大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】そんなに高いものじゃないだろうと思って、誕生日に同じ店のアクセサリーをプレゼントしようと思ったんだ【体験談】

百年の恋も冷めた瞬間!★125年目
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1324125528/

<>774 :おさかなくわえた名無しさん:2012/01/07(土) 21:16:04.37 ID:EnRDOIxc<>
大学の時の彼女。
服装も派手じゃないし、アクセサリーもシルバー系が好きなようだった。
いつも付けてる石なんかついてないシルバーの指輪が、
3連のパズルみたいな作りになっていておもちゃっぽかったので
そんなに高いものじゃないだろうと思って、誕生日に同じ店のアクセサリーを
プレゼントしようと思ったんだ。
調べてみたら、30万以上する指輪で、お互い貧乏学生だと思っていただけに
そんな高価なものを普段使いできる育ちの人なのかと思ったら
世界が違く思えてきてスーっと冷めてしまった。

<>784 :おさかなくわえた名無しさん:2012/01/07(土) 23:00:15.56 ID:rlirBsmj<>

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2018年5月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】女だけどセフレ欲しいもん【体験談】

<>1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/26(火)00:17:42.50ID:UOePGIZs0<>
たったらね

<>2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/26(火)00:18:00.39ID:RiC7gPKj0<>
本当に女なら証拠うp

2
おっぱいでもうpればいいのか?
だが断る

<>7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/26(火)00:19:31.43ID:RiC7gPKj0<>
4
割り切り女か?
とりあえずパンツは脱いだぞ

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年4月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】作り置きのめんつゆだとかアイスコーヒーだとかを勝手に持って帰ってくれやがる【体験談】

【宣戦】義実家にしたスカッとするDQ返し113【布告】 より
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1228957631/

(※編注:トメ…姑。配偶者の母親。 ウト…舅。配偶者の父親。 アポなし凸…連絡なしの来訪のこと。)

310 名前:名無しさん@HOME:2008/12/14(日) 01:14:02 0
興奮して眠れないので

以前から、作り置きのめんつゆだとか、アイスコーヒーだとかを勝手に持って帰ってくれやがるアポなし凸なトメ
旦那やウトに〆て貰っても効果うすいし
洗って返しにくるだけマシなのか、それとも馬鹿にされてるのか、ウザいことこの上なかった。

で、時限爆弾作ってみた。
いつものようにアイスコーヒー作って、冷蔵庫に入れておいた。
旦那はコーヒー嫌いだから問題なし。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年2月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】【不幸な結婚式】花嫁フィーバーで公民館で結婚式を挙げようとした【体験談】

394:1/22011/06/14(火) 12:01:56.75
数年前の話だけど、両親も新郎両親も共働きで、新郎もちょうど忙しい時期で、暇な自分が結婚式の諸々を計画する事になった。

それまでは無難に地元の式場の情報を集めていたんだけど、古着屋で黄ばんだウエディングドレス(3000円)をゲットして以来、何かのスイッチが入ってしまった。
100均の造花でブーケを作り、300円のおもちゃのティアラを買い、できるだけ安く済ませようとしだした。
そのテンションのまま式場は公民館に決定。タダで机と椅子を貸してくれるし、場所も広いし、食器は紙皿に紙コップ、料理は母親と自分でちらし寿司やケーキを作れば無問題だと思ってた。

手作りの招待状にクレヨンで自作イラストを書いている時に、親に計画がばれた。
両親にどやされ、新郎両親含めた家族会議でも吊るし上げをくらい、私抜きで式場選びが始まった。

395:2/22011/06/14(火) 12:03:10.51
その後はあっという間に食事や招待状や席の事も決まっていったんだけど、すっかり信用を失っていた私は自分のドレスの選択権も与えられなかった。
それまでは「しっかりしたお嬢さん」という感じで一任してくれていた新郎両親も「◯◯ちゃんはいいからいいから!休んでていいから!」と話し合いに参加すらさせて貰えなかった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年1月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【野外露出】おじ様との河川敷ウォーキング2【体験談】

私はまた、おじ様に会いたくて、いつものように車を走らせ河川敷へ向かいました。今回はおじ様のために新しい白のスポーツレギンスとピンクのスカートを穿いて行きました。もちろん直穿きなので、濡れると割れ目が透けるように食い込みは自然のままで、ちょっとだけ割れ目にそってくぼむ程度にして、外に出て周りを見渡すと今日は割とウォーキングしている人が多く、すぐにはおじ様の姿が見つけられなかったので、少し準備運動をして歩き始めました。すれ違う男性はおじ様ではないんですが、みんな若い女がウォーキングしているのが珍しいのか、ジロジロと胸や下半身を見てくるので、だんだん感じてきてしまい、私もサービスとばかりに、股間が見えるくらいスカートを上げてみると、さっき準備運動したせいか、くっきりと割れ目が出来ていて、少し濡れ始めていました、次にすれ違う男性も、もちろん今度は割れ目を凝視してきて、すれ違いざまに振り返っていたのでお尻も見られていたと思うと、さらに、割れ目が濡れ、はっきりと形が分かるくらい透けてきてしまいました。見られれば見られるほど、興奮し、おじ様探しも忘れて、たくさんの男性に視姦されることで、割れ目からたくさんの蜜が溢れだし、白のレギンスの股間はもはや、半透明の状態になってしまいました。そうなると、もはや男性達の餌食になるのも時間の問題か、とドキドキしていると、案の定、次にきた男性から、お姉ちゃんずいぶんセクシーなタイツ穿いてるなぁ近くで見せてもらえるかなぁ、と言いながら、私の前に立ちふさがり中腰で股間を凝視し、透けて割れ目がよく見えるよ、しかもお姉ちゃんパイパンだね、といい、触ってもいいかな?というので、やめて下さい、と言って逃げ出すと、お尻もいいねぇと言っていました、私も口では、やめてといいながらも、確実に男性の目と言葉で、さっきよりも感じてしまい、股間もさらに、濡れてしまいました。このままでは大勢の男性におもちゃにされてしまうと思い、スカートを下げ、一旦車に戻る事にしました。それにしてもおじ様の姿は見当たらず、来てないみたいなので、悶々としながら家に帰り、
おじ様を思い出しながら、オナニーしてしまいました。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2018年1月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【レイプ】女性センターの悪夢③【体験談】

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。 「はい、あ~んしてごらん」
 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。
 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。
 何度も。 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・ 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」
 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。
 「ほら、口開けて」
 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。
 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。
 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」
 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」
 女子高生の奈津子さんが言いました。 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」
 若い母親の一人が言いました。 「麻酔なしで、ちょきん!!」
 指ではさみの形を作って、言います。 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」
 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」
 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:レイプの体験談

【近親相姦】歓迎会で、古瀬さんと高島さんが【体験談】

この話は俺が18歳で新入社員の時の歓迎会の話です。
まずは登場人物紹介。 『俺』→高卒で新入社員。
『古瀬サン』→確か当時34歳でアネゴ肌のキャリアウーマン。
仕事は出来るが、外見は下の上ぐらい。細身だけどお世辞でも綺麗とは言えない。独身で彼氏なしみたい。 『高島サン』→たしか古瀬サンの1つ下で33歳。でも古瀬サンとは10年以上の付き合いで仲良し。
スタイル普通。顔は古瀬サンと同様で決して美人とは言えない。
当然独身。
入社して3週間ぐらい経ち歓迎会をしてもらった。
俺が配属になった部署に男の新入社員が配属になるのは6年振りみたいでした。
しかも男の社員の人は全員30歳以上。 一次会は居酒屋で15人ぐらい参加してくれて、二次会はカラオケ。
さすがに年配の方は参加せず、俺を含めて6人だけでした。
カラオケが終わる時にはもうすぐ終電の時間になっていた。
今日はお開きモードかなと思っていたけど、古瀬サンはお酒のおかけで上機嫌。
そして二人は帰り、残されたのは俺と古瀬サン、高島サンだった。
俺の歓迎会だったので帰るにも帰れなくて、古瀬サンの家で三人だけで三次会をする事になった。
古瀬サンの家までタクシーで15分ぐらい。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年12月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【姉】従姉妹にやられました【体験談】

小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。
家には、小学6年の従姉妹のミキしかいませんでした。
すぐに帰るつもりでしたが、ミキがちょっと上がってと言うのでお邪魔しました。ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。
ミキは僕の短めのショート半ズボンから出た脚を見ながら
「半ズボンがむかつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがむかつく」というのです。
「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。
ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段は脚を出す事はありません。
その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はちきれそうで僕よりかなり太い事は確かでした。
ミキは怒って
「自慢な訳、私をからかいたくて半ズボン
はいてんの、男が脚が綺麗でうれしい、それより体、貧弱なんじゃないのそんな脚してるし」
と言ってきました。
「確かに僕細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら
「自覚した方がいいよ、させてあげる、私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ勝負する事になりました。
ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:姉との体験談

【寝取られ】妻の浮気~公認するまで【体験談】

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。
14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。
と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。かくいう私も浮気相手の1人だった。
私の友人の彼女だったのだ。
初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、
帰りに私が彼女を送ることになったその日、「N君、最近いつエッチした?」「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、
セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」「せんずりしてるの?」「はっきりいうなぁ~、まあそうだけど」「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」「あははは」「中に出させてあげようか?」「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」「内緒でエッチしようよ」「ほんとに?」「N君のエッチどんなのかなぁ~?」「普通だと思うよ」
そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。「一緒にお風呂入る?」「いいの?」「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」
彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。
こんなに乱れる女は初めて見た。
キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め
ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、
射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から
アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を
トロトロと流し込んだ。それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【風俗で】キャバクラに来たとんでもない親子(エロ親父+エロガキ)の客【体験談】

私は都内の高級キャバクラで働くホステスです。
先日とんでもない客が来たので、お話したいと思います。
その客というのは、父親と息子の親子の客なのですが,、
相当なvip待遇の客らしく、事前に店を貸切った挙句、店にはリムジンで乗りつけ、周りに屈強なボディーガードのような人達を伴いながら来店してきました。それぐらいならまだいいのですが、問題というはその息子というのが明らかにまだ○学生の高学年ぐらいの子供なのです。。
店側もさすがに、「未成年は困ります」と父親に言いましたが、父親は札束をいきなりをドン!という
感じでカウンターに置き、
「この子は先日18歳になったばかりだ。何も問題ないね?」と言ってきました。結局そのまま店側が折れる形で、その親子は店で一番高いVIPルームを陣取り、
私を含め実に店のほとんどにあたる十数人のホステスが付きました。VIPルームでは父親は金に物を言わせてドンペリやキャビアなどの高級な酒やつまみ
また息子のために高級なフルーツやチョコレート等のお菓子を大量に注文しました。それだけならまだ金払いが良い客なのですが、その父親がまだ子供である息子の前にも関わらず平気で私達の体を触ってくるのです。。。
私達のドレスの中に手を入れて、胸や下半身を触りながら、挙句の果てに息子にも
「大人の女というのはこうしてやると、喜ぶんだぞ!(※息子の名前)もやってみろ!」と言ってきたのです。
息子のほうは最初は遠慮がちに私達の胸をつんつんとつついてくるぐらいでしたが、やはり親子なのでしょうか。。。
私達が抵抗しないと分かると、父親と同じようにドレスの中に手を入れてきて胸を鷲づかみしてきたり、
スカートをめくってパンティーをのぞいてきたりしました。
また私達が嫌がるのが、相当面白いらしく、とてもまだ子供とは思えないような下卑た笑い声を上げて

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年12月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:風俗での体験談
1 / 7712345...102030...最後 »

このページの先頭へ