大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】金持ちの社長令嬢に告白して、彼女の会社をアボーンさせてしまった結果【体験談】

<>192:おさかなくわえた名無しさん2008/11/20(木) 20:18:33 ID:kCYA5Y2n<>
ちょっと昔の話。
高校の時、社長令嬢の金持ち私立に通ってる娘を好きになった。(俺は公立中堅校)
同じ塾でたまに挨拶する程度だったが、特に金持ちを鼻にかけるような態度もなく、
友達も多くとてもいい娘だった。その後、大学受験が終わって彼女は推薦で、
俺は一般で大学に進むこととなり、最後に塾で会える日に頑張って告白。
すると、「言いづらいんだけど、あたし彼氏いるんだよね」「(・・・そっか)」
「それに○○君さぁ、自分の大学名とか家の釣りあいって考えた事ある?」
といわれた時。大人しそうな容姿と発言のギャップに、
あまりに呆気にとられて何も言い返せなかった。
あれから10年経つがあの時の見下した目は今でも忘れられない。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年6月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】『明日をを見つめて』これまでの「あらすじ」と「登場人物」並に「作者コメント」【体験談】

『明日をを見つめて』これまでの「あらすじ」と「登場人物」並に「作者コメント」
ある一人の男とその半生にかかわった人たちの実話をベースに構成した
物語です。
登場する人物が特定できないように、複数の人格が一人の人物として集約
されたり、一人の人格を複数の人物として登場させたりしています。
大筋を変えることななく、出来事の背景は脚色してあります。
————————————————————
【「1」〜「9」までのあらすじ】
————————————————————
「1.告白」

東京の大学への進学が決まっていた佐藤浩平は、高校の卒業式を終えて
帰途につこうとしたときに、隣のクラスの委員長だった北島彩に呼び止め
られ、彩に付き添われた彩と同級生の斎藤晴香から、学生服の第二ボタン
が欲しいと請われた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2016年5月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】田舎の大学のお友達ごっこに付き合わされた修羅場【体験談】

<>204: 恋人は名無しさん 2010/06/20 22:04:14 ID:tTgkbfz+0<>

大学の時の修羅場。
うまくまとめられる自信がないが、だいたいのとこを吐き出してみる。

俺は地元じゃなく日本地図でいったら三県ほど離れた県の国立大に進学した。
一人暮らしてみたかったし、個人的にあこがれの作家の出身地で住んでみたかったから。

大学でサークルに入って、A子と知り合った。
A子は地元の高校からその大学に進んだ子で、大学自体もそのサークルも
A子の高校→この大学というルートで進んだ子がわりと多かった。

A子と俺はわりと早い段階でいい感じになったんだが
一緒に同サークルでA子と同じ高校仲間だったB子、C子、その他男どもとも
自動的に知り合いになった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2016年2月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】キスもしたことのない女の子の口で…【体験談】

<>531:水底の邦:2008/10/19(日)21:02:36ID:DV4988ft<>
 十月初旬の、まだまだ強い陽射し下で、スコップを使うこと一時間。下着まで汗みずくに
なりながらも、睦月亮佑はついに目当てのものを掘り当てた。
「お、今刃先に何か当たったぞ」
「本当?……あ、これこれ! 私達のタイムカプセル!」
 ボロボロに赤錆びた、クッキーの空き缶。当時の頑丈そうな見てくれとは、随分と変わり
果ててしまったけれども、それは間違いなく亮祐達が埋めたものだった。

「ふぃー……」 大きく息を吐きながら、亮祐はへたり込むようにしてその場に座った。すると
自然に、くつくつとした理由の無い笑いがこみあげてくる。
「はっは、何だ何だ。本当に出てきちまったよ」
「すごいわ。信じられない。絶対見つからない思っていたのに」
「おいおい、掘ってる時は応援しといてそりゃないぜ。……しっかし、酷いなこりゃ。こことか、
内側まで穴開いてるんじゃないか? 中身は大丈夫かね?」
「まあ、仕方ないわよ」 亮祐の傍にしゃがみ込んで、娘は言う。 「十年っていうのは、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2015年11月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【アニメキャラ】マズオさん報酬はアワビ 【体験談】

 どうもこんにちは。マズオです。いやあ〜今夏も猛暑続きでたまらんですねえ。
 さてそんな今日は月末の日曜日。イゾノ家恒例の家族全員でのお出掛けデーです。
けどボクは、ここ数日の深夜残業で溜まった疲れを取るためにザサエやダラちゃんには悪いけどお出掛けはパスして家で休養せてもらう事にしたのです。
 で、こうしてお昼までゆっくりと寝てカップラーメンの昼食を摂る。
そして食休みを終えたらお楽しみタイムです。
 会社の同僚のアナコ君が「海外出張のお土産だ」と言ってボクにくれた洋ピンのDVDとティッシュの箱を持ってTVの前でセッティングを始めたその時だった。

ガン、ガン、ガン、ガン! と玄関の引き戸を激しく叩く音と共に「イゾノさん! イゾノさあ〜ん!」という若い女性の物らしき大きな声が聞こえてきました。
 何事かと驚いたボクは「んだよ、せっかくこれからお楽しみだってえのによお!」と悪態を付きながらも「はあ〜い今行きますからあ!」と叫んで急いで玄関へ向かう。そして鍵を外してガラガラと引き戸を開けてみると…
そこに立っていたのは学校の制服姿で全身ズブ濡れのお隣のイザサカさんの長女で女子高生のウギエさんであった。
 殺気だった表情のウギエさんはボクの顔を見るなり早口でどもりながら叫ぶように言う。
「あ、マ、マズオさん! う、ウチの水道が、水道が大変なんです! お願いします!た、助けてください!」

「ええ〜!そりゃ大変だあ!って、す、水道がどうしたんですか?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年2月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:アニメキャラとの体験談

【アニメキャラ】園子「ちょ・・・っと!コナン君!?そんなトコ!やっ!ダメ!」【体験談】

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/28(水)22:13:25.44ID:dCrPGzo/0<>
蘭「ただいまー!・・・あれ?この靴・・・園子来てるのかな?」

今日早退したはずの園子の靴を玄関で見つけ蘭は困惑した

蘭「体長悪いから早退するって言ってたのに・・・」
蘭「園子ー!来てるのー?」

そう呼びかけながら自分の部屋に向かう
部屋の前まで来て中から話し声がするのに気づく

園子「・・・やっぱり・・・やめましょ?ね?」
コナン「でも園子ねーちゃんいっつも最初だけだよねぇ・・・嫌がるの」

蘭「なんだやっぱり来てたんだ・・・でも・・・何してるんだろ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:アニメキャラとの体験談

【野外露出】同級生を奴隷にした話 5【体験談】

【下の話の続きです】
同級生を奴隷にした話

同級生を奴隷にした話2

同級生を奴隷にした話3

同級生を奴隷にした話4

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【友達・同僚】他人(ひと)の皮を被る 二話【体験談】

「なんとか上手くいったか……」
 晃はソファで息を吐いた。深く眠り込んだ奈津美に起きる気配はない。 晃はその奈津美のスーツをそうっと脱がしにかかる。
 ブラウス姿にすると酒の匂いが強まった。
 クールな美人が頬を染めて酒の匂いをさせるのはそそる絵面だ。
 さらにブラウスのボタンを外していくと、青い宝石つきのネックレスが覗く。
「高価そうだな。この石ころで何百万するんだ?」
 晃が毒づいた。奈津美という人間の恵まれぶりを象徴するようだ。 晃は劣等感に苛まれながら奈津美のブラジャーを剥ぎ取った。
 豊かな乳房が零れ出す。
 カップはEかFか、28歳とあって少し崩れてはいるが、突き上げればさぞかし揺れるだろう。
 乳輪と中心の尖りは初々しいピンクで、男の扱いに長けるイメージとはややギャップがある。
 ボディラインはスレンダーだ。
 縦に一筋入った腹筋はスポーツジムの女を思わせる。
 海で焼いたのだろうか、肌がほどよく色づいた中で乳房だけが白い。
 晃はさらに奈津美のベルトに手をかけた。
 ベルトを外しロングパンツを脱がせると、黒のストッキングが視界に飛び込む。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年1月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談

【友達・同僚】他人(ひと)の皮を被る 一話【体験談】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。
 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。
 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」
 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。
 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。
「ええと、どこかで会ったっけ?」
 晃が問うと、女主人は目を丸くした。
「何言うんだい、お前さん」
 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。
「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」
「おそらくは」
 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。
「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」
 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。
 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談

【修羅場】東大生ってたいしたことないんだなw 【体験談】

186名前:名無しさん@HOME投稿日:2007/07/23(月)11:18:280
流れ読まずに書き込ませて頂きます。
義理姉が結婚するという知らせがあり、夫の実家に行きました。
夫がまだ学生で、私が働いて賄っているので経済的に楽ではない生活ですが
きちんとしたスーツと、ご祝儀と、実家までの二人分の交通費をなんとか捻出して。
夫の実家地方では、花嫁は家で衣装を着けてタクシーで式場へ向かう習慣で、
私は支度を色々手伝ったり、式場で食べられないかもしれない義理姉に食事を作ったり。
ところが迎えの車が来ると、義理親義理姉義理弟と夫が乗り込み行ってしまいました。
私はボロイ汚い夫の実家に、スーツにエプロンをつけて置いてけぼり。
あほだけど、どこで結婚式するのか、何時に帰ってくるのかなーんも知らなくて
ボケーと一人で過ごしていたけど、夕方暗くなってきて電気つけようとして
この家の灯りのスイッチがどこなのかも知らなくて、探してたら涙が出た。
後で聞いたら、夫より二つ年上で、夫の姉よりも先に結婚し式もしなかった私の存在を
親戚に知らせていなかったため、私は式に出る資格が無かったのだと。
夫は「自分もこんなことになるとは知らなくて」とは言っていたけど

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2013年12月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ