大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】友人新婦とは1年会っていなかったが、おそらくダイエットをしたのであろう、一年前よりもややすっきりしていた・・・・【体験談】

254:名無しの恋愛速報さん2012/09/16(日) 21:40:58.46
披露宴当日。
会場は超高級ホテルで、出席者は300人程(内、50人くらいが新郎父の招待客)。
ちなみに挙式は親族のみ。
納得いかない形で式を挙げることになってしまった新婦は心配だったが、
なかなか体験できないであろう「合同結婚式」への出席に、ちょっとわくわくしてしまった私・・・。

いよいよ、新郎新婦の入場となった。
スポットライトとともに大きな中央の扉から現れた二組のカップル。
ライトや曲、スモークなどの演出が凝っていて、会場はおお~~っと盛りあがった。
そして温かい拍手。

・・・しかし、誰もが思ったに違いない。
二人の花嫁のシルエットが違いすぎるということを。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年5月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】アート系イベントで隣にいた男が超絶クズだった【体験談】

◇修羅場◇part100
toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1283185051/

<>100: 1 2010/09/04 16:27:26 ID:cU8xbfK30<>

プチ修羅場?かな。

私子 当時30才 アクセ系のハンクラー 彼氏もちだったけど彼氏は今回関係ない。
A子 当時30才 布系ハンクラー 男前な性格。彼氏なしだったけどそれは今回関係ない。
S男 パフォーマンス集団のリーダー 20代後半くらい。
M美 S男の奥さん 20代前半くらい。

数年前のこと。
アートや手作り系のイベントで、私は昔からの友人でハンクラ仲間のA子と二人で
それぞれ得意なものを持ち寄って売っていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2018年4月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】温泉宿殺人事件 裸の女わんさか【体験談】

やあ警部さん、お久しぶりです。むさ苦しい部屋ですがまあ椅子に掛けてお茶でもどうぞ。
お茶じゃなくて水じゃないかって?はは、冗談ですよ冗談。え?違う?
まあいいや、では椅子に失礼して。えーとそれで今回の事件の話でしたね。
なあに、いかな難事件と言えどこの名探偵にかかれば朝飯前でしたよ。
え?今は昼時だって?はは警部さんもなかなか面白いことを仰る。
冗談はいいから話を先に進めましょうか。まずはもう一度事件のおさらいから。

場所は某県の温泉宿で殺害現場は女子脱衣所、時間は早朝。
被害者は連休を利用して観光に来た20代OLのB女史。死因はタオルによる背後からの絞殺。
ちなみにたまたま宿に居合わせた僕が電撃解決したので事件は朝食前には片付きましたよ。
それはさっきも聞いた? はは細かいことは気にしちゃダメですよ。
はい?昼飯の出前ですか?あ、じゃあ僕は天ざるでお願いします。
えーとそれで、事件は早朝に目が覚めた同僚のA子が、B女史と、
同じく同僚のC美を朝風呂に誘ったところから始まります。3人での旅行のようですね。
先に準備が出来たA子が一人で風呂場に向かい、若干遅れてB女史とC美が風呂場へ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年4月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】【悲報】とあるイベントで美人と知り合って、別世界を見てしまったwwwww【体験談】

<>607:彼氏いない歴774年2013/10/27 12:11:22 ID:M7IzcKMv<>
とあるイベントで美人と知り合って、別世界を見た。

イベントにいたモデル風の派手な女性が、その美人に声を掛けた。
「今度医者や経営者が集まるセレブパーティーがあるから、良かったら来て」
他にも「タワーマンションでコンパもあるよ」等、喪からしたら手の届かない世界の内容だった。
勿論私に声はかからず。

暫く経って美人と会う機会があり、そのセレブパーティー()がどうだったか、興味もあり聞いてみた。
「ノリについて行けなくて気後れしちゃった」と美人。
だがやはり、色んな男性から声をかけられ、食事やデートに頻繁に誘われているっぽい。
更によくよく聞いてみると、その中の一人の男性と良い感じらしい。
そして コンパは断ったそうだが、参加を強く求められて困ってた。
コンパの参加代理を探してて、(一応)私もお願いされたが、断った。てか、可愛い子を揃えたくてあなたを誘ってるんだよー!

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2018年2月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】娘が通う大学の学園祭での出来事【体験談】

東京都/ミナさん(30代)からの投稿
—-
娘が通う大学で学園祭が行われ、そこで起きた出来事です。
珍しく娘から、
「学園祭に来てみたら?」
とお誘いがあったんです。
その日は、夫も休みだったので話をしてみると
「行ってみるか」
とノリノリでした。
40歳を迎えていた私ですが、若い者には負けてられないという張り合いか、ちょっと頑張って短めのワンピース姿に化粧も気合を入れてみたんです。
「随分お洒落しているじゃないか、若い男でも漁るのか?(笑)」
と夫に冷やかされる始末。
「一応娘が通っているんだし、友達に会うかもしれないでしょ?変な姿でいられないわ」
と一応言い訳をする。
車に乗り込み、大学に向かったんですが、駐車場は既に大渋滞でした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年2月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】消えた女房と送られてきたDVD 【体験談】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年1月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】いくら頭がよくても100メートル走で落とされることもあるのです。【体験談】

<>172:名無しの恋愛速報さん2011/08/11(木) 15:44:52.93 ID:FlMwOO7/<>
グランド・ゼコールの勉強は大変厳しいです。
特にエコール・ポリテクニックは陸軍省管轄の理系エンジニアを育てる学校なので、
入試に体力テストがあります。
いくら頭がよくても100メートル走で落とされることもあるのです。
こうしたエリート校の卒業生の行き先は、高級官僚、軍の将校、企業経営者、大学教員などさまざまですが、
フランスの国家を支える屋台骨となって生きることが義務となっています。
(フランスは1割のエリートが9割の国民を支える社会だとよく言われるのはそのせいです)
私は仕事柄よくこういう学校の卒業生に会いましたが、皆異常に頭がいいです。
そして一様に話術が巧みで相手に話させるのもうまいです。
その辺が教育の違いなのでしょう。
でももちろん嫌味な人やナルシストもいますが、能力は超一流です。
エリート主義には批判も大いにありますが、おそらくこれからもフランス社会はこうやって回るのだろうなと思います。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2018年1月19日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】母の職場で【体験談】

僕の母(42)は中高年向けの雑誌、カタログや時々TVの通販のモデルをし
ています。
世の中には若い男性でも、熟女好きがけっこう居るみたいで、よく中年モデ
ル仲間で、スポーツ選手や若手芸能人のとの合コンに誘われるみたいです。
今日、前に3度行った事の有る母の撮影現場の近くまで行ったので、覗いて
みました。僕を見知っている入り口の係り員は直ぐに通してくれました。
母の控え室の扉を開けると、背の高いガッチリした若い男がこっちに背を向
けて、立ちはだかっていました。
直ぐに裏扉から戻って来た母が、来ていたドレス、そして下着まで脱ぎ、一
旦全裸になって別の衣装をスタイリストに着せてもらっていました。
母が数人の関係者の前で裸になるのは、以前にも見たことが有るけど、その
若い男性の横顔が関係者では無く、某球団の若手ピッチャーだと分った時、
心臓がドキッとし、体が熱くなりました。
母のナイズバディーは勿論、大きな胸、股間の陰毛、前屈みになった時、見
えた肛門まで、男は表情を変えずじっと腕組みをして見つめていました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年1月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【友達・同僚】母親と同級生の赤ちゃんプレイ【体験談】

これは今から2年前の僕が高校性の時の話です。母は24歳で僕を産み、子育てが一段落した後、法科大学院に入り、司法試験に合格し弁護士をしています。息子の自分が言うのも何ですがとても41歳には見えないくらい美人でスタイルが良く恰好いい母親です。学校の参観日に来た時などクラスの友達から冷やかされることがよくありました。同級生のお母さんの中にも若々しくしているお母さんも結構いるのですが、母は同級生からみると他のお母さんにはない妖艶さがあるらしいのです。同じクラスの祥平は何度も母のことをおかずにしてオナニーしているとよく言っていました。祥平は見た目ジャニーズ系で女の子からもよく告白されたりするのですが、同世代の女の子よりも年上の女性に興味があるらしく、いつもインターネットで熟女動画を観てオナニーするそうですが、最近は射精する瞬間は私の母のことを思い浮かべるそうです。特に先日、参観日に母が着てきた黒のタイトスカートと白のブラウス、そのブラウスのボタンが横に引っ張られるぐらい大きなおっぱいが忘れられないらしく、その母のおっぱいに吸い付きながら手で射精させてもらうことを想像してオナニーをしてるそうです。その時母は裁判所から直接来て、暑かったせいもあり、白のブラウスにうっすらと汗を描いていて、レースの黒のブラジャーが少し透けていたのを憶えています。たぶん母は大きな胸をなるべく目立たなくさせるために仕事の時はタイトなブラをつけていたと思うのですが、それが透けて見えると逆に胸の大きさが強調されてなんだかいやらしく見えました。腰も足も細いのに、胸とお尻は母親らしいボリューム感がり、何とも言えない大人の女性の匂いがしてきそうなその母の姿は、男子高校生には刺激が強かったと思います。息子の自分でもちょっと、ドキッとしてしまうのは確かでした。自分の母親をオナニーの対象としているという話は、あまり気持ちいいものではありませんでしたが、所詮男子高校生同士のよくあるエロ話の一つと割り切っていました。そんなことがあってから3ヵ月ぐらいあとのことだったと思います。たまたま具合が悪くなり学校を早引きし一人で家で寝ていたら、母が誰かと一緒に家に帰ってきました。仕事柄依頼人が家にくることもあったので、気にしていませんでしたが、何か様子が変な気がしたので、そっとリビングを覗いてみると、ソファになんと同級生の祥平が母と並んで座っていました。なぜ祥平がここにという疑問とともに、あれだけ母のことを言っていた祥平が最近冗談でも母の話題をしなくなっていたことを思い出し、悪い予感がしました。「ねえママお耳がかゆくなってきちゃった、お耳こちょこちょして」と祥平が普段聞いたこともないような赤ちゃん言葉を使い、しかも母のことをママと呼んでいます。「いいわよ、ママのお膝にトンしてごらん」と母もまるで、自分の赤ちゃんに話しかけるようです。祥平は母の膝の上に、母の方を向いて頭を乗せました。母はそんな祥平を愛おしいまなざしで見つめ、テーブルの上に置いてあった耳かきを取って、祥平の耳にあてていきます。「祥ちゃん気持ちいい?」と聞くと「うん、ちゅごくきもちいい。ママいつもみたいにお耳もぺろぺろして」「いいわよ、ちょっと待って」というと耳かきを横に置き、祥平を少し膝の方へ母から離すように押しやりました。母は、体を前かがみにして祥平の顔に近づき、唇を祥平の耳元まで持っていきました。母のちょっとぽてっとした唇から、先がとがった小さいけれど厚みのある舌がでてきて。祥平の耳をぺろぺろと舐めはじめました。最初は、耳たぶ、それから周り、そして耳の中を念入りに舐めています。祥平は耳が性感帯なのか相当感じるらしく、「うんーうんー」と女の子みたいな声を漏らし始めました。「祥ちゃんかわいい」という母の声に耐えられなくなったのか、「ママ」といいながら、左手は母の腰に回し、右手は母のあの大きな乳房を掴んで手を動かしはじめました。「もう祥ちゃんったら、いたずらしたらダメよ」と母は、冗談ぽく叱りますが、そのまま祥平がしたいようにさせています。だんだん母も感じてきたのでしょうか、足がバタバタと動くようになり、ミニスカートの膝が開くようになってきました。祥平もそれに気づいたのでしょうか、腰に回していた左手を今度は母のスカートの中に入れ始めました。そうこうしていると本気で感じ始めた母が自ら祥平の手を受け入れるべく膝を開きました。僕は、その時あっと驚きました。母はガーターベルトに母の大事な部分だけがやっと隠れる小さな真っ赤なTバックのパンティーをつけていました。たまに母の洗濯物を見ることがありますが、こんなセクシーでいやらしい下着は今まで見たことがありません。興奮した祥平は、母の膝から降りソファの下に膝立ちになり、母のスカートを完全に母の腰までずり上げ、そのいやらしい下着をガン見しています。「祥ちゃんそんなにじっとみたら、ママ恥ずかしい」と母は言い「ママ、今日もこんなにいやらしい下着をはいてくれたんだね」と祥平は、本当に嬉しそうにしています「そうよママ、祥ちゃんがエッチな下着が大好きだから祥ちゃんのためにはいてるの、でも今日一日はいてたから、ちょっと汚れちゃって恥ずかしい」「そんなことないよ、その方がママの、いい匂いがして、すごくいいよ」と言うなり、祥平は赤いパンティの母の大事な部分が当たっている場所に鼻を摺り寄せ、くんくんと犬の様に嗅ぎ始めました。「ああママのいい匂いがする」と祥平が歓喜の声をもらし、母もまんざらでもなさそうにうっとりしています。祥平はその後数分パンティーの匂いを心行くまで嗅いだ後、今度はパンティーの布と股の際の部分を念入りに舐め始めました。直接母の大事な部分を舐めているわけではないのですが、母も相当気持ちいいのでしょう「あーん、あーん」とまだ小さいですが、とぎれとぎれに声をだしています。「祥ちゃん、ママのパンティ濡れちゃう」「だってママのパンティ美味しいんだもん。もっと舐めたい」とさらにベロベロと舐め続けます。それを10分ぐらいしたあと、母が「ねえ祥ちゃん、ママがいつもみたいにしてあげるからこっちにおいで」と母が上体を起こして祥平を抱き寄せます。「うんママ、早く早く」と祥平はソファの上に目を輝かせて仰向けになりました。「ちょっと待っててね、いい子だから」と母が言うと母は着ているブラウスのボタンを外し始めました。ブラウスを脱ぐと、パンティとおそろいの真っ赤で、カップの部分が総レースでできているセクシーなブラに包まれた大きなおっぱいが現れました。いつも仕事用で胸を締め付けているブラとは全然違います。スカートも取り去った母の下着姿は、圧巻で、外国人モデルの様なボリューム感と、熟れた女の生生しさを感じます。ここで気づいたのですが、自分も完全に勃起しており、パンツに先走り汁がでてくるのがわかりました。母親を見てここまで興奮する自分が信じられませんでした。母はもう一度祥平を膝枕します。祥平は膝枕される前にパンツ以外を残し、全て脱いでいました。「祥ちゃん今ママのおっぱいあげるからね」といいながら、ブラの左のカップを下げるようにしておっぱいを出そうとしてます。祥平は、待ちきれないのか、口をとがらせて、おっぱいに吸い付きたいと懸命にアピールしています「さあ、祥ちゃんの大好きなおっぱいですよ。いっぱい、いっぱい飲んでね」と言いながら大きなおっぱいがを露わにしていきます。その乳房は、とても大きいのですが、若いグラビアアイドルなんかとは違って子供を産んでいるので、さすがに少し垂れています。でもものすごく柔らかく触ったら乳房の中に手が入りこむのではと思える弾力をもっているように見えます。そして乳首は、父をはじめ、それ以前関係のあった男たちに吸われ舐められ、指で転がされて、さらに子供を産んで、その子供(自分ですが)に飲ませて育てただけのことはあり、女性の人差し指の先ぐらいの大きさのぷっくりとしています。本当に吸いやすそうです。
また、乳輪も大きく乳首同様少し濃いピンクになっています。その乳房と乳首は、ただ大きい若い女性とは違い、ほんとうに卑猥で、むちゃくちゃに揉みしだきたく、おもいっきり甘えたいと思わせるものでした。母が祥平の頭を抱きかかえるようにし、胸を祥平の顔へもっていった瞬間、祥平はその乳首に勢いよく吸いつきました。口の中で、もぐもぐもぐもぐとまるで赤ちゃんが母乳を飲むのと同じよう吸いついています。「そう祥ちゃん、上手になったわね、最初は強く吸ったり、歯を立てたりママちょっと痛かったのに、本当上手になったわね、可愛いわ、おーよしよし」「ママーおっぱい美味しいよ、ママのおっぱい大好きだよ」「そうよ、いっぱい飲んで大きくなりなさい。ママのオッパイは祥ちゃんのものよ。はい今度はこっちのおっぱいも飲んでね」と言って母は右側のカップも下にずらし、おっぱいを出して準備しています。その間も祥平は左の乳首を口から離しません。右のおっぱいが完全に露われた瞬間、祥平は左の乳首を離し、新たな乳首に必死に吸い付きます。「ほらほら大丈夫よママのおっぱいはどこにもいかないから、ずーっと祥ちゃんのものよ」さっきまで祥平が必死に吸っていた左の乳首はまだ祥平の唾液がいっぱいついていて、色も赤みが増し祥平に吸われる前より、間違いなく一回り大きくなっていました。母はまるで赤ちゃんが吸った後、まだ乳首に母乳がついているかのように、その吸われた乳首をブラジャーのカップの布の部分でちょんちょんときれいに拭きとります。拭き取ってしばらくすると、祥平が拭き取られた方の乳首にまた吸い付きます。その繰り返しが、その後何度も続きました。「ママー、ママー、僕おちんちんからしーしーしたくなっちゃった」と祥平が言いだしました。「まあー、祥ちゃんしーしーしたくなっちゃったの、じゃあ今ママが、しーしーさせてあげるね」といい、祥平のパンツに手を持っていきました。それまで気づきませんでしたが、祥平のパンツの中身は明らかに大きくなっていました。母が祥平のパンツを下げるとそこから、ものすごく大きな男性器が飛び出してきました。それはインターネットで見たことのある、黒人並のサイズでした。今赤ちゃんになりきってる変態男のちんちんとしては滑稽なくらいの大きさでしたが、そのアンマッチがこの状況をよりいやらしくさせていました「おーよしよし、祥ちゃんのおちんちん苦しそうだねー、ママが今楽にしてあげるからね、ほーら力抜いて、全部ママの手にあずけてごらん」「ママのお手手気持ちいいよ」「もっと気持ちよくしてあげるから、いつもみたいにどうして欲しいか言ってごらん」「ママー、もっと、ぎゅっとママの手で握って、強くしたり、弱くしたり」「わかったわよ、ママ、祥ちゃんの言うこと何でも聞いてあげる、ママ祥ちゃんの大きなおちんちん大好きだから」母は、母の手では収まり切れないほどの祥平のものを、強弱をつけて何度も繰り替えし握ったり放したりしました。その間も祥平は恍惚の表情を浮かべながら、母の乳首を吸い続けていました。「ママー、おちんちんからしっこでちゃう」祥平がそろそろ我慢の限界を訴えてきました。「祥ちゃんどうやってだす?どうしてほしい?」母が祥平に尋ねます。「ママのパンティーの中に出したい」「いいわよママも、ママのパンティーに出して欲しい」と言うと、母はパンティを脱ぎ、その脱いだパンティのちょうど大事なところが当たっていた部分を祥平の亀頭の先にあててこすり始めました。パンティーのその部分は、母の愛液で白く光っていました。「ママー、ママーもうだめー、いくよー」懇願するように祥平が泣き叫びだしました。「祥ちゃん、いっぱい、いっぱい出しなさい、いっぱい祥ちゃんの精子だして、ママのパンティを汚して」と母が言った直後、祥平の体が弓なり反り、まるでストップモーションの様に一瞬止まったかと思うと、ガク、ガク、ガクと3度腰が浮き上がりました。祥平の亀頭の先から放たれた精子は第一弾が母のパンティへドピュッと、第二弾はパンティの横からおっぱいにベチャッと、そして第三弾はあまりにも勢いが強く母の顔へビュッと飛び散りました。「ママー、ママー」と叫びながらも祥平は母の乳首を咥え続け、最後は乳首をぎゅっと噛んだのでしょう、母が一瞬ぷるっと震えたのが分かりました。それから僕はこの光景を思い出しながら現在まで、何度も「お母さん」と叫びながらオナニーをするようになってしまいました。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談

【野外露出】デッサンモデルアルバイト【体験談】

結構な田舎に住んでたんだけど近所に引っ越ししてきた芸術家の子連れの夫婦がいた。
子供は女の子で中1で俺が当時中2。
あまり子供居なかったのもあり女の子と仲良くなり何度かお互いの家でゲームしたりDVD見たりした。
その子の家にはその子を書いた絵が何枚も飾ってあった。
ある時その母親からアルバイトしないかと言われ二つ返事したけど実は絵のモデルだった。
当然着衣だと思ってたが当日アトリエに行くとそこには女の子のヌードデッサンなんかも飾ってあったりして、当たり前にヌードだと言われて驚いた。
ちん毛がそこそこ生えてからは誰にも見せたこともなかったから無茶苦茶恥ずかしかったが先払いでお金貰ってて使ってしまった後で後には引けなかったな。
その母親とその知人らしい女性二人の前で脱ぐと特に目立った反応なく淡々と時間が過ぎて行ったな。
1番最初はただひたすら恥ずかしくて天井の角見てたら勃起しなかった。
でも休憩して次の時にポージングで3人の姿が見えるとさすがに勃起したよ。
勃起しだすと顔がニヤけてたけど、何も言われたりはなかった。
終わった後で少し言われたけど、その程度。
剥けてない、包茎って事は当事そんなに気にしてなかった。
それより陰毛生えてから男女問わずで初めて他人に晒した事が無茶苦茶恥ずかしかった。
その後暫くしてまた誘われたけど断ってしまって少し間が開いたけど、高校になってからバイト代一気に上げてくれて2回やったな。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2018年1月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談
1 / 8612345...102030...最後 »

このページの先頭へ