大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】賢い結婚のしかた 【体験談】

711:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木)19:26:58
24歳頃の時、俺は「早く結婚したい、子供が欲しい」という欲求があった。
男のくせにそんな欲求があったのか!?と言う人がいるかもしれないが、でも事実そうだった。
でも相手に迷っていた。相手がいなかったわけじゃなくて、その当時、俺は二股かけていて、どっちの彼女と結婚するかで迷ってた。
彼女2人の容姿とか性格とかセックスの相性とか、いろいろ含めて考えて、でも両方とも大好きだし、なかなか答えが出なかったが、
それでも最終的には、俺は最も重要な判断基準が一つあることに気がついた。
それは「子供ができる(産める)女であること」ということだ。万に一つのことかもしれないが、子供がつくれない体の女とは絶対に結婚したくないと思うに至った。
そこで俺がとった行動は、セックスする時は、どちらの彼女に対しても中出しして、妊娠したほうと結婚しようと決めた。
2人ほぼ同時に妊娠されちゃうと大変なことになるけど、そこはある意味バクチというか賭けだった。
2人とも俺の中出しを受け容れてくれて、そして中出しセックスをするようになってからだいたい4〜5ヶ月程経った後、1人の(片方の)彼女が妊娠した。
それで計画どおり、妊娠したほうの彼女にプロポーズして、そして結婚して、いま現在に至っている。
当然、妊娠しなかったもう1人の彼女のほうは振った。内心、繋ぎとめておきたい気持ちもあったけど、そこは心を鬼にしてキッパリと別れた。
そろそろ結婚して11年が経とうとしている現在、娘2人と息子1人で計3人の子を育て中です。

今でも世間一般的には「デキ婚」を嫌がってる人が結構多いようだけど、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2013年8月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】口裂け女 【体験談】

不意の出来事だった。

「私キレイ?」

いつからそこにいたのだろうか?

顔の下半分を覆い隠せるほどの大きい白いマスクをした色白の女が、俺の前に立ち塞がっていた。

俺は雄叫びを上げながら女に突っ込んで行った。
頭を両手でつかみ力任せに引き寄せた。
あごでマスクをずりおろし、唇を重ねた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2013年8月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】予算が無いのにどうしろと? 【体験談】

車いす少女の中学入学を拒否…奈良・下市町、財政難理由に
(読売新聞-04月04日13:43)

 奈良県下市町の町立小学校を今春卒業した、下半身不随で車いす生活を送る少女(12)が、入学を望んだ町立中学校の設備が不十分として、同町教委から入学を拒否され、養護学校への入学を勧められていたことがわかった。

 両親が4日、記者会見し、「小学校の友達と一緒に入学させてやりたい。普通学級の方が子供のリハビリにもいい」と訴えた。

 地方公務員の父親(51)や町によると、少女は出生時の脳性まひで下半身や右腕などが不自由。自分で車いすを使って少しなら移動できるが、通っていた同町立阿知賀小では介助員2人が付き添い、特別担任の元で学校生活を送った。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ



2013年8月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】私の実家には電話に出る「何か」がいる 【体験談】

233本当にあった怖い名無し[sage]Date:2009/03/12(木)11:12:10ID:jJuJBpzV0Be:
私の実家には電話に出る「何か」がいる
家に誰も居ないとき限定で、家の固定電話に電話をかけると「何か」が電話に出る

それが無言でもなくノイズでもなく、ごく普通に「はい(苗字)です」と、若い男性(印象としては20前後ぐらい)の声で。

で、「何か」に用事を頼むとしっかりこなしていてくれる。
・お風呂沸かしておいて
・○○の電源切り忘れたから切っておいて
・何時になったら洗濯物を取り込んでおいて
などなど、敷地内限定かつ人に出会わないもの(宅配受け取って、などはNG)

私が生まれたころからはじまったのでかれこれ数十年になるんだけど、いまだに「何か」は家にいるらしい。
この間ためしに「母に○○と伝言お願い」と頼んだら、母が帰宅したらテーブルの上にメモ書きとして置かれていたそうな。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2013年8月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】重なる偶然 【体験談】

民主党・小沢代表への不正献金で西松建設の社長を逮捕したら、
偶然にもその日、当時の実務責任者であった西松の元専務が自宅で病死

3日後、西松不正献金の重要参考人としてマークされ、
東京地検からの聴取も受けていた長野知事の元秘書が、
偶然にも、道端の電柱に首を吊るという不自然な方法で自殺
遺書はなかった。

その後、小沢氏と西松の癒着問題を参院で指摘した元議員が、
偶然にも、ソウルにて心臓発作で死亡

民主岩手支部への家宅捜査が開始された翌日
偶然にも、新生党時代から小沢氏と行動を共にしてきた
小沢氏の側近議員の事務所で火災が発生
この火事で重要書類やPCのデータは全焼

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2013年8月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】咄嗟の一撃 【体験談】

 学生時代、アパートで一人暮らししていた時のこと。
 その部屋はやけに細長い部屋だった。1kでトイレ風呂付だったが、玄関から部屋までやけに距離があった。
 窓は、部屋側に一つあるだけ。昼間カーテンを開けていても、太陽の光は玄関の方まで差し込まず、玄関と玄関から部屋に続く廊下はいつも薄暗かった。
 梅雨時はもちろん、夏でもそこだけは、じめっとした空気に覆われていたもんだ。
 ある夏の夜、部屋で寝転がって本を読んでいた。時計を見ると午前三時になろうとしていた。
 そろそろ寝るかな、と本を閉じ、トイレに行こうと立ち上がった。トイレと風呂は廊下の途中にある。
 玄関に目をやったとたん、全身に粟が立った。
 玄関の前に髪の長い女が立っていた。薄暗いのに、やけにその姿は、はっきりと浮き上がって見えた。
 誰かが間違って部屋に入ってきたのか? そんなはずはない。ドアの開く音も閉まる音も聞こえなかったし、鍵をかけ、チェーンまでかけていたことをはっきりと覚えている。
 夏なのに黒い長袖のワンピースを着込んで、手袋までしている。無表情な青白い顔でこちらを睨んでいる。つり上がった目はやけに白目が目立つ。
 十秒近く俺と女は向き合っていたと思う。そのうち女は「あ゙あ゙あ゙……」と意味のわからない声を上げながらこちらに向かってこようとした。
 普通なら悲鳴を上げて反対側の窓から飛び出すところだ。二階だったし、運が悪くない限り足を折るくらいで済むだろう。
 だけどテンパったり、咄嗟の時など、人間は思わぬ行動に出るものだ。その時、俺は逃げ出さず、
「他人の部屋に勝手に上がり込んでなにしとんじゃああああ!」
 と、でかい声を張り上げ、女に突進していった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2013年8月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】女は 【体験談】

下半身さえあればいい!
下半身さえあればいい!
下半身さえあればいい!
下半身さえあればいい!
下半身さえあればいい!
下半身さえあればいい!
下半身さえあればいい!
下半身さえあればいい!
下半身さえあればいい!

出典:DMC
リンク:

エッチな告白体験談検索用タグ



2013年8月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】凄く衝撃的だった体験 【体験談】

577:おさかなくわえた名無しさん:2009/03/01(日)00:04:56ID:TGMX+seE
先週の会社での話。
昼休みに外でご飯を食べに行っていた後輩Aが戻る途中で脇見運転の車に
衝突。相手は慌てて救急車を呼ぼうとしたらしいがAが「大丈夫です」と
言い相手の連絡先だけ貰って会社に戻ってきたものの時間が経つにつれ体が痛い
と言い出した。
上司が救急車を呼ぼうとすると、「私がAを病院まで連れて行きます」と彼女の
同僚のBが名乗りをあげ、Aも「救急車呼ぶほど大げさな怪我でもないと思う
から…」と言うのでお願いする事に。

3時間程経った頃、電話が鳴ったので「はい○○会社です」と受話器をとると
「もしもし…(私)さん?」とAの声。「ああ、診察終わったの?どうだった?」
と聞くとまだ病院に行っていないと言う。
「は?何やってんの?今どこにいるの?」と驚いて聞くと車に乗って間もなく
Bがデパートのバーゲンに行きたいと言い出したらしい。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2013年8月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】貧乏学生の頃 【体験談】

387名前:本当にあった怖い名無し投稿日:2009/01/17(土)02:20:22ID:UdObj2G50
学生の頃、奨学金をもらいながら貧しくアパートに住んでいた。
流し場とトイレが共同で家賃は1万3千円。
イメージ的にはトキワ荘みたいな感じ。
ある冬も近い秋の夜のこと。
湿って冷たいせんべい布団にくるまって眠っていると、
ドアをガチャガヤと回す音に気づいて目が覚めた。
ドアの磨りガラスには、廊下の裸電球に照らされた人影が数人見えた。
ん、何?と思ったとたんにドカーンって音とともにドアが勢い良く開いた。
ドアを蹴破ったみたいで、同時に3人の男が部屋に入ってきた。
「おらぁ!起きんかい!」「おらぁ」「うらぁ!」
掛け布団を引きはがされ、いきなり先の尖った靴で体を蹴られた。
部屋の電気が灯き、髪の毛を掴まれて顔を持ち上げられた。
「お前、○○じゃないよな?」「○○はどこに行った?」
しゃがんだヤクザのお兄さんと髪の毛を掴まれたまましばし見つめ合う。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2013年8月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】パチンコ業界の実情 【体験談】

パチンコ業界の実情

——————————————————————————–

パチは警察、司法から天下れる数少ない業界だから守ってるんだよ。
だから、三角買いを理由に法律違反ではないよ。
でもカジノバーがこっそりやったら逮捕されてたよ。

資金源になるし、あと経済的弱者をさらに弱体化させることで、
結果的に潤う消費者金融業界からの政治献金があるからだな。
 さらにパチ屋は、しょうもない犯罪の温床となってるから、警察の
予算分捕りの理由付けにもなる。

——————————————————————————–

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2013年8月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ