大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】職場で支店長代理と二人きりになった時の事【体験談】

実家にいて暇なので支店長代理との体験談を少し。
みんなが帰ったあと職場で代理と二人に。
休憩室のソファーに座ってテレビ見ながら二人でお茶を飲んだあと私が帰ろうとすると
『もう帰るの?』
と腕を掴まれて突然密着してきました。
実はその半月くらい前、飲み会帰りのタクシーで、スカートの中に手を入れられたことがあったので、私はまずいと思い、
『お先に失礼します』
とすかさず立ち上がろうとしたんですが、腰に手を回して強く引き寄せられてしまいました。
と、同時に
『用がないならもう少しいてよ』
と言いながらいきなり耳たぶを舐めたり、噛んだりしてきました。
私はいきなりで驚いたけど、その時ちょうど彼氏と別れたあとで久しぶりにそういう感覚を味わったので、不覚にも少し感じてしまい、顔と耳が急に熱くなってしまいました。
代理は
『耳真っ赤になってるよ』
と囁きながらブラウスのボタンに手をかけてきました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年7月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】このメールが来たことを○○には言わないで下さいね。【体験談】

936 名前: ◆dszB9mtXrY [sage] 投稿日:2012/01/13(金) 14:15:33.33 O
・高校2年生の時に向こうの押しに負けて付き合った元カレ。
・いらないと言っているのに毎日送り迎えをされる
・休み時間に友達と話していると怒られた
・土日はメールと電話しろと煩い
・同級生の男子の話をしたら泣かれた
・渋る元カレに電話で泣きながら「もう無理、別れる」と言ったら「なんでお前はそんなに軽いんだ!」とキレられた
・その後何故か私の母親に届いたメール
(ロミオメールかわかりませんが、周りと共にドン引きしたので…)

件名 無題
本文
訳もわからぬまま距離を置かれ、訳もわからぬまま今日、別れを告げられました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2018年7月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】中2でお医者さんゴッコその2【体験談】

タイトルとジャンルが内容と合ってないが、前に投稿したやつの続きなので
ご勘弁を。

さて、中2の夏に幼なじみの理沙とお医者さんゴッコをしてから数ヶ月が経過した。
秋になったある放課後、俺は買い物に行こうと自転車をシャカシャカこいでいた。

前方からカワイイ姉ちゃんが歩いて来たので、うっかり目を取られてたら
深さ2mの用水路に自転車ごとまっさかさま。

水が流れておらずコンクリートにまともに叩きつけられた☆☆☆。
俺は両方の手首を骨折。
自転車もフレームがぐんにゃり曲がってしまい再起不能★★。

...病院に運び込まれ、全治6週間の大ケガ。
医者には笑われ、親には怒られ、散々な目にあった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年7月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】彼がいるのに【体験談】

同棲中の彼氏K君は仕事をしようとせずに遊んでばかりいるので、K君と別れてMさんと付き合おうとアルバイトが終わってから、アパートに荷物を取りに行きました。
 アパートでK君に止められて、部屋でお酒を飲むことに・・・。
 別れる、別れないの話になって、K君に「別れないでくれ、オレ、お前がいないとだめなんだ・・・」と涙を流しながら必死で泣きついてくるので、かわいそうになり抱きしめてあげました。
 私はお酒のたっぷり入っていて、手を上げるとストンっと下ろしてしまうくらい酔っていました。
 カラダが言うことを聞かない状態で、抱きしめられながら床に押し倒されて、私はMさんのことを想い、涙が出て横を向きました・・・。
 涙が私の耳のほうまで流れてきました・・・。力が入らず抵抗できませんでした・・・。
「もう・・私達、だめだよ・・・できない・・・だめ・・・やめて・・・」
 K君はいつものように私のTシャツ、ブラを脱がしてきて・・・
 私は仰向けの状態で自分の胸を見ると、すでにK君がうれしそうに私の乳首を転がすように愛撫し、胸を揉んでいました・・・
 K君と別れようと思ってここに来たのに・・・K君の顔がかこんな近くに・・こんな簡単にカラダを許しちゃうなんて・・・。
 ふと見ると、もうパンツを脱がして私のアソコをクンニし始めていました・・・。K君の頭を手でつかんでグッと力を入れるとK君と目が合いました。私のアソコの毛を舐めて口に含んでくれたりしてくれました・・。
 さらに下の方に愛撫が進み、おしりの穴に(Mさんは、おしりは全く愛撫してくれない)・・・。
 両手でおしりの肉を引っ張り、おしりの穴を開いてベロッと舐めたり、舌をすぼめてグリグリしてきました。
 おしりの穴にK君の舌がくっつく時は穴が暖かくなり、K君の鼻からの息がかかると唾液が冷えてスーッとしました。その温度差が何とも気持ち良かったのを覚えています。
「仕事帰りでお風呂入ってないから(アパート、アルバイト先のトイレは和式でウォシュレットないので)・・・そんな汚いところ、くさいよ・・・」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年7月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】女の涙【体験談】

今日、ファミレスで人を待ってたら隣の席のカップルが喧嘩してて
女の方がしくしく泣いてた。
でも男の方があーうぜぇって顔してた。
俺も男の方に感情移入しちゃってファミレスで泣くとかバカじゃんなど
思いつつ見守ってたら男がトイレにいっちゃったのね。
そしたら女は泣くのをやめて携帯みはじめて、それで男が戻ってきたら
また泣くのね。
すげえ技だなって思ったよ。
これだから女の涙は当てにならないんだよな〜って思ったらほのぼのしてきた。

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2018年7月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】レイプ気味に襲わないと感じない子・改【体験談】

ネットで知り合った子の話なんだが…。人妻で、おとなしくて真面目そうな子だった。
まぁネットというかぶっちゃけSNS系で知り合った。
仲良くなるうちに色々相談に乗ってて、その相談というのがシモネタというか
まぁそのHなお悩みというやつ。その子は旦那しか知らなくて、ノーマルな事しか知らなかった。
フェラすら知らず、イッタ事も無く、半分レスになりかけてたようで、俺が相談に乗ったわけなんだが…
はじめは口頭で色々「こうやってみたら?」とこっちも真面目に解答してたわけだが埒があかず、
「んじゃあ…もし良ければ、一回やってみる?」という流れに。

ほんとになんも知らんようだったんで、まずはキスからというよくわからん流れに。
そこから、どうやって最終的にそこにいきついたのかはえらく話が長くなるので中略するが、
電気消してふとん被ってでないとHできなかった子が、レイプ気味(あくまで、気味、な)に
襲わないと感じない子になってしまった。どうもそういう願望があったみたい。
最終的には、会ったらすぐ即尺、緊縛、目隠し、さるぐつわ、生中だし、アナル調教までいった。
ホテルに入ると、まず浣腸してキレイにするのが儀式みたいになった。
自分で事前にキレイにしてくるか?とも言ったが、自分でするより俺にされる方が好きなようで、毎回恥辱プレイ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】5年前から続いている不倫【体験談】

 人生にはいろんな事があります、私も喜んだり悲しんだり悔しい思いもした事が多々あり人を憎みもしました、でも人生とは捨てたもんではないようです。
今から書いて行こうと思うのは、悔しい思いをして今は満ち足りた時を過ごしている自分に付いてです。
私は今年45歳の既婚者です。5年前から続いている不倫と親子丼に付いて書きます。
彼女に久し振りに逢ったのは、私が家族と一緒に買い物に出掛けている時でした。
彼女は幼馴染で同級生で中学卒業以来久しぶりの再会でした。
彼女の名前は由美子と言い中学時代はマドンナ的な人気者でしたが、同級生の中の嫌われ者だった奴と高校を卒業してから結婚をして娘が一人いるそうです。
由美子が話してくれた結婚の経緯は成人式の日に旦那(まだ彼ですが)から半ば強姦まがいに犯されて子供が出来たそうで、俗に言う出来ちゃった結婚ですね、それから結婚生活はと言うと最初は景気がよく順調だった様ですが、旦那の放漫経営がたたって倒産をしてしまい、それから直ぐに旦那がアルコール依存症になって最後は肝臓がんで7年前に他界したそうです。
実家から少し離れた隣町に、アパートを借りて親子二人で住んでいるそうです。
倒産した時の借金があり親に借りて返したそうですが、生活費のため由美子は会社勤めを始め夜はスナックでバイトをして子育てに頑張っていたそうです。
会社が傾き掛けた時には、旦那から取引先の上役に夜の接待をしろと言われ売春まがいな行為まで強制的され、旦那が死んで生活費に困ったので嫌々ながら売春まがいの事まで遣ったそうです。(その方面の素質があるのかな)
由美子が今から思えば娘に感づかれなくてよかったと言っていました、その娘も二十歳を過ぎて今は会社勤めをしているそうです。
私と再会した日は会社の歓送迎会の食事会だったそうで、私に気づいたのですが奥さんが隣に居たので話し掛けられなくて、由美子が自分の名刺の裏に携帯の番号を書いてそっと誰にも気づかれないように渡してきたのです。
 次の日に携帯に電話を掛け逢う日を決めて、私はどう頂くかどう料理するか思案して悩んでいたのですが、やはり出たとこ勝負で行く事にして一応『大人のおもちゃ類』は用意をして逢引の日を心待ちにしていました。
 逢う日の当日は朝から仕事が手に付かず、一日が永く感じて仕事をしていました。
 待ち合わせの時間になり仕事もそっちのけで、待ち合わせの場所に車で行ったら由美子は待っていて直ぐに車に乗って来たので発進させ、まずはラブホテル街を通り由美子の反応を確かめながら、アベックも多いいのですがお互いに干渉しない程度に車間を取っている海岸沿いの公園に車を止めて先程話をしていた事を話している時、私が由美子の肩に腕を回し手繰り寄せるように力を入れたら、すんなりと由美子の体が私の方に倒れてきたので思わず唇を重ねてディープキスを遣っていました、その時由美子が声にならない声で『ウゥ・・・アァーン・・・・』と言うため息とも付かない悩ましい声を発していたのです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年6月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】大家に寝取られた(完結編ver.1)【体験談】

 山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。
私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。私は30歳、妻は25歳です。妻とは学生時代からの付き合いで、妻が短大を卒業するとすぐに結婚しました。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形です。処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ちだったためでしょう。でも子供ができず、それが二人の悩みの種でした。
 引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。マンションの近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。マンションの持ち主でもあるKさんは50歳代の頭の禿げた、背は高くはないが、がっしりとした体型の人でした。
「東京で生活するのは初めてですか」
「はい、初めてです」
Kさんの質問に私が答えると、
「田舎育ちで何もわかりませんのよ」
と妻も言います。
「そりゃ大変だ。良かったら上がって話しませんか。この近所の商店の書いた地図なども差し上げますから、どうぞ」
そういってKさんは応接間に私達を通してくれました。高価そうな調度品や絵画のある立派な部屋です。
「今お茶を入れますから」
どうぞお構いなくという妻の言葉も聞かずに、Kさんは紅茶を入れて、お盆に乗せてもってきてくれました。ティーカップもバラの絵柄のイギリスのアンティーク品のようでした。
「奥様はいらっしゃらないのですか」
と妻が聞くと
「5年前にガンでなくなりました。子供もいないので寂しい毎日ですよ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2018年6月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】幼女「せんせーに、堕落の味を教えてあげるね」【体験談】

<>1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水)22:44:04ID:4Ds8i0DQ<>
っていうスレタイで昔、ID腹筋スレ立てたんだ
つまりここも腹筋スレってことなんだよ頑張ってくれ

<>3:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水)22:52:20ID:Kyhoi/bo<>
くそっ!くそう!
こうなりゃ腹筋してやる!

<>4:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水)22:53:50ID:Kyhoi/bo<>
くそう!腹筋すら出来ないのか!

<>12:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木)07:04:38ID:mAKmpqOI<>
こんなにも仲間がいる喜びに…!感謝…!感激…!

<>15:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木)09:02:53ID:t7oHiXIw<>

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年6月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】【マッサージ】親友の彼女のおっぱいが凄く大きくてどうしても見たくなった【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
大学生の時、自分の彼女と親友と親友の彼女と温泉に一泊旅行に行った。
親友の彼女とは初めて会ったのだが、これがめちゃめちゃ可愛くて、しかもかなりの巨乳。
おっぱいフェチの自分としては、かなりのストライクゾーンで、行きの電車の中でもちょっと前屈みになった時に覗く胸元に目が釘付けになった。
夜、温泉宿でお酒を飲みながら4人でトランプをしていた時の話。
全員浴衣を着ていたのだが、親友の彼女は下に白のTシャツを着ており、正直な話浴衣がはだけて胸元が見れるのではないかと期待していただけに少々残念な思いで遊んでいた。
そのうちだいぶ酔いも回ってきて、ただトランプをやるだけではつまらないので、罰ゲームをしようという事となった。(1位が4位に命令する)
あまり期待するようなエッチな命令はなかったのだが、親友の彼女が親友に肩揉みの命令をした時、事件は起こった。
親友は肩を揉みやすいように、親友の彼女の浴衣を肩が出るくらいまで広げた。
親友の彼女もTシャツを着ているのでそれほど気にしていない。
親友は結構酔っており、全然手に力が入らないようで、親友の彼女に駄目出しされていた。
親友はタッチと言って、自分に親友の彼女の肩を揉ませようとする。
最初は、
「何で俺が」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2018年6月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 53512345...102030...最後 »

このページの先頭へ