大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】ある夕立ちの日【体験談】

俺は32歳独身のサラリーマンです
晩ご飯をコンビニへ買いにいった帰りにすごい夕立がきて
アパートについたとき、2間となりの娘さんがずぶぬれでドアの前にたってたんです
「どうしたん?」ってきいたら「鍵をもってでるの忘れたの」って
部活の帰りだったらしくジャージ姿。。。
Tシャツはずぶぬれでブラもすけすけ・・・
確かここの家って母子家庭だったよなって思い出して
「服だけでも乾かす?乾燥機かける?」ってきいたら
「おじゃまじゃなかったら」っというので
「たぶん30分ぐらいで乾くかも」って
「シャワー浴びてるうちに乾くよきっと」っていってあげたんです
「お願いします」っていうので
部屋にあげて、乾燥機の使い方を教えて
シャワーを浴びさせたんです
「まだかわかないよぉ」って

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年9月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【高校生と】パンティ一枚だけで暇してるとアピールしてきたギャル【体験談】

まいちゃんとは、1ヶ月くらい前から何回かメールをもらう仲でした。 一番最初のメールは、
「年は21才でアパレル関係に勤めているギャル系の女の子です。お話できたらうれしいです。」
といったよくある類のメールでした。今回のお相手は以前から、僕のほうも、最初は今日あった出来事なんかをメールでやり取りする程度でしたが、回数を重ねるごとにだんだんエッチな内容が増えてきました。「まいは今、パンティ一枚で寝てまーす」とか、
「ひとりエッチしちゃおうかなぁー」とかいった内容です。で知り合ってと言うもの、
そんなメールをもらった時には、僕もノリノリになり、
「もう一枚脱いでみよっか」とか「脱いだら写メ送って」
なんて感じで応戦してました(笑)。
その時は、おっぱいのドアップの写メールをゲットすることができました。そんな感じのまいちゃんでしたので、初めて会う時はいろんな意味でかなり期待していました。 待ち合わせ場所に着いてから10分位してまいちゃんとご対面。 
携帯メールの写真ではベールがかかっていて、ある程度の自分の中でイメージは作っていましたが、いい意味で期待を裏切られた感じでした。
なんかこう、同い年なんだけど経験豊富な知り合いの女の子とイタすような独特の雰囲気がありましたね。すぐに居酒屋にご飯を食べにいったんですが、1時間ぐらいでまいちゃんは酔ってしまい、早くもイチャイチャ気分。 どちらからともなく、ホテルへと流れていきました。 部屋に通されると他愛も無い会話もそこそこに、まいちゃんのほうからキスを求められました。 積極的に舌を絡ませて来ては、ツンツン突っついて来たり、僕も嬉しくなってその舌を根こそぎ吸い引っ張ったり。。。 とってもキスが好きなようです。 と、ここまではお互い座りながらの愛撫ごっこだったのですが、そろそろまいちゃんの全てを見たくなり、立ちながらのキスへ移行しました。 というのも、寝かせてしまうと服を脱がす際にある程度、女の子に協力してもらわないといけなくなるからです。
その反面、立ちながらだとキャミ・ブラ・パンティはある程度外してあげれば、後は引力が味方してくれますから非常に楽ですよね。
結構こうして脱がすこと、僕多いです(笑)。立ったまままいちゃんのアソコを探索すると、まだ潤いはそこそこでしたがクリを弄り始めるとおつゆが溢れてきます。 
僕が「クリとアナはどっちがキモチいい?」と聞くと、とっても艶っぽい声で「どっちも・・・」と答えが返ってきます。
嬉しいじゃありませんか!
まいちゃんも立っているのが苦痛になってきたみたいなのでお互いベットに横たわり、次のプレイに突入しました。こういうこともあろうかと、家を出る前に風呂に入ってきていますので即座に僕自身を差し出し、いいこいいこしてもらうことにしました。 まいちゃんに仁王立ちフェラにて殿様気分を味わいながらのテクを体験しましたが、やはりウマイ!

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2017年12月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【高校生と】女の子って難しい【体験談】

俺大4、姉22才の社会人、妹今年から大1+2人姉「あーん!疲れたー!」
俺「お疲れさん!
姉「こっちきて!×2」
俺「はいはい!」
姉「ギュー」
俺「・・・姉さん?」
姉「なーにー♪?」
俺「なんでさー?いっつも抱きつくの?」
姉「んー・・疲れたからかなー?」
俺「疲れたなら寝ればいいんじゃないの?」
姉「えー!!?いや?」
俺「嫌じゃないけど・・」
姉「俺はずっと私のヒーローだもんね♪なんかこうしてたら落ち着くんだー」
俺「まぁ、今更やしええけど。」姉さんは清楚で綺麗で昔からモテてたからいろいろと事があってボディーガードしてました。
彼氏はすぐできても何故かいつも俺頼りで長続きしません。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2017年12月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【近親相姦】思わぬ出会い【体験談】

 仕事の帰り地元の駅に着き改札口を出ようとした時、20代前後の女の子とぶつかり転びそうになりかけました。
「ごめんね、大丈夫ですか?」
「あっ いいえ、こちらこそすいません。」とその場を離れました。
 その彼女の爽やかさが妙に心に残りました。
 駅前にある喫煙場所で煙草を吸っていると、さき程のぶつかったあの女の子が前を通り過ぎました。彼女は私が行こうとしている店と同じ方向に歩いているので、後をついて行くかっこうになりました。
 彼女は私の目的の店の3〜4軒手前にあるモダンなダイニングバーの店に入って行きました。こんなお洒落な店に来るんだなと思いました。
 私はそのまま行きつけの店で1時間ほど飲んだのですが、帰りに彼女が入った店が気になり入ると、店内の雰囲気も良くカウンターに座りました。見渡しても客の中に先程の女の子が見えず、もう帰ったのかなと思っていたところに、「いらっしゃいませ」とオーダを取りに来た子が彼女でした。
 彼女はこの店でアルバイトをしていたのです。頭にバンダナを巻き黒い作務衣(さむい)を着た彼女は先程見た彼女とは違い可愛く、素敵でした。
 彼女は私のことは全く分からない様子でドリンクと料理のオーダを取ってまた別の客の対応をしています。
 ビールと料理が出てきた時、「さっき駅でぶつかったね。」と話しかけると、ビックリしたように「えっ? あーっ!」と驚き、ここに来た理由を話すと「偶然ですね。」
 小柄ですが、スレンダーで可愛い女の子です。この日をきっかけに3回この店に立ち寄りました。
 彼女の名は美加で短大の1年、18歳。この店で4ヶ月間アルバイトしていたようだ。3回目に店に来た時、小さい声で「今日でアルバイト最後なんです。」
「残念だね。今度、アルバイト退職祝いに食事でも行かない?」と誘うと「えっホントですか?」と携帯とメールを書いたメモ用紙を渡してくれました。
 翌週の夕方に待ち合わせをし、次の日が休みでゆっくりできるということなのでイタリアンレストランで食事し、カフェバーで飲み直し、いろいろなことを話ししました。
 美加は女子短大で男の子と出会いがなくまだ恋人がいないようでボーイフレンドならいると言っていました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年2月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】立ち見ライブで天国が【体験談】

先日某マイナーグループの立ち見ライブに行った時の話です、私は中年で友人も少なくその日は一人で現地へ向かいA-5という入り口から中に入りました、結構前の方でしたので、かなり混雑している様子でした、ライブが始まり客のテンションが上がる頃、客が前へ前へと結構押してくる感じで例えると朝の地下鉄ラッシュに近い感じになってきました、私は押されながらふと前に目をやりました、するとまん前にオタクっぽい男性、そのすぐ横にギャルっぽい長身(私と同じ166cm位)の女性が目に入りました、私は反射的に体を押されるフリをしてギャルの方向後方に行くように動きました、さらに上手いタイミングで後から押してくれます、私は体を押されるままにギャルの体に密着させていきました、更に押され私の股間がギャルのお尻に食い込んでいきました、私はライブに全く集中できたくなっていきました、そこからライブが終わるまでの時間は、もてない中年オヤジの私にとってはまさに天国そのものでした、後からギャルのお尻(右尻のまん中)に私の息子があたっています、私は強く押し合てて快楽に浸っていましたが、テンションが上がってきて、息子をお尻の割れ目に移動し、息子を思い切り食い込ませていきました、(あうっなんだ、この味わった事のない快感は!)私はとりつかれたようにギャルのお尻の割れ目に息子をグイグイ食い込ませ、ライブで聞こえないのをいい事に(ハウッ!ンー!)と一人喘いでいました、その時、ライブはその時最高潮になり、遂に私は歌にあわせるフリ(全くあってなかったと思う)をしてお尻の割れ目に息子を食い込ませたままピストンし始めました、そこから極楽でした、ピストンをゆっくりしたり激しくしたり強弱をつけ延々動かしました、(この世のものとは思えない快楽でした)、(ああ、気持ちいい、しにそうだ)、恥ずかしい話そう思いました、そして遂に限界が近くなりました、ライブもあと23曲と予想され、今の盛り上がる曲がチャンスと思い、この曲で私は天国に登ろうと決めまさた、私は心の中で彼女に中出しを想像しながら息子をなるべく割れ目の奧にあたるよう激しくピストンし(ああ!ギャルに中出しできるなんて!)と妄想をピークにさせ、頭を真っ白にさせながら天国に旅立ちました、その後私は彼女からさりげなくズレていき、トイレに向かい股間を出来るだけ掃除した後、まだ行われているライブをよそに、現場を後にしました、しつこいようですが、約90分位でしょうか、私にとってはまさに天国、生きてきた中で一番の快楽を味わう事ができました。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2016年1月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】大好きな妹、あやたん 8【体験談】

1:妹欲しい◆te0H/Afg:02/09/1619:42
俺「これから妄想します。ほうっておいてください」

5:妹欲しい◆te0H/Afg:02/09/1619:54
兄、ひろしが高校を卒業し、半年が経った

俺「久々に家でも帰るか。夏休みは短かったし、忙しくて帰れなかったからなぁ。。。」

俺「とりあえず電話しとこ・・・(ピポパ、、、)」

プルルルループルルルルー・・・・

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年11月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】運送会社の社員【体験談】

私は東京の運送会社に総務部付き社内SEをしている33歳の会社員です。
妻は今年で28歳になり某官公庁の受付をしていましたが2年前に結婚し退職しました。
自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。
先日、社長の一声で本社の管理部門が企画した焼肉パーティーが開催されました。
パーティーの趣旨は契約社員が多い運転手さん達を私達、正社員の管理部門の人間が接待して、
日頃のストレスを晴らして貰うというものでした。
管理部門に属する社内SEである私は、当然、接待役としてこのパーティーに参加しました。
接待には女子が必要だと管理本部長が言い出しました。総務部長は、会社の女子社員だけでは満足してもらえない
(女子社員は19歳と20歳のコギャルみたいのと45から50歳くらいの太ったおばさんが3人)と考え、
妻帯者の若手社員は妻を応援に出せ、といってきたのです。
私はお世辞にも仕事ができる方ではないので、会社での惨めな姿を妻に見られたくないという思いから、
なんとか許してもらおうと部長に頼みましたが、許してはもらえませんでした。

私は妻の恵美に会社の行事なので、と出席をたのみました。
素直な性格の妻は「会社の行事なら私もがんばらなきゃね。」と承諾してくれましたが、人見知りの妻は不安そうな顔をしていました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2014年12月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【寝取られ】自慢の妻が 【体験談】

<>978名前:名無しさん@引く手あまた[sage]投稿日:2014/08/31(日)20:00:47.55ID:f1R5h+2L0[4/9]<>
私は33歳の社内SEです。
関東の農機具会社に転職したばかりです。
妻は今年で28歳になり大手企業の受付をしていましたが2年前に私と結婚し退職しました。
自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。
私はこれまでは世界的IT企業でエリートとして認められてきましたが、社内SEに転職してからは
なぜか営業の方々のカバン持ちとして
トラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。
この新しい会社で認められようと必死で働いていますが
優等生で育ってきた私には、粗暴な言葉遣いの若い農家の人たちが怖く、なかなか馴染めず、
また営業の方がたに認められようと卑屈になるため、ほとんど舐められまくりの毎日です。
年下の農家の人たちに、呼び捨てにされて、ほとんど小間使いのように農業の手伝いまでさせられている始末です。
また会社の中でも、現場を知らないという気後れと、みんなとうまくやらなければならないとの思いから必要以上に気を使い、
結局は高卒の若い社員にまであごで使われるようになってしまいました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2014年9月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【体験談】

俺は中学でバドミントン部に入った。
あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。
後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。
俺は相手が男なのに萌えてしまった。
次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。
両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。
しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。
K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。
K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。
そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。
俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。
K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。
俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。
そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】気弱な夫のために【体験談】

私は東京の農機具会社に勤務している33歳の会社員です。
妻は今年で28歳になり会社の受付をしていましたが2年前に社内結婚し退職しました。
自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。
これまでは何とか一番出世でエリートとして認められてきましたが、ある失敗をきっかけに北海道の営業支店に転勤となり、今はトラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。
ここでがんばらないと、東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、何としても実績を残す必要がありました。
しかし、優等生で育ってきた私には、粗暴な言葉遣いの若い農家の人たちが怖く、なかなか馴染めず、また買ってほしいばかりに卑屈になるため、ほとんど舐められまくりの毎日です。
年下の農家の人たちに、呼び捨てにされて、ほとんど小間使いのように農業の手伝いまでさせられている始末です。
また会社の中でも、現場を知らないという気後れと、みんなとうまくやらなければならないとの思いから必要以上に気を使い、結局は高卒の若い社員にまであごで使われるようになってしまいました。

そんな中、会社が企画した農家のお客様たちを招いての焼肉パーティーが開催されることになりました。その接待パーティーの接待に会社の女子社員だけでは満足してもらえない(女子社員は19歳と20歳のコギャルみたいのと45から50歳くらいの太ったおばさんが3人)と考えた支店長が、営業マンの妻を応援に出せといってきたのです。私は会社での惨めな姿を妻に見られたくないという思いから、なんとか許してもらおうと支店長に頼みましたが、支店長に睨まれると東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、結局は承諾せざるを得ませんでした。

私は妻に恵美に会社の行事なので出席をたのみました。
素直な性格の妻は「会社の行事なら私もがんばらなきゃね。」と承諾してくれましたが、不安そうな顔をしていました。そしてその不安そうな顔は私をも不安にし、その不安が私たちの予想をはるかに超えて的中してしまうということを、私たちはまだ知りませんでした。

当日は快晴で、夜6時からの焼肉パーティーのため4時くらいから、準備をはじめました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2014年4月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ