大人のエッチな告白体験談 最新更新情報!

【近親相姦】本当は役に立つ豆知識4【体験談】

美砂江さんたちには晴子と呼ばれている。わたしは彼女たちに奴隷になることを誓い、調教を受け続けた。
わたしの身につけるものは女の子の衣服だ。化粧をすることも上手になった。鏡の中のわたしはどこから見ても美しい少女だった。
それなのに、スカートを持ち上げて勃起したペニスが突き出している異様な姿だ。美砂江さんたちに服従を誓ったわたしは、命令されれば、オナニーを鑑賞していただく。
勃起したペニスを自分の手でこすりあげ、射精までしてみせる。射精した精液は自分の口で清めた。アヌスの拡張訓練も毎日された。美砂江さんたちのつけたペニバンで犯されることも経験した。アヌスに突き刺されるペニバンの感触にわたしのペニスは異様なほど
勃起した。犯されながらペニスを彼女たちの手で刺激され、何度も射精した。
わたしの股間には革製の拘束具がつけられている。ペニスを締め付ける革製の拘束具はアヌスに挿入する突起もつけられているから、常にわたしの股間を刺激する仕組みだった。バイブも内蔵しているので、スイッチを入れられるとわたしはいつでもどこでも身悶えしなければならなくなる。
拘束具から伸びる革紐を引っぱられての露出調教を何度も経験した。恥ずかしいのに股間のペニスは天を向いてそそり立っている。
 奴隷になって2週間目に剛太さんのマンションで飼われることになった。マンションに部屋にはいると、そこは賑やかで同級生たちが何人もいた。そして全裸の母が部屋に張られたロープをまたがっていた。ロープの高さは母の股間に食い込むようになっている。全裸の母は鞭打たれていた。鞭打っているのは、担任教師の山村美樹先生だった。山村先生も全裸だ。
わたしが部屋に入っても母は気づいていないようだった。女装をしたわたしを息子だと認識していないのだろう。
わたしはペニスの紐を引かれながら歩かされ、剛太さんの前に立たされた。
「いじめられることが大好きな淫乱マゾ奴隷の晴子です。命令には絶対服従しますからこのお部屋で奴隷として飼って下さい」
練習させられたとおりに奴隷としてご挨拶した。
「かわいい顔をしているじゃねえか。まさかお前が晴男だとはな」
剛太さんはそう言って笑った。回りの同級生たちの笑い声も渦巻いた。
「次は後ろに歩くのよ。さっさと歩きなさいよ、牝豚!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年4月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ラーメン二郎12【体験談】

大豚W全マシが俺の前に置かれる。難攻不落の要塞さながらのその野菜の山に、
俺はさっそく箸を刺しこみ、胃袋に詰め込み始める。
しかし、今日はいつもの単純な、自分との戦いではない。俺は自分の要塞を攻略しつつ、店内を注意深く監視する。

さっそく発見。盛りの豪快さをネタに、しゃべりまくる二人連れの学生。
――ロット乱しの元凶その1、『不要な私語』。ギルティー。
俺は勢いよくテーブルをバシッ!と叩く。その音に驚き、店内に再び静寂と規律が戻った。

そしてその隣!長い髪を気にしながら、上品にすぼめた口で一本ずつ麺をすすりこむOL!
――ロット乱しの元凶その2、『女』。ギルティー。
俺は箸で女を指し「すばやく食え!」と麺をかきこむジェスチャーを送る。
OLは髪に添えていた手を放し、一心不乱に麺をかきこみはじめた。そう、それでいい。

ロットマスター(=俺w)の的確な指揮により生まれた規律と調和。
俺はさながら、オーケストラを指揮するコンダクターだ。この全能感、多幸感―――。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年4月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】今でこそ多少マシになりましたが小さな頃の私はデブブサだった【体験談】

百年の恋も冷めた瞬間! 70年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1222184045/

<>933 :おさかなくわえた名無しさん:2008/10/10(金) 20:51:16 ID:AY2woOTD<>
今でこそ多少マシになりましたが小さな頃の私はデブブサだった
エルマーの冒険って本が大好きで
リュックをしょってみかんを食べてる写真が今でもあるが
超ブッサイク!!!テンパーがひどかったし
小さなおばちゃん、って感じのが満面の笑みを湛えてみかん抱えてる写真。


そんな私も彼氏が出来て、しかも自分のストライクど真ん中で
すっごく幸せな日々が続いたある日、彼の部屋に初めていった。
ふと本棚を見るとなんとあの「エルマーのぼうけん」があった!!
どうやら彼も小さな頃その本を読んだ様だった

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2018年4月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】頂きます【体験談】

おじさんですが、処女をいただいてきました。
正直『痛いんじゃないか?』『早く終ったほうがいいのかな?』なんて考えて気を使ってしまい、相当な奮闘でした。
あるサイトの投稿を読んで、9月くらいにメールくれたのは中国地方の女子大生19歳でした。
『相談に乗って欲しい』とのことで返事してみると『陥没乳首で悩んでいる、こんな体でエッチできるのか?』ということでした。
このコは会う目的では無いと思ったので、面倒だと思いながらもあまりに真剣なんで何度もメールでマジメに答えてあげました。
結論としては『きっと丁寧に愛撫したり吸ってあげたら、突起してくるから大丈夫だよ』『エッチだって好きになればそんな事、男は気にしないから心配しない』って返事しました。
そしたら、いたく喜んでくれて『何かお礼になるようなことしたい』と言ってきたんで、ダメ元で『じゃぁ僕にその陥没乳首吸わせてくれる? 怖ければエッチはしなくていいからアソコも舐めさせてくれる?』ってメールしました。
『う〜ん、経験ないから怖い。 でも興味はある』って事でした。
それから2ヶ月に渡ってメールでいろいろ話して、やっと自分の20歳の誕生日に彼氏も居ないので一緒に過ごして欲しいとの返事が来ました。
『エッチも経験する?』って聞くと、『どうしようかなぁ?お願いしちゃおうかな?』 ってなノリでした。
で、12月の初旬にいそいそ仕事休んで(笑)逢いに行ってきたわけです。
自分で太めと言ってた彼女は確かにポッチャリでしたが、僕にとっては当然ストライクゾーン。
『誕生日にこんなおじさんと一緒でいいの?大丈夫?』って聞いても『気にしないで』 とのこと。
好きだと言うパスタを食べに行き、これまた好きだというケーキを買ってホテルに入り、簡単に誕生日祝いを済ませ、シャワーに入りベッドイン。 そこまで、何の抵抗もありません。
『僕、怖くないでしょ?』って聞いても『まだわかんない』としか言いません。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年4月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】晩御飯のメニューは納豆ご飯とこてっちゃんだけだった【体験談】

百年の恋も冷めた瞬間! 85年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1245157079/

<>120 :おさかなくわえた名無しさん:2009/06/19(金) 23:04:29 ID:Dacv3FAM<>
元彼は実家住まいだったが彼の家で過ごす事が多かった。
ある日、いつも通り部屋で過ごしていたら彼の晩御飯が運ばれてきた。
じゃあ、もう帰らなきゃねという流れになったけど
何となく引き留められてそのままいた。
晩御飯のメニューは納豆ご飯とこてっちゃんだけだった
自分の家の晩御飯に比べると恐ろしく質素だなと思ったけど
まあ、こういう日もあるんだろうなと見ていたら
「今日は豪華だ~」と言いながら汚部屋で満面の笑みを浮かべながらこてっちゃんをほおばる彼の姿を見て
何だかやりきれない気持ちになって、彼への気持ちがスゥっと引いていくのを感じた。
「お前も食うか?」と聞かれたが遠慮して帰った。
彼に非は全くないんだけど、どうしてもダメだった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ



2018年4月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ブーツの匂い【体験談】

 私は女性の穿くブーツが大好きです。 先日妻の友達が家に遊びに来た時、
玄関に脱いであった友達のブーツの匂いを嗅ぎました。
 
 自分の部屋に持っていき、舐めたりしてオナニーしたかったのですが、
見つかるとやばいので玄関でこっそり匂いを嗅ぐだけにしました。
 匂いや感触を忘れないうちにトイレに入りオナニーしました。
すぐにいきました。
 私って変態ですか?
 

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2018年4月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】彼女が自分の友達にフェラとキス【体験談】

その日は俺と彼女と友達で夜中まで飲んでて、疲れたのと酔いで寝る事になりました

友達は別の部屋で寝る予定だったので彼女と俺だけ寝室に移動して寝る前にイチャイチャしてたんですが、飲んでる事もあったのと前々から彼女が誰かに触られているのとかを見たいのもあって、別の部屋で寝る準備をしていた友達を説得。

ちなみに彼女は以前に説得済みで俺公認の浮気もしてもらいましたが、俺にはなんか合わなかったみたいで今回の3Pになりました

とりあえずここまでが行為に行く前までの簡単な流れです
友達は仮にAにしときます

それで俺たちは寝室に移動して彼女を襲うことに。彼女は普段遊んでいる友達というのもあり緊張はしていたが割と大丈夫だった

ただAが最初はあまり勃たなかったので彼女に友達とイチャつくように指示

俺はあまり邪魔をしないように彼女の胸を触ったりパンツ越しに下を触ったりしていた。んで彼女がAにキスや乳首舐めや体を舐めているとAが彼女の胸を触りだし手マンをしていた

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2018年4月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ラーメン二郎11【体験談】

特に若い連中に言いたいことなんだが。
俺も古参と呼ばれる身分になって長い。
数年もファースト張ってると、二郎の未来についていろいろと思うところはあるわけで。
……まぁなんだな。どうだろうか。そろそろ、素人さんたちとの共生の道を探ってみるっていうのは。
ひよったといわれちゃあそれまでなんだが……。
そりゃ俺だって若いころはがむしゃらにロットファイトやってたさ。
ロッター以外の客なんか屑だと思ってたしな。
まして血の気の多いお前らのことだ。ロット乱しを見ようものなら、そいつに二郎魂をぶつけちまうんだろう?
そういうどこまでもまっすぐで、ひたむきな馬鹿野郎ばっかりなんだよな。お前らは……。
だがな。もうそういう時代じゃないんだよ。もう二郎は俺たちだけのものじゃないんだ。
最近の二郎ブームを見りゃわかるだろう?昼も夜も女子供が溢れてる。
世間が求めてるのは、カネシとアブラの二郎じゃない。
清潔感とお洒落な二郎。スイーツとエンターテイメントの二郎。それが世間が求める二郎の姿だ。
「みんなの二郎。」そんな時代がそこまで来てる。
もうお前らの情熱だけが通用する時代じゃなくなってきてるんだよ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年4月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】彼氏「レシピどおりに作って美味いのは当たり前だから褒める気にはなれない」彼女「」・・・これはwwwwwwwwwwwwww【体験談】

<>73: 名無しの恋愛速報さん 2011/09/10(土) 10:29:39.57 ID:75nDvKnN0<>
一人暮らししているとき、自称料理上手の彼氏が自分に何から何までダメ出ししてきたこと

「レシピどおりに作って美味いのは当たり前だから褒める気にはなれない」と言われ
盛り付けると「食器のチョイスが悪い、まずそうに見える」と言われ
謝って食器取り替えようとしたら、「洗い物増えるじゃんそれくらい考えられないの?」と呆れられ
食後に食器洗ってたら、「その洗い方だと雑菌残らない?
俺の体がどうなっても君は平気なんだね」と言われた
それでも当時は必氏に改善しようと頑張ってた

ある日、野菜切っててまな板からひとかけらコロンとすぐ横に落ちたので取ろうとしたら
「何やってんの!こんな汚ないものまな板に戻そうとすんなよ!」とゴミ箱に投げ捨てられ
「実家でもこんな感じだったの?家族誰も疑問に感じてないのか信じられない…」と驚愕された
最後には「よく考えたら、俺が料理出来るから君が料理出来ようが出来まいが
俺には何の影響もないんだよね。もっとほかのことで頑張ったら?」と言われて終了

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2018年4月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】思わず……【体験談】

一ヶ月くらい前のことなんだけど。

新規のクライアントと朝イチから打ち合わせがあったのに、寝過ごしてしまい、慌てて電車に飛び乗った。
本当はもっと余裕を持って会社に行き、もう一度、書類やらなんやらを見直しておきたかったんだが。
まあいい。昨日も何度も見直したし、大丈夫だろう。なんとか時間にも間に合いそうだ。
ホッとして、ドア前に立つ。気付くと隣に倖田來未の出来損ないみたいな女子高生が立っていた。
密着すると言うほど混んでいなかったけど、常に肩や腕が触れ合うくらいではあった。
こっちをチラチラと何度も見る。なんだよ、慌ててたので髪の毛とか、服装が変なのかな?と
ドアのガラスに映る自分を見てみたがよくわからない。
まあ打ち合わせ前にトイレでチェックする時間くらいはある。そう思って、それまで胸の前で抱えていた鞄を手で提げる形にした。ちょっと女子高生の腰当たりに触れた。すると
「なにすんのよ!痴漢!」と女子高生が声を上げた。はい?
「いま触ったじゃん!変態!痴漢!」と大声で喚く。
「いや、違うよ。鞄をおろす時に当たったかも知れないけど……」
「うるさい!触ったよ!変態!」と聞かない。
まいったな〜、このままだと痴漢にされちまうなー、と思っていると、後ろにいたOLらしい女性が、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2018年4月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
3 / 72312345...102030...最後 »

このページの先頭へ