大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】私が話すピンサロ攻略方法を語りたい【体験談】

<>260 名前:新橋ピンサロ[sage] 投稿日:2008/09/29(月) 18:17:21 ID:K8iNZgGj0 [1/8]<>
新橋のピンサロにて私個人の作法で、どんなタイプの風俗店に行く場合も簡単な手みやげを持って行く事にしています。百貨店が近くにあればそこに立ち寄って、包装のきれいな1,000円程度のお菓子を買ったりします。大した物ではないですが、喜んでくれる姫は多いです。回転系のお店はもともと好きじゃなく、マンツーのお店だからできる小ネタです。

<>261 名前:新橋ピンサロ[sage] 投稿日:2008/09/29(月) 18:18:34 ID:K8iNZgGj0 [2/8]<>
ある日、スポーツ新聞の広告に出ていたピンサロの姫の写真がちょっとタイプだったので、初めて行ってみることにしました。で、いつものように手みやげを何にしようか考えながら、移動していたのですが、その日は結構暑かったので、通りがかりの洋菓子店でシューアイスを買うことにしました。冷蔵庫に保存できるかどうか分からなかったので、お店に人に気合いを入れてドライアイスを詰めてもらいました。1,000円程度のシューアイスにドライアイスが500円分くらいかかったように記憶しています(笑)。

<>262 名前:新橋ピンサロ[sage] 投稿日:2008/09/29(月) 18:19:19 ID:K8iNZgGj0 [3/8]<>
お昼からのお店ながら結構混んでいて、パネルで新聞に出ていた姫とは別の好みの姫を指名しましたが、結構な人気姫のようで、ボックス席に移動してからも相当待ちました。でも、私個人はピンサロの独特の雰囲気が好きなので、特に苦になりません。

<>263 名前:新橋ピンサロ[sage] 投稿日:2008/09/29(月) 18:20:07 ID:K8iNZgGj0 [4/8]<>
ようやく姫がこちらに来て、ごく一般的なご挨拶を受け、彼女がとりあえず横に座りました。おしぼりによる清掃が始まる前に手みやげを渡そうと思った、その前に、彼女は机の上のものを見つけ、「あー、これ私へのプレゼント?」と、明るく屈託無く言いました。嫌みじゃない親しげな話し方で、聞いている方としては冗談で言っているのは分かるのですが、まぁ、まさに手みやげ(プレゼント)だったので、「そうだよ。シューアイスなんだけど待ち時間にでも食べて」と言って、先に控え室に持って行くように伝えました。

<>264 名前:新橋ピンサロ[sage] 投稿日:2008/09/29(月) 18:21:22 ID:K8iNZgGj0 [5/8]<>
そうすると、彼女は「え~!!」と素で驚いて、あたふたし始めてしまいました。彼女の所作から推測される礼儀の良さからは、自分の一言が冗談にならずに、めちゃくちゃど厚かましいおねだりになったのではないかという恥ずかしさがあったようです。あたふたしている表情もかわいかったのですが、物が物なので「冷凍庫ある?ドライアイスはあと4時間はもつらしいけど」と言って、婉曲に次の動作を求めました。すると、彼女は我に返ったようにただ頷き、小包を持って、控えに急ぎました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2018年7月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】幼女「せんせーに、堕落の味を教えてあげるね」【体験談】

<>1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水)22:44:04ID:4Ds8i0DQ<>
っていうスレタイで昔、ID腹筋スレ立てたんだ
つまりここも腹筋スレってことなんだよ頑張ってくれ

<>3:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水)22:52:20ID:Kyhoi/bo<>
くそっ!くそう!
こうなりゃ腹筋してやる!

<>4:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水)22:53:50ID:Kyhoi/bo<>
くそう!腹筋すら出来ないのか!

<>12:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木)07:04:38ID:mAKmpqOI<>
こんなにも仲間がいる喜びに…!感謝…!感激…!

<>15:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木)09:02:53ID:t7oHiXIw<>

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年6月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】一年半のあいだ風俗嬢だった妻【体験談】

これは、40歳になる妻の話です。
私は単身赴任中の43歳会社員です。妻とは同じ大学の部活で知合ったことがきっかけで卒業後も交際し結婚にいたりました。
私は、勤務地から自宅までそんなに遠くないこともあって、仕事が比較的暇な週末を利用して月に1~2度家に帰るといった生活がもう2年くらい続いています。夫婦生活のほうもうまくいっています。ただ、一年くらい前妻が私に内緒で借金をしていた時期がありました。そのことに気付いた私が他の預金を切り崩しなんとか返済しましたが、妻の話によると最初は生活費の不足分を少しずつ借りているうちに金額が大きくなってしまい、言い出せなかったと・・妻はまじめな女で私の知る限りでは、私以外には男性を知らないはずです、見た目は比較的男好きするタイプだと思います。本題に入ります。半年程前、私にとって衝撃の出来事がありました。
ネットで風俗店のサイトを見ていたところ私たちが住む隣の県のデリヘル風俗嬢を紹介するページを眺めていたのですが、その中に顔を右手で隠しブラとパンティーだけでソファーに座る女性を見つけました。顔にはかなりきついモザイクがかけてあり識別はできません、ただその風俗嬢は体型以外に雰囲気というか感じがとても妻に似た女性だったのです。見れば見るほど髪型にしても腕の日焼け具合を見る限りは妻のようにも思えるのです。じっと画像の嬢だけを眺めていました。
この嬢が妻だとしたら・・・あってはならないことだし、妻を疑うことも・・・ましてやそんな妄想をしてしまう自分自身を不思議に感じました。それでも色々なことが頭を過ぎります。
以前の借金の時に・・・実は返済は済んでいなかったのか・・・だから私にも言えず・・・知られずにお金を稼ぐことを考えて・・・風俗に・・・いや、私は写真の風俗嬢が着けている下着に見覚えなんかないし・・・でもぼんやり見える髪型が以前の妻と似ているような・・最近髪型を変えた理由はこの画像のため・・・でも紹介欄の年齢は30歳になっている、いくら風俗でも10歳以上も偽らないだろう・・・デリヘルなら隣の県へのデリバリーなんて非効率なことはしないだろう・・・妻が人前で下着姿の写真なんか撮らせるはずがない・・まして、初対面の男に体を使ったサービスなんて・・・そんなことができるはずがない・・・そんなことを考えながら、少し興奮している自分に驚きました。完全に風俗嬢として働く妻を想像してしまっていたのです。こんなシーンです。お客からお金をもらう妻、お客に抱き寄せられる妻、お客と唇を重ね乳房を鷲摑みされる妻、お客の股間を愛おしそうに洗う妻、股間に顔をうずめる妻、股を広げられ指で掻き回される妻、お客の愛撫で声をあげる妻、口いっぱいに射精を受ける妻、お客にお礼を言って次の指名をねだる妻、そしてまた違うお客の元に運ばれる妻、60分12,000円で買われる妻・・・
この風俗嬢が妻じゃないほうがいいに決まっている。
しかし、この嬢は妻かもしれない・・・私自身勃起していたのです。さらにそのページを進み、写真をクリックすると嬢のプロフには、
——————————————————————–
まき30歳 奥様出勤時間 12時~18時(店長からのひとこと)業界未経験です、本物素人奥様をどうぞお楽しみ下さい。
(まきからのメッセージ) はじめてですが、一生懸命がんばります。(基本プレイ)Dキス・生フェラ・69・玉舐め・全身リップ・素股・口内発射
(可能オプション)バイブ・即尺・ピンクローター・顔射・ゴックン
(おススメ)お掃除フェラ奉仕
本日のアクセス数45  昨日のアクセス数68
——————————————————————–

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2018年4月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】男子大学生との王様ゲーム体験談【体験談】

大学の頃、男女6人でサッカーの試合で賭けをしました。
どちらのチームがどのくらいの点差で勝つかを予想。
勝った人は王様になって命令できる、という内容でした。

ある1人の家で飲みながらサッカー中継見て盛り上がり、 結果はR(男)の
勝ち。 私は前々から背も高くて男前のRの事が気になっていたので何を命令
すんだろ~ とドキドキ。

Rはエロキャラとかじゃなかったので普通に
「じゃあ皆飲め!!イッキだ!」って感じで普通の命令でした。
そしたら男の1人が「つまらんよー」と。
「そうだもっとスゴイのいけー!」と私も言ったら、
「じゃあM(私)に命令~♪」と他の人たちが野次を入れ出しました。

「えー」なんて言ってましたがRはお気に入りだったしちょっとワクワク。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2018年1月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【風俗で】一年半のあいだ風俗嬢だった妻【体験談】

これは、40歳になる妻の話です。
私は単身赴任中の43歳会社員です。妻とは同じ大学の部活で知合ったことがきっかけで卒業後も交際し結婚にいたりました。
私は、勤務地から自宅までそんなに遠くないこともあって、仕事が比較的暇な週末を利用して月に1~2度家に帰るといった生活がもう2年くらい続いています。夫婦生活のほうもうまくいっています。ただ、一年くらい前妻が私に内緒で借金をしていた時期がありました。そのことに気付いた私が他の預金を切り崩しなんとか返済しましたが、妻の話によると最初は生活費の不足分を少しずつ借りているうちに金額が大きくなってしまい、言い出せなかったと・・妻はまじめな女で私の知る限りでは、私以外には男性を知らないはずです、見た目は比較的男好きするタイプだと思います。本題に入ります。半年程前、私にとって衝撃の出来事がありました。
ネットで風俗店のサイトを見ていたところ私たちが住む隣の県のデリヘル風俗嬢を紹介するページを眺めていたのですが、その中に顔を右手で隠しブラとパンティーだけでソファーに座る女性を見つけました。顔にはかなりきついモザイクがかけてあり識別はできません、ただその風俗嬢は体型以外に雰囲気というか感じがとても妻に似た女性だったのです。見れば見るほど髪型にしても腕の日焼け具合を見る限りは妻のようにも思えるのです。じっと画像の嬢だけを眺めていました。
この嬢が妻だとしたら・・・あってはならないことだし、妻を疑うことも・・・ましてやそんな妄想をしてしまう自分自身を不思議に感じました。それでも色々なことが頭を過ぎります。
以前の借金の時に・・・実は返済は済んでいなかったのか・・・だから私にも言えず・・・知られずにお金を稼ぐことを考えて・・・風俗に・・・いや、私は写真の風俗嬢が着けている下着に見覚えなんかないし・・・でもぼんやり見える髪型が以前の妻と似ているような・・最近髪型を変えた理由はこの画像のため・・・でも紹介欄の年齢は30歳になっている、いくら風俗でも10歳以上も偽らないだろう・・・デリヘルなら隣の県へのデリバリーなんて非効率なことはしないだろう・・・妻が人前で下着姿の写真なんか撮らせるはずがない・・まして、初対面の男に体を使ったサービスなんて・・・そんなことができるはずがない・・・そんなことを考えながら、少し興奮している自分に驚きました。完全に風俗嬢として働く妻を想像してしまっていたのです。こんなシーンです。お客からお金をもらう妻、お客に抱き寄せられる妻、お客と唇を重ね乳房を鷲摑みされる妻、お客の股間を愛おしそうに洗う妻、股間に顔をうずめる妻、股を広げられ指で掻き回される妻、お客の愛撫で声をあげる妻、口いっぱいに射精を受ける妻、お客にお礼を言って次の指名をねだる妻、そしてまた違うお客の元に運ばれる妻、60分12,000円で買われる妻・・・
この風俗嬢が妻じゃないほうがいいに決まっている。
しかし、この嬢は妻かもしれない・・・私自身勃起していたのです。さらにそのページを進み、写真をクリックすると嬢のプロフには、
——————————————————————–
まき30歳 奥様出勤時間 12時~18時(店長からのひとこと)業界未経験です、本物素人奥様をどうぞお楽しみ下さい。
(まきからのメッセージ) はじめてですが、一生懸命がんばります。(基本プレイ)Dキス・生フェラ・69・玉舐め・全身リップ・素股・口内発射
(可能オプション)バイブ・即尺・ピンクローター・顔射・ゴックン
(おススメ)お掃除フェラ奉仕
本日のアクセス数45  昨日のアクセス数68
——————————————————————–

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【近親相姦】ナナちゃん・マユミちゃんと3P【体験談】

今まで一番、おいしかった、また、一番興奮したHの話を投稿します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私は、仕事が終わって飲みに行くときにはいつも
一度自宅に帰ってから出るのですが、あの日はなんか帰るのが面倒でスーツ姿のまま行きました。
腹も減っていたしとりあえずよくいく居酒屋へ急ぎました。
車を止め、中へ入って行くと混んでいて座るところと探すと
カウンターの端の方から2つ目が1人分だけ空いています。
そこへ座ると隣の席のジャージ姿の若い女の子(後から20歳とわかる。)が
「あっ!」と小さい声をあげこちらを見ました。
その子に「ここまずかったかな?誰か座ってるの?」
と聞くと「友達が来るはずなんだけど来ないから座ってもいいですよ、どうぞ!」と言ってくれました。
で、それからしばらくその子をそれをきっかけにいろいろ話していました。
そのときはまさかあんなことになろうとは思わず、
まあこの子の飲み代くらいおごってあげてもいいか位に思っていたのです

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年12月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】フェラ初体験 【体験談】

萌えたコピペ 部室で後輩が手コキ

<>78名前:えっちな21禁さん[sage]投稿日:2006/07/23(日)02:44:30ID:Ecjtmjdz0<>
年下に筆おろし初体験までの道のりですが、
前回の手コキ?体験から発展し、性欲の強い自分は会う度に彼女を求めました。
嘘のような話ですが、彼女はまだ処女でした。
前回スペックを軽く晒しましたが、
身長は148cm 体重は38〜41 
胸は小ぶりで下着はいつも大人し目のモノをつけていました。
「何で体重まで知ってんの?脳内キャラ乙」と思うかもしれないですけど。
重度の変態である自分は、彼女に身長やら体重やら胸のサイズやら聞きまくったからです。
エスカレートして、「オナニーとかするの?」とかタブーに触れたこともありますが。
お気楽天然キャラだった彼女は、「あんまりしないけど?」と普通に答えてました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2017年11月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】後輩との体験【体験談】

当時18歳だった自分は、恥ずかしながら童貞でした。
それまで付き合った人は何人か居るけど・・・どれも一瞬でフラれてオシマイ。
セックスどころかキスすらもしたことがありませんでした。

恋人と言うより、「付き合おうか?」「別にいいよ」みたいな
形式上付き合ってるだけの そんな関係しか持ったことがありませんでした。

そんな自分に転機が訪れたのは高校3年の春でした

当時所属していた部活の後輩、兼部長を好きになってしまい・・・
度重なるアタックの末付き合うことに成功するのです。
(所属していた部活では3年は夏までに引退してしまうので2年が部長を務めてました)

そしてミーティングに託けて部室を占領し・・・
イチャイチャする日々が続くのですが・・・ある日事件が起こりました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年7月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】R君との秘密の関係【体験談】

大学の頃、男女6人でサッカーの試合で賭けをしました。どちらのチームがどのくらいの点差で勝つかを予想。勝った人は王様になって命令できる、という内容でした。ある1人の家で飲みながらサッカー中継見て盛り上がり、結果はR(男)の勝ち。私は前々から背も高くて男前のRの事が気になっていたので何を命令すんだろ〜とドキドキ。Rはエロキャラとかじゃなかったので普通に「じゃあ皆飲め!!イッキだ!」って感じで普通の命令でした。そしたら男の1人が「つまらんよー」と。「そうだもっとスゴイのいけー!」と私も言ったら「じゃあM(私)に命令〜♪」と他の人たちが野次を入れ出しました。「えー」なんて言ってましたがRはお気に入りだったしちょっとワクワク。Rは「じゃあお酒もなくなるし、M一緒にコンビニ買出し付き合えよ」私は「めんどいー」と言いながらも嬉しくて仕方なかったのです。そして外に出ると「罰ゲームの続きだな」とR。「ノーパンで買出しにしようよ」と笑って言われた。正直キャラに合わないなぁと思ったけどだいぶ酔ってたみたいだし私も笑って聞いてました。
ちなみに私はその日スカートをはいていたのですが、「ほら早く脱げ〜」って腰を持たれてちょっとエッチな気分になっちゃって脱いじゃいました。そしたらRも興奮したみたいで私の腰をRの方に寄せて尻をスカートの上から触りだし・・私はもう濡れ濡れでしたwんーって言って腕にしがみついたら、手がスカートの中に。そしてもっと中に・・。
ちょっとした物影にいたのですが、外でエッチなことをするのは初めてだったのでドキドキして余計に濡れちゃいました。腕にしがみついてその手がスカートの中に入ってきたとき、その手の温度だけでもう私は声が「あっ・・」て出ちゃいました。Rは耳元で「ダメだよ〜声出しちゃ」って。普段からRはちょっと冷たい言い方する所があって、
そこがMの私には余計に萌えちゃう。「すごい濡れてますよ?Mさん?」と意地悪に言うR。クリちゃんを触られて私は体がびくっとなってしまった。でも正直言うとこの頃はまだ経験も浅かったしクリちゃんは刺激が強すぎて楽しく気持ち良くなれなかったんです。早くアソコ触って〜・・と思ってる私。Rの指がついにアソコの中に入ってきます。まず一本・・。
するっと最初に指が入る時の感覚が1番好きな私。Rは背が高くてがっちり体型だったから指も太くて「男の手」って感じで、さらに萌え。優しくゆっくりと中を撫でまわされました。嫌じゃなかったけどRの腕を掴んで抵抗してみるwでも彼に触れたとたん余計に興奮してしまって腰に手を移動。しばらくはゆっくりとじらされて「だめぇ・・」と言うと
Rはいったん指を抜いて二本入れてきた。「あぁん」って言っちゃった。それから二本の指を出し入れ・・奥の方を激しく突かれました。この時私達は立っていたのですが、私はもうひざが曲がっていたと思います。私は奥の方を突かれるとおしっこしたくなっちゃうんです。だから今度は本気で「だめぇ」。
「嫌?」とRに聞かれて「嫌じゃないんだけどね、おしっこでちゃいそうなのそこ」と答えました。そしたらRは「していいよ」って。Rの事はお気に入りだし、これからまた皆のいる所に帰るんだし絶対ムリ!と思ってやめてもらいたかったけどRは容赦なし・・。もう本当に立っていられなくなって、Rの首にしがみついてました。きっと痛かっただろうな・・w太ももまで私の愛液は垂れていました。漏らすのだけは恥ずかしい〜と思ってどうにか抵抗しようとしたのですが
その時Rがキスしてきたんです。口をふさがれて頭をがしっと強く撫でられ、私はもう体の力が抜けてしまった・・。Rはキスをやめてこんどは首に唇を。「軽く噛んで・・」ってお願いしたらチューって甘噛みしてくれてダメかも・・と思ったとき、Rが指をばっと抜いてしまい私は・・はい漏らしました(つД`)
少しだけねwもう指だけじゃ満足できないよーと思ってたらRも同じだったみたいで「これやばいね、止まらなくなっちゃう」って笑ってました。「したくなっちゃうから、やめようね。」って私が言うとRは「んーじゃあコンビニ行く?」って。内心「なーんだ」ってがっかりもしたんですが、皆が待ってるしその方がいいなって思ってRにパンツをはかせてもらってコンビニへ行きました。
帰り、玄関のドアの前で耳にチュッってされてにこっと微笑みながら頭をがしがし撫でられて私はもう・・それからRを好きになってしまったんですがとりあえず罰ゲームのお話はこれで完結です。部屋に戻って「遅いよーやらしいなぁ」と皆に言われましたが「お腹痛くなってコンビニでトイレ借りてたのー」とか言ってごまかしました。「ノーパン買出し」(実際買出し行った時は履いて???????????たけど)の後しばらく
Rとは以前と同じ様に数人で遊んでいましたが特に何もありませんでした。ちなみに私達は大学の仲間でいつも男女6〜8人集まっては飲んだり遊んだりしていて、Rの家がたまり場みたいになってたんです。週の半分くらいはRの家に行ってた。みんなお酒が好きで、けっこうな量を飲んでは朝方酔いつぶれて男女入り混じりその場で雑魚寝・・ってパターン。でも本当に恋愛とか絡んでない「仲間」って感じの集まりでした。そんな「仲間」なのにエッチな事をした私とRの間に2回目の「事」が起こったのは
確か2週間後くらい。いつも通りみんなで飲んで、その日はRが先にダウンして私の横で寝てました。私もその後1時間後くらいにダウン。狙ってたわけではなく、ただたまたま座っていたからRの横に寝ました。朝方、まだ眠い中目を覚ますとRが私を後ろから抱きかかえるように寝てました。私はちょっとびっくりしたけど嫌じゃなかったから、
そのまま起きないでRの手を握ったら「起きた?」と耳元でRが。「うん、みんな寝たねぇ」なんて答えました。みんなそれぞれいつも通り雑魚寝してました。Rはタオルケットを私とRにかけて私の耳にふぅっと熱い息をかけてきて私はくすぐったいのと照れくさいのでふっ、って笑ったら今度は「シッ」と黙るように言われ大人しくしてました。
ちなみにその日の私の格好はTシャツとジーパン。RははじめTシャツの上から胸を触っていましたがブラもつけたままだったので、Tシャツの中に手を入れて背中のホックをはずされました。そして両手で下から上に胸を揉まれて多分ちょっと濡れていたと思います。私は乳首をギュゥっとつままれたり、強く揉まれるのが好きなので
Rの手を上からにぎって強くギュウっとにぎって「もっとして」って催促しました。そしたらRもわかってくれたみたいで、指で乳首をつままれたり、コリコリされたり・・。息はちょっと乱れてたけど、声は出さないようにしました。Rが右手を胸から離して、指を私の唇の前に持ってきました。条件反射で指をくわえて舐めるとジーンズのボタンをはずし

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2017年3月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】妻は巨マラ好き・私は巨乳好き【体験談】

妻はでかいちんぽが好きである。私はでかい乳が好きである。
お互いでかい物を持つ、好き物同士で結婚をした。結婚して15年経つが未だに妻は私のでかいちんぽをむさぼる。
私も負けじと巨乳を揉み、舐めまわし乳首を引っ張りながらいじめている。
ほぼ毎日やっている。毎日精子を妻に飲ませ、最後には中出しもする。
妻は毎日ちんぽをでかくする。そして毎日しゃぶって精子をごっくんしてま〇こにはめて最後はいくのだ。
私はそんな妻が大好きである。妻も私が大好きと言っている。妻は
「私、あなたのちんぽでなきゃ感じないし、いけないのよね。」実にうれしい事を言うものだ。
「あなたのちんぽ、外人よりでかいもん。あなた一人で十分よ」私も妻にはこう言った。
「おれも奈津子のボインが大好きだよ。Gカップでそこらへんの女にはいないもんな。」
そうお互いに褒めちぎりながら、私はちんぽをむくむくとでかくし、妻の口にしゃぶらせる。至福のときだ。
妻もおいしそうにちんぽをしゃぶっている。さあ、妻の大好きなバックで精子を大量発射する用意だ。
妻の大きな尻に巨砲をねじ込んでいく。妻はすでに失神寸前だが私はそれを許さない。猛烈にちんぽを叩きつけ
妻をヒイヒイ言わせる。やがて妻は失神するが私も精子を大量に放出し、果てていく。
そして二人抱き合いながら寝る。
朝起きてからは、朝立ちしたちんぽを再び妻へ押し込む。またまた妻は失神寸前となるが私が発射するまで我慢

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2017年2月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 2112345...1020...最後 »

このページの先頭へ