大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】スッチー事情【体験談】

セフレ(セックスフレンドの略です。昔は妾であったり、2号という呼び方が多かったですね。まぁ妾と言われたのは戦前のまだ妾を持つことが法律で認められていた時代のことですけどね。戦前は貧富の差が激しかったですから、お金持ちの妾になれることはやはり嬉しいことでした。例えば「備中聖人」と言われた山田方谷にも愛人がいたようですね。おじいさんになってから、若い女の子の世話をしていたようです。山田方谷と言えば、大前研一が大尊敬するという河合継之助の師匠ですね。方谷は管仲か諸葛孔明みたいな人です。佐藤一斉の教える昌平黌の塾頭を務め、佐久間象山といつも議論していたようです。象山は方谷に一度も議論で勝てなかったようです。方谷の作った漢詩を調べてみるとペリーの頃には「江戸幕府は潰れる」旨の論述をしていました。すごいですね。「家康が拵えた着物を吉宗や水野忠邦、松平定信が洗濯をしたが、もうボロボロになってしまってこれ以上洗濯できない。」ということを書いています。)のJAL(稲盛さんが会長に就任して、しばらく経ちましたね。稲盛さんは従業員と客を搾取して、自分だけいい格好して寄付などをしていると悪評高い方ですが、それが真実かはさておき、JALのいい加減な経営は更正してくれそうな気がします。期待しましょう。)のスッチー(スチュワーデスです。最近は客室乗務員と言われますね。でもいちいち、名前を変える必要があるのでしょうか?男はパーサーでいいと思います。看護婦さんも、最近、看護士と呼ばねばならなかったり、面倒くさいですよね。では尼さんを、僧侶と呼ばねばなりませんし、妻も配偶者と呼ばねばなりません。アホくさい話です。)との話です。

彼女(セフレのことです。)が東京(昔は「木綿のハンカチーフ」や「とんぼ」に象徴されるように、皆、東京に憧れがありましたが、最近は東京も近くなりました。面白いことですが、うちの田舎から東京に来た人はみな「なんかバカにされてる気がする」「東京は暗い」「東京の人は冷たい」という印象があるようですね。下町の肉屋さんや八百屋さんも、こち亀の漫画ほど人情に富んではいません。だいたい、愛想笑いすらしない店がほとんどです。田舎ではそんなことありえませんからね。不況だと言いつつ、やるべきサービスをしてないのが現状でしょう。むしろ下町よりは麻布十番や自由が丘の方がはるかに、皆の顔が明るいですね。ちなみに私は人生をかけて日本人の顔を明るくしようと思っています。ま、自分の勤める会社が潰れて、来週には職も寮も失うんですけどね。はは。まだ、次の職もアパートも見つけていません。)に来るときはいつも、

その滞在するホテルに押しかけてエッチ(よく知られていることですが「えっちする」という言葉は明石家さんまさんが作ったようですね。自分としてはさんまさんとしずかちゃんが一緒に作った気がします。しずかちゃんで思い出しましたが、白川静さんによれば、孔子のお父さんも老齢の時に巫女をしている少女と交わっていたらしいですね。それでできた子供が孔子のようです)していました。

恐らく隣の部屋や廊下に、声が漏れ(昔は2ちゃん用語で「漏れ」という言葉がありましたが、最近めっきり無くなりましたね。「オマエモナー」とか「香具師」「逝ってよし(藁)」などという言葉も無くなりました。2ちゃん用語でないですが「チョベリグ」や「オッハー」などを知らない子もいるんじゃないでしょうか。)ています。

「恥ずかしくないの」と訊くと、「みんな、男を連れ込んでる」(本当に全員なわけないですけどね。中には貞淑な子もいると思います。)とのことで、
あの声(おもしろいですよね。なぜ、気持ちいいと声が出てしまうのでしょうか。私も上手に性感マッサージをされると声が出てしまいます。あれは恥ずかしいですね。恥ずかしいで思い出しましたが、私の人生も恥ずかしいですね。アラサーで童貞というのも究極に恥ずかしいですし。やはり何より恥ずかしいのは中2病ですね。「こんな文章を書くなんて今でもお前、中2病だろ」だって?そう思います。自分でも気づいていない、病んだ部分がたくさんあると思います。優しい人は、細かく指摘してくれますが、そうして下さるとありがたいですね。人生を変えてくれます。人生で思い出しましたが、「ライフプランニングが必要と言うことをどの本でも書いてあったので、何回も一生懸命プランしましたが、全く、描いた通りに行きませんね。頭がいい人は、プランを立てなくても見通しが利くんでしょうかね。悪いと、下手な頭でいくら考えても、いくら頭のいい人が書いた本を読んでも、見通しが利かないんですよね。困ったものです。ケセラセラという歌を聴くと、少し心がほぐれます。ケセラセラはスペイン語で、意味は「LetItBe」と同じようです。歌詞の生き方が正しいかわかりませんが、聴くと希望が沸きます。)を聴かれることが別に珍しくないようです。

同僚のあの声が聴ける職場だなんて、うらやましい限りですね。

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2017年9月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【野外露出】迫真の演技で・・・ 【体験談】

投稿者:恭子◆vA7figsdCM
親戚の法事の関係で、週末に帰省してきました。
遊びではありませんので、土日で1泊してきただけです。
久しぶりに会った親戚の人たちと、たくさん話をしました。
自分でも憶えていない子供時代のことを聞かされたりして、懐かしいひとときです。

親といっしょに実家に帰ってきたのは夕方でした。
明日の午後には東京に戻って、また月曜の出勤に備えなければなりません。

夕食をすませて自分の部屋に入りました。
最近では、年に数回のペースで実家に戻ってきていますが・・・
なんだか・・・
戻ってくるたびに・・・

私は普段、東京で一人暮らしをしています。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年3月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【浮気・不倫】先生の友達の人妻【体験談】

からあげ君:<>2005/11/16(水)12:19:33ID:CJYuarj00<>
俺が裏日本の田舎で必死こいて勉強して、東京の西のはずれの国立大学に入った頃の話です。もう4年前かあ。。
下宿も決めて、公園のやたら多い街のショッピングセンターで生活道具を揃えて、くたびれて噴水のベンチで座っていると、俺の目の前をお金持ちの
若奥様風の二人が通っていった。
「!」
俺はびっくりして、思わず声をかけた。「高木(もちろん仮名)先生!」
ひとりが驚いてふりむくと、しばらく俺の顔をじーとみて、やっと気付いて
くれた。
「ヤマダ(もちろん仮名)君?そうだよね?大きくなったんだーー」
この女性は、俺が東京に住んでいたころ、小学4年のときに教育実習で
きていた人だった。
そんなやつ生徒の顔をおぼえてるわけないだろ!とつっこまれそうだが、
実はその年に俺は両親を交通事故でなくして(俺はのっていたが助かった
のだ)、学期の途中でじいちゃんばあちゃんのすむ裏日本に引き取られて
行くという、悲劇のヒーローになったので、高木先生も憶えていたのだ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2014年4月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】赤ちゃんが欲しかった私たちが堕ちた罠【体験談】

事の始まり

これからお話するのは、何とも言えず奇妙なお話です。いつの間にか人生の迷路に入り込んでしまった私たちの恥ずかしい話を聞いてください。
私と妻は結婚して5年になります。私が31歳、妻は27歳ですが、大恋愛の末に結ばれて、幸せな毎日を過ごしていました。私たちの唯一の悩みは子供ができないことだったのですが、結婚後3年目くらいまでは、「やり過ぎかな」などと言って笑い飛ばしていました。でも、5年に入って、二人ともだんだんと心配になり、不妊治療の産婦人科に通うことになりました。妻の友人に、同じように不妊で悩んでいた人がいて、その人に口コミで紹介してもらった病院に行きました。その人も最後には妊娠したのですが、あまり詳しいことは教えてくれなかったそうです。
その病院は横浜市内にあって、病院というより、ひっそりとした一軒家でした。私たちのように口コミの客が中心で、大きな宣伝はしていません。
初めて、診察を受けに行ったとき、出てきたお医者さんは、30代後半の色白の紳士で、この人なら信頼できるという感じでした。ショックだったのは、いきなり妻が内診されたことと、私がオナニーで精液を採取するように言われたことです。男子トイレで私がオナニーをしている間に、妻が内診を受けているかと思うと、とても辛かったのを覚えています。もっとも、その後の私の苦しみに比べれば、ぜんぜん、大したことはありませんでしたが。
数日して、検査結果を伝えたいう医師(X医師とでもしましょうか)に呼び出されて、二人で病院に行きました。X医師は険しい顔をしながら、こう言いました。「あなたがたご夫婦は非常に難しいケースです。まず、ご主人の精液中の精子の数が非常に少ない。また、奥様は生まれつき妊娠しにくい体質をされている。このままでは、赤ちゃんを授かるのは難しいかも知れない。」私たちはショックのあまり、その後の専門的な説明にはほとんど頭が回りませんでした。
X医師は、説明が一区切りついたあと、「どうしても赤ちゃんが欲しいですか。」と尋ねました。私と妻はしばらく顔を見合わせましたが、どちらからともなく「はい。」と答えていました。
X医師は、もし、そうならご主人の精液は使えないので、ドナーの精液を使うしかないと言いました。何人かの見知らぬドナーから提供された精液を混ぜ、本当の父親が誰かは分からないようにしたうえで、妻に人工授精をするというのです。私は、妻の体内に見知らぬ男性の精液が入るというだけで耐えられない気持ちでした。妻も悩んだようですが、私が強くならなければならないと思い、私の方から「やってみよう」と言いました。たとえ、父親は私でなくても、妻の子であることには違いないのですから。
そこまで悩んで始めた人工授精も、うまく行きませんでした。何回か失敗した後、X医師は私たちを呼んでこう言いました「奥様にも、妊娠しにくい体質という問題がある。人工授精というやりかたでは難しい。そもそも精液をビーカーで混ぜたりするので、フレッシュでなくなるので、奥様が妊娠しやすかったとしてもうまくいかないケースが多い。」では、どうしたらよいのでしょうか。「言いにくいのですが。道は二つしかありません。一つはあきらめる。もう一つは・・・、ドナーから、直接、フレッシュな精液の提供を受けることです。」直接、提供を受ける?「つまり、優秀な精液を出せるドナーの方と、直接、セックスすることです。」
私たち夫婦はハンマーで殴られたようなショックを受けました。X医師は「大切な問題ですから、お二人でよく考えなさい。」と言って私たちを帰しました。
その夜は、ふたりで手を取り合って泣きました。妻は「もう、あきらめます」と言います。でも、妻がひと一倍子供を欲しがっていることを知っている私は、あきらめさせることができません。そして、私は言ってしまったのです「いちどだけ試してみよう。それで妊娠すればそれでよし。だめだったら、そのとき考えよう。いちど試してみて、ふたりとも辛かったら、もうやめよう。」妻は、「ごめんね、ごめんね」と言いながら頷きました。悪いのは、精子の薄いわたしなのに。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】親子丼【体験談】

俺は高校2年。
サッカー部に所属し1つ先輩のマネージャーである香奈先輩と付き合っています。
香奈先輩は美人で明るく、ほとんどの先輩が狙っていて人気の的でした。
そんな香奈先輩から付き合ってほしいと言われ、俺は優越感でいっぱいでした。
付き合っている事は皆には内緒にしてほしいと香奈先輩に言われたので、俺達はこっそり会っていて、それがまたドキドキしてなんとも言えない気分でした。
付き合って3ヵ月くらいして、SEXをしました。
お互い初めてでしたが、その感動は今でも忘れられません。
やりたい盛りの頃でしたので、その後は会うたびにやりまくってました。
半年くらい付き合った頃、はじめて香奈先輩の家に行きました。
香奈先輩の家はかなり立派で、賃貸住まいの俺にはうらやましいかぎりの家でした。
家族はおばあちゃん、父母、妹(当時、小6)、それと犬が3匹いました。
はじめておじゃました時は、おばあちゃんがいてお茶やお菓子をだしてくれました。
何度か家にいっている内に、香奈先輩の部屋でエッチするようになりました。
香奈先輩の部屋は2階で鍵も付いていたので最初はドキドキしましたが、そのうち平気で何度もやりまくりました。
両親はいつも留守で、父親には一度もあいませんでした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【初体験】僕の初エッチ【体験談】

僕が小学校6年生のときでした。
いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。
母が正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。
家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。
でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。
また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな、松嶋ななこのような背が高くて目が大きくて、本当によく覚えているのがシャツから零れ落ちそうなおっぱいでした。
90くらいはあって後にわかったのですが、Fカップでいつもどきどきしていました。
正樹君とは小学1年からの仲良しで家に遊びに行っておかあさんが写真を見せてくれながら、海外の特にエジプトの話を聞かせてくれたときのことをよく覚えています。
思えば僕が性に目覚めたのもこの奥さんが原因でした。
話をしてくれているときとかもいい香りのする香水が鼻をつき、お風呂上りでそのままタオル一枚で出てきたり、きている洋服も家の中ではホットパンツにキャミソールの格好で初めてちんちんがたったな・・・という自覚を覚えたのも正樹君の母親でした。
3年生のときでした。トイレを借りたときにトイレを通るときに横にあった脱衣所でおかあさんの真っ赤なレースがついたパンティーを見つけてしまったのです。
痛いくらいに興奮した僕はだめだということもわかっていながら、手にとってしまい、トイレに入ってまだ先のかぶったちんちんを思い切りしごいてしまいました。
パンティーを鼻に当てるだけで、なんかいやらしくかすかに残ったすっぱい匂い。
奥さんがつけていたのかと思うだけで5回くらいこすって股間が快楽のつぼにはまり、そのばにへたり込んでしまいました。
精子なんてもちろん出ません。それから10分くらい何回したかわかりません。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年2月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:初体験談

【温泉で】下戸のおかげ?【体験談】

何年か前、俺(A)と嫁、友人のB夫妻と計4人で温泉に行ったときの話。
男2人は当時30過ぎ、女2人は30手前だった。

旦那同士、嫁同士がそれぞれ中学・高校時代からの友達。
どっちも似たような時期に結婚して子供もいなかったんで、
よくつるんで遊びに行ったものだった。
4人で旅行に行ったのはこれが初めてだったけど。

近場の温泉宿だったが、シーズンオフのせいか客はほとんどいなくて、
泊まりがけは俺たちのグループだけだったと記憶してる。

到着して付近を簡単に観光してから温泉へGO。
4人で混浴に繰り出したわけだが、まあ親しき仲にもってやつで
一応タオルは装着した。
女2人、相手の旦那と入浴したのはもちろん初めてだったが、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月26日 | エッチな告白体験談カテゴリー:温泉での体験談

【浮気・不倫】親子丼【体験談】

俺は高校2年。
サッカー部に所属し1つ先輩のマネージャーである香奈先輩と付き合っています。
香奈先輩は美人で明るく、ほとんどの先輩が狙っていて人気の的でした。
そんな香奈先輩から付き合ってほしいと言われ、俺は優越感でいっぱいでした。
付き合っている事は皆には内緒にしてほしいと香奈先輩に言われたので、俺達はこっそり会っていて、それがまたドキドキしてなんとも言えない気分でした。
付き合って3ヵ月くらいして、SEXをしました。
お互い初めてでしたが、その感動は今でも忘れられません。
やりたい盛りの頃でしたので、その後は会うたびにやりまくってました。
半年くらい付き合った頃、はじめて香奈先輩の家に行きました。
香奈先輩の家はかなり立派で、賃貸住まいの俺にはうらやましいかぎりの家でした。
家族はおばあちゃん、父母、妹(当時、小6)、それと犬が3匹いました。
はじめておじゃました時は、おばあちゃんがいてお茶やお菓子をだしてくれました。
何度か家にいっている内に、香奈先輩の部屋でエッチするようになりました。
香奈先輩の部屋は2階で鍵も付いていたので最初はドキドキしましたが、そのうち平気で何度もやりまくりました。
両親はいつも留守で、父親には一度もあいませんでした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年1月26日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】ビデオ【体験談】

 こんにちは。さとると名乗らせて下さい。34歳男です。妻とはおよそ7年前に結婚しました。
当時妻は全日空のスチュワーデスで、とても美しく、乳も大きくて、32歳となった現在も、藤原紀香をもう少し優しい顔立ちにした様な、
いい女です。色白で、大きな尻が魅力的である為、セックスの時はいつも僕のチンボを咥えさせたまま尻をこちらに向けさせて最後は
口内発射で決めるまで奉仕させていました。しかし、そんな美しい妻は、一方ですごく勝気な性格で、わがままです。
仕事が忙しい僕が、3歳になる1人息子の世話をしない、といつも喧嘩となり、性交渉も一ヶ月に一回と勝手に決められてしまっています。
現在では彼女の豊満な肉体の虜の自分がセックスしてほしさに、何かと奉仕しているような現状です。情けないのですが、
僕は仮性包茎でチンボが小さいのです。妻は「くさいのよ、ちっこい包茎が!」と罵ります。
しかし、いつもは生真面目で、貞淑な妻である為、そう罵られ、虐げられても我慢してきました。
  ところが、つい先日(4月29日)、僕は妻のもう古い、かばんの奥に、不自然にビデオがあるのを発見しました。
それは去年の夏撮った妻の中学生の時の同窓会のビデオでした。そこには黒のぴっちりとしたノースリーブと、
ぴっちりとしておへそのみえそうなジーンズを着ている妻が、みんなとワイワイとお酒を飲んでいる様子が写っていました。
撮影しているのは「リョウくん」と呼ばれる男で、僕の記憶が確かなら、中学の時付き合っていた(もちろん清い仲だったそうです)
男です。僕に変な胸騒ぎが起きました。その夜は、確か午前一時過ぎに帰ってきて、ママ、と泣く息子を寝かせるのに大変だったのを
覚えています。ビデオはボーリング場へ移っていきました。撮影しているのはその男ではなく、妻ですが、
そこには妻の他に独身の女友達がひとり写っているだけで、残りはインテリとはかけ離れた、茶髪の頭悪そうな男たちが

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年12月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】犯された母【体験談】

僕は、大学1年生です。
ちょうど2年前、高2の時に母が犯されるのを見てしまいました。
母は、真由美その時41歳です。
元スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。
父は、海外赴任をしています。
当時僕は、学校の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。
ある日、母と買い物の途中、2つ上の不良のリーダー弘樹に会ってしまいま
した。
弘樹は、母に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来い
よ」と
携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。
母は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろ
と聞いてきました。
数日後、弘樹にばったり会った時に、
「おまえの母ちゃんから電話あったぜ、水曜日に話するからよ。でもいい女

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2013年9月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 3123

このページの先頭へ