大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】倦怠期を抜け出す方法【体験談】

私36、妻25、結婚5年目の倦怠期を向かえた夫婦だ。だが、普通の倦怠期ではない。
セックス事態は、1日おきにする。
普通のセックスに飽きてるんだが、お互いを大切に思っているから、世間で言う、スワッピングや3Pは、出来ない。
そんな中、妻が、セックスレスで、離婚危機を、向かえたが、今じゃラブラブな姉夫婦に、相談したらしい。話しによると、離婚の話し合い中、お互いを嫌いじゃないって、事は確認でき何故、お互いが、浮気したのか、その原因は、何故かと精査した結果、まずは、久しぶりにセックスして見る事にして、ラブホに行き、テラスでセックスしたら、燃え上がったそうで、世間一杯でアブノーマルと言われる行為が、夫婦円満セックスになると、気づき、
今じゃ。各自の浮気、相手を交えて3P、4P、を楽しみ、浮気相手の妻と夫を加える、計画中だそうだ。私たち夫婦も誘われたらしいが、身持ちの固い妻は、それとなく、断ったらしい。それは、自分としても、同意したが、妻に、アブノーマルも試したいと、言うと、乗ってきたので、
早速、大人の玩具を買い込み、
妻に使ってみた。格段にセックスが、向上した。段々と、エスカレートしていった妻は、銀行の受付業務をしている。朝から、ワイヤレスのローターを仕込み、業務中に、スイッチを、ピクピクしながら、頬を赤らめて、
仕事してる姿を、見て、チンポを勃発させて、夜は、激しいセックスになる。休みの日には、
アナルにローター、パンツに仕込まれた。バイブが、挿入されたアソコと、歩きながら、スイッチON。
妻は、そのたびにへたりこむ。陳列した服の隙間で、バンツに手を挿し込みクリを弄る。パンツはもう、ヌルヌルで、試着室でフェラ。
障害者トイレで、セックス、お互いに、ドンドン泥沼に、はまって行くが、後悔や疑いは、なく、このままでは、
妻の姉の誘いに、乗るのは、時間の問題だ。
また次の機会に、お会いしましょう。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年9月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】セフレの職場の娘達と合コンしてあぶれた子に逆レイプされた【体験談】

大阪府/NMB共和国さん(30代)からの投稿
—-
「前回の話:酔っ払ったデリヘルが部屋番号間違えてウチに来た」
38歳妻子持ち、会社員です。
14回目の投稿です。
以前勤めていた会社での出来事。
俺が28歳当時、コウ(32歳)・N子(35歳)・A(21歳)・F(31歳)・H美(18歳)・K(15歳)の6人と週1~月1で身体の関係にあった。
6人とは別の女とも行きずりのセックスも楽しみながら仕事も順調で、順風満帆な生活が続いていた。
ある日、アダルトショップで購入した物をFに届け使い方等を説明して、翌日会社に行った。
この頃は現地に出向いての外交員の販売指導が主な仕事で、会社に行っても外交員から送られたFAX(購入用紙やローン用紙)の不備チェックと経費精算書の作成くらいで、正直する事がない。
たまたま出張時に暇潰しで入ったアダルトショップで、楽しそうなアイテムがいっぱいあった。
時間を忘れて物色し2万円分くらい購入した。
今、Fのマンコとアナルにはリモコンバイブが装着されている。
昨夜Fの声が出る限界を試して、リモコンのメモリにマジックで線も書いておいた。
音漏れと汁漏れ防止の為に夜用ナプキンも着けさせ、生理用パンツを穿かせて仕事をさせている。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】そういう年頃【体験談】

クラスに好きな男子がいた。
私は彼の一匹狼的なところ、何だかんだ言って優しいところ、鋭い視線、私より少し大きいくらいの丁度いい身長、温かい背中、他の生徒とは違った色気、全てが好きでもうゾッコン。
(周りの友達には趣味悪いとか、もっとイケメンいるよとか言われたが)
そんな彼が夏の体育の後に急な熱で早退することなった。
私は彼と同じ保健委員だった事もあって荷物を保健室に届けにいくことになったが、彼はちょっと怖い性格をしていたからすぐに戻って来るつもりでいた。
保健室に入ると先生はいなかった(先生は親に連絡したり担任と話したりしていたらしい)。
1つだけカーテンが閉まっていたからそこを静かに開くと、彼は寝ていた。
普段見ることが出来ない寝顔、そして、決して外すことの無かった眼鏡を外しているっ!!!
私の心臓はバクバクだった。
穴が開くほどジ――――――っと見ていると、パッと目を開いて
「何してんだよ、てめぇの様な分際で…」
と言ってきたから、まだ喋っていたけど
「ごめん」
と私は言って荷物を置いた。正直、自分死ぬのかな、とか思った。
すると彼はニヤッと笑って

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2018年7月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】友達の妻【体験談】

会社の同僚でOさんっていう人がいるんだけど
入社当時から気があって、仕事だけじゃなくプライベートも一緒に飲みいったりしてた
別に嫉妬するわけでもないんですがOさんの奥さんはめっちゃきれいでど真ん中って感じの人なんです
芸能人でいうと、松島奈々子似でスタイルも抜群www
奥さんの年齢は34歳なんだけど・・・全然いけてる
Oさんには二人の娘がいるんだけど、これがまたかわいい子なんです
お母さん似で将来有望株まちがいなし・・・
Oさんは自分の奥さんのことをもう少し恥じらいをもってくれたら・・・といつもそういってます
風呂上りは娘も嫁も全裸のままで・・・と
ちょっとうらやましい部分もあり、なんとなくそんな感じかもと同感する部分はありました
まだその娘が小さいとき、はじらいもなく俺の目の前で娘におっぱいあげてたのを
みたこともあるし、夜に0さん宅にいくと娘たちは全裸ではしりまわってるし・・・
納得いくとこもありました。
去年の夏の夜にお酒を買込んで、0さん宅へおじゃましました。
夜も遅かったこともあり、娘たちはねていて、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年3月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】妻の生脚に・・・男たちが・・【体験談】

妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です
私が言うのも何ですが・・少し大柄な体系ですがメリハリが有り
そそられます何時も街中でおじさんにナンパされるそうです
妻は自分の脚に少しコンプレックスが有り何時もズボンやジーパンです・・・
家ではホットパンツでうろうろしています其の白い生足を見るだけで私は勃起してしまいます
僕は妻にミニスカート姿で出かけたいと申し出ましたが妻が・・・「嫌よ脚太いし」
と言うので「全然太くないよ綺麗な足だよもうビンビンだよ」と勃起したチンポ
を妻に見せると嬉しそうな顔をして今回だけということでOKして貰いました
〇ixiのさーくるの集まりに妻を連れて行きました殆どが男ばかりの飲み会サークルですが・・・
僕の友人たちがビックリしていました綺麗な奥さんだと皆言っていました
妻も私も調子よく飲んでいました私は酒に弱く直寝てしまいました・・・
後から〇ixiの友人の一人に妻の痴態を聞いたのです
私が店の隅のソファで寝ていたときの事ですが・・・
妻も相当飲んでいてフラフラだったそうです椅子に座っている時足が少し開き気味に成ってたらしく
男たちが妻の股間辺りをガン見していて大胆にも携帯で写真を撮られてたそうです

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年1月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】性的いじめ【体験談】

1年〜3年までずっとクラスのほぼ全員にいじめられてきた”みな”って女がいました。
顔は結構かわいくて背は150センチないくらいチビでしたが胸はまあまあ大きく
スタイルはいいほうでした。最初は物を隠されたり、言葉のいじめが主だったのですが
ある女子が、みなのスカートをめくったのをきっかけに性的いじめが始まりました。
男子数人に囲まれ胸や尻やアソコを集団痴漢のように触られたり、チンコを握らせ
るのがほぼ日常になっていました。夏のある日、朝来てすぐブラとパンツを脱がされ
女子たちが用意した超ミニスカにはき変えさせられ、上のブラウスは2つ目のボタンまで
引きちぎられました。一日中その格好で授業を受けていたのですが、ノーパンで超ミニだから
普通に座っていてもお尻の肉が丸見えで、胸は手で押さえていないと谷間どころか乳首が
見えそうなくらい開いています。「あ〜あ。あそこまでやると学校来なくなるのに」ってみんな
言ってると本当に次の日から休み続けちゃいました。しかしこれでは男たちの性欲が
満たされないので、俺を含む男3人と女2人で見舞いとゆう事で家に行きました。
チャイムを鳴らすと親が出てきて「心配なので様子を見に来ました。ノートも渡したいです」
って言うとあっさり部屋に案内してくれました。「み〜なちゃん。遊びに来たよ」
俺たちの顔を見たときのみなの表情は今でもはっきり覚えています。「なに休んでんだよ!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年1月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【スカトロ・マニア】妹のトイレに中まで付き合う俺……【体験談】

 俺には高2の妹がいて、よくトイレに連れていかれ、用をたすのを付き合わされています。
最初は3年も前から続いていて、最初は何をするのかがわからなく「ちょっと来て」と連れていかれ、直立したまま何が何だかわからず、妹が用をたすのを待っていました。
最初のころは訳が分からなかったのですが、だんだんボッキするような行為になってきて、いまではドキドキものです。妹はう〇こ、おしっこ構わず俺のいるトイレで行います。
妹はデニムのタイトミニをよく好んで穿いているので、それだけでも興奮するのにそのスカートをまくり出てくるパンツ、それすらも脱いで出てくるお尻。一番興奮するのがおしっこの出る音です。
忘れもしない去年の11月16日、し終わった妹が「〇〇ちゃんもしてよ」と俺にもおしっこを催促してきた時があり、興奮して、見せたいと思っていましたが、そこは一応断りました。それでも催促してくるので、見た目は渋々、勃起したチンコをジャージから取り出すと、「やっぱり?w」と吹いていました。
毎回ではないですが、今でも週に3回は連れていかれます。これを書く数分前ですが、握ってもらうだけですが触ってきたので、そのうちしごいてもらえるんじゃないかと思います。

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2018年1月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:スカトロ・マニアの体験談

【スカトロ・マニア】3.息子のお友達に見られて興奮する私【体験談】

息子の友人にエッチな姿を見られて癖になった私。
イケない事と知りながらも、興奮する気持ちを抑える事が出来ない私。
何度、息子の友人の前で淫らな姿を曝け出し、興奮した事でしょう。
その日は、息子も幼稚園に行っていて、午後2時過ぎには帰って来るので午前中に
買い物を済ませようと出かける事にしました。
いつもの公園の近くを通ると、息子のお友達が砂場で1人で遊んでいました。
 ”こんにちは・・・今日は1人?”
 ”うん!友達は幼稚園に行ったから・・・”
 ”そうなの?幼稚園には行かないの?”
 ”ん~ママが行かなくていいって”
 ”ママは?”
 ”寝てる!夜お仕事して来たから”
 ”そうなの?家に来る?”
 ”うん!”
そんな事で、私は買い物を止め息子のお友達を連れ家に向かいました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2018年1月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:スカトロ・マニアの体験談

【友達・同僚】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】

Y美はなかなか戻って来なかった。保健室の入り口の前で、パンツ一枚の裸で待っていると、先生が何人か通り過ぎ、僕に何をしているのか訊ねた。事情を説明すると、みんなすぐに納得して、もう僕が裸で廊下に立っていたことなど頭から払いのけたかのような顔つきになって教室へ向かう。
 恥かしかったのは音楽のK先生に見られたことだった。K先生はこの春、大学を卒業したばかりの女の先生で、先生というよりはお嬢様といった感じの明るい人柄が生徒の人気を集めていた。僕はピアノが弾けるので、K先生の代りにピアノ伴奏をしたこともあり、とくに目をかけてもらっていたように思う。
「どうしたの?なんでそんな格好でいるの?」僕が裸で震えているのを見て、K先生が素っ頓狂な声を上げながら近づいてきた。僕はこれで十回以上はしている同じ説明を、今初めてするように繰り返した。K先生は驚いたように大きく目を見開き、頭の先から爪先まで僕を見つめて、
「しかも裸足じゃない。すごいね、君。上履きぐらい履きなさいよ」
「上履きも脱ぐように言われたんです。パンツ一枚が規則だからって」
「ほんとに?教室からここまでその格好で来たの?」
 僕が小さく頷くと、K先生は手に持っていた教科書でぽんと膝を叩いて笑うのだった。
僕は、裸じゃ可哀想だからと、K先生が羽織っているカーディガンを貸してくれたらどんなにいいだろうと思っていたが、K先生は、「ま、ちょっと寒いかもしれないけど我慢しなよ。男の子の裸、こんな近くで見たの、初めてかもしれない。でも女の子みたいだね。今度はパンツを脱いで見せてね。ハハハ、嘘だよ、そんな悲し気な顔しないでよ。ほら、保健の先生が来たよ」と言って、スキップしながら去るのだった。
 保健室に着くなり、Y美が「先生、忘れていたんだって」と僕にささやいた。保健の先生は、五十歳くらいの気難しい性格で、陰ではみんなから「ババァ」と呼ばれていた。僕を待たせていたことに対してお詫びの一言もなく、じろりと僕を睨みつけてから、鍵穴に鍵を差し込んだ。戸をあけると、僕に中に入るように促した。僕はY美よりも先に入ると叱られると思って、Y美に先に入るように目配せしたが、Y美は気づいてくれない。「早く入りなさいよ」業を煮やした保健の先生が怒声を発して、後ろから僕の背中を強く叩くので、つまづいた僕は保健室の中央で四つんばいになってしまった。
 保健の先生がY美に教室に戻るように命じた。Y美はこれで保健委員の務めが終わることに不服そうだったが、「じゃ先生、あとはよろしくお願いします」と頭を下げて、教室に戻って行った。
 検査の間、保健の先生はずっと不機嫌だった。「受けるんならまとめて受けてくれないと、こっちの手間がかかって大変じゃない。なんで一人一人連れてくるのよ」と言うので、「他にも僕みたいに当日検査を受けられなかった子っているんですか」と聞いてみた。せめて、この恥かしくて寒い思いをしたのが僕一人でないことを聞いて安心したかったのだった。
「いるよ」保健の先生がぶっきらぼうに返事した。「でも、あんたみたいに教室から裸になってここまで来た子はいないけどね。何もパンツ一枚になる必要なんてなかったのよ。小学一年生じゃあるまいし。みんな体育着で測定するのよ」
 やられた。僕は保健委員であるY美の指示でこの格好になり、ここまで来たのだと話した。保健の先生は鼻で笑っただけだった。
 検査は10分くらいで終わった。保健の先生は記録簿に数値を書き込みながら顔を上げずに「ご苦労さん。教室に戻りなさい」と言った。その言い方が先ほどよりは不機嫌さを感じさせないものだったので、僕は思い切って相談することにした。
「先生、何か着るものはありますか」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談

【友達・同僚】小3の女の子。【体験談】

今やってる習い事のバトントワリング。
これであった萌えた体験談。最初はダッフィーと一緒に練習後に遊んでたんだ。するとだんだんと女の子の方から近づいて来てくれた。僕は子供好きだしもちろん嬉しい。
僕を見かけると超絶に笑顔になり可愛い。そして今日の練習。
後ろから「キャー!」という子供特有の甲高い声。
何かと思って振り向くと、急に抱きついて来た。本人は何とも思ってないけど、かなりはずかしい。みんな見てるし。それからも手を繋いで来たり、しゃべったり、いろいろして帰宅の時間。ちょっと待っててねと言われ、出口で待つと、はいっと飴ちゃんをくれた。お母さん苦笑いだけど…。少し舌足らずなところとかも可愛い。
僕の名前はゆうき。
そのことを、「ゆうちくん?」って聞いて来たり。いつか萌え死にするわ。
ちなみに僕中3。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2018年1月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達・同僚との体験談
1 / 4512345...102030...最後 »

このページの先頭へ