大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】送迎に来る父親達のアイドルだった保育園の可愛い保母さん【体験談】

Aトラックスさんからの投稿
—-
ガチの体験談ですけど、記憶を辿りながらですので僅かな違いはあるかもしれませんので御了承を。
大体5年前ぐらいまで遡る事になるのかな?
某保育園の保母さんとの出来事。
そこで二日に一度ぐらい顔を合わせる子が居た。(以後Nちゃんね)
Nちゃんは童顔でぱっちり二重の可愛い顔で、声も声優のように可愛く活発で、初めから好印象やったのを覚えてる。
その時Nちゃんは20歳ぐらいかな?
送迎に来るお父さん方のアイドル的存在でした。
毎日朝か晩に僅か2,3分程度Nちゃんと他愛のない話をするだけやったけど、それが何となく楽しみで、以後数年間は通勤前か帰宅前のちょっとした楽しみになっていた。
何年か通ったある日からNちゃんを見かけなくなり、別の人に
「Nちゃんどこ行ったん??」
って聞いたら
「隣の棟に居ますよ」
と言われ、帰りにちょっと見に行ったら確かに居た。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2016年5月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】職場で誰もが憧れるR子ちゃんの乳首を目撃【体験談】

あさんからの投稿
—-
会社で私の所属する課には、吉○由里子を長身にしたような事務のR子ちゃん(25歳)がいます。
会社の男性、出入り業者、取引先の男性、誰もが憧れる超美人で、色白で性格も良く、とても明るい子です。
私は昔からの胸チラマニアで、R子ちゃんの胸チラも、彼女が入社して以来5年間ずっと狙い続けてきました。
しかしR子ちゃんはガードが堅く、私の会社の制服も胸元がキツく、ブラチラも拝めた試しがありませんでした。
が、先日待ちに待ったその日がやって来ました。
その日、夏の終わり頃の土曜日、複数の取引先に大量の荷物(小型のダンボール300箱程)を急遽送らなければならないため、私とR子ちゃんは休日出勤を命じられました。
誰もいない会社でR子ちゃんと2人きりで作業をするのが嬉しく、ウキウキしながら会社へ行きました。
しばらくして、R子ちゃんが出社してきました。
胸元の大きく開いた薄手の白い長袖Tシャツにカーディガンを羽織り、カーディガンは一番上のボタンだけ留めておりで、胸チラにはもってこいの服装でした。
しかも、彼女は誰がどう見てもAカップだった筈が、明らかに胸が大きく見え、サイズの合ってないブラをしている事が一目瞭然でした。
休日出勤のため、制服には着替えずにそのまま作業を始めたので、私は心の中で、
「今日しかない!」
と叫びました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年3月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ヤンキー女達に抑えつけられたクラス一の美人を皆で頂いた話【体験談】

将騎さん(30代)からの投稿
—-
中学3年の時の話。
生意気な女だった優希は、ヤンキー女の香に目をつけられ、体育館倉庫で制裁を受けていた。
連れの雄二が、香に
「優希の裸見せてやるから何人か連れてこい」
と言われ、その時いたダチ5人集めて速攻で体育館倉庫に向かった。
マジで同級生優希の裸見れるのか?
裸っておっぱいや・・まさかまんこも??
外人AVしか見た事の無かった俺は、めっちゃ興奮した。
5人ともフル勃起ダッシュで現地へ向かった。
優希は生意気だが成績優秀、スポーツ万能。
顔は、今でいう大島優子みたいな感じで、クラスの男のほとんどが優希をずりネタにしてたのは間違いないだろう。
プールの時も、胸の膨らみや、Vライン、ケツと、毎回チェックしてた。
脇も見たが、いつだって完璧な手入れがされていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】生意気な女上司に中出ししてやった【体験談】

僕は大学卒業後、都内の企業に入社した。
僕が配属されたのは、商品開発部。
いわば企業の心臓部である。
その中でも沢山のセクションがあり、僕は3課に出向。
そこの課長はなんと28歳の女だった。
この若さで課長まで昇進する事など、この老舗の会社では異例だった。
それだけにハキハキしていたし、言う事も物怖じせず言う。
そして何より、鼻筋の整った美貌、細い肢体を持つ美女だった。
日本テレビの、西尾由佳理アナウンサー似(写真|Wiki)で、僕の完璧にタイプの女だった。
そんな彼女だから当然社内のマドンナだった。
大阪に赴任中の彼氏がいるらしく、その彼氏は若くして将来の幹部候補だ。
「2時間くらいクンニして~な~」
それが彼女を見た第一印象だった(笑)
去年の6月頃、会社の社運のかかった商品開発を担う事になり、3課は大忙しになった。
緊迫の現場ではビッグプロジェクトを委ねられた課長・小山美紀(仮)の罵声が飛び交った。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年4月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ