するに童貞かってことかと思い、
「今のところ純潔守ってます!!」と言うとかなりウケてましたww

 それで結局

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2018年6月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】妹が女豹のポーズで座薬を入れようとしてる姿を目撃【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
両親が結婚記念日旅行中の話。
俺:24歳、実家住みの会社員。
妹:11歳、顔はそうだなーキャリーぱみゅぱみゅみたいな感じ。
11月1日が両親の結婚記念日で、1週間イタリア旅行に行くから妹を頼むと言われたわけよ。
妹は歳も離れてるし、毎月お小遣いあげてるおかげもあってか仲はとてもいい。
両親が旅行に行って2日目に学校から俺の携帯に連絡が来た。
妹が高熱出してるので迎えに来て欲しいと。
俺は会社に事情を説明、早退して急いで小学校へ向かう。
保健室に行くとちょうど休み時間だったようで、妹の友達数人と出会ったんだが妹以外は高校生!?ってくらい大人っぽくてビックリしたのを覚えてる。
保健室で妹の友達と喋った会話は省くね。
39℃以上の熱があったのですぐさま病院へ連れて行った。
診断結果は扁桃腺。
薬を色々貰い、その中に座薬も含まれていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2018年5月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】先輩【体験談】

今年の4月から女子大生やっています。ようやく大学にも慣れてきた頃かな。
 そうすると、男が欲しくなりますよね。え? ならないって? でも、あたしはなるんです。
 高校の時は、だって、ずっと男がいたから。週1〜2のペースでエッチしてました。といっても、恋人じゃなくて、ちょっと気が合う男の子の友達で、高2の時に彼氏と別れて淋しくしてたときに、勢いでエッチしたのがきっかけでした。だから、恋人じゃないんです。大学に入って、京都に下宿して、恋人だったらそれでも続くんだろうけれど、「セックス付き男友達」なんて、離れてしまうと、わざわざ会いに行ったり来たりはしませんよねえ。
 だけど、GWに帰ったときに、会って、エッチしました。これがいけなかったんですね。エッチの感覚が蘇ってきて。やっぱり男が欲しい〜。
 で、ようやく。
 これまた彼氏っていうんじゃないんですけど、お相手は一年先輩のSさん。決めかねていたサークルにもようやく入って、そこで出会ったんです。すでに新入生歓迎会は終わっていて、あたしのためだけに飲み会を開いてくれました。
 このとき、新入生同士ももう顔なじみになっていて、あたしだけなんとなく疎外感を感じていたんです。あたしのための飲み会だったのに、ね。
 でも、Sさんがそのことに気づいて、横に座ってくれて、優しく色んな(でも、くだらないどーでもいいようなことを)話してくれました。この、くだらないどーでもいいようなことを話し合えるって、いいですよねえ。
 でも、時間がたつにつれて、Sさんはどんどんくっついてくるし、グラスを持ち上げるときにわざと肘であたしのオッパイを触れるようにするし、なんだか下心ありあり。
 だけど、こっちの身体もこのあいだのエッチで火がついちゃってるし、Sさんもいい感じだし、もう身を任せちゃえって。
 飲み会が終わって、帰る組みと二次会組みにわかれて。あたしとSさんは当然、帰る組。…の、フリをしながら、駅へ向かう一行からそっと離れて、ラブホへ。
 もうこれが最高で、どちらからともなく手をつないで、すっごく自然な感じだったんです。
 おもむろに誘われるのも嫌いじゃないけど、当たり前のように手をつないでホテルへ行くなんて、なんか、全て通じ合っている二人みたいで、いいと思いませんか?
 それなりに経験あるから、遠慮しないでっていう「ごあいさつ」の意味も込めて、まずはあたしからフェラしました。
 サークルには処女っぽい子も多くて、同じに見られたくなかったし、気を使わせたくも無かったから。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年5月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】一箇月【体験談】

俺と彼女が出会ったのは俺の高校の文化祭だった。
俺は男子校、彼女は女子校に通っていて、彼女は学校の友達数人と
俺の高校の文化祭に来ていた。
そこで俺が彼女をナンパした。
当時俺は高校3年、彼女は高校1年だった。彼女は石原さとみ似(自称上戸彩似)。
身長は155cm、体型は背が低い分、ぽっちゃりに見えるがそんなことはない、
いわゆる抱き心地の好い感じ。
髪は黒髪で、出会った当初は肩に届かないくらいの長さだった。彼女の名前をあずさ(仮名)とする。出会った当初は俺には別に彼女がいて、あずさとは一日数回メールを
するくらいの付き合いだった。
しばらくして、あずさは俺の部活の後輩と付き合った。
一方で俺は、受験勉強もあり、付き合っていた彼女とは次第に疎遠になり、
別れることとなった。一日数回のメールの中で、あずさの彼氏(部活の後輩)に対する悩みや、
あずさの部活の悩みを聞いてあげることもあった。
あずさは彼氏と結局別れ、俺が受験をする間際に、あずさから告白された。あずさには俺が受験終わってから付き合うという話をした。
俺は第一志望の大阪の大学に合格し、春からは一人暮らし、たとえあずさと

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2018年5月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】浮気を突き止めるために彼女の家のベッド下に潜り込んだ【体験談】

春休みに2週間位実家に帰ったんだけど、彼女の電話での様子がいつもと違うのに気づき、内緒で実家から戻る事にした。
夜21時頃自分の家に到着し、すぐ彼女に電話してみると
「これからバイト先から家に帰る」
との事。
俺の家から彼女の家は自転車で20分位の距離なので、何も言わず、急いで彼女の家まで行き、合鍵使って部屋の中で待つ事にした。
万が一の事に備え、靴をベランダに隠し、テレビだけつけて彼女の帰りを待った。
この時点で
「もし何かあったら…」
と既に興奮しまくっていたが、これまで浮気した形跡も掴んだ事も無いので、どうせ取り越し苦労に終わるだろうと思っていた。
しかし、バイト先からは10分程度の距離なのに彼女は一向に帰って来ない。
2時間後に痺れを切らし、電話を入れてみると、
「もう家に帰って寝てる」
と言うではないか!
それを聞いただけで俺は既にビンビンで、彼女の部屋で一発抜いた。
そうこうしてるうちに玄関から話声が聞こえてきて、どうやら彼女が帰ってきた様だった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2018年4月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 18412345...102030...最後 »

このページの先頭へ