大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】一緒にアルバイトしてた高飛車女の胸チラを目撃【体験談】

東京都/名無しさん(20代)からの投稿
—-
以前バイト先に、当時20歳の女の子(以下K)がいたのですが、顔は全くと言っていいほど可愛くなく、性格もあんまり良いとは言えず、ムカツク女だなと思う事も多々ありました。
ただ、スタイルだけは自分好みでかなりよく、細いくせにおっぱいは結構大きく、推定Dカップぐらいでした。
ある2月、バイト先の人たちと飲み会をした後に何人か帰り、残った人たちで1人の男の後輩の家で遊ぶ事になりました。
といっても特にやる事もないので、とりあえず飲み物とUNOを買って、UNOを男3人、K含めた女3人計6人でやる事になりました。
そのKは普段も胸元が開いている服を着ている事が多く、たまーに自分の胸元を見下ろしたりして気にしてそうな素振りはあったのですが、いざとなると気が抜けるのか別に見えてもいいと思ってるのか、はたまたわざとなのか、前屈みになった際などに僅かなら胸の谷間を何度も見た事があったのですが、今回は一番凄かったのです。
UNOをやる日も、Kは胸元が結構緩い服を着ていて、期待をしていました。
6人で円になっていざUNOをやり始め、時計回りまたは反時計周りに順番が回ります。
円のだいたい中央の床にあるUNOを1枚ずつ取っていくのですが、KがUNOを取る度に、開いた胸元の中央から白いブラジャーがチラチラと見えるのです。
Kのほぼ正面にいた僕は、もちろんUNOをしながら、視線はほとんどKの胸元にありました。
警戒してないのか、それともわざとなのかと思うほどKは胸元が開いている事や、僕の視線が自分の胸元に注がれているいる事を全く気にしていない様子でした。
もしかしたら気づいていなかったのかもしれません。
6人の中で俺が早めに勝ちあがり、その間にトイレに行って戻ってきた時に、UNOをしているKの胸元を見たら、上から見下ろす形になるので、両方のブラジャーのカップの部分がほとんど丸見え状態になっていました。
他にも、Kが先に勝ちあがった時に、他の人にアドバイスをするために覗き込んでたりしていた時に、ブラがまた丸見えになっている事もありました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年6月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ハッテン場でサクラしてたらホモAV出演の話が来た【体験談】

東京都/名無しさん(30代)からの投稿
—-
「時給4,000円のバイトに応募したらハッテン場のサクラだった」の続きを書きます。
実はこのバイトは2ヶ月ほどで辞めました。
と言うよりもハッテン場自体が閉店になりました。
僕以外にも、サクラのバイトの子は2人いました。
無職に逆戻りかと思いましたが、とある仕事を紹介してもらう事になります。
体力的にはキツかったのですが、働かせてもらった経営者の方には感謝してました。
僕みたいなサクラを雇うようになったキッカケは、お店にはおじさんしか来なくなり、僕のような若い見た目の常連が欲しかったみたいです。
お客さんに
「今度、お兄ちゃんはいつ来るの?」
と言われる事もありました。
例えば
「金曜の18時に行きます」
と言うと、そのお客さんは来てくれます。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年10月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】遊んでると周りから言われてた17歳のギャル高校生の彼女【体験談】

20歳(大学生)の頃、マック(バイト先)で知り合った17歳のギャル高校生と付き合ってました。
彼女は金髪でロリ顔、制服のスカートも今にも見えそうな位だったせいか、バイト先では
「アイツはかなり遊んでるよ」
と至る所で言われてました。
とは言え、エッチの時は可愛い反応を見せ、フェラもぎこちなかったので、
「そんなに遊んでるような子じゃないよ」
と思ってました。
しかし、僅か3ヶ月で
「好きな人ができた」
と言って振られ、
「なんだ…皆が噂してる通りの男好きだったのか…」
と思っていると、1ヶ月半後に再び
「やっぱもう1回付き合いたい」
と言われ復縁…。
「きっと好きな人に告白したけど、振られて戻ってきたんだろう」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年12月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】プール監視員をしていた時の美味しい思い出【体験談】

20歳の時、会社というかバイト先での体験です。
当時柔道をやっていたせいもあって体格の良かった俺は、夏のバイトとして都内某高級ホテルのプール監視員をやっていました。
時給は安かったのですが、水着の女性が見れるというスケベ心から始めたバイトでした。
そこにいつも、昼過ぎ頃に競泳水着を着てくる、黒木瞳(公式HP|Wiki)に似た超美人なお姉さんを見るのが日課になっていました。
その人は決まって2時間近く泳いだ後、プールサイドでカクテルを注文して帰って行くのでした。
8月も終わりの平日の人が少ない時、泳ぎ終えた彼女に思い切って声を掛けました。
(今思えば仕事中によくナンパできたなと思いましたが……)
「よくお見えになりますね………」
と俺。
彼女は一瞬エッ!?という顔でしたが、
「えぇ、あなたもよく仕事してますよね。私の事見てくれてたの?」
俺は心の中でラッキー!と思った。
何せ顔を覚えてくれているのだから。
ここでちょっと頑張って、
俺「いやー、あなたほどの美人は、ここの○○ホテルでもすぐ目立ちますので、いつも見てましたよ!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年3月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ