大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】優良の母、千春【体験談】

その日は会社の飲み会でしこたま飲んでいい感じに酔っ払ってしまった。
「ただいま〜っと。さすがに寝てるかな・・・」
時計の針は既に1時を回っていた。
妻の優良は既に床に就いている時間だろう。
水を飲もうと、豆電球の薄明かりが照らす居間へと歩を進める。
「んっ、んっ、んっ、ぷはぁ・・・。」
一気にコップの水を飲み干すと、ぐるっと部屋を見渡す。
と、ソファーの上に毛布に包まった人影が見えた。
「あ〜♪優良さん、こんなところで寝ちゃってる〜♪」
うつ伏せに寝ていたため顔は分からなかったが、真はその人影を優良だと確信していた。
「優良さ〜ん♪たっだいま〜♪」
未だハイテンションな真は、ソファーに近づき声をかけたが、人影は全く反応しなかった。
耳を澄ますと、スヤスヤと静かな寝息が聞こえた。
「も〜優良さんってば・・・」
ぷ〜っと膨れる真の目に、毛布から伸びた足が見えた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年3月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】アブ書A【体験談】

<>303名前:アブ書1投稿日:2001/08/11(土)01:22ID:WwNou6.6<>

日曜日、俺は近所の公園に散歩に出ることが多い
目的は、そこに集まる人妻達を見に行くことだ
生活の中でもまれている人妻達は自分の子供を連れ
井戸端会議なんというものをやっているみたいだが
普段着にもまして最近はすっかり夏気分なのか薄着が多く
日光に透けた下着やカラダのラインが妙にイヤらしい

<>304名前:アブ書2投稿日:2001/08/11(土)01:22ID:WwNou6.6<>

ふと見ると、公園の端の方で母親と来たというには少々
大きな(小学校中学年くらいか?)ポニーテールにした女の子が

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年2月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】「おイタが過ぎるぞ。お仕置きしないとね」って言われて【体験談】

<>345:なまえを挿れて。[sage]:2011/05/10(火)12:07:10.16ID:2OocbyG7O<>
母が入院していないんで、父の晩酌の相手に一緒に飲んでた。
軽く酔って下ネタも話してて、イタズラ心で胸触らせるだけのつもりでちょっかいだしてた。
そしたら「おイタが過ぎるぞ。お仕置きしないとね」って言われて、抵抗できないまま体中を刺激され中を満たされてしまった。

<>346:なまえを挿れて。[sage]:2011/05/10(火)12:19:02.47ID:w/5U7CXL0<>
345
どうして抵抗しなかったの?
<>347:なまえを挿れて。[sage]:2011/05/10(火)12:44:23.09ID:2OocbyG7O<>
346
父の刺激するポイントが私の弱いとこピッタリで指使いがうまくて…
抵抗できないというより、抵抗する力を快感が奪っていくような感じ。

<>348:なまえを挿れて。[sage]:2011/05/10(火)12:47:24.69ID:w/5U7CXL0<>
347

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年2月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】嫁「ピンポーン」俺「どなたですか?」嫁「え?」俺「どなたですか?」嫁「????」・・・結果wwwwwwww【体験談】

735: 名無しの恋愛速報さん 2005/08/24(水) 20:36:55
先週の日曜、妻が、買い物から帰宅したとき。
漏れが玄関のドア開け、

漏れ 「えっ、どなたですか??」
嫁さん「????、ここは○○さん(本名)のお宅ですよね?」
漏れ 「ええ、そうですけど・・・。」
嫁さん「????」
漏れ 「この人知ってる??」(息子に向かって)
息子 「知らない」(打ち合わせ済み)
漏れ 「何か勘違いしてるみたいですね」といって玄関のドアを閉めた。
玄関の覗き穴から、嫁さんの顔みたら青ざめてた。
あとで感想聞いたら、「本当にこわかった」って言ってた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2018年2月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】単に「顔がキモい、何かムカつく」って理由だけで、一部の女生徒に執拗に虐められ続けた結果wwwwwwwwwww【体験談】

<>654:可愛い奥様2013/07/12(金) 18:11:55.75 ID:GXDpHjkW0<>
中学時代、単に「顔がキモい、何かムカつく」って理由だけで
一部の女生徒に執拗に虐められ続け
卒業してこいつらと縁を切ることだけを願っていたが
不運にも受験した高校にも虐めっ子の一部が入学。

中学時代ほどは露骨でないだけに
却って蔭に隠ってジワジワくる悪質な虐めを続けられ
まじで「今日氏のうか、明日に氏のうか?」みたいな3年間だったけど
こんな事で氏んだら後の両親の悲嘆は…とか
ギリギリのところで躇っている内に卒業して
芸術系大学に進学したら、それまで虐められる理由だった部分が
「個性的」「雰囲気が面白い」と逆に誉められて
成績も学内の優秀賞の常連、しかも驚く程モテまくったw

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2018年2月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】夏合宿で友達と付き合ってた沙希ちゃんと 【体験談】

<>787名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2014/03/22(土)16:33:00.56ID:44y+hBAZ0[1/17]<>
大学3年次のサークルの夏合宿の話を記憶を頼りにしながらまとめてみる。
すでにほろ酔い気分なので、誤字脱字は気にしないでほしい。

俺は1学年下の沙希が入部当初から気になっていた。
沙希のサバサバした性格と物怖じしない態度がサークル内でも
評価が分かれることがあったが、俺はそんな快活な沙希に惹かれていった。

<>788名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2014/03/22(土)16:34:49.90ID:44y+hBAZ0[2/17]<>
ある飲み会の席で恋愛観の話になった。
「こんな性格だから長く続かないんですよねー。すぐに愛想尽かされちゃう」
沙希はため息をつきながら言った。
「よっぽど相手が大人じゃないと続かないよなw大人でも無理かw」
「カズ先輩(俺のことね)ひどくないですかー、その言い方」
だんだんと俺たちは腹を割って話せる先輩後輩の関係になっていったと思う。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2018年1月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】股間のリー棒が立直【体験談】

238名前:焼き鳥名無しさん[sage]投稿日:2011/05/24(火)10:11:42.72ID:???
アウアウなんだがデビューは中2の夏休み。
麻雀のルールを知ったのも夏休み入ってからで1週間程度。
親父に「雀荘で打たな強くなれん」と半ば無理矢理親父の行きつけに連れてかれた。
親父の馴染みの店だけあって、明らか子供でもスルー。
むしろオッサン共にめちゃくちゃ可愛がられた。
初日と2日目は親父の雀友とセットでノーレート打ってた。
雀荘3日目になる日、小さいながらプロが数人来るイベントがあった。
参加費だけで負けてもマイナスなしってことで参加させて貰えた。
女流2人、若い男1人、オッサン1人、プロが来ていた。

賞金などがないイベントだったのと、俺が始めたてで子供ってのもあって皆手加減してくれてた。
俺からはロン和了しない、引掛け、字牌地獄待ち、等しないなどが暗黙の了解だった。
その上わざと振り込んでくれたような和了もあり、1回戦2位で通過してしまった。
平日で参加人数少ないからか2回戦が準決勝だった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2018年1月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】祖父の【体験談】

<>410:1/4:2007/07/05(木)03:47:37ID:ZLRMTVul0<>
俺の爺さんは十年ぐらい前に、痴呆症(今で言う認知症)ってヤツになったんだが、
最初は物忘れ程度だったものの、そのうち明らかに言動がおかしくなってきた。
で、時々“自分は別の人間だと思い込んでしまう”症状が出始めた。
その“別の人間”ってのが、なんとあの江戸川乱歩の「怪人二十面相」だった。

爺さんは昔どっかの劇団に入ってて、二十面相の役を演じた事があったらしいが、
医者が言うにはどうもその頃のイメージが強く出てしまった結果という話だった。
しかも爺さんは、親父=明智小五郎、俺=小林少年だと完全に思い込んで、
何かにつけ俺と親父を相手に困ったイタズラを仕掛けるようになってしまった。

初めの頃は、俺を便所に閉じ込めて「ははは、どうだね小林君」とか言ってみたり、
親父の腕時計をコッソリくすねて冷凍庫の中に隠しておいたり程度の話だったんで、
まぁ困るっちゃ困るけど、俺も親父も爺さんを責めたりしないで適当にあしらってた。
いつも二十面相状態ってわけでもなかったし、また始まった〜みたいな感じで。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2017年12月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【フェラチオ】美和子物語 佐藤さんの来宅 キッチンで・・・【体験談】

美和子物語 佐藤さんの来宅 キッチンで・・・先週の水曜日に佐藤さんから電話がありました。
夕方に岡山に来られるのでお会いしたいとのことでした。
昼過ぎにエステに出かけて、その後で髪のセットにも出かけました。岡山駅で待ち合わせて、軽い夕食をいたしました。
美和子のお家へ伺いたいとのことでしたから、車を駅の駐車場に預けて自宅まで歩いてご案内しました。
飲み物をお出ししようと思いお尋ねしましたら、ブランデーをご希望でした。
レモンをスライスしようと思って調理台に向かっていましたら、背後から胸を抱きかかえられました。
乳房をもまれてブラの下から直接の攻撃を受けました。
ダメですよ・・・。佐藤さんは聞いてくださいません。
スカートをめくりあげてショーツをずり下げて美和子の大事な場所へアタックされて・・・。
クリが硬くなっていたみたいでした。
背後から両手が美和子のベビーへイタズラです・・・。
赤ちゃんが泣きながら耐えています。佐藤さんがパンツを脱ぎ捨ててブリーフも・・・。
美和子のお尻に当たってきました。
美和子に前かがみになってと言われてそのようにしました。
数回のお稽古で坊やが美和子の中に入ってきました・・・。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2017年12月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【高校生と】超天然で無防備な叔母【体験談】

今年は最悪の夏だと思っていた。 でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。 一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。 チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。 男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。
 
 
性欲だけは人一倍ある。 唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。 オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。そんな自分でも夏は楽しみだった。 夏休みが楽しみ。 一日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを、好きな時間にできるから。 それに、チョット告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので、痴漢もできる。
もちろん、エロビデオにでてくるような、犯罪的な痴漢ではありません。 そんな度胸はないです。 あくまでも、軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。
全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも充分に興奮できる楽しみだった。しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。父親が早くに他界したことがあり、現在自分は、母親と二人きりの生活。 母親が、看護婦の仕事をして家の生計をたてていた。
その母親が、8月1日から1ヶ月間、癌化学療法師?とかいう資格を取得するために、東京へ研修に行くことになったのである。自分は当初、心の中で物凄く喜んだ。 なぜなら、小言ばかり言う母親が、貴重な夏休みの間だけいないから。 もう17歳だから、お金さえあれば何の問題もない。 (やったー 自由だ!)と思った。しかし、それは非常に甘かったのである。 なんと母親が、研修の間だけ自分を、叔父の家に預けると言いだしたのです。自分はもちろん断固反対した。 貴重な夏休みの自由を奪われるなんて、信じられないことです。 人権の侵害?だとも思った。しかし、しょせんそこは養われの身。 そんなにも強くは抵抗し続けられなかった。 それに日頃のおこないも悪かった。 ほっとけば本当に一日中ゴロゴロしているだらしない性格。 しかも、最近ではたくさんのエロビデオを隠し持っていることがばれ、非常に呆れ果てられていた。自分は泣く泣く承諾したのだった。
8月1日 月曜日 叔母との初対面その日は叔父に車でむかえに来てもらい、とうとう行きたくもない叔父の家に向かった。
叔父は母よりけっこう年下で35才です。 ラフな格好に髭をはやしており、見た目の通りすごいアウトドア的な人。 自然がものすごーく好きで、わざわざ田舎の家を買いとって住んでいると前から聞いていた。 隣りの○山県の○○村っていうとこです。「 なんも無いけどなぁ 自然がきれいで空気がすっごいおいしいぞー のんちゃん ハハハッー 」
「・・・はぁ 」アホちゃうか?と思った。 ちなみに のんちゃんは自分の名前。叔父は5年前に結婚して、現在4才の男の子と奥さん(叔母さん)と、3人で暮らしているらしい。
叔父とは年に一回ぐらい会う機会があったが、叔母さんやその息子には今まで会った記憶がなかった。叔父の家は隣県とはいえ遠かった。 砺○市とかいうところをぬけて、更に道路を山側に向って進んだ。 最初はまだ道沿いにショッピングセンターがあったが、そのうち辺りが田んぼばかりの景色になり、非常に不安になった。道はそのうち完全に山道になった。
( 大丈夫! あの山を越えたらたぶん町があるんだ )
修学旅行のことを思い出し、ひたすら車の中で自分を励ましていたと思う。「 おっ ほら ここが○○村だよ 」しかしそのうち、叔父の呼びかけに車の外を見てみると、愕然としてしまった。見わたすかぎりに広がる田んぼと山、その間に家的なものがポツリポツリ。散居村? 屋根がワラ的な感じ? ツ○ヤない ゲ○もない す○家もない!本当にビックリした。 コンビニさえなかった。 大好きなツ○ヤとか、本屋的なものがない生活など考えられない自分には、本当に信じられなかった。
ここで1ヶ月も暮らすなど信じたくはなかった。更に叔父の家は、思いっきり村の外れの山沿いです。 完全な木造の古い住宅。叔父の家に着くと 、玄関から小さな男の子が出てきた。 どうやら息子さんらしい。
僕は叔父に言われるまま、重たい荷物を持ちその玄関に向った。「 ・・・だれぇ 」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:高校生との体験談
1 / 6612345...102030...最後 »

このページの先頭へ