大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】レイプ気味に襲わないと感じない子・改【体験談】

ネットで知り合った子の話なんだが…。人妻で、おとなしくて真面目そうな子だった。
まぁネットというかぶっちゃけSNS系で知り合った。
仲良くなるうちに色々相談に乗ってて、その相談というのがシモネタというか
まぁそのHなお悩みというやつ。その子は旦那しか知らなくて、ノーマルな事しか知らなかった。
フェラすら知らず、イッタ事も無く、半分レスになりかけてたようで、俺が相談に乗ったわけなんだが…
はじめは口頭で色々「こうやってみたら?」とこっちも真面目に解答してたわけだが埒があかず、
「んじゃあ…もし良ければ、一回やってみる?」という流れに。

ほんとになんも知らんようだったんで、まずはキスからというよくわからん流れに。
そこから、どうやって最終的にそこにいきついたのかはえらく話が長くなるので中略するが、
電気消してふとん被ってでないとHできなかった子が、レイプ気味(あくまで、気味、な)に
襲わないと感じない子になってしまった。どうもそういう願望があったみたい。
最終的には、会ったらすぐ即尺、緊縛、目隠し、さるぐつわ、生中だし、アナル調教までいった。
ホテルに入ると、まず浣腸してキレイにするのが儀式みたいになった。
自分で事前にキレイにしてくるか?とも言ったが、自分でするより俺にされる方が好きなようで、毎回恥辱プレイ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】5年前から続いている不倫【体験談】

 人生にはいろんな事があります、私も喜んだり悲しんだり悔しい思いもした事が多々あり人を憎みもしました、でも人生とは捨てたもんではないようです。
今から書いて行こうと思うのは、悔しい思いをして今は満ち足りた時を過ごしている自分に付いてです。
私は今年45歳の既婚者です。5年前から続いている不倫と親子丼に付いて書きます。
彼女に久し振りに逢ったのは、私が家族と一緒に買い物に出掛けている時でした。
彼女は幼馴染で同級生で中学卒業以来久しぶりの再会でした。
彼女の名前は由美子と言い中学時代はマドンナ的な人気者でしたが、同級生の中の嫌われ者だった奴と高校を卒業してから結婚をして娘が一人いるそうです。
由美子が話してくれた結婚の経緯は成人式の日に旦那(まだ彼ですが)から半ば強姦まがいに犯されて子供が出来たそうで、俗に言う出来ちゃった結婚ですね、それから結婚生活はと言うと最初は景気がよく順調だった様ですが、旦那の放漫経営がたたって倒産をしてしまい、それから直ぐに旦那がアルコール依存症になって最後は肝臓がんで7年前に他界したそうです。
実家から少し離れた隣町に、アパートを借りて親子二人で住んでいるそうです。
倒産した時の借金があり親に借りて返したそうですが、生活費のため由美子は会社勤めを始め夜はスナックでバイトをして子育てに頑張っていたそうです。
会社が傾き掛けた時には、旦那から取引先の上役に夜の接待をしろと言われ売春まがいな行為まで強制的され、旦那が死んで生活費に困ったので嫌々ながら売春まがいの事まで遣ったそうです。(その方面の素質があるのかな)
由美子が今から思えば娘に感づかれなくてよかったと言っていました、その娘も二十歳を過ぎて今は会社勤めをしているそうです。
私と再会した日は会社の歓送迎会の食事会だったそうで、私に気づいたのですが奥さんが隣に居たので話し掛けられなくて、由美子が自分の名刺の裏に携帯の番号を書いてそっと誰にも気づかれないように渡してきたのです。
 次の日に携帯に電話を掛け逢う日を決めて、私はどう頂くかどう料理するか思案して悩んでいたのですが、やはり出たとこ勝負で行く事にして一応『大人のおもちゃ類』は用意をして逢引の日を心待ちにしていました。
 逢う日の当日は朝から仕事が手に付かず、一日が永く感じて仕事をしていました。
 待ち合わせの時間になり仕事もそっちのけで、待ち合わせの場所に車で行ったら由美子は待っていて直ぐに車に乗って来たので発進させ、まずはラブホテル街を通り由美子の反応を確かめながら、アベックも多いいのですがお互いに干渉しない程度に車間を取っている海岸沿いの公園に車を止めて先程話をしていた事を話している時、私が由美子の肩に腕を回し手繰り寄せるように力を入れたら、すんなりと由美子の体が私の方に倒れてきたので思わず唇を重ねてディープキスを遣っていました、その時由美子が声にならない声で『ウゥ・・・アァーン・・・・』と言うため息とも付かない悩ましい声を発していたのです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年6月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ひどい「いびき」が治った体験談【体験談】

ハタチ過ぎたころから同居の家人より
「いびきが気になる」
と言われるようになった。

寝ている間のことであり、小生は全く自覚なし。

社会人になってしばらくすると、しばしば「のど」の痛みに苦しむようになった。必ず発熱を伴うもので、ひどい時には自分の唾液を飲みこむだけでズキーン!!と痛む。
耳鼻咽喉科での診断は「急性扁桃炎」。
発症の都度病院通いし、抗生物質などを処方されていた。

時期を同じくして同居の家人より
「いびきがうるさくて寝られない」
と苦情がバージョンアップしてしまった。ふすまを閉めていても、階下まで聞こえるとどろくような騒音だという。

このころになると実は自覚もあり、深夜や朝方(眠りの浅い時?)自分の「グオー」というすさまじいいびきに驚いて目覚めることもあった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年5月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】懐 か し く な っ た ら 死 亡【体験談】

<>1:ウミネコインフルエンザ:2007/01/06(土)02:46:07.09ID:P5301Tc60<>
タイムボカン

<>2:カリフラワー:2007/01/06(土)02:46:17.81ID:fmRhUxNt0<>
地域振興券

<>6:さといも:2007/01/06(土)02:46:44.07ID:dv63/f+J0<>
2
やべええええええええええええええ

<>7:鮎:2007/01/06(土)02:47:00.12ID:PdYFDjuZ0<>
フラッシュマン

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年2月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【痴漢】初めて縛られた30代奥様の体験【体験談】

30代半ばの専業主婦の奥様の体験のお話です。
結婚して7年位、旦那様は割と堅めの職業で、子供はいないとのこと、夫婦関係は、1か月に1度程度、前戯の時間は短く、旦那さんが逝った後は、すぐ寝てしまうといった性生活をされていて、奥様としては、不満が蓄積されてきているとのことでした。浮気の経験等は一度もない。
このような状況の奥様は世間に割と多く存在しているのではないでしょうか。
ご利用された理由としては、SMに興味があるというよりは、縛られて刺激されて逝ってみたいとの事でした。縛られた経験は殆どなく、結婚前に付き合っていた彼に、一度、ホテルのタオルで手を縛られてされた事がある程度。ただ、その時に、すごく感じてしまった。しかし、それ以降の彼、現在の旦那とは、一度もそういうような感じでされたことがないとのこと。雑誌の記事等で「縛られて」といったような記事をみた時等は、昔の彼との経験が思い起こされ、縛ってされてみたいと思っても、自分から縛ってほしいというようなことは、旦那には言えずに悶々としてしまう、といったようなこともおっしゃっていました。
旦那以外の男性と、密室で二人きりというようなシチュエーションは、初めてなので、お会いしてからホテルに入ってしばらくするまでは、かなり緊張している様子。
ホテルに入ってから会話をし始めてから、少しリラックスし始め、顔の表情は少し和らいだ感は、ありましたが、心の中のドキドキ感、緊張感、不安感は、和らいだ表情の中にも見え隠れしていました。結婚してから旦那以外に、素肌を晒してしまうのは、初めてですからそれだけでも、緊張してしまうのは、当然でしょうね。素肌を晒すだけにとどまらず、秘めていた願望を体験した時に、どんな自分を見られてしまうのか・・・・といったようなことも想像されていたのかもしれません。
ドキドキしたままの状態で、奥様はアイマスクをされて、立たされます。視覚を閉ざされた状態で、手を後ろに回され、手錠をされてしまいます。手の自由を奪われた後に、衣服の上からではありますが、身体に触れられ始めます。腰・・・お尻・・・前に手は回り、太腿・・・徐々に上部へ・・・触れられた手が動く度に、奥様の身体は、微かに震え、息も少し荒くなり始めてきます。胸に触れる前に手はとまり、奥様の耳元で囁きます。「まだ、触れ始めたばかりですけど、濡らしたりしているなんてことはないですよね?」 ・・・『そんなことはないと思います』 ・・・「本当ですか?」 ・・・『多分』 ・・・「確かめてみますよ」 ・・・『・・・・』 胸元下まで上がっていた手は、徐々に下へ・・・太腿から、膝まで下りた手は、内側に・・・・そして、徐々に上がっていく。内股からスカートの中へと、ゆっくりと・・・・手は、最深部へ・・・ ・・・「かなり熱気を帯びているようですが」 ・・・『・・・』 ・・・「確かめてみた方が良いみたいですね」 ストッキングに手がかけられ、下されていく。取り除いてしまった後に、手は再び、膝から最深部へと這って・・・・指先が下着の中心に触れると、明らかに湿り気を帯びている。 ・・・「折角おしゃれな下着穿いてこられたのに・・・」 ・・・『・・・・』 ・・・「自分でも気が付く位の湿り具合ですよね」 ・・・『・・・』 ・・・「気が付いていたのでしょう。」 ・・・『・・・』 ・・・「いつからですか?」 ・・・『電車で移動していた時から、気が付いていました』 ・・・「折角の下着が、汚れたままなのは、良くありませんね」 スカートの中から下着が取り外されてしまう。何も身に着けていない内股に指先が這い、中心部へ・・・ 奥様の身体が震え、声が出てしまう。続きは、次回に「女神のSM快感天国」でも

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年12月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【スカトロ・マニア】拝啓 ご両親様 乱筆乱文お許し下さい その5【体験談】

拝啓
お父さん、お母さん。お久しぶりです。
大変なことになって来ました。伊藤パパの私のアナルへの開発意欲は徹底しているのです。
初めてアナルで逝けた次のデートの時に「アラジン2」と言うティルドを買ってきてくれました。
「これは、前と後ろの両方の穴に同時に挿入できて、クリトリスまで擦ってくれるようになっているんだ。
それぞれの突起の大きさも圧力式で自由に変更できるという両穴開発用のティルドだから、
わたしとセックスしない時間は常に下半身に嵌めておくように」
と自らの手でわたしに装着して、催眠術で鍵を掛けて帰りました。
除こうとしたら痛くて取ることが出来ないのです。
一生着けていなければならないのでしょうか。
お陰様で立ったり、座ったり歩いたりと動く度に蜜壺の肉壁・アナルの肉壁・それにクリトリスの三カ所が微妙に擽られて、
刺激を与えられて激しく動くと、まともに立っていられなくなるほど快感に襲われます。
この快感も徐々に激しいモノでないと満足出来なくなりそうで、少し怖いんです。
スーパーに買い物に行くときも、ご近所の奥さんと廊下で立ち話をするときも常に快感に襲われました。
最初の頃は、快感が走る度に、そこが何処であろうと我慢できずにしゃがみ込んで尻餅を突いてしまっていましたが、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:スカトロ・マニアの体験談

【初体験】夫に相手にされなくて7【体験談】

ある日夫が新入社員を連れて
家に帰って来た時の事なんですが
『ただいま、新入社員の○○君だ』
「こんばんは、散らかってますけどゆっくりしていって下さい」
《こんばんは始めまして》
『遠慮しないで上がってくれ』
『○○君はお酒は飲めるのかな?』
《はっはい少しなら》
『ビールでいいかな?』
《はい》
『なんかつまみもたのむよ』
「わかりました、ただいま」
「お口に合うかわかりませんが」
《はい、いただきます》二人はだんだん酔って来たみたいで
夫は○○君に下ネタを話したりして

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2017年12月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:初体験談

【近親相姦】デリヘルドライバー日記? 新作到着!!【体験談】

臨時バイト体験記。その1
はっきり言います。【グロ注意】とw
これから書く文章はちょい汚い表現があります。
お食事中の方、グロ耐性の無い方はお読みにならない事をお勧めします。
特に場所はかなりぼかして書かせていただいております。

暇を見つけてはなんか面白くて人生勉強になるバイトないかなぁ〜と
ペラペラ無料求人誌めくったり、ネット徘徊してみたりしてますが
時給、時間、楽さを優先させると当然の事ながら
これ・・・単純作業できっと死ねるwという作業に出会います。

昔で言う「死体洗い」みたいなバイトはなく
なかなかコアなバイトは見つかりません。
特殊清掃なんてした日にゃきっと吐くだけ吐いて終了しそうw
あの仕事してる方々はほんと尊敬に値する。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2017年12月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】勇者「魔王はオレが倒す」【体験談】

勇者「魔王はオレが倒す」

1年後
勇者母「こら勇者、いつまで寝ているの」
勇者「母ちゃん、もう少し寝かせてくれよ」
勇者母「何を言っているの、この子は。毎日毎日食っちゃ寝ばかりして」
勇者「オレは世界の救世主だよ。オレがいなかったら世界はまだ闇の中なんだよ」
勇者母「まだ26何を言っているの。過去の栄光にすがるのは、おじいちゃんになってからにしなさい」
勇者「だって」
勇者母「だっても、そってもありません。一緒のパーティだった戦士さんは剣術指南役としてお城に雇われているよ」
勇者「アイツはいたづらが過ぎて村八分だったところをオレが誘ってやったから・・・」
勇者母「言い訳はやめなさい。私はもう行くけど、すぐに起きるんだよ」
バタン
勇者「ちくしょう・・・オレは何で魔王を倒しちまったんだ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2017年12月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】パチンコ屋で堀北真希に似た掃除婦をトイレに連れ込んで【体験談】

清掃員のオバちゃんて平気で男子トイレ入ってくるよな。
ションベンしてプルンプルン振ってたら「クスクスクス・・・」とか。
山下さんで7K逝かれててイライラしてたのもあって
「失礼だろ!」
って怒ったら
「あ、すいません・・」
てマスク外して謝ってきたと思ったら、堀北真希みたいな可愛い娘!
聞いたら20歳で大学生とか。
すると、カツカツと足音が近付いてきたのでなぜか個室に真希を押し込んで二人息を潜めたんだ。
知らない客・・ジョ~・・・プゥ・・!!
二人で顔見合わせて笑いを堪えてたら、たまんなくなって思わず抱きしめちまったんだ。
いい匂い。
男子トイレの個室で初対面の男女二人。
プゥ~した客が消えた後、激しくキスしたら真希は舌を絡めてきた。
もう理屈はいらない・・・オレはチンポを出し真希にフェラさせた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年10月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 3012345...102030...最後 »

このページの先頭へ