大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】出来杉君が壊れた日【体験談】

ある朝両親の部屋で使い込まれたバイブレーターを発見してしまった出来杉少年は、結果として発狂した。彼は普段から優等生として振舞うことを期待され、あるいは強要され、そのストレスは相当なものだったと予想される。そのストレスの糸が両親の愛用するバイブレーターを発見(黒・極太)することにより一気に切れてしまったのだ。

「もう終わりだよ・・何もかも・・・」

そう呟いた出来杉少年はやおらランドセルを背負うと学校に向かった。いくら両親の部屋からバイブレーターが発見されようとも学校は悠久に続いていく。本来ならば『両親のバイブレーター(アナル対応)を発見してしまいました』という一寸の曇りもない論理を盾にして学校を休むことも可能だったのだが、出来杉はそうしなかった。なぜか。そう、復讐するためである。復讐。学校に、そして社会に向かって。

通学路を歩くと、そこには花壇があり土の上には蟻が這っていた。花とか虫とか有無を言わさず殺したい。出来杉はそんな思いを胸に秘めつつ花壇の上に乗り激しく踊りだした。ホイヤサ!オイソッソ!出来杉は叫びながら踊る踊る。それは情熱のサンバ、魂のルフラン。グチャグチャと音を立てて潰れていくパンジー。昨日までの出来杉は花を愛で小さな命を愛する心優しい少年だった。しかし彼は既に壊れてしまっているのである。

ひとしきり汗を流すと出来杉は学校に向かった。ヤツらを恐怖のズンドコに陥れる、それがオレのジャスティス。出来杉の目はやる気に満ち溢れていた。

1時間目。算数。先生が分数についてレクチャーしている。今だ、ここしかない。復讐のテロル、この時まさに惨劇の幕が上がった。

「先生!算数よりも保健体育を教えてください!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2017年9月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】アナルオナニーの好きな女の子【体験談】

「アナルに指を入れるのはいつから?」
「えっと…ちゃんと入れるようになったのは最近ですけど、いじり始めたのは高校の頃から…」
「それ以来ハマっちゃったのかな?」
「気持ちイイって感覚かどうかは自分でもわからないんですけど…なんかゾクゾクしてしまって…クリをいじりながら指を入れるとすぐにイっちゃうんです」
「アナルでイっちゃうの?可愛いね。。」
「恥ずかしい」
アナルオナニーの話をし始めるとさっきよりも顔を伏せるようになり、口調も恥ずかしさが入り混じって時折震えるようだった。。
ちょっと可愛いな、このコ。。
そう思うと少しずつ自分も興奮してくるのが分かる
「どんなことをまず知りたい?」
「あの…舐めて欲しいんです」
「どこを?」
「オマンコとアナルを…」
「クンニのことだね、どうして舐めて欲しいのかな?」
「ネットで女の人のあそこを図書室で舐めてる画像があって…」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2017年5月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【妹】小学5年生の妹のオナニーがすごくて 【体験談】

僕には11才離れた妹の優奈(小学5年生)がいる。
去年の夏のある日曜のこと。

僕は毎週日曜、いつも朝からパチンコ屋に並んで(朝8時半から)
パチンコを打つのだが、その日は体調が悪く部屋でずっと寝ていた。

妹は日曜はいつも遅くまで寝ていて朝10時くらいにしか起きてこないと
母親が言っていた。

その日はうちの両親が朝早くから出かけると言っていたので今は
優奈と二人っきり。

10時になり優奈が起きたらしく、一階へ降りていった
(僕と優奈は隣同士の二階の部屋)。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2015年7月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【近親相姦】アナルオナニーの好きな女の子【体験談】

「アナルに指を入れるのはいつから?」
「えっと…ちゃんと入れるようになったのは最近ですけど、いじり始めたのは高校の頃から…」
「それ以来ハマっちゃったのかな?」
「気持ちイイって感覚かどうかは自分でもわからないんですけど…なんかゾクゾクしてしまって…クリをいじりながら指を入れるとすぐにイっちゃうんです」
「アナルでイっちゃうの?可愛いね。。」
「恥ずかしい」
アナルオナニーの話をし始めるとさっきよりも顔を伏せるようになり、口調も恥ずかしさが入り混じって時折震えるようだった。。
ちょっと可愛いな、このコ。。
そう思うと少しずつ自分も興奮してくるのが分かる
「どんなことをまず知りたい?」
「あの…舐めて欲しいんです」
「どこを?」
「オマンコとアナルを…」
「クンニのことだね、どうして舐めて欲しいのかな?」
「ネットで女の人のあそこを図書室で舐めてる画像があって…」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【人妻】野外露出が癖になった私(追加①)【体験談】

<山中で…②>
前からよく通っていた山中で、久々におじさんに出会った。車を止め辺りを見回したが、人の気配は無かった。私は車で全裸に
なり、首輪を付けアナルには尻尾に見立てたバイブを入れ所々ロープで縛った。マンコにはバイブを入れ固定するとリモコンを口に
咥えた。そんな格好で四つん這いになると頂上を目指した。見られるかもと思うだけで、マンコからはダラダラとエロ液が垂れてきた。
誰に会う事も無く、現地到着した。私はロープを木に結び、バイブでオナニーを開始した。街中の人に見られていると想像しながら
必死に動かした。絶頂を迎えようとした瞬間、ガサガサっと音が聞こえた。”マズイ!”そう思って体を低くした。音のする方を見たが
誰もいなかった。風?と思い冷めた感情をまた、吹き上がらせた。オナニーしながら、音のする方を見ると人影が見えた。
おじさんだ!!!私は確信した。ロープを解きおじさんのいる方へ四つん這いで向かった。近くに行くと、おじさんも隠れていた。
私は、いつもの様におじさんの方へおしっこをした。そして、その場で、オナニーを始め絶頂を迎えた。いつも以上に盛り上がり
一度では満足出来なかった。おじさん見てと心で叫びながら、アナルオナニーも見せた。彼も我慢できなかったんでしょう?
隠れながらオナニーをしていた。”うっ”小さな声が聞こえた。
何度逝ったでしょう?いつも以上に疲れ下山する事にした。途中、犬を連れた男(40代)が見えた。私は、草むらに身を隠し行くのを
待った。犬が近寄って来た時は、ダメかと思ったが、気づかれる事無く下山した。車に戻ると急いで着替え自宅に向かった。
<神社で…>
隣町にある神社がちょっと有名で、暇を弄んでいたので行ってみる事にした。下着は付けず薄手のワンピース(膝上15cm位)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達・同僚】めぐみ【体験談】

1987年2月号
 はじめまして、高校一年のエッチな女の子です。今回思い切ってオナニーレポートします。あたしのオナニーは、お医者さんごっこで素裸になって、男の子にワレメを触られたのが始まり。なぞられてるうちに、気持ちよくなって、こっそり自分でするようになったのが小学三年の頃。その頃からエッチな好奇心一杯のあたしは、ノーパンキッサができると、こっそりノーパンで学校へ行ったりして、授業中にオナニーしちゃったこともある。はっきりいって、見られるのがカ・イ・カ・ン。
 そこで考えたのが、オナニーを鏡に映す方法。ヌレヌレのオマ○コがいやらしく口を開けて、指を根本まで飲み込んでくのを見ていると体がジ~ンとしびれちゃいます。鏡の中のオマ○コをつい過激にいじめてはエクスタシー。中学一年の時、お父さんが単身赴任で九州へ行ったので、お母さんも月に一度、週末九州へ行くので、家にはあたし一人になります。土曜、学校へ帰ってから、あたしは素裸になって思い切りエッチな言葉をいいながらオナニーをするんです。
 台所や、居間などで昼間から素裸でオナニーすると、すごくコーフンしてアッというまにイッちゃいます。月に一度の週末がほんとに待ち遠しい。10月か、11月ぐらいだと思うんだけど、お母さんのいない日、オナニーのやりすぎで、疲れちゃって、早く寝たんだよね。フト、目さますと夜中の2時、素裸で庭に出ちゃおうなんて思いついて、その思いつきに異常にコーフンして、とうとう外に出ちゃったの。
 うちの庭って、道から丸見えだし、外灯が道に立ってるから、まず見つかっちゃう。でも、オマ○コはヌルヌルだし、家の中でオナニーもマンネリ気味だし、夜中だから人はこないし、一度ぐらいやってみたら…、なんて自分に言いきかせて、勝手口から出たの。心臓はドキドキして、自分の足音にも体がビクンとなって、不安とスリルで死んじゃいそう。庭を2、3歩、歩いただけで、勝手口へ逃げ込んだけど、オマ○コからアフれたジュースが足首まで流れ落ちてる。勝手口の戸を開けたまま、オナニーをはじめてしまい、絶頂感の中で、今日をのがすと又、一ヶ月ガマンしなくちゃイケナイという思いで、オマ○コに指を根本まで入れたまま庭を歩き回ってしまったのです。
 それからというもの、アウトドアオナニー大好きっ娘になってしまい、中2
になったばかりの頃、夜中に素裸で家の前の道へ出て、オナニーすることまでしてたの。さて、いよいよ最近のオナニーについて書きます。放課後になるとトイレって、めったに人が来ません。一番ハシのボックスに入って、制服を脱いで素裸になります。こういう時、あたしは自分がひどい変態的なことをしているんだということを強く感じて、興奮してはますますエッチな欲望が高まってしまいます。トイレの中に人の気配がないと、ついボックスのドアを開けて、露出の快感を楽しんじゃいます。
 このトイレの中でのオナニーには、もう一つの利点があるのです。中3の時、友達の家でこっそり見たくり○むレモンの亜美ちゃんのように、クリトリスをくりくりしながら、オシッコ(キャー、とうとう書いちゃった)をすることができるからです。オシッコオナニー(ヴ~ン恥ずい)を初めてしたのは、そのビデオを見た日にお風呂の中でやったんだけど、ホント、腰が抜けちゃいそうでした。特に、隣のボックスに他の子が入ってきた時など、上や下のすきまから見られていることを想像しては、声をかみ殺して何度もイっちゃう。このトイレオナニーは、公園や、街角の公衆トイレでもできるから、家にお母さんがいる時など、つい近くの児童公園へ出かけてオナニーしています。日がくれてからは、遊んでる子供もいなくなってドキドキしながらうっすらボックスのドアを開けたまま、着ているものを脱いでしまうと、もうヌルヌルのビンビン(何が?)オナニーとは関係ないんだけど(あるかな?)恥ずかしい姿を見られたいって思う時があって、夏ならスコートの中に何も穿かないで、冬ならコートしか身につけないで、外出してしまいます。
 最後に、夜のお散歩(?)について書きます。覚えたての頃は、お母さんがお父さんの世話をしに行く月に一度で我マンしていましたが、高校受験の勉強で、夕方寝て、夜中に起きる生活をしているうちに、お母さんが寝ている夜中にこっそりやるようになったのです(中3
秋ぐらいから)物音を立てないよう、素足で勉強部屋を抜け出してゆっくり、ゆっくりカギをはずして、戸を開けます。はじめの内は、万一に備えて、シャツにパンティーぐらいは身に付けていたのですが、自分の部屋では素裸でいるので面倒くさいし、なによりも、素裸で外を歩いちゃおうなんてエッチなことを考えて、コーフンしている時って、もうお母さんにバレてもいいなんて思ってしまうのです。
 庭の芝の上で四つんばいになっているうちに、すごくエッチなこと思いついたの(恥ずかし~、でも書いちゃおっ)オシッコしちゃえばどうかしら、それも、外の電柱に向かって犬みたいに。さすがに受験をひかえた14才の女の子がすることではありませんから、家の前の道でオナニーをして忘れようとしました。でも、そのエッチな思いつきは、忘れられず、一度、やらないと勉強ができないほど、イライラしてしまうほどでした。そして、いつものようにお母さんがいない週末(11月)とうとう実行したのです。素裸で庭に出て、周りの視線を想像するともうダメです。そっとクリトリスをつまんだだけで絶頂に達してしまったのです。
 ゾクゾクするほどコーフンして、門を出る前にオシッコをもらしてしまったの、すごい快感で下半身オシッコまみれ。門の前で素裸でオシッコもらしちゃうなんて、全然考えていなかっただけに恥ずかしくて死にそうなほど感じて2度目のエクスタシー。普段なら、オシッコまみれのままでいるなんて、キタナイって思っちゃうけど、ホント、全然そうは思わなかった。寒くて、おかげですぐオシッコしたくなって、そおっと門から出て、四つんばいのまま電柱に。そして、左足を犬みたいに上げて、念願のオシッコを…。もしもこの最中、人が通りかかったらなんて想像しては勢いよくしちゃったの、アアー、カ・イ・カ・ン。ただ、この後始末って、困るんだ。結局、シャワーか、お風呂に入んないとダメだから、お母さんのいない日にしかできない。ウーン、もっとやりたい。それでも、夜のお散歩ダ~イ好き☆
 お母さんや、お父さんが知ったらどう思うかな、フフフ。高校生になってから、
SMっぽいオナニーもしています。リエちゃんがうらやましい。パート2を見てから、バイブレーターが欲しい(キャー言っちゃった)。今、素裸で、これ書いてます。ただ今、11月16日 AM2時。これから、いつものように夜のお散歩にいって、この手紙出しちゃおう♪ウ~ン、ポストまで素裸で行くのは初めて、ドキ・ドキ。(表通りにあって、車もけっこう走ってる)
京都府左京区 めぐみ ♀

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年2月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談

【ゲイ・ホモ】今の僕があるのは(高校生編)【体験談】

今の僕があるのは(中学生編)の続きです
アナル拡張と女装にはまってからは全裸に盗んだ制服を着て
勃起したまま夜中の町をウロウロしていました
自販機などに隠れて、車道を車が通り過ぎるのを待って
通り過ぎて少し離れたの確認してから、制服のスカートをあげて勃起したちんちんを
車に向かって見せていました・・・
そうです、露出にも興味が出てきたのです
またある日、制服姿でウロウロしていたら、アパートの1階の窓に女性物の下着が・・・
そう、また犯罪を犯してしまったのです
ブラとパンティーを外し、猛ダッシュで帰宅
制服を脱ぎ、ブラとパンティーを着てみると気分は女性に・・・
そのまま制服を着てまた夜中の町へ・・・
深夜2時過ぎなのでタクシーくらいしか走っていないし歩いている人もいない・・・
制服を脱いで手に持ち、女性物の下着姿で道路の真ん中を歩いて妄想・・・
(もし、ホモの男の人に見られたら、犯されるかもしれない・・・)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年2月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【友達・同僚】仲間同士の初エッチ【体験談】

<>8仲間同士の初エッチはsage04/03/1121:47ID:UPdvZrAN<>
ひよんな事から男3対女2の経験をしました。
小学校の頃から仲がよくて高校は別々になった人もいたけど
よくよく遊んでいた仲間同士でした。
仕事についてから中々全員が一緒に集まることは無かったけど、
先日金曜日に集まり5人でカラオケに行きお酒を飲み、過ごし、終電も無くなり、
結局は近くに1人で住んでいた私の部屋に全員泊まる事になりました。
部屋に帰っても懐かしさでお酒を飲みながらの昔話で盛り上がり、
次第に一人寝、二人寝と一人住まいの1Kの狭い部屋に寄せ合うようにごろ寝でした。
私とミー子は向き合って真中に寝て、周りには男の子達が私達を囲むみたいに寝てました。
異変に気が付いたのは眠りに入って30分もしない頃でした。

<>9仲間同士の初エッチはsage04/03/1121:49ID:UPdvZrAN<>
向き合っているミー子が酔って具合が悪くて寝苦しいのか
「うーん」と時々声を漏らしながら身体を身震いさせたり、寝返りしたりして、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談

【複数・乱交】仲間同士のパーティーが乱交に発展【体験談】

ひょんな事から男3対女2の経験をしました。
小学校の頃から仲がよくて高校は別々になった人もいたけど
よくよく遊んでいた仲間同士でした。
仕事についてから中なかなか全員が一緒に集まれることは無かったけど、
先日金曜日に集まり5人でカラオケに行きお酒を飲み、過ごし、終電も無くなり、
結局は近くに1人で住んでいた私の部屋に全員泊まる事になりました。
部屋に帰っても懐かしさでお酒を飲みながらの昔話で盛り上がり、
次第に一人寝、二人寝と一人住まいの1Kの狭い部屋に寄せ合うようにごろ寝でした。
私とミー子は向き合って真中に寝て、周りには男の子達が私達を囲むみたいに寝てました。
異変に気が付いたのは眠りに入って30分もしない頃でした。

向き合っているミー子が酔って具合が悪くて寝苦しいのか
「うーん」と時々声を漏らしながら身体を身震いさせたり、寝返りしたりして、
大丈夫かなと心配して暗かったけどミー子の様子を見たら

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2014年1月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:複数・乱交の体験談

【友達・同僚】私の好きなこと【体験談】

告白・私の好きなこと 001
露出狂のメス犬
わたしは見られる事の好きなメス犬です
いつも下着を付けずに出かけて、階段やエスカレータを使っては興奮し、
家に帰ってオナニーしています。
こんな私に恥ずかしい命令をしてください。
はじめまして。
私は28歳のOLです。
私の名前はみゆきです。
今まで、普通のセックス(っていってもアナルは2回くらいあるかな。)
しかやったことなくて、でも本当はエッチな本とか好きだし、オナニーも
結構やってるし・・・。
そこで、今一番興味のある事は、放尿とかスカトロです。
彼氏がビデオとか借りてきてたまに一緒に見るけど、彼氏の前ではいやな
顔をしています。でも、本当は興味津々です。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談
1 / 41234

このページの先頭へ